FV_PC FV_SP

NISAを始めるなら、オンラインで取引が完結するネット証券がおすすめだ。手数料の安さや外国株の取扱国数、投資信託の本数、IPO取扱本数などもチェックして、自分のスタイルにぴったり合ったNISA口座選びをしてほしい。※2020年6月現在

nr_004

SBI証券

おすすめ度

★★★★★

直近開設数

4216

おすすめポイント

NISA口座開設数165.6万口座でネット証券ダントツの第1位!
証券口座数、預かり資産額、顧客満足度どれもネット証券NO.1に輝く。2020年3月には証券口座数が542万口座を突破して、総合証券を含めた証券業界トップに躍り出た。働き盛りの30代~40代の個人投資家も増えており、NISA口座3種合算口座数のうち52.2%を同年代が占めている(2020年3月末現在)。
NISA口座なら手数料0円で2,569本の投資信託に投資可能
NISA口座では、国内で上場する全銘柄や、2,569本にものぼる投資信託(2020年5月13日現在)を取引できる。売却益や株式の配当金、投資信託の分配金が非課税になるのに加えて、日本株の売買手数料と海外ETFの買付手数料が無料、さらに投資信託全銘柄の買付手数料も無料であるのも、SBI証券のNISA口座の魅力だ。
SBI証券の強みであるIPOや外国株もNISAで取引可能
2020年3月期の新規上場会社は92社。SBI証券は、そのうちの93.5%にあたる86社を取り扱い、証券業界第1位の関与率となった。IPO関与率が高いため、当選確率アップも期待できる。NISA口座でIPOの購入申し込みができるのもうれしい。 SBI証券が取り扱う外国株式はネット証券最多の9カ国であり、NISA口座で世界中に分散投資することも可能だ。しかも、SBI証券なら、夜間でもNISA口座で株取引できるので、日中多忙な人にもおすすめだ。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 0円~ 0円 0円

当サイト
限定特典

最大21万円キャッシュバック実施中!
口座を新規開設した方を対象

直近で4216人がSBI証券の口座を開設しました

SBI証券の口コミ・評判

nisa_01

40代 | 男性

★★★★★

株の売買でSBI証券を使っていることもあり、NISAもここで開設しました。手続きも簡単ですぐに使えて良かったです。ネットで売買していますが、その画面が見やすく分かりやすいと思います。以前ロールオーバーのことでサポートセンターに電話したところ、こちらが納得のいくまで何度も説明してくれました。納得のいく売買ができるので感謝しています。

nisa_01

30代 | 女性

★★★★★

ネット証券大手で安心感があるので使っています。Tポイントが貯まるのでヤフー、Tポイントユーザーはオススメです。初心者には証券取引サイトは分かりにくかったったのですが、NISAで投資信託を使う分には、限られた機能を知ってれば問題ないです。口座開設さえしてしまえば面倒なやり取り無く売買や変更可能なので、気に入ってます。

nisa_02

50代 | 男性

★★★★★

NISAで購入できる投資信託が多く証券会社の中でも多く扱っている証券会社の一つです。いろいろな投資信託がありますが、私は日経平均に連動した投資信託を購入しています。手数料もほとんどかかりませんし、景気の動向とほぼ連動しているので、売り買いがしやすいと思って購入しました。もちろんNISAでの購入もしやすく、ただ購入のステータスをNISAへ変更するだけです。

nr_005

楽天証券

おすすめ度

★★★★★

直近開設数

3641

おすすめポイント

NISA口座ではリートやIPOなど幅広いラインアップが手数料無料の対象
楽天証券のNISA口座では、国内株式の売買手数料、投資信託の買付手数料、海外ETFの買付手数料が無料になる。国内ETFやリート、楽天証券取り扱いの公募増資・売出(PO)、立会外分売も売買手数料無料の対象だ。2,570本以上(2020年6月8日現在)もの投資信託や、楽天証券が取り扱う米国、中国、アセアンの計6カ国の外国株式全銘柄を購入できることも、楽天証券NISA口座の強みである。
100万口座超のNISA口座開設数でネット証券第2位
楽天証券では新規顧客を急速に増やしており、月間証券口座開設数が2カ月連続(2020年2月、3月)で歴代業界最多数を更新した。NISA口座開設数の伸びも著しく、2019年12月期には100万口座を突破。NISA口座開設をきっかけに楽天証券に口座を開設した新規顧客は、NISA口座数の78.6%(2019年12月末現在)にあたり、そのうち投資未経験者の割合は約72.6%を占める。楽天証券のNISA口座は、新規顧客や投資初心者にとって、敷居の低いネット証券の入り口だといえる。
NISA取引でも楽天スーパーポイントの「ポイント投資」ができる
楽天証券では楽天スーパーポイントを使って株式や投資信託を購入できる「ポイント投資」サービスが提供されている。実は、NISA口座でも楽天スーパーポイントを使ったポイント投資ができるので、ポイントが貯まっていたら、NISA口座で気軽に株式や投資信託を購入してみよう。さらに、NISA口座を使った投資信託のポイント投資でも、SPU(スーパーポイントアップ)の対象になる。楽天のポイントを有効活用できてお得だ。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 0円~ 0円 0円

当サイト
限定特典

楽天ポイントが最大10万ポイントもらえる
2020年6月30日迄
※口座を新規開設した方を対象

直近で3641人が楽天証券の口座を開設しました

楽天証券の口コミ・評判

nisa_01

30代 | 女性

★★★★☆

楽天証券のNISAは、思い立ったタイミングで欲しい商品を購入できるので重宝してます。楽天証券の利用で楽天のポイントアップにも繋がるので、楽天で買い物をする方にもおすすめです。ただ、ごく稀に楽天証券のエラーなどシステム障害が起こるので、株価が大きく動いているときは注意が必要です。

nisa_02

20代 | 男性

★★★★★

楽天証券のNISAでは、楽天カードを使って積み立て額を支払うことができます。楽天カードはただでさえ1%還元という還元率の高さが魅力な上、月に50000円までは楽天カードで積み立てした額の1%分のポイントが更に貰えます。皆さん是非楽天証券でNISAを始めましょう。

nisa_01

30代 | 女性

★★★★☆

私が楽天証券のNISAが良いと思ったのはここは投資信託の数も思った以上に多いと感じた点です。また積み立てる金額もかなり安い金額から積み立てる事ができるのも良いと思いました。楽天証券の積み立てNISAなら少額から始める事ができるので投資初心者に優しくて良いです。

nr_006

マネックス証券

おすすめ度

★★★★☆

直近開設数

211

株・投資信託ならネット証券のマネックス

おすすめポイント

米国株といえばここ!NISA口座で取扱可能な米国株数はネット証券No.1
マネックス証券では、特定口座での米国株取引や、米国株の時間外取引が可能。米国株レーダースクリーン(登録銘柄一覧)はリアルタイムで株価更新され、利用料は無料。フェイスブックやアップルをはじめとした米国株の個別銘柄数は3,379件、米国ETFは298件など、取扱銘柄数は米国株と中国株をあわせて5,000銘柄以上にのぼり、ネット証券圧倒的第1位(2020年6月12日現在)。NISA口座では、マネックス証券が取り扱う米国株と中国株のほぼ全銘柄が取扱対象となっている。
NISA口座の国内株売買手数料は永久無料、米国株と中国株の買付手数料も実質無料
NISA口座を利用すれば、国内株取引にかかる売買手数料は無料。米国株式と中国株式の国内買付手数料はキャッシュバックにより実質無料。もちろん、投資信託の買付手数料も全銘柄無料だ。
NISAでも取引可能!IPO取扱銘柄数は証券業界トップ4
2019年4月から2020年3月までのマネックス証券のIPO取扱銘柄数は49社で、対面も含めた全証券会社中の第4位。抽選は取引実績に関わらず、1人1票の完全平等制。マネックス証券ではIPO銘柄にNISA口座から抽選応募・購入申込できるので、NISA口座を開設したら気軽にIPOにチャレンジしてみよう。他にも、NISA口座では公募・売出株式(PO)や国内リート、ETF、ETN、投資信託も取引できる。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 米国・中国株0円 0円 0円~

当サイト
限定特典

最大3,000円相当の
dポイントをプレゼント
2020年6月30日迄
※新規口座開設をした方

直近で211人がマネックス証券の口座を開設しました

マネックス証券の口コミ・評判

nisa_01

40代 | 女性

★★★★☆

NISAの投信積立を利用しています。取り扱い投信数はそこそこ多く、各分野のスタンダードなものは揃ってますが、たまに欲しいものがなかったりします。マネックスオリジナル投信もあり、リターンがなかなかよくてうれしいです。取引サイトの通常口座とNISA口座への切り替えが煩雑ですが、口座の取り違えを防ぐためにはこれくらいのほうがよいかもしれません。

nisa_01

30代 | 女性

★★★★★

他の証券会社にも多いのですが、NISAでの売買手数料が無料なのは魅力的です。それが決め手となって開設しました。最初は証券口座の中にNISAの口座、そこにお金の振替等が理解できなかったのですが、何度かお金を入れる事でようやく仕組みを理解出来ました。取引は売買手数料が無料なので、把握し易いです。初心者向けなのではないかなと思うほど見やすく分かりやすいです。

nisa_02

30代 | 女性

★★★★☆

投資信託を始めるために、証券口座とNISAを開設しました。マネックス証券では、投資信託を保有しているだけでポイントが貯まるのでお得感があります。NISAで投資信託を購入すれば、利益が出た場合20パーセントかかる税金が非課税になるので、運用をするのであればこの制度は絶対に利用すべきだと思います。商品数も多く、画面操作も分かりやすいのでとても満足しています。

nisa_ranking_04

松井証券

おすすめ度

★★★★☆

直近開設数

507

おすすめポイント

NISAの手数料がずっと0円
松井証券のNISAは、NISA口座もジュニアNISA口座も国内株式の売買手数料が無料。口座の維持費用もかからないため、コストを最低限に抑えながら、売却益や配当金などの利益を非課税によって最大化することができる。NISA対象の投資信託はすべて公募株式投資信託。対象の株式投資はすべて買付手数料が無料。配当金と売却益も非課税。NISA制度が続く限りは手数料無料が続くので、NISA口座で非課税効果を大いに実感してほしい。
無料のロボアドバイザーで資産形成を強力にバックアップ
松井証券の口座開設者は、投資信託による資産形成をサポートする3つのロボアドバイザーを無料で利用できる。スマホアプリ「投信アプリ」の8つの質問に答えると、ロボアドバイザー「投信工房」によるポートフォリオが提案される。そのまま一括購入や自動リバランスも可能。 ファンドラップサービス並みの投信運用を低コストでできるので便利だ。「投信提案ロボ」は、興味のある資産・地域・方針を元に、高スコアの3つの投資信託を探し出す。「投信見直しロボ」は、保有する投資信託のスコアをチェックして、スコアが低ければ、代わりの投資信託を提案する。どちらも、NISA口座での投資信託運用に活用できる。
電話でも対応してくれるなど、サポート体制が充実
豊富なQ&Aに加えて、「投信サポート」など、専門スタッフによる電話サポート体制が充実している。問い合せ窓口格付け(証券会社)で9年連続「三つ星」を獲得。ネットでの取引に不安がある人も安心して利用できる。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 - - 0円

当サイト
限定特典

「松井証券ポイント」を200ポイントプレゼント
2020年6月30日迄
※新規口座開設した方

直近で507人が松井証券の口座を開設しました

松井証券の口コミ・評判

nisa_01

40代 | 男性

★★★★★

松井証券を使い始めて10年以上になりました。NISAも時と場合において使い分けて利用しております。私は、主に上場株式の売買をしておりますが、NISAはもちろんその上場株式も対象となります。手数料は、売買時も口座維持にも一切無料でかかりません。本当にありがたいです。売却益、配当、分配金が非課税で魅力的な一方、他の口座との損益通算はできないので投資スタイルに合わせて利用すると良いです。

nisa_01

60代 | 女性

★★★★☆

投資に関する用語は専門的で難しいものが多いのですが、Q&Aが充実し分かりやすいです。手数料無料なのもうれしいです。NISAかつみたてNISAにするかも、魅力をしっかり説明してあるので、自分に合った方を選ぶことができました。ネット証券なので24時間申し込むことができ、仕事の合間や隙間時間に調べて投資に取り組むことができます。株式購入も、NISAにするかどうかを簡単に選択することができます。

nisa_02

40代 | 女性

★★★★☆

普通の40代の主婦です。夫がもともと松井証券と旧カブドットコム証券の口座を開いて、株をしていました。夫だけ何か楽しんでおり、ずるいなぁと思って私も株を始めました。株の売買には、証券会社がとる取り分があるのですが、松井証券のNISA口座はとりあえず、初心者としてはやりやすい、50万円までの取引はなんと手数料が無料なんです。このメリットに勝るものはないですよ。

nisa_ranking_05

岡三オンライン証券

おすすめ度

★★★☆☆

直近開設数

53

おすすめポイント

NISAでも役に立つ!投資に必要な情報が充実
岡三オンライン証券では、「情報の岡三」ならではの多彩な投資情報を投資家に提供している。岡三オンライン証券の投資情報総合ページ「投資情報局」や業界分析ページ「業界図鑑」、岡三証券独自の視点による市場動向や経済分析が冴える「岡三グローバルウィークリー」など、読みやすくて役立つ投資情報が満載。NISA口座で取引する際にも、利用価値大の投資情報サービスだ。
単元未満株もNISA口座で取引することができる
岡三オンライン証券なら、NISA口座を使って、単元未満株による少額分散投資ができる。リスク分散しながら少額で取引したい場合でも、NISA口座なら、非課税効果で利益を積み上げることが可能。
ランキングで1位の取引ツールがNISA取引で使用可能
使いやすさで定評のある岡三オンライン証券の取引ツール「岡三ネットトレーダーシリーズ」や、「岡三かんたん発注」「岡三ネットトレーダーWEB2」などの注文画面上でNISAを選択して、株式や投資信託の売買注文を出すことができる。岡三オンライン証券の取引ツールは、操作性と使いやすさを兼ね備えた高機能ツールとして知られている。2019年には、「みんなの株式」ネット証券ランキング取引ツール部門で第1位を獲得した。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
約定代金50万円以下まで無料 - - 0円

当サイト
限定特典

国内株式取引手数料最大3カ月全額キャッシュバック
2020年3月31日迄
※新規口座開設をした方

岡三オンライン証券の口コミ・評判

nisa_01

30代 | 女性

★★★★★

扱われている商品数は多く使い勝手もすごくいいですし、得られる情報量も圧倒的です。VBAを書くことができる人はRSSによるシステムトレードを行うこともできます。現物も信用も20万円、1日40万円までであれば手数料は要りません。サポート体制も整っていて迅速に対応してくれます。

nisa_02

40代 | 男性

★★★★☆

岡三証券のWEBの色彩やデザインには多くの意図があるように見えます。この岡三証券のものは、わかりやすく使いやすいレイアウトやデザインになっています。その理由は商品ラインナップが幅広すぎだからです。おそらく初めての方は迷うことが多いのではないでしょうか。そういったことを防止するためにこのようなデザインになっており、初心者でも十分に理解しながら進めることができます。

nisa_02

30代 | 男性

★★★☆☆

アナリストの情報が結構満載ですので、通常の株取引でも使っておりましたので、ここでもNISAを利用し安と心が良いと思います。ただし、積み立てをすることはできないので、もうちょっとその当たりを改善していただければ、もっと利用しやすいかなと思います。

nisa_ranking_06

SMBC日興証券

おすすめ度

★★★★

直近開設数

315

おすすめポイント

NISA口座でも業界トップクラスのIPO実績のメリットが活かせる
SMBC日興証券の2019年3月期IPO主幹事案件は92件中18件で第2位、同期のIPO取扱銘柄数も62件で第2位である。SMBC日興証券を利用すれば、IPOの当選確率は大幅に高くなる。一般投資家への配分量の10%を目処に同率抽選を行い、落選した場合は、ダイレクトコース専用に5%のステージ抽選が用意されている。IPOの当選確率アップを狙えるのが魅力。NISA口座でもIPOの申し込みができるので、IPOに興味のある人には外せない証券会社だ。
選べる2種類の取引コースで初心者でも安心
オンライントレードが充実している総合証券の強みを活かして、インターネット取引専用コースの「ダイレクトコース」と、支店担当者に相談しながら取引できる「総合コース」を、一人一人のニーズにあわせて選択できる。
100円から株が買える「日興フロッギー」サービスもNISA対象
SMBC日興証券の「日興フロッギー」は、旬な話題の記事を紹介しながら、掲載された企業の株式を、記事から直接購入できる会員向けの新しいタイプの投資サービスである。購入時の手数料0円で100円から金額指定で株式を購入できるので、気軽に投資にチャレンジできる。日興フロッギーで株を購入する際には、NISA口座を利用することもできる。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
137円~ - - 0円~

当サイト
限定特典

抽選で最大10万円プレゼント
2020年4月30日迄
※信用取引で自動でキャンペーン対象

直近で315人がSMBC日興証券の口座を開設しました

SMBC日興証券の口コミ・評判

nisa_01

30代 | 男性

★★★★☆

初めての証券口座作成でしたが、初めからとても分かりやすく、簡単に口座を作ることができました。売買の操作も簡単で、よくわからないときにはQ&Aも充実しています。手数料も分かりやすく明示されていて、安心してNISAを始めることができました。満足です。

nisa_01

40代 | 男性

★★★★☆

SMBC日興証券は店頭窓口があるため安心です。現時点でネット証券会社が多くある中、歴史があるSMBC日興証券は投資初心者としては大変安心します。口座開設申し込みはもちろん、NISAや取引のアドバイスを直接近くの支店でも対応していただく事ができます。但しネット証券に比べて手数料が高いところがネックになってきます。

nisa_03

50代 | 男性

★★★★★

自分はSMBC日興証券を20年ほど前から使用していますが、以前よりも手数料が安くなり特に今一番活用させてもらっているのがキンカブという少額定額購入サービスです。定額購入のメリットであるドルコスト平均法も享受できるため満足しています。長期投資を考えている方にはお勧めです。

nisa_ranking_07

au カブコム証券

おすすめ度

★★★☆☆

直近開設数

0

auカブコム証券 口座開設

おすすめポイント

auカブコム証券のNISAなら電話注文も、単元未満株の手数料も0円
NISA口座で取引する国内株式やETF、ETN、REITの取引手数料は無料。他社では有料になることが多いNISA取引の電話注文も、auカブコム証券なら無料だ。NISA対象の投資信託もすべて買付手数料無料。プチ株(単元未満株)取引やプレミアム積立(投資信託の積立投資)も可能。いずれもNISA口座を利用できるので、分配金や配当金、売却益は非課税になる。
NISA割で課税口座の現物株式取引手数料が割引に
auカブコム証券でNISA口座を開設すると自動的に「NISA割」が適用されて、課税口座(特定口座、一般口座)での現物株式取引手数料が最大5%割引になる。NISA口座の非課税枠が上限いっぱいになっていても、現物株式の取引なら手数料が安くなるので、気楽に取引できる。
銘柄選びに役に立つツールが豊富
「ウルトラチャート」「カブナビ」「kabuスコープ」など、お役立ちツールが豊富に提供されているので、NISA口座の取引で銘柄選びに困った時や、銘柄分析が必要な時など、大いに利用できる。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 - 0円~ 0円~

当サイト
限定特典

準備中
準備中
準備中

直近で0人がau カブコム証券の口座を開設しました

au カブコム証券の口コミ・評判

nisa_01

30代 | 女性

★★★★★

特にスマートフォンを持っている人にau カブコム証券はおすすめです。そのスマホアプリはパソコンの方より使い勝手が良いです。初心者でもすぐ口座を開設することができるでしょう。カスタマーサポートも充実しています。手数料は取り引き金額によって安くなることも多いです。株式ニュースが充実していたり、セミナーがあったり、色々な商品が取り扱われていたりすることなども魅力的です。様々なキャンペーンもあります。

nisa_02

30代 | 男性

★★★★☆

サポートセンターの対応スタッフは、専門的な知識が高く、詳しい質問にも丁寧に答えてくれて、とても質が高いと思います。取引手数料もかなり抑えられていて安いため満足しています。サイトも分かりやすく使いやすいため、始めて使い始めた時も問題なく取引できました。

nisa_03

40代 | 男性

★★☆☆☆

auカブコム証券でNISA口座を開設してもあまりメリットがないと感じています。手数料は恒久的に0円というのはメリットがありますが、これは他のネット証券でも同等のサービスがあるので、これがあるからメリットであると言えません。それに夜間の株取引に対応していないので、やや使いにくさを感じています。それと投資信託の本数も他社よりも少なめなので、それだけ選択幅が狭くなるのもやや使いにくさを感じます。

nisa_ranking_08

DMM株

おすすめ度

★★☆☆☆

直近開設数

125

おすすめポイント

NISA口座なら国内株式も米国株式も売買手数料が無料!
DMM.com証券の取引手数料はもともと業界最安値だ。投資信託の取り扱いはないものの、NISA口座なら、国内株式の売買手数料はもちろん無料、さらに米国株式の国内売買手数料まで無料なので、売却益や配当金を減らさずしっかり確保できる。
取引ツール「DMM株STANDARD」でNISA取引もIPO抽選申し込みもできる
スマホアプリ「DMM株」は「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分けられる。3つの取引ツールはユーザーの投資経験にあわせて選択できる。どのアプリや取引ツールでも、国内株式と米国株式のどちらも取引可能。NISA取引に対応しているのは、DL版「DMM株PRO+」とPCWEB版「DMM株STANDARD」の2つの取引ツール。DMM株PRO+はデフォルト設定で口座区分にNISAを選択し、DMM株STANDARDは発注画面でNISAを選択する。IPOの抽選参加申し込みは、DMM株のノーマルモード、もしくはPC WEB版「DMM株STANDARD」から行う。
取引手数料の1%をポイント還元!取引にも使えて出金も可能
取引手数料の1%分がDMM株ポイントとして付与される。1,000ポイント以上貯まると、1ポイント1円で現金に交換の上、証券口座に入金される。入金後は取引に充当、もしくは出金のどちらかを選べる。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 米国株0円 0円 -

当サイト
限定特典

抽選で10名様に2,000円プレゼント
※新規口座開設をした方

DMM株の口コミ・評判

nisa_01

30代 | 男性

★★★★★

初心者どころか未経験でも分かりやすいツールの使い勝手です。そして、未経験初心者でわからないことはいつでもサポートに問い合わせができるのですごく安心です。また、取り扱い銘柄も、とても豊富なのですごく満足しています。とにかく登録だけでもしてみる価値はありますよ。

nisa_02

30代 | 女性

★★★★☆

DMM株のよいところは、何と言っても売り買い手数料の安さです。国内・海外の株を中心に取り扱っており、1約定50円~という点が魅力的だと思います。種類も豊富なので、初心者からトレーダーまで手頃に楽しむことができます。また、手数料の1%がポイントとして還元してくれる点もメリットです。ただ、投資信託の商品を取り扱っていないのがデメリット。そこがあれば、もっと初心者の方もはじめやすいかと思います。

nisa_02

40代 | 男性

★★★★☆

DMM株の特徴は、アメリカ株式にも力を入れている点が挙げられます。2020年1月時点で、750銘柄以上のアメリカ株式を売買することができます。具体的には、アップルやアメリカンエキスプレス、インテルなどアメリカを代表する企業の株式を売買することができます。ネット証券のなかでも、これほどアメリカ株式を扱っている会社は限られているため、DMMで口座を開設するメリットは大きいです。

nisa_ranking_09

GMOクリック証券

おすすめ度

★★☆☆☆

直近開設数

49

おすすめポイント

NISA口座の売買手数料が0円
GMOクリック証券では、NISA口座で上場株式と投資信託を売買手数料無料で取引することができる。上場株式にはETFやREIT、ETN、さらにIPOまたはPOも含まれる。NISA口座取引は、PC会員ページあるいはモバイルトレードサービスの「モバトレ君」から行う。スマホアプリと各種取引ツールでは、NISA取引状況の照会のみ可能。GMOクリック証券の投資信託は100円から積立可能。NISA口座なら手数料もかからないので、投資初心者や若年層の人の投信積立にもおすすめだ。
無料で使える取引ツールが充実
口座を開設すると誰でも、PC向け高機能取引ツール「スーパーはっちゅう君」を無料で利用できる。フル板情報のリアルタイム表示や、板からダブルクリックで発注できる「フル板注文」機能など、プロが必要とする機能が多数実装されている。スマホアプリとして、iPhoneには「iClick株」、Androidには「株roid」が用意されており、いつでもどこでも、機種の特性を活かした快適な取引ができる。
手厚いサポート体制で安心
株式取引と投資信託取引については、フリーダイヤルによるサポートとメールによる問い合わせを平日8:00~18:00の時間帯で受け付けている。始業前に疑問を解決することもできるので心強い。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
0円 - - 0円~

当サイト
限定特典

準備中

GMOクリック証券の口コミ・評判

nisa_01

20代 | 女性

★★★★★

テクニカルに売り買いサインだけでなく、ファンダメンタル分析も行ってくれます。今の為替、株にしても同じですが、政治の分析は大事です。また、日本は世界一位の経済大国ではないので、少なからずアメリカ、中国の影響を受けます。今の中国、アメリカの政治状況、または経済政策の分析と解説も行ってくれるので、大変便利だと思います。

nisa_02

30代 | 男性

★★★★☆

システムがシンプルなためITやパソコンに苦手意識がある人でも取引しやすいです。さらに、NISAでの売買手数料が無料のため気軽に取引を始められる点もメリットだと思います。ただし、GMOクリック証券では、IPOの取り扱い件数が少ないため、IPO銘柄の取引をしたい人にはお勧めは出来ないと思います。

nisa_03

30代 | 男性

★★★★☆

ファンドのラインナップは非常に豊富なのが利点です。海外株を含むのに信託報酬が0.2%台という、ネット証券ならではの好商品が魅力的です。一方で、信託報酬が1.5%超えの高額な商品も目立ちます。費用対効果を自分で判断できるならば良いのですが、安易に宣伝文句に釣られないような注意も必要でしょう。

nisa_ranking_09

ライブスター証券

おすすめ度

★★☆☆☆

直近開設数

50

おすすめポイント

とにかく手数料が安い
1注文ごとの現物株式取引手数料を見ると、約定代金5万円以下で手数料は55円(以下、すべて税込)、約定代金5万円超10万円以下で手数料88円、300万円超の約定代金でも、手数料はたったの880円だ。信用取引の取引手数料は恒常的に無料、その他の金融商品の手数料も業界最安水準だ。口座開設から約2カ月間は手数料無料というキャンペーンもたびたび展開されている。NISA対象外の金融商品を取引する、あるいはNISAの年間非課税枠を超えて取引する可能性を考えると、手数料の安さは重要なポイントだ。
取扱投資信託は厳選2銘柄なので銘柄選択で迷わない
ライブスター証券が取り扱う投資信託は、レオス・キャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」と「ひふみワールド+」の2本だけ。どちらも「守りながらふやす」という特徴的な運用方針で大注目のアクティブ運用型ファンドなので、投資信託を探す手間を省きたい人にはうってつけだ。国内ETFやETNなどがあらかじめカテゴリー別に分類されており、探しやすい。
進化し続ける取引ツール「livestar R2」でNISA取引も
簡単操作と高い視認性、ひとつのツールで国内株式、先物・オプション、さらにはNISA発注もできることから、どんなレベルのユーザーでも使い勝手の良さを実感できる。お気に入り銘柄はスマホアプリ「livestar S2」と共有できるのも魅力だ。

手数料

国内株 外国株 海外ETF 投資信託
税込88円~ - - 0円

当サイト
限定特典

準備中

ライブスター証券の口コミ・評判

nisa_01

50代 | 女性

★★★★★

株式取引に必要な手数料諸費用が業界最安水準なのでとても満足しています。新規口座開設時の2ヶ月間は取引手数料0円、さらに昨年12月10日からは信用取引手数料は完全無料化になっています。これから株式投資を始めようと思っている方にはお勧めだと思います。

nisa_02

40代 | 男性

★★★★☆

業界でも最低水準の手数料の安さが魅力でツールもシンプルで使いやすいため初心者にもおすすめできると思います。さらに今なら口座開設で期間限定の手数料無料のキャンペーンを行っていますのでよりお得に利用できます。海外株式の取り扱いがないのは残念ですが、実績も豊富で安心して利用できるネット証券です。

nisa_02

20代 | 女性

★★★★☆

以前から取引の手数料が安いのが強みでしたが、2019年12月から信用取引手数料が完全無料化しより利用しやすくなりました。今だと新規の口座開設後も2ヶ月取引手数料が無料で長所を押し出す方向のネット証券。反面、少し取扱数が心許なく情報に関しても少なめですが、これは他でも取り扱ってるので交互に見つつ取引手数料が安いこちらで、っとすれば問題無いです。

NISA口座Q&A

Q

NISAとつみたてNISAは何が違うの?

A

NISAとつみたてNISAの違いは、投資できる商品と非課税で投資できる金額の上限、非課税期間の3点です。
NISA口座では投資信託はもちろん、国内の個別株式や海外の株式にも投資できますが、つみたてNISA口座では金融庁が定めた低リスク商品のみが投資可能商品になります。

Q

NISAとつみたてNISAどっちがおすすめ?

A

NISAとつみたてNISAはそれぞれ異なるメリットを持っているため、投資スタイルによってどちらにするかを決めたいところです。
アクティブに自分の好きな銘柄に投資してみたい人はNISAを、長期でコツコツ資産形成をしたい人にはつみたてNISAがおすすめと言えるでしょう。

Q

NISAとつみたてNISA両方口座開設することはできますか?

A

NISAとつみたてNISAはどちらか一方しか選択することができません。また、複数の異なる証券会社でNISA、またはつみたてNISA口座を開設することもできません。

Q

どの証券会社でNISA口座を開設したらいいのかわからない。

A

NISA口座を開設する証券会社を選ぶときには、手数料とサポート体制、取扱商品の3点を比較して選ぶと良いでしょう。証券口座開設でキャッシュバックなどのキャンペーンを行なっている証券会社もあるので、キャンペーンで比較するのもおすすめです。

Q

NISAの非課税期間が過ぎたらどうなるの?

A

NISAの5年間の非課税期間が終了する時には、NISA口座の金融商品を「ロールオーバーする」「通常の課税口座に移行する」「売却する」の3パターンの選択肢のうちのどれかを取ることになります。「ロールオーバー」とは、同一金融機関で翌年のNISA口座を開設しておいて、現在保有している金融商品を新しく作った口座に移行することです。

Q

年間120万円を超えて投資したらどうなるの?

A

年間120万円の非課税投資枠を超えた分は、一般口座での保有という扱いになります。一般口座では投資によって得た利益に対して税金がかかるため、非課税で投資したい場合には非課税投資枠を超えないよう注意する必要があります。

Q

NISAではどんな銘柄でも買えますか。

A

国内株式についてはどの証券会社でも全ての銘柄を買うことができます。ただし、投資信託については証券会社によって扱っている銘柄が異なるので注意が必要です。また、証券会社によってはアメリカや中国などの外国株式もNISA口座で取引することが可能です。

Q

今のNISAの制度はいつまで続くの?

A

2024年に新しい制度のNISAが開始されるのに伴い、現行NISAの申し込みは2023年までになります。ただし、現行NISAの非課税投資期間は2028年までに延長される。
また、現行NISAでの投資期間が過ぎた場合のロールオーバーは新NISAへの移行になります。

Q

新NISAへの移行で何が変わるの?

A

2024年開始の新NISAでは、これまでのNISAから投資枠が変更になります。
現在のNISAの投資枠は年間120万円ですが、新NISAではこれまでの投資枠は102万円に縮小され、代わりに現在つみたてNISAで対象となっている商品への投資枠が20万円設けられるようになります。