投資信託を始めるにあたって、どれくらい儲かるのかは最も気になる点だろう。たとえば投資信託で月5万円を儲けるためには、いくら投資すればいいのだろうか。投資初心者にとって実現可能性は高いのだろうか。投資信託で儲けを出したいのなら押さえておくべきキーワードは3つだ。

1,投資信託で月5万円の儲けを出すための必要投資額は1,000万円以上

1.投資信託で月5万円を儲けるための必要投資額はいくら?
(画像=Hanasaki/stock.adobe.com)
投資信託で月5万円の利益を得るための難易度は投資金額によって大きく異なります。

投資金額が100万円と1億円の場合では、月5万円の利益を得るための労力の違いは明らかだろう。

樋口 壮一

前者は年率60%の運用成績が必要であるのに対し、後者は年率0.6%の運用成績で達成できてしまいます。

月の利益額は次の式によって求められる。話を単純化するために、税金や運用成績による投資元本の増減は考慮していない。

  • 利益額(月5万円)=投資金額×運用実績(年率%)÷12ヵ月
樋口 壮一

投資金額を決めるためには、運用実績を考えなければなりません。

投資信託で月5万円の儲けを出すための期待リターン

2.投資信託で月5万円を儲けるための必要投資額はいくら?
(画像=編集部作成)
投資信託の運用実績は結果であるため、運用実績の予想値を入れる必要があります。好きな数値を入れればよいわけではなく、投資した資産から得られる可能性のある数値を入れなければなりません。

ここで期待リターンという数値を活用する必要がある。

期待リターンとは?
ある資産における将来獲得できる平均的なリターンのことを指す。

期待リターンの求め方は複雑であるが、日本の年金資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用している値を紹介しよう。GPIFが2018年度のポートフォリオ検証で使用した資産別の期待リターンは次の通りだ。出典:年金積立金管理運用独立行政法人『2018年度業務概況書』

国内債券……年率-1.0%
国内株式……年率3.0%
外国債券……年率1.2%
外国株式……年率5.6%
樋口 壮一

この期待リターンを参考に投資金額を考えていきましょう。

投資信託で月5万円の儲けを出すためには毎月1,000万円以上の資金が必要

3.投資信託で月5万円を儲けるための必要投資額はいくら?
(画像=編集部作成)

GPIFの基準とする期待リターンを先程の公式に当てはめてみると、投資信託で月5万円を得るための必要投資額は各資産で次のようになる。

  • 国内債券……期待リターンがマイナスのため、計算不可
  • 国内株式……2,000万円
  • 外国債券……5,000万円
  • 外国株式……1,071万円
樋口 壮一

投資信託で外国株式のみに投資をしても1,000万円以上の資金が必要です。投資信託で月5万円の儲けを出すための難易度がわかるでしょう。

投資信託で期待リターンの高い資産はリスクも高い

期待リターンはあくまでも現状で想定される平均的なリターンである。投資信託の相場環境によっては、想定した期待リターンが得られない可能性もある。

投資信託で期待リターンが高い資産はそれに応じてリスクも高くなる傾向があります。
リスクとは?
投資資産の振れ幅であり、標準偏差という数値を用いて予想される。
GPIFの同資料によると、外国株式の標準偏差は25.99%である。これは外国株式が期待リターンを基準に上下25.99%の範囲に収まる可能性が高いことを示す。外国株式の期待リターンである年率5.6%を当てはめると、外国株式は+31.59%から-20.39%の運用実績を残す可能性が高いということだ。
樋口 壮一

ここまで振れ幅が大きいと、投資信託で月5万円の儲けを出すというような利益目標を追い求めるのもなかなか難しいかもしれません。

2,投資信託で儲けを出すための3つのポイント

4.投資信託で月5万円を儲けるための必要投資額はいくら?
(画像=編集部作成)

ここまでの話で投資信託は儲からないと感じた人もいるだろう。しかしそれは間違いだ。投資信託の儲けを考えるには「長期投資」、「複利効果」、「積立投資」という3つのキーワードが重要なのだ。

投資信託の儲けは「長期」で考える

投資信託の儲けは短期間で考えるべきではない。毎月5万円を儲けたいというような短期的な目標を立ててしまうと、相場に踊らされてしまう。

投資信託の儲けを考える場合には、長期で考える必要があります。

そもそも投資信託とは、元本保証がなく、相場環境によって資産は上下する。短期的な利益目標があったとしても、その期間の相場環境が悪ければ、投資信託で儲けを出すのは至難の業である。

樋口 壮一

基本的に投資信託の相場は上下するものであり、投資期間が短いほど、その動きを読むのは難しくなります。投資信託に投資を行う場合には、長期での投資を念頭に置き、長期的なトレンドで商品選択を行うべきでしょう。

投資信託で儲けを出すために「複利効果」を最大限活用する

投資信託の儲けは表面的なリターンである基準価額の騰落率も重要ですが、複利の効果を活かすという視点も極めて重要です。
複利効果とは?
投資収益を再投資することで、本来の元本だけでなく再投資分にも運用益が加算され、資産が雪だるま式に膨らんでいくこと。

投資信託の場合、商品内でこの複利効果が得られる。また分配金が出た場合にも、その資金を再投資に回せば、更に複利効果が得られる。投資資産が値上がりしていれば、複利効果は投資期間に比例して大きくなるため、長期投資との相性も良いのである。

先ほどの例を参考にすれば、1,071万円を年率5.6%のリターンで運用すれば月5万円の利益になる。これを30年間このままで運用できた場合、合計の運用益は1,800万円になる。一方で同じ1,071万円の投資元本を年率5.6%のリターンで年1回再投資した場合、合計の運用益は約4,420万円となる。複利効果によって、投資信託の儲けはここまで大きく変わるのだ。
樋口 壮一

短期の運用益を重視した毎月分配型の投資信託もありますが、投資の効率から言えば、複利効果が得られないため、非効率な投資手法です。

投資信託で儲けを出すために「積立投資」も有効

投資信託の儲けを考える場合、積立投資も有効な投資手法です。

積立投資は多くの投資資金を一度に用意できないという場合はもちろんだが、資金に余裕がある場合にも効果を発揮する。投資信託の積立投資が購入時期の分散という効果を発揮するためだ。

投資の大原則は安く買って高く売ることである。しかし相場の中で買い時を見極めることは非常に困難だ。

投資信託では高い時期には口数を少なく、安い時期には口数を多く購入できる。積立投資で毎月一定額を購入するというルールを設ければ、購入時期が分散され購入価格が平準化される。これをドルコスト平均法と呼ぶ。

樋口 壮一

ドルコスト平均法は、投資信託の長期投資において、高値掴みを避けるための非常に有用な投資手法です。

3,投資信託で儲けたいなら「長期」、「複利効果」、「積立投資」を押さえよう

5.投資信託で月5万円を儲けるための必要投資額はいくら?
(画像=EKKAPON/stock.adobe.com)

投資信託で儲けを出すには「長期」というキーワードを軸に、「複利効果」と「積立投資」のメリットを最大限に享受する方法を考えるべきである。投資信託はこの3つのキーワードと非常に相性の良い投資資産なのだ。

長期・複利効果・積立投資の特徴
  • 「長期」……短期的な市況の変化に左右されず、複利効果も最大限に得られる
  • 「複利効果」……運用資産内における再投資効果だけでなく、分配金を簡単に再投資に回せる
  • 「積立投資」……少額投資・金額指定が可能で、ドルコスト平均法も活用できる
樋口 壮一

投資信託で儲けを考えるときには、こうした商品の特性を十分に理解することが重要です。短期的な目標の設定はギャンブルと同じであり、特に投資初心者は避けるべきでしょう。

実際に投資信託を始めてみる

口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>>SBI証券の口座開設はこちら

口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>>楽天証券の口座開設はこちら

米国株の取り扱いが豊富、ワン株も取引可能
>>マネックス証券の口座開設はこちら

株主優待名人の桐谷さんも開設、少額取引の手数料が0円
>>松井証券の口座開設はこちら

取引コストが抑えられ、中上級者も検討したい
>>ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)の口座開設はこちら

IPO当選確率を上げるなら!ツールも魅力的
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら

手数料が業界最安値水準な上に取引でポイントがたまる
>>DMM 株の口座開設はこちら

現物・信用ともに低コスト!
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

樋口壮一
執筆・樋口壮一
新卒で証券会社に入社後、10年間リテール営業、ホールセール営業を経験。現在は事業会社の営業企画部門に努める傍ら、個人として投資を行い、マーケットに携わる。AFP
新卒で証券会社に入社後、10年間リテール営業、ホールセール営業を経験。現在は事業会社の営業企画部門に努める傍ら、個人として投資を行い、マーケットに携わる。AFP

この筆者の記事を見る

【関連記事】
つみたてNISA(積立NISA)の口座ランキングTOP10
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
つみたてNISA(積立NISA)の銘柄で最強な投資信託はどれ?
投資信託は長期投資で運用すべき4つの理由
投資信託における本当の「利回り」とは 儲かる度合いの正確な調べ方
投資信託の約定日とは?申込日・受渡日との違いや注意すべきケースを解説