米国株に比べると情報量が少ない中国株でも、ETFならそれほど気にせず購入し、保有し続けることができる。ここでは、初心者でも気軽に買える中国ETFランキングTOP10を紹介する。高い成長率で脚光を浴びる中国市場のETFを購入する際のポイントや、注意点も含めて紹介していこう。

目次

  1. 1,中国ETFの4つの特徴――香港ドル資産でリスク分散、リターンにも期待
  2. 2,中国ETFを選ぶ3つのポイント――経費率、流動性、純資産額
  3. 3,初心者におすすめの中国ETFTOP10!経費率0.10%のトラッカー・ファンド・オブ・ホンコンなど
  4. 4,中国ETFを購入するときの2つの注意点――香港ドル以外の基準通貨と節税対策
  5. 5,香港市場から、中国ETFで気軽に世界中の企業に投資する
  6. 実際に中国ETF投資を始めてみる

1,中国ETFの4つの特徴――香港ドル資産でリスク分散、リターンにも期待

1.中国ETFおすすめランキングTOP10!
(画像=編集部作成)

香港証券取引所に上場する中国籍のETFを選んで投資する理由は、中国ETFが持つ特徴にある。まずは、中国ETFの特徴とメリットをしっかり確認しておこう。

特徴1,香港ドル資産なので、円資産とのリスク分散ができる

香港市場に上場するETFを保有することは、香港ドル建ての資産を保有することでもある。

中国ETFを保有することには、資産を円資産と香港ドル資産にリスク分散できるというメリットがあります。

特徴2,立会時間中なら、いつでもリアルタイムで売買できる

同じようなファンドでありながら、投資信託よりETFのほうが優れている点は、取引所の立会時間中なら、いつでも売買できることだろう。まずは、中国市場で取引ができる時間を確認しておこう。

中国ETFを取引できる時間帯

日本時間 現地時間
オープニング・セッション 10:00~10:30 9:00~9:30
前場 10:30~13:00 9:30~12:00
昼休み 13;00~14:00 12:00~13:00
後場 14:00~17:00 13:00~16:00
クロージング・オークション・
セッション
17:00~17:10 16:00~16:10
筆者作成


中国と日本の時差は、1時間しかない。そのため中国株や中国ETFの取引は、日本の日中の時間帯に行うことができる。

近藤真理

日本の昼休みの時間帯でも取引ができ、日本が祝日でも、中国市場が開いていれば取引ができます。米国市場と違って中国市場は、日本の日中にリアルタイムで取引できることが強みです。

特徴3,情報収集の難易度を下げてくれる

中国ETFも他国のETFと同様に、対象指標の値動きに連動するように設計されている。そのため、テレビで報道されるマーケット情報の株価指数を見れば、わざわざ個別のETFの値動きを確認する必要がない。

特に中国市場は日本や米国のマーケットと違って情報収集が難しいため、個別銘柄よりもETFのほうが初心者には安心だろう。

近藤真理

保有している間は運用会社がすべて管理してくれるので、対象指標の株価指数をチェックするだけで済むので簡単です。

特徴4,少額投資でもリスクを分散できる

中国ETFを含むETFがベンチマークとする株価指標は、さまざまな国または地域、業種の多くの銘柄で構成されている。

そのため、ETFに組み込まれている銘柄も複数にわたるため、ETFを1売買単位(数万円~30万円弱)だけ保有しても、分散投資をしたことになります。
近藤真理

中国通ならいざ知らず、中国企業についてあまり詳しくない人は、まずは中国ETFの購入を検討するといいでしょう。

中国ETFを取引可能なおすすめネット証券(2021年8月7日現在)

ネット証券会社名 国内取引手数料(税込) 中国ETF銘柄数
中国株の取引手数料率
最安水準

マネックス証券
公式サイト
約定代金の0.275%

(最低手数料
49.5香港ドル~
上限手数料
495香港ドル)※1
28銘柄
中国株
「銘柄スカウター中国株/
10年スクリーナー」
が使いやすい
中国株以外にも
8カ国の株式を取扱

SBI証券
公式サイト
約定代金の0.286%

(最低手数料
51.7香港ドル~
上限手数料
517香港ドル)※2
31銘柄
中国投資情報が
充実・無料
ネット証券で唯一
上海A株が取引可能

楽天証券
公式サイト
・約定代金10万円
まで550円

・約定代金
10万円超~
100万円未満→
約定代金の0.55%

・約定代金
100万円以上は
5,500円
31銘柄
最低手数料と
上限手数料が
安く定額投資と
高額投資がお得
マネックス証券SBI証券楽天証券のホームページをもとに筆者作成)
※1,1香港ドル=14円で換算すると、マネックス証券の最低手数料は693円、上限手数料6,930円となる
※2,1香港ドル=14円で換算すると、SBI証券の最低手数料は723円、上限手数料7,238円となる

2,中国ETFを選ぶ3つのポイント――経費率、流動性、純資産額

中国ETFおすすめランキングTOP10!
(画像=編集部作成)

香港証券取引所に上場するETFは、米国ETFや国内ETFほど多くない。出来高が極端に少ない銘柄や、純資産総額が小さい銘柄もある。

安全で希望に沿った中国ETFを購入するために、以下の3点をしっかりチェックすることをおすすめしたい。

チェックポイント1,同一指標に連動する銘柄は経費率が最も低いものを選ぶ

ETFは経費率が安ければ運用にかかるコストを抑えられます。
近藤真理

同じ指標に連動する中国ETFが複数あれば、迷わず経費率が最も安い銘柄を選びましょう。これによって、コストによる利益の圧迫を最小限に抑えられます。

チェックポイント2,流動性の高い銘柄を選ぶ

売買したいタイミングで希望する条件で取引ができることは、継続的に取引が行われる市場取引の大きなメリットです。このメリットを担保するのは、流動性の高さです。中国ETFにおいても、それは変わりません。

ETFの流動性を確認するには、「出来高(売買高)」や「売買代金」を見るといいだろう。

出来高が極端に少ない銘柄は避けたほうがいい。

近藤真理

中国ETFの銘柄ごとの取引状況は、ネット証券サイトにログインして、個別銘柄ページで確認できます。

チェックポイント3,純資産額が大きい中国ETFを選ぶ

複数の銘柄の中からどれを選ぶべきか迷ったら、候補に挙がっているETFの純資産額を比較して、純資産額が大きいETFを選ぶようにしましょう。。

純資産額が大きなファンドは効率的に分散投資を行うことができるため、リスク分散効果が高くなる。人気があり、継続的に取引が行われるため、保有期間中に上場廃止になるリスクも低い。

近藤真理

純資産額が小さなETFは出来高が少なく、上場廃止になるリスクもあります。上場廃止になると、預けた資産は時価評価額で返還されますが、値上がり益は期待できません。

3,初心者におすすめの中国ETFTOP10!経費率0.10%のトラッカー・ファンド・オブ・ホンコンなど

3.中国ETFおすすめランキングTOP10!
(画像=Inna/stock.adobe.com)

ここからは、実際にETFを購入する際に参考になるランキングや銘柄の詳細を解説していく。

<おすすめ香港ETFの絞り込み手順>
① SBI証券「海外ETF検索ツールEサーチ」を使って、「中国」(香港)市場上場銘柄を検索する(→31銘柄)
② 抽出された中国ETF31銘柄の個別情報を確認して、経費率が低い順に並べ替える(→上場廃止2銘柄を除外して29銘柄)
③ 将来の上場廃止を回避するために、「純資産総額3億香港ドル以下(2021年7月30日現在)」のファンドを除外する(→16銘柄)
④ 16銘柄のうち、経費率が低い順に上位10銘柄をおすすめの中国ETF TOP10とする

おすすめの中国ETF TOP10(2021年8月6日終値ベース)


順位 ETF銘柄名<コード> 2021/8/6終値 最低投資金額※(売買単位) 経費率
1 トラッカー ファンド
オブ ホンコン<02800>
26.70香港ドル 0.10%
18万6,900円(500口)
2 ハンセン指数ETF<02833> 26.76香港ドル 0.11%
3万7,464円(100口)
3 db xトラッカーズMSCI USA
インデックス UCITS ETF<03020>
1,010.00香港ドル 0.15%
21万2,100円(15口)
4 Global X MSCI中国ETF
<03040>
39.06香港ドル 0.18%
5万4,684円(100口)
5 iシェアーズ コアMSCI
チャイナETF<02801>
30.40香港ドル 0.20%
8万5,120円(200口)
6 iシェアーズ コア
CSI 300 ETF<02846>
38.62香港ドル 0.38%
5万4,068円(100口)
7 iシェアーズ FTSE
中国A50 ETF<02823>
17.88香港ドル 0.49%
2万5,032円(100口)
8 db x トラッカーズFTSE中国
50 UCITS ETF<03007>
304.20香港ドル 0.60%
4万2,588円(10口)
9 iシェアーズS&P BSE SENSEX
インディア インデックスETF<02836>
32.78香港ドル 0.64%
9万1,784円(200口)
10 ハンセンH株指数ETF<02828> 94.44香港ドル 0.65%
26万4,432円(200口)
※最低投資金額(円)=2021/8/6終値×売買単位×14円(1香港ドル=14円で換算)


中国(香港)ETFは銘柄ごとに売買単位が異なるので、「価格×売買単位」が最低投資金額になる。

上記のランキング表を見るとわかるように、ETF価格が近い銘柄同士でも、売買単位の違いによって最低投資金額に大きな差が生じる。

以下に紹介する各ETFの参考指数やファンド概要にもとづいて興味のある銘柄を選ぶだけでなく、最低投資金額にも着目して、自分の手持ち資金に見合った銘柄を選択するとよいだろう。

第1位,トラッカー ファンド オブ ホンコン<02800>……中国ETF No.1の低経費率と好利回り

トラッカー ファンド オブ ホンコン
ステートストリートが設定・運営する中国ETFである。参考指数の「ハンセン(恒生)指数」は、恒生銀行傘下のハンセン インデックス社が毎日算出・公表する株価指数である。
ハンセン(恒生)指数

香港証券取引所を代表する50銘柄の時価総額加重平均で構成されており、同取引所の時価総額の約7割をカバーすると言われている。

トラッカー ファンド オブ ホンコンの主な指標

参考指数 ハンセン指数
経費率 0.10% 分配金利回り 2.93% 設定日 1999年11月12日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
7.90% 6.97% 39.79% 271.21%
※上記データは、SBI証券の中国株個別銘柄情報から引用した(2021年8月6日現在、分配金利回りは同日終値基準)。以下、全銘柄についても同じ条件である
TOP10にランクインした中国ETF10銘柄の中で経費率が一番低く(0.10%)、分配金利回りももっとも高い(2.93%)ETFです。
近藤真理

トラッカー ファンド オブ ホンコンは、まさに長期投資向きのETFの代表格だといえます。

第2位,ハンセン指数ETF<02833>……売買単位が100口で買いやすい

ハンセン指数ETF
トラッカー ファンド オブ ホンコン同様に、ハンセン インデックス社が算出・公表している「ハンセン指数」のパフォーマンスに連動するように計算・運用されている中国ETF。

なお、本ETFの運用・管理は、同じくハンセン銀行子会社のハンセン インベストメント マネジメントが行っている。

ハンセン指数ETFの主な指標

参考指数 ハンセン指数
経費率 0.11% 分配金利回り 2.73% 設定日 2004年9月21日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
6.80% 3.38% 38.04% 235.72%
※筆者作成
ハンセン指数ETFは売買単位が100口です。価格やパフォーマンスが似ているトラッカー ファンド オブ ホンコンに比べると、売買単位が5分の1なので最低投資金額も5分の1程度ですみます。
近藤真理

手持ち資金が少ない人でも、購入できるハンセン指数連動型ETFです。

第3位,db xトラッカーズMSCI USAインデックス UCITS ETF<03020>……米国の大型・中型株に分散投資

db xトラッカーズMSCI USAインデックス UCITS ETF
ドイツ銀行グループが設定・運用するETFブランド「db xトラッカーズ」シリーズの香港籍ETFである。参考指数は、MSCI米国トータルリターン ネット インデックス。
MSCI米国トータルリターン ネット インデックス

米MSCI社が算出・公表する世界中の先進国や新興国などを対象としたインデックスシリーズの一つである。本指数は米国の大型・中型株で構成されており、米国株式市場の時価総額上位85%をカバーする。

db xトラッカーズMSCI USAインデックス UCITS ETFの主な指標

参考指数 MSCI米国トータルリターン ネット インデックス
経費率 0.15% 分配金利回り 0% 設定日 2007年1月8日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
35.89% 64.82% 125.21% 305.76%
※筆者作成
db xトラッカーズMSCI USAインデックス UCITS ETFは、香港ドル建てで、持続的に成長する米国優良上場銘柄に分散投資できるETFです。
近藤真理

db xトラッカーズMSCI USAインデックス UCITS ETFは、課税後の分配金を再投資するタイプのファンドなので、インカムゲインではなく、キャピタルゲインを目的とする保有に適しています。

第4位,Global X MSCI中国ETF<03040>……MSCI中国指数に連動するETF

Global X MSCI中国ETF
韓国の金融サービスグループであるミラエアセットが設定・運用するETFブランド、「Global X」シリーズの一つ。参考指数の「MSCI中国指数」のパフォーマンスに連動する投資成果を目指すETFである。
MSCI中国指数

本指数は米MSCI社が算出・公表する国別インデックスシリーズに属している。香港証券取引所上場の中国株、および上海証券取引所または深圳証券取引所上場の中国B株のパフォーマンスに連動する、中国株式市場を代表する株価指数。

Global X MSCI中国ETFの主な指標

参考指数 MSCI中国指数
経費率 0.18% 分配金利回り 0% 設定日 2013年6月17日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
-2.23% 22.15% 76.86% 103.89%
※筆者作成
Global X MSCI中国ETFは、税金を差し引いた分配金再投資型ファンドなので、分配金利回りは0%です。中国市場の成長性を見越して、中国市場全体に分散投資します。キャピタルゲインの獲得を目的とするファンドです。

第5位,iシェアーズ コアMSCIチャイナETF<02801>……元祖MSCI中国指数連動ETF

iシェアーズ コアMSCIチャイナETF
ブラックロックが運用するETFブランド「iシェアーズ」シリーズのETFであり、中国株式市場全体のパフォーマンスに連動する「MSCI中国指数」が参考指数となっている。

iシェアーズ コアMSCIチャイナETFの主な指標

参考指数 MSCI中国指数
経費率 0.20% 分配金利回り 1.5% 設定日 2001年11月23日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
-1.9% 22.65% 76.20% 695.25%
※筆者作成
iシェアーズ コアMSCIチャイナETFの参考指数はMSCI中国指数であり、上述のGlobal X MSCI中国ETFと同じです。iシェアーズ コアMSCIチャイナETFのほうが12年早く設定されていますが、2つのETFの値動きはよく似ています。
近藤真理

iシェアーズ コアMSCIチャイナETFの分配金利回りは1.5%ですが、経費率がGlobal X MSCI中国ETF より若干高いので、トータルリターンで考えると、ほとんど大差ないといってよいでしょう。

第6位,iシェアーズ コアCSI 300 ETF<02846>……代表的な中国本土株300銘柄に投資

iシェアーズ コアCSI 300 ETF
ブラックロックが設定・運用する「iシェアーズ」ブランドのETF。中証指数有限公司が算出・公表する「CSI300中国A株指数」のパフォーマンスに連動するように運用されている。
CSI300中国A株指数

上海証券取引所と深セン証券取引所の中国A株(決済通貨は人民元、中国人および一部適格外国投資家向けの市場)のうち、流動性が高く、時価総額も大きな300銘柄で構成される中国本土株を代表する株価指数。

iシェアーズ コアCSI 300 ETFは、香港証券取引上に上場する香港籍のETFであるが、2018年1月1日付で、基準通貨が香港ドルから中国人民元に変更された。

iシェアーズ コアCSI 300 ETFの主な指標

参考指数 CSI 300中国A株指数
経費率 0.38% 分配金利回り 1.17% 設定日 2009年11月12日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
13.42% 63.64% 70.78% 52.23%
※筆者作成
iシェアーズ コアCSI 300 ETFは、香港株を除外した中国本土株を代表する300銘柄に分散投資できます。
近藤真理

中国本土株の成長性に関心のある人におすすめできる中国ETFです。

第7位,iシェアーズ FTSE中国A50 ETF<02823>……中国A株大型上位50銘柄が対象

iシェアーズ FTSE中国A50 ETF
ブラックロックが運用する低コストETFであり、「FTSE中国A50指数」のパフォーマンスに連動する投資成果を目指している。
FTSE中国A50指数

ロンドンに拠点を置くFTSEラッセル社が算出・公表する株価指数。中国本土の上海証券取引所と深セン証券取引所のA株のうち、流動性の高い上位50銘柄を構成銘柄としている。

iシェアーズFTSE中国A50 ETFの主な指標 参考指数 FTSE中国A50指数

参考指数 FTSE中国A50指数
経費率 0.49% 分配金利回り 1.77% 設定日 2004年11月15日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
10.26% 53.59% 85.11% 424.73%
※筆者作成
同じ中国A株を対象としていますが、上述のiシェアーズ コアCSI 300 ETFの構成銘柄は上位300銘柄、それに対してiシェアーズFTSE中国A50 ETFは上位50銘柄です。
近藤真理

値動きは両者とも似ていますが、FTSE中国A50 ETFの出来高のほうがコアCSI 300 ETFの出来高の数十倍あり、希望する条件で取引しやすいでしょう。

第8位,db x トラッカーズFTSE中国 50 UCITS ETF<03007>……db xトラッカーズシリーズのFTSE中国A50指数連動型ETF

db x トラッカーズFTSE中国 50 UCITS ETF
ドイツ銀行グループによるETFブランド「db xトラッカーズ」のETFの一つ。参考指数は中国A株の上位50銘柄を構成銘柄とする「FTSE中国A50指数」である。

db x トラッカーズFTSE中国 50 UCITS ETFの主な指標

参考指数 FTSE中国A50指数
経費率 0.60% 分配金利回り 0% 設定日 2007年6月19日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
-1.71% 5.51% 32.56% 35.02%
※筆者作成
近藤真理

db x トラッカーズFTSE中国 50 UCITS ETFは、参考指数が同一のiシェアーズFTSE中国A50 ETFより出来高がはるかに少なく、経費率や分配金利回り、トータルリターンの条件も劣ります。そのため、あえてdb x トラッカーズFTSE中国 50 UCITS ETFを選ぶメリットはないかもしれません。

第9位, iシェアーズS&P BSE SENSEXインディア インデックスETF<02836>……中国ETFをとおしてインドの代表的な30銘柄に投資

iシェアーズS&P BSE SENSEXインディア インデックスETF
ブラックロックが運用する「iシェアーズ」ブランドのETFであり、アジアトラストシリーズのサブファンドの一つである。参考指数は、S&Pダウ ジョーズ インデックス社が算出・公表する「S&P BSE SENSEX指数」。
S&P BSE SENSEX指数

本指数は、BSE(ボンベイ証券取引所)に上場する銘柄のうち、流動性が高く、取引規模の大きなBSEを代表する30銘柄で構成されている。

iシェアーズS&P BSE SENSEXインディア インデックスETFは香港籍のETFであるが、2018年1月1日付で、基準通貨が香港ドルから米ドルに変更された。

iシェアーズS&P BSE SENSEXインディア インデックスETFの主な指標

参考指数 S&P BSE SENSEX(センセックス)指数
経費率 0.64% 分配金利回り 0% 設定日 2006年10月31日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
44.32% 31.1% 73.62% 157.33%
※筆者作成
iシェアーズS&P BSE SENSEXインディア インデックスETFは、香港市場に上場するETFをとおして、インドの代表的な大型株30銘柄に分散投資できます。ネット証券では、ETFの価格が香港ドルで表示されますが、実際は米ドル建てのファンドです。

第10位,ハンセンH株指数ETF<02828>……香港H株の主要40銘柄に分散投資

ハンセンH株指数ETF
ハンセン インベストメント マネジメントが運用・管理する中国ETF。参考指数は、ハンセン インデックス社が算出・公表している「ハンセンH株指数(ハンセン中国企業株指数)」。ハンセンH株指数ETFは本指数のパフォーマンスに連動するように運用されている。
ハンセンH株指数

香港証券取引所に上場している銘柄のうち、登記地が中国本土であり香港市場に上場している企業の中から、流動性が高く規模が大きな上位40銘柄で構成されている指数。

ハンセンH株指数ETFの主な指標

参考指数 ハンセンH株指数
経費率 0.65% 分配金利回り 2.42% 設定日 2003年12月10日
トータルリターン
直近1年 直近3年 直近5年 設定来
-7.7% -6.6% 15.4% 214.49%
※筆者作成
ハンセンH株指数ETFの参考指数であるハンセンH株指数の投資対象は、香港株式市場のH株のみ40銘柄です。一方、第1位のトラッカー ファンド オブ ホンコンと第2位のハンセン指数ETFの参考指数であるハンセン指数の投資対象は香港市場の50銘柄です。
近藤真理

ハンセン指数には世界的に有名な大企業が、ハンセンH株指数にはより中国色が強い中国本土企業が含まれると捉えておくとわかりやすいです。全体としては、ハンセン指数のパフォーマンスのほうがハンセンH株指数を若干上回る傾向が見られます。

4,中国ETFを購入するときの2つの注意点――香港ドル以外の基準通貨と節税対策

中国ETFおすすめランキングTOP10!
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

中国ETF投資に際しては、以下の2点について十分注意してほしい。

中国ETF購入時の注意点
  • ① 上場廃止リスクの高い銘柄を選択肢から排除する
  • ② 2023年までにNISA口座を新規開設し、節税効果で運用益を最大化する

注意点1,上場廃止リスクの高い銘柄を選択肢から排除する

万が一、保有していたETFが上場廃止によって強制的に償還されると、資金計画に狂いが生じることもあるので、このような事態は極力回避したい。

純資産総額が小さなETFを購入した場合、保有期間中に上場廃止となることがあります。事実、ネット証券で取引できる中国ETFのうち2銘柄は、すでに上場廃止が予定されています(2021年8月現在)。

さらに、長期間にわたって日々の出来高が極端に少ない状態が続く銘柄も、流動性の低さから上場廃止リスクが高いと考えられる。

このような不人気銘柄も、銘柄選択の段階で除外しておくと安心だ。

上記の「おすすめの中国ETF TOP10」銘柄は、いずれも純資産総額が3億香港ドル以上のファンドばかりであり、将来的に上場廃止になるリスクは低い。

そのため、中国ETF銘柄選びの第一関門はクリアできていると考えてもらってよいだろう。

上場廃止リスクを抑えて、期待どおりの運用益を確保するためには、ファンドの規模が小さすぎず、流動性のあるETFを選ぶことが重要です。

注意点2,2023年までにNISA口座を新規開設し、節税効果で運用益を最大化する

中国ETFには分配金利回りの高い銘柄が少ないため、分配金目的の投資よりも、売却益目的の投資のほうが、メリットは大きい。このメリットを最大化できる制度がNISA制度です。
香港証券取引所に上場するETFから分配金を受け取ることができる場合、原則的に現地では非課税ですが、国内で20.315%の所得税等や住民税が課税されます。売却益については、現地では非居住者扱いで非課税となり、国内のみで課税されます。
NISA制度とは?
NISA口座開設期間中の運用益の国内課税が非課税になる、節税効果の高い制度。

出典:金融庁『NISAとは?』

近藤真理

今後、中長期的に中国経済が成長すると考える人には、2023年までにNISA口座を新規開設し、中国ETFを購入することをおすすめします。

2023年までにNISA口座を開設すれば、5年後のロールオーバーが可能になるので、最長10年間、NISA口座を利用できるようになる。

ETF価格が右肩上がりに上昇すれば、10年以内に売却することで、売却益を最大化できる。

なお、制度の見直しによって、2024年から新NISA制度が適用される。

2024年から2028年までに新規開設されたNISA口座の二階部分(一般NISA枠)はロールオーバーできないため、非課税期間が5年間に限定されます。
中国経済の持続的成長が実現すれば、非課税期間が長ければ長いほど、中国ETFの売却益は拡大します。2023年までにNISA口座を新規開設して、さっそく中国ETF投資を開始しましょう。

5,香港市場から、中国ETFで気軽に世界中の企業に投資する

5.中国ETFおすすめランキングTOP10!
(画像=健太 上田/stock.adobe.com)

成長力のある中国株式市場に、簡単・低リスクに分散投資できるのが中国(香港籍)ETFだ。

中国ETF各銘柄は、ハンセン指数などの有名株価指数の値動きに連動するように運用されているので、パフォーマンスが好調な株価指数を選ぶだけでよいでしょう。

中国ETFが連動する株価指数のポートフォリオによっては、世界各国の株式市場や特定の業界に分散投資することも可能だ。

日本在住の個人投資家が中国ETFに投資する場合、二国間租税条約によって、香港では原則非課税である(※JETROの公式ホームページより)。

近藤真理

国内でも非課税口座のNISAを利用すれば、1往復分の為替手数料の負担だけで、価格上昇によって得られる値上がり益を無駄なく獲得できます。中国経済の成長力を、中国ETF投資からも大いに実感してみてください。

実際に中国ETF投資を始めてみる

中国ETFの取引手数料国内最安
>>マネックス証券の口座開設はこちら

中国以外にも6ヶ国の取り扱い
>>SBI証券の口座開設はこちら

NISA口座なら中国ETF買付手数料無料
>>楽天証券の口座開設はこちら

近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。

この筆者の記事を見る

【関連記事】
中国ETFおすすめランキングTOP10!初心者におすすめの銘柄は?
中国株を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説
米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説
中国株式投資に強いネット証券会社は? SBI、楽天、マネックスの特徴