IPO投資はたった数日で大きな利益が出ることもある。その利益から税金が差し引かれず全額が手に入ればどれほどうれしいだろう。NISA口座なら年間120万円まで非課税で運用できるため、その恩恵を受けやすい。IPO株をNISA口座で買い付ける方法や注意点もふまえて解説しよう。

目次

  1. 1,NISAでIPO投資ができるおすすめ証券会社8社を徹底比較
  2. 2,IPO投資とは?NISAでIPO株を買うメリットは?
  3. 3,NISA口座でIPO株を売買する流れ
  4. 4,NISAでIPO投資を始める前に注意すべきこと
  5. 5,メリットの高いNISAでIPO投資を始めよう
  6. 6,NISAでIPO投資ができるおすすめ証券会社についてよくある4つのQ&A
  7. 実際にNISAを始めてみる

1,NISAでIPO投資ができるおすすめ証券会社8社を徹底比較

NISA11.jpg
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

NISA口座がIPOに対応しているかどうかは証券会社によって異なる。対応していたとしてもそもそもの取扱件数が少なければIPOの抽選に当たる確率も低くなる。

篠田わかな

IPO当選の確率を上げるには、どの証券会社を選ぶかが重要になってきます。以下3点を押さえておきましょう。

  • 各IPOの主幹事証券会社はどこか
  • IPO取扱件数が多いのはどこか
  • 各社の抽選方法の特徴
IPOの主幹事とは?
株式の新規公開のときに引き受け・販売などを行う幹事会社のうち引き受け数量が多く全体的なスケジュール管理など中心的役割を果たす会社を指す。

過去のIPO取扱実績を参考にNISA口座でIPO株が買える証券会社をピックアップした。

NISAでIPO投資ができるおすすめ証券会社
証券会社名 IPO取扱数
(2020年)
うち主幹事数
(2020年)
口座数 抽選方法 NISAでIPO
1 SBI証券 85 14 600万 完全平等抽選(60%)/
独自の優遇抽選(30%)/
独自の優遇配分(10%)
「IPOチャレンジポイント」
2 みずほ証券 62 21 181万 完全平等抽選(10%)/
独自の優遇配分
3 SMBC日興証券 52 14 354万 完全平等抽選(15%)/
独自の優遇抽選
「IPO優遇特典」
4 マネックス証券 50 0 196万 完全平等抽選(100%)
1人1単元
5 大和証券 43 12 303万 完全平等抽選(10%)/
独自の優遇配分
6 野村證券 41 22 534万 完全平等抽選(10%)/
独自の優遇配分
7 岩井コスモ証券 39 0 41万 完全平等抽選(10%)/
独自の優遇配分
8 岡三オンライン証券 39 0 28万 完全平等抽選(100%)
「ステージ制」による3段階抽選
SBI証券みずほ証券SMBC日興証券マネックス証券大和証券野村證券岩井コスモ証券岡三オンライン証券のホームページおよび「Next IPO Club」プレスリリースより著者作成
※口座数は各証券会社ホームページ最新


SBI証券……IPO取扱件数トップ!「敗者復活」に注目した平等抽選方式

NISA2.jpg
(画像=SBI証券のホームページより引用)
SBI証券
NISA口座開設数、IPO取扱件数ともにトップを走る大手ネット証券会社。
2020年に東証一部二部、マザーズおよびジャスダックに新規上場を果たした企業数は、最終的に93社でした。SBI証券ではその92%にあたる85銘柄の取り扱いがあり、業界トップクラスとなっています。
篠田わかな

IPOの取扱数が多ければ必然的に当選の確率も高くなります。

SBI証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • IPO銘柄取扱数が業界トップクラス
  • 当選の確率が上がる「IPOチャレンジポイント」制度
IPOチャレンジポイントとは?

IPOチャレンジポイントはブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じて加算されるSBI証券独自の制度。個人投資家向けの配分予定数量のうち60%は完全平等抽選、残りのうち30%はIPOチャレンジポイントに基づく方法により配分先を決定、最後の10%はSBI証券との取引状況などから配分が決められる。IPOチャレンジポイントは何度も落選している人ほど当選確率が上がるよう設計されている。

SBI証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • 対面での取引はできない
  • IPO抽選時に買付余力が不足していると対象外

SBI証券はネット専業であるため、取引は全てネット上で完結している。店舗で相談や説明を受けながら投資することはできない。

必要な情報はホームページに掲載され、電話やチャットによる問い合わせも可能ですが、文字数が多く画面遷移もわかりにくいため、慣れていないと必要な情報にたどり着くまでに時間がかかるでしょう。

また、IPOの資金拘束のタイミングが抽選・配分日時点であることも注意だ。この時点で買付余力が不足していると自動的に抽選の対象外となる。

篠田わかな

IPOの申込株数に上限はないので当選確率を上げるために多く申し込むことはできますが、結果が出るまで動かせない資金が膨らむことになります。

SBI証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • 敗者復活型の完全平等抽選を希望する人
  • ネットでの情報収集に慣れている人

SBI証券のIPOには得意客を優遇する制度はなく、落選を繰り返す投資家にも優しい完全平等抽選方式を採用している。

篠田わかな

今からSBI証券でIPO取引を始める人にとっては、わずかですが完全平等とはならないとも言えます。

商品数やサービスが豊富な証券会社だが、対面型の相談や説明は受けられないため、ホームページやチャット、コールセンターを活用して自分で情報収集をして勉強できる人に向いていると考えられる。

みずほ証券……取扱数、主幹事数ともに最高水準、ネットと対面の選択も

みずほ証券
みずほフィナンシャルグループの証券会社で、2つの取引コースのどちらでもIPO銘柄が買える。
みずほ証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • IPO主幹事数、取扱数ともに高水準
  • 完全平等抽選のネット取引とお得意様優先の店舗取引を選べる

みずほ証券は新規公開株に強みを持つ金融機関だ。主幹事数ではトップの野村證券にわずか1社差で2位、取扱数ではSBI証券に次いで2位だ。

IPO主幹事数と取扱数が多い証券会社は割当数が多いため、当選確率が上がることが期待できます。

ネット取引専用のダイレクトコースでは予定配分数量の10%が個人投資家にあてられ、抽選はコンピューターによる1人1票の完全平等抽選。

一方、ネット取引のほか、コールセンターや店舗でのコンサルティングサービスが受けられる「3サポートコース」から申し込んだ場合は、抽選ではなく同社との取引状況や顧客の資金力などに応じて配分される。

みずほ証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • 取引手数料が高い
  • IPO抽選申込時点で買付余力が必要

みずほ証券は取引手数料が高めだ。ネット取引専用の「ダイレクトコース」でも、30万1,904円以下の約定代金で最低1,045円かかる。

それ以上だと約定代金×0.34650%なので、IPO銘柄100万円分買い付けた場合は3,465円にもなる。

「3サポートコース」の場合、最低でも1取引あたり2,750円かかる。

また、資金拘束のタイミングが早く、抽選に申し込む段階で購入概算額以上の買い付け余力が必要だ。

みずほ証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • みずほ証券にNISA口座がありIPOの完全平等抽選を希望する人
  • みずほ証券と取引期間が長く十分な資金がある人

みずほ証券はIPO取扱数が多いので、当選確率の高さには期待できる。IPO割当数の10%しかないがダイレクトコースは完全平等抽選なので、特に同社のお得意様でなくてもチャンスは公平に割り振られる。

篠田わかな

すでに他のサービスもみずほ証券をよく利用しており、高い手数料も気にならないくらいの資金力があれば、手厚いサポートが受けられる「3サポートコース」も選択肢の一つでしょう。

SMBC日興証券……日本三大証券の一角、信用取引に強み、dポイントが貯まる

SMBC日興証券
三井住友フィナンシャルグループ傘下の証券会社。IPOを考えるなら候補に入れたい1社。
SMBC日興証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • IPO銘柄の取扱数が多い
  • 預かり資産残もしくは信用取引建玉金額が高い人は優遇
SMBC日興証券はSBI証券に次いでIPO取扱数がトップクラスです。主幹事も多く手掛けています。

SMBC日興証券ではネット取引の「ダイレクトコース」と、店舗での取引が可能な「総合コース」が選べる。

ダイレクトコースでは、まずSMBC日興証券が持つIPO販売予定量の10%を完全平等抽選で配分する。

多く申し込んでも当選確率が変わらない同率抽選だ。

同率抽選の結果、当選できなかった投資家を対象に、販売予定量の5%についてステージ別抽選が行われる。

ステージは預かり資産残高や信用取引建玉金額により4段階に分けられ、ステージ上位ほど当選確率が高くなる。

残りの販売予定銘柄は総合コースにて抽選以外の方法で配分される。配分の基準は同社が顧客の資産状況や過去の取引実績から総合的に判断される。

SMBC日興証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • IPO申し込みと同時に資金が拘束される
  • 総合コースは手数料が高い

SMBC日興証券ではIPO抽選時よりも早いブックビルディング申込時に資金が拘束される。

篠田わかな

1単元以上の申し込みが可能ですが、需要申告が高くなるほど拘束される資金も高額になり、当選の確率が上がるわけでもありません。

また、コンサルティングサービスが利用できる総合コースは、店舗で取引をすると最低5,500円、オンライントレードでも約定代金100万円までなら1,925円とコストが高い。

篠田わかな

ダイレクトコースの場合、約定代金50万円以下で440円、100万円以下で880円と、大手ネット証券よりもやや高めくらいです。

SMBC日興証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • 比較的高い割合でIPO完全平等抽選をしている総合証券を探している
  • 同社で信用取引をしている
  • dポイントを貯めている

SMBC日興証券は、販売予定量の一部をネット取引対象者の完全平等抽選にしている証券会社の中では割当率が15%と比較的高いほうだ。

篠田わかな

SMBC日興証券ですでに頻繁な取引をしており、特に信用取引の利用が多いなら、抽選において優遇される可能性が高いです。また、ダイレクトコースなら現物株式や投信積立の取引ごとにdポイントが貯まる特典があります。

マネックス証券……完全平等抽選と言えばココ!販売予定IPOは100%抽選、1人1単元

マネックス証券
国内3位の大手ネット証券。少額でも対等に抽選対象となる仕組みで好印象。
マネックス証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • 完全平等抽選方式
  • IPO取扱銘柄数が多い

マネックス証券のIPO抽選はコンピューターによる完全平等抽選で、預かり資産残高やポイントによる恣意的な操作がない。需要申告数にかかわらず希望者に一律に抽選権が与えられ、当選するのも1単位ずつだ。

IPO割当数が多いマネックス証券ですべて完全平等抽選なのは大きなメリットです。

証券会社によっては、割当数のうち一定割合がオンライン取引専用で完全抽選、残りは会社側が顧客の資金力や取引状況から配分するケースが多い。

篠田わかな

SBI証券は基本的には完全平等抽選ですが、落選した場合に2回目抽選で有利となるポイントが与えられるなど独自措置があります。

マネックス証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • “お得意様”に対する優遇がない
  • 抽選の際に十分な買付余力が必要

完全平等抽選の裏返しとも言えるが、マネックス証券の場合いくら普段から取引が多く預かり資産残高が高かったとしても、IPO抽選における優遇措置は一切ない。他社ではお得意様ほど有利になるのが一般的だ。

また、資金拘束がIPO抽選時と早めになっているので、口座には常に十分な資金を用意しておく必要がある。

マネックス証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • 少ない資金でも平等に抽選が受けたい人
  • 初心者向けのサービスを重視したい人
篠田わかな

少額からでも平等にIPO抽選に参加したい人は、マネックス証券はイチオシと言える証券会社です。

また、初心者向けのサービスが充実しているのも大きな特徴だ。同社コールセンターは問い合わせ窓口格付けで最高ランクの三つ星を獲得しており、「はじめての投資ガイド」などの情報ツールも豊富だ。

大和証券……日本の大手証券会社5社の一角、コンサルティングと投資情報発信に強み

NISA6.jpg
大和証券
全国に170以上の店舗を持つ。対面取引のイメージが強いが、オンライン取引にも力を入れている。
大和証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • IPO取扱数、主幹事数ともに高水準
  • オンライントレードは完全平等抽選

大和証券は2020年の実績によると、IPO取扱数と主幹事数はどちらも業界4位だ。まずまずの水準に位置する。

IPO販売予定量の10%がオンライントレードによる「新規公開株式抽選参加サービス」に割り当てられており、申込者が多い場合はコンピューターによる完全平等抽選が行われる。

担当者からアドバイスや投資情報の提供を受けながら取引する「ダイワ・コンサルティング」の場合、店舗での申し込みも可能だ。この場合、これまでの取引実績や資産状況が参考にされる。

大和証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • 取引手数料が高い
  • IPO抽選以外の配分方法の割合が高い

大和証券の国内株式現物取引の手数料は、ネット取引専用コースである「ダイワ・ダイレクトコース」でも最低1,100円と高めだ。約定代金が50万円を超えると1,897円にもなる。

篠田わかな

NISAで運用すると売却益に対する税金を払わなくても良いですが、金融機関に払う手数料が多くては非課税のメリットも薄れてしまいます。

また、完全平等抽選に割り当てられるIPO銘柄数は大和証券の販売予定量の10%に過ぎず、多くは資金力のある既存顧客が優遇される仕組みになっている。

大和証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • 大和証券にNISA口座を持つ人
  • IPO当選確率を上げたい人
取扱数と主幹事数のバランスが良く高水準であることが大和証券の強みです。完全平等抽選の割合が低いとはいえ全体の件数が多いので、当選のチャンスは十分にありそうです。1人1単元なので少額からでも対等に抽選に参加できます。
篠田わかな

普段から大和証券での取引が多く資金も豊富な人は、店舗で相談しながらも申し込みができる「ダイワ・コンサルティング」コースが良いかもしれません。ただし手数料はダイレクトコースより高くなるので注意が必要です。

野村證券……国内IPO実績・信用ナンバーワン!主幹事は業界トップ

NISA7.jpg
(画像=野村證券のホームページより引用)
野村證券
国内最大の顧客基盤を持ち、歴史・実績のある証券会社だけに、IPOの主幹事を任されることも多い。
野村證券のNISAでIPO投資をするメリット
  • 主幹事を務めるIPOが多い
  • オンラインサービスでは資金拘束なし

新規上場企業をサポートする主幹事証券には、IPO株数が多く割り当てられる。主幹事証券会社には大半のIPOが割り当てられるため、投資家の当選確率も高くなることが期待できる。

野村證券は主幹事証券として長い実績があるため、優良な新規上場企業の株式を買えるチャンスがあります。

野村證券では個人投資家向け販売数量のうち10%はオンラインサービスに割り当てられ、完全平等抽選で配分される。

オンラインでは取引状況や預かり資産残高に左右されず公平な抽選が行われる。

その際、前受け金が不要で、当選または補欠当選が決まった段階で入金すればよい流れになっている。

野村證券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • 取引手数料が高い
  • 手厚いサポートもネット完結派には不要

野村證券の取引手数料は、たとえば50万円以上100万円以下であれば1約定あたり1,048円と、ネット証券各社と比較して高めだ。電話での取引はその5倍にもなるため取引頻度の高い人は注意が必要だ。

また、店舗口座を持っている人にはIPOに限らず相談やアドバイスを受けることができるが、ネット取引で十分と考える人には不要という声もある。

野村證券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • 経験豊富な証券会社を選びたい人
  • 資金を有効活用したい人
篠田わかな

IPOに関しては情報が少ないということもあり、不安を感じる人も多いです。実績と信用に定評がある証券会社を選びたいなら野村證券がイチオシでしょう。

取扱数はトップではないが十分な件数があり、主幹事を多く務めている点は安心感がある。申込の際に当選するまで資金拘束されない点は、さまざまな投資を手掛け資金を有効活用したい人にはうれしいサービスだ。

岩井コスモ証券……IPO当選狙いの意外な穴場?

岩井コスモ証券
大阪に本社を置く中堅証券会社。
岩井コスモ証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • オンライントレードはIPO完全平等抽選
  • 競争相手が少ないため相対的にIPO当選確率が上がる可能性

個人投資家に配分するIPO数量のうち、10%はネット取引向けに配分され、90%は対面またはコールセンター取引に配分される。

ネット取引では10単位を上限に申し込みが可能で、機械的に平等な抽選が行われる。申込単位が多ければ当選のチャンスも増えるが、それだけ資金が必要になる。

対面・コールセンター取引の場合は顧客との取引状況や資金力によって恣意的に配分される。IPOは取得後すぐ売却するのが定石と言われているが、長期保有をする人の優先度が高くなっている。

岩井コスモ証券でIPO抽選にまわされるのは全体の10%と高くはないですが、口座数が少ないことから競争相手が少なく当選確率は低くないという考え方もできます。
岩井コスモ証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • ネット取引ではNISAに対応していない
  • IPO以外の商品・サービスで手薄なところも

岩井コスモ証券では、対面取引ではIPO銘柄をNISA口座で保有することが可能だが、ネット取引では対象外だ。

篠田わかな

IPO以外の商品においては、たとえば投資信託は取扱数が360本(2021年8月2日時点)と、大手ネット証券に比べてやや少なめです。積立投資にも対応していないなど、手薄な面が見られます。

岩井コスモ証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • FXや信用取引にも関心がある投資経験者
  • 関西在住の人

岩井コスモ証券はどちらかというと投資経験の豊富な人向けで、FXや信用取引、中国株式や米国株式あるいはベトナム株式といった商品に強みがある。

篠田わかな

岩井コスモ証券は比較的ハイリスク商品の取り扱いが多く、ネット取引に対応していない商品もあるため、初心者には少し難しい投資環境かもしれません。

一方、経験者にとっては高機能なツールや専門家のレポートが読めるなどうれしいサービスがそろっている。

関西に店舗が多く、関西企業に特化した投資信託を扱うなど、同地域に住む人のほうがなじみやすいかも知れない。

岡三オンライン証券……抽選時に事前入金不要で手数料が安い!少額で積極投資派向け

NISA9.jpg
(画像=岡三オンライン証券より引用)
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券は、岡三証券グループの傘下にあるオンライン取引専用の証券会社だ。
岡三オンライン証券のNISAでIPO投資をするメリット
  • 取引手数料が安い
  • IPO抽選時に事前入金の必要がない
岡三オンライン証券ではIPO銘柄の購入時手数料がかかりません。売却時には約定代金に応じて手数料が発生しますが、ネット証券の最安値圏です。
篠田わかな

さらに、定額プランの場合は現物取引および信用取引において1日の約定代金100万円以下の取引手数料が0円、25歳以下なら全額キャッシュバックという特典もあります。

IPO申込時の事前入金が不要というメリットもある。当選または補欠当選した場合のみ入金すればいいので、資金が長く拘束されることはない。

岡三オンライン証券のNISAでIPO投資をするデメリット・注意点
  • ふだんから手数料を多く支払っている投資家が有利
  • 外国株式やつみたてNISAの取り扱いがない

岡三オンライン証券のIPOの抽選は完全平等抽選だが、独自の優遇制度をもとに行われる。抽選対象者をステージS、ステージA、ステージBの3つに分け、第一抽選の対象をステージS、第二抽選の対象をステージSおよびA、第三抽選の対象を全ステージとし、計3回の抽選を実施。ステージは判定期間中の支払い手数料合計から割り振られるため、普段から取引の多い申込者が有利になる。

篠田わかな

FXやCFD(くりっく株365)には対応しているものの、外国株式やつみたてNISAは取り扱っていません。中国株は購入できますがコールセンター取引のみです。NISA口座は開設可能ですがつみたてNISAに変更することはできません。

岡三オンライン証券のNISAでのIPO投資がおすすめな人
  • FXやCFD(くりっく株365)にも興味がある投資経験者
  • 少額で積極投資したい人

岡三オンライン証券はネット証券の中でも取引手数料が安い。IPOは購入時手数料が無料で、どちらかというと初心者よりは玄人向きの特色を持つ。

国内個別株式やFX、CFD(くりっく株365)などに強みがあり、投資信託の取扱数は少なめだが、投信ロボやブルベア型投信など特色のあるラインナップが目立つ。

篠田わかな

IPOに事前入金不要、約定代金1日100万円以下で売買手数料無料、単元未満株の取り扱いがあることを考えると、少額で積極投資をしたい人向けと言えます。

2,IPO投資とは?NISAでIPO株を買うメリットは?

IPO投資でなぜ大きな利益が見込めるのか、NISAでIPO株を買うメリットは何か。

IPO投資は値上がり益を得やすく人気が高い

IPOとは?
「Initial Public Offering」の略で、「新規公開株」または「新規上場株式」と呼ばれる。経営者はそれまで未公開だった株式を上場することで市場での資金調達を目指す。投資家は新規上場する予定の株式を買う権利を証券会社から抽選で入手する。
IPO投資が人気なのは、かなりの高確率で値上がり益を得られるからです。

上場直後はじめて付く株価(初値)は上場前の公開価格を上回る確率が高く、「安く買って高く売る」を実現しやすい。

篠田わかな

2020年の平均騰落率は129.9%、前年の74.8%を大きく上回りました(出典:東京IPO『2020 年 IPO 総まとめレポート』)。

IPO投資では証券会社の選定が重要

IPO投資はIPOの割り当てを受けた信用ある証券会社によって抽選が行われ、抽選に当たりさえすれば初値で売り抜けることで利益を得られることが多い。

唯一の欠点はIPO件数が非常に少ないことだ。新規上場数は年間100社程度で、2020年は93件であった。

IPO株は口座を保有している証券会社でしか買えないので、いかに多くの割り当てがある証券会社を選ぶかが重要になってきます。

出典:日本取引所グループ『最近のIPOの状況』

一般NISAでIPO投資をするメリット

一般NISAとは?
毎年120万円まで5年間売却益や配当が非課税になる制度だ。このNISAではIPO株も適用される。
一般NISAでIPO株を売買すれば、本来売却益と配当に課税される税金が非課税になります。

IPO株はわずか数日で大きな利益になることもあるので、かかる税金も大きい。だからこそIPO株をNISAで買えるメリットは大きい。

たとえば2020年9月にヘッドウォータースという企業が東証マザーズに新規上場した。そのとき公募価格2,400円で初値は2万8,560円であった。初値売りでの利益は(2万8,560円-2,400円)×100株=261万6,000円にもなる。譲渡益税の税率は20.315%なので通常の口座なら53万1,440円の税金が差し引かれるが、NISAなら非課税だ。出典:金融庁『NISAの概要』

3,NISA口座でIPO株を売買する流れ

NISA10.jpg
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

IPO株をNISA口座で買い付け・売却する方法は以下である。今回はSBI証券の例だが、基本的な流れはどの証券会社でも同じである。

IPO株の売買の流れ
  • IPOのブックビルディングに参加する
    IPOのブックビルディングは購入希望者から希望株数および価格を募ることで適正な発行価格を決定する制度だ。価格決定方式には一般競争入札もあるが、現在はブックビルディング方式が主流である。

    目安になる仮条件が設定されているので、その範囲内の価格を入力して申し込む。IPO株の申込期間は仮条件決定日の約3日後から1週間ほどだ。
  • 発行価格の決定・抽選
    ブックビルディングの結果を受けて発行価格(売出価格)が決定する。申込者のうち発行価格×有効申込株数の買付余力がある人を対象に抽選が行われる。この時点で買付余力が不足すると無効になる。
  • 当選したらIPO株の購入意思表示をする
    抽選結果は「当選」「補欠当選」「落選」「抽選対象外」で通知される。申込者は購入意思表示期限内に購入か辞退かを意思表示する。このときに預り区分を「NISA預り」にすることでIPO株をNISA口座で保有できる。特定口座や一般口座を指定してしまうと後で移管することはできない。
  • 上場日に初値で売却する
    取引所での売買開始日に、初値で売却するよう注文する。注文受付開始時間は上場日午前4時頃だ(証券会社によって異なる)。必ず初値で売り抜けたい場合は希望株価を指定しない「成行注文」で注文する。「指値注文」だと売買が成立しない場合があるので初値売りに向かない。

    人気があるIPO株は初日に初値が付かない場合がある。その場合、翌日改めて注文を出す必要がある。

4,NISAでIPO投資を始める前に注意すべきこと

NISA11.jpg
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

IPO投資にはメリットが多いが、NISAでIPO投資をするときの注意点も解説しよう。

NISAでIPOを行う注意点1……初値が公開価格を下回ることもある

2019年の実績では新規上場86社のうち公募価格割れをしたのは9社だ。

2020年は新型コロナの影響もあり、新規上場93社のうち23社が公募割れをした。

勝利の高いIPOでも値下がりする確率があることは認識しておきましょう。
篠田わかな

記憶に新しいのは2018年に東証一部に上場したソフトバンクです。IPOの規模2.4兆円の超大型新規上場で期待も大きかったが、最終的には公募価格1,500円を下回りました。

NISAでIPOを行う注意点2……NISA口座では損益通算できない

IPO株を初値で売り抜けられなかった場合、IPO銘柄は値動きが激しくボラティリティも高いため、大きく損失が出る可能性がある。

IPO投資で売却損が出たとしても、NISA口座では損益通算が認められていません。
損益通算とは?
株取引等で発生した利益と損失を相殺することで節税する方法。譲渡損益がA証券会社で+100万円、B証券で-50万円の場合、何もしなければ20万円の税金を支払わなければならないが、確定申告で損益通算することで利益は50万円とみなされ支払う税金は10万円となる。

NISAでIPOを行う注意点3……NISA口座の非課税枠には上限がある

NISAの年間投資可能枠は120万円が上限である。

すでにNISA預りでの買い付けがあり、IPOのブックビルディング時に買付余力が足りない場合は抽選から外されます。未約定注文により資金が拘束されている場合もNISA投資可能額から差し引かれます。
篠田わかな

IPO以外でNISA口座を利用している場合は非課税投資枠の奪い合いになってしまいます。

NISAでIPOを行う注意点4……総合口座とNISA口座の両方から申し込んでも抽選権は1つ

IPO株の申し込みは証券総合取引口座とNISA口座どちらからでもできる。

篠田わかな

証券総合取引口座とNISA口座の両方からIPOを申し込んでも当選確率は変わりません。

複数の証券会社で口座開設してIPOに申し込む方法は当選の可能性を高めますが、同じ証券会社で複数口座から申し込んでも抽選権は1つにしかなりません。

5,メリットの高いNISAでIPO投資を始めよう

NISAでは枠の上限があったり損益通算などができなかったりと注意点はあるが、何より非課税メリットが大きいだろう。IPO投資をするならNISAで買い付けができる証券会社を検討したい。

6,NISAでIPO投資ができるおすすめ証券会社についてよくある4つのQ&A

IPO投資が人気である理由は?
IPOとは「新規公開株」「新規上場株式」と呼ばれる株式で、新規上場予定の株式を買う権利を証券会社から抽選で入手する仕組みだ。上場後はじめて付く株価は上場前の公開価格を上回る確率が高いため、高確率で値上がり益を得られる点がIPO投資の人気の理由だ。
一般NISAでIPO投資をするメリットとは?
節税効果が高い点だ。一般NISAとは毎年120万円まで5年間売却益や配当が非課税になる制度であり、一般NISAでIPO株を売買すると本来「売却益」と「配当」に課税される税金が非課税となる。IPO株は数日で大きな利益になるため、かかる税金も大きい。だからこそ一般NISAでIPO投資をするメリットは大きい。
NISA口座でIPO株を売買する際の手順は?
NISA口座でIPO株を売買する際の手順は以下の4ステップだ。
1.IPOのブックビルディングに参加する
2.発行価格の決定・抽選
3.当選したらIPO株の購入意思表示をする
4.上場日に初値で売却する
NISAでIPO投資で注意すべきことは?
NISAでIPO投資で注意すべきことは大きく4点だ。勝率の高いIPOでも値下がりする可能性がある点、IPO投資で売却損が出たとしても、NISA口座では損益通算ができない点、NISA口座の非課税枠は120万円までである点、証券総合取引口座とNISA口座の両方から申し込んでも当選確率は変わらない点だ。

実際にNISAを始めてみる

積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる >>SBI証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能 >>楽天証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利 >>松井証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

毎月100円から積立可能、通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になる >>au カブコム証券の口座開設はこちら

つみたてNISAで投資信託を保有するだけでポイントが貯まりさまざまな特典と交換可能 >>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

篠田わかな
執筆・篠田わかな
外資系経営コンサルティング会社にて、製造・物流・小売部門のコンサルタントとして、業務改革・システム改革プロジェクトに参画。個人としての投資歴は20年以上。
3人の子育てのかたわら、個人事業主として独立。マネー・ビジネス分野の執筆活動、社会人研修の企画立案・業務請負等を手がける。
■保有資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
外資系経営コンサルティング会社にて、製造・物流・小売部門のコンサルタントとして、業務改革・システム改革プロジェクトに参画。個人としての投資歴は20年以上。
3人の子育てのかたわら、個人事業主として独立。マネー・ビジネス分野の執筆活動、社会人研修の企画立案・業務請負等を手がける。
■保有資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士

この筆者の記事を見る

【関連記事】
IPO投資とは?始め方や注意点、セカンダリー投資など IPOの基本をわかりやすく解説
IPO株の初値での売り方とは?「初値で売れば儲かる」は本当か ...
IPO投資をSBI証券で始めるなら知っておきたい基礎知識 IPOチャレンジポイントとは?
ネット証券のIPOランキング SBI証券、岡三オンライン、マネックスなど上位の特徴も紹介
IPO投資をSBI証券で行うための基礎知識 IPO株の買い方から初値での売り方など

    関連タグ