米国株(アメリカ株)を買いたいがどうしたらいいのか分からないという人もいるだろう。買うために必要なこと、買い方、事前に知っておきたい知識などを紹介。長期的な成長性と高配当銘柄の豊富さなどの理由から注目が集まっている米国株の購入方法について初心者でもわかりやすく解説しよう。

目次

  1. 1,米国株の5つの特徴 売買単位や取引時間など、日本株との5つの大きな違い
  2. 2,米国株を買うための準備&フロー3ステップを紹介
  3. 3,マネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株取引基本情報 取扱銘柄や注文方法は?
  4. 4,初心者におすすめの米国株ランキングTOP10――100米ドル以下で買える高配当銘柄は?
  5. 5,ネット証券を使えば、米国株(アメリカ株)取引は意外にも簡単で低コスト
  6. 6,米国株の購入についてのQ&A
  7. 実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる

1,米国株の5つの特徴 売買単位や取引時間など、日本株との5つの大きな違い

2.米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説 日本株との違いは?
(画像=cassis/stock.adobe.com)

日本株とは異なる米国株特有の特徴を簡単に列記していきたい。

米国株の5つの特徴
  • 1,米国株はティッカーで表示する
  • 2,米国株の売買は1株単位
  • 3,配当が年4回の銘柄が大半 高配当銘柄も多い
  • 4,値幅制限がない
  • 5,立会時間に前場・後場の区別なし

特徴1,米国株はティッカーで表示する

米国株で日本株の証券コードに相当するのは、アルファベット1~5文字で表示される「ティッカーシンボル」だ。銘柄検索や株価表示の際にはこのティッカーシンボルを使用する。

例)米国の代表的な企業のティッカーシンボル
アップル……AAPL
ジョンソン&ジョンソン……JNJ
フェイスブック……FB

特徴2,米国株の売買は1株単位

米国株の売買は1株単位
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

米国株は日本株のように単元株制度を設けていないので、1株から購入できる。

20万円もあれば株価が高いアマゾン・ドット・コム (現地2019年10月17日終値 1,787.83米ドル)の株主になれるし、マイクロソフト (同日終値139.69米ドル)なら1万5,000円程度でマイクロソフト株を購入できる。

特徴3,配当が年4回の銘柄が大半 高配当銘柄も多い

米国株の配当は年4回
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

日本では年1回あるいは年2回配当の企業が多いが、米国では株主還元策として配当を重視する企業が多く、年4回配当の企業が主流である。

近藤真里

米国株は高配当銘柄も多いため、配当目的で長期保有する投資家も多いです。

4,値幅制限がない

米国株は値幅制限なし
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

米国株には値幅制限がないので、株価高騰によって大きな利益を得る可能性と、株価暴落によって著しい損失が発生するリスクがある。

特徴5,立会時間に前場・後場の区別なし

米国市場の取引時間は2種類ある。

  • 日本市場のように前場、後場の区別がない立会時間
  • 時間外取引

【米国、夏時間】

立会時間 9:30~16:00
(日本時間 22:30~翌5:00)
時間外取引 8:00~9:30
(日本時間 21:00~22:30)
16:00~20:00
(日本時間 5:00~9:00)
※筆者作成

【米国、冬時間】

立会時間 9:30~16:00
(日本時間 23:30~翌6:00)
時間外取引 8:00~9:30
(日本時間 22:00~23:30)
16:00~20:00
(日本時間 6:00~10:00)
※筆者作成

時間外取引への対応は証券会社によって異なる。各証券会社の時間外取引については, 以下の記事を参考にするといいだろう。

>>米国株取引時間は何時から何時?

米国株を取引可能なおすすめネット証券
証券会社 手数料 銘柄数
1 手数料無料で取引
したい人におすすめ

DMM株
詳細はこちら
無料 1100銘柄

Appleや
Googleなど
人気銘柄を厳選
2 日本時間の9時から
翌6時まで注文可能

SBI証券
詳細はこちら
約定金額の
0.495%(※)
3,139銘柄

買付手数料無料
ETF110本以上
3 米国株取引で
最大3万円
キャッシュバック中

マネックス証券
詳細はこちら
約定金額の
0.495%(※)
4,097銘柄

国内証券会社で
最多の取扱数
4 米国ETF買付の
手数料が実質無料

楽天証券
詳細はこちら
約定金額の
0.495%(※)
3,515銘柄

ツールが便利
2020年9月28日現在
※最低手数料0ドル、上限22ドル

2,米国株を買うための準備&フロー3ステップを紹介

3.米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説 日本株との違いは?
(画像=beeboys /stock.adobe.com)

 

米国株を買うには日本のインターネット専業証券会社を利用するのが簡単で便利、しかも低コストだ。日本語のウェブサイトで情報収集し、日本語だけで取引を完了できるので、米国株投資が初めての人でも利用しやすい。

どの証券会社を利用しても、外国株取引口座開設料と口座管理料は無料です。

米国株を取り扱う主要ネット証券3社、マネックス証券、SBI証券、楽天証券に共通する米国株購入までのフローは以下のとおりである。

米国株購入までのフロー
  • ネット証券に外国株式取引口座を開設する
  • 日本円を米ドルに為替振替する、あるいは円貨決済する
  • 米国株取引画面で銘柄を選択し、必要事項を入力して発注する。

① ネット証券に外国株式取引口座を開設する

米国株を買う、あるいは為替振替するには、証券総合口座が開設されているネット証券に、専用の外国株式取引口座を開設する必要がある。最短で、解説から翌営業日から米国株取引が可能になる。

外国株式取引口座の開設手続きの流れ
  • ネット証券の証券総合口座にログイン
  • 外国株式メニューを開いて、「外国株取引口座を申し込む/開設する」、または「今すぐ外国株式取引口座を開設する」といったボタンを押下
  • 取引ルールや重要事項説明等を確認
  • 内容確認チェックボタンをチェック
ネット証券に証券総合口座を開設していない場合は、証券総合口座開設と外国株式取引口座開設のための手続きを同時に行うこともできます。
証券会社の米国株関連の簡易比較表
※取扱銘柄数は2021年4月23日現在
証券会社名 国内取引手数料(税込) 個別銘柄取扱数
マネックス証券 約定代金×0.495%

※最低手数料
0米ドル~
上限手数料22米ドル
3,542
SBI証券 3,122
楽天証券 2,938
※筆者作成

 

②日本円を米ドルに為替振替する、あるいは円貨決済する

米国株を買うには、あらかじめ外国株引取引口座に米ドルか日本円の資金を用意しておく必要がある。

資金を用意する流れは以下だ。

【外貨(米ドル)決済の場合】
  • 証券総合口座にログインしてからトップページより「為替取引」画面に遷移、あるいは総合証券口座と外国株式取引口座にログインしてから「為替振替」画面に遷移
  • 「為替取引」なら、通貨には「米ドル」を選択、売買では「買付」を選択。「為替振替」なら、「円貨預り金から外貨(米ドル)への振替」を選択
  • 次の画面で参考為替レートなどの情報が表示
  • 表示された金額を確認、指示に応じて米ドルか日本円の買付金額または振替金額を入力
  • 証券総合口座から必要額の日本円が外国株式取引口座に為替振替
  • 外国株取引サイトの買付余力(買付可能額)に振替金額が反映されたのを確認
【日本円決済の場合】
  • 外国株式取引口座にログインしてから「取引」画面に遷移
  • 取引画面で「円貨決済」と「外貨決済」のうち、「円貨決済」を選択
  • 約定後の国内受渡日時点で自動的に日本円から米ドルに為替振替される

③米国株取引画面で銘柄を選択し、必要事項を入力して発注する

各ネット証券のWEBサイトなどで、株価相場やマーケット情報、個別銘柄の値動きなどを確認の上、米国株取引サイトに必要事項を入力して取引を行う。

3,マネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株取引基本情報 取扱銘柄や注文方法は?

4.米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説 日本株との違いは?
(※マネックス証券のホームページより引用)

米国株を取り扱うネット証券4社(マネックス証券、SBI証券、楽天証券、DMM.com証券)の米国株取扱銘柄数や取引時間、取引ルールなどの基本情報の違いを確認しておきたい。

マネックス証券とSBI証券の米国株基本情報(2021年7月8日現在)

マネックス証券 SBI証券
国内取引手数料
(税込)
約定代金の0.495% 最低手数料0米ドル~上限手数料22米ドル
個別銘柄取扱数 3,849件 3,892件
ETF取扱銘柄数 316件 305件
ADR取扱銘柄数 256件 167件
取引時間 現地時間8:00~20:00
日本時間 
・夏時間21:00~翌9:00
・冬時間22:00~翌10:00
現地時間9:30~16:00
日本時間
・夏時間22:30~翌5:00
・冬時間23:30~翌6:00
時間外取引
(日本時間)
【プレマーケット】
・夏時間21:00~22:30
・冬時間22:00~23:30
【アフターマーケット】
・夏時間 翌5:00~9:00
・冬時間 翌6:00~10:00
なし
注文受付時間
(日本時間)
24時間
※現地の立会時間は以下のとおり
・夏時間22:30~翌5:00
・冬時間23:30~翌6:00
米国営業日の以下を除く
時間帯は注文受付可能
・19:00~19:30(予定)
・取引終了後から9:00頃まで
注文方法 ・条件付き注文
連続、OCO(OCOs)、
OCO(ツイン指値)
・注文種別
指値、成行、逆指値、
トレールストップ(値幅指定)、
トレールストップ(%幅指定)
指値、成行、逆指値
取引チャネル ・パソコン
・スマホアプリ
(トレードステーション米国株
スマートフォン)
・外貨建商品取引サイト(PC)
・米国株アプリ(iOS/Andoroid)
マネックス証券SBI証券のホームページより引用


楽天証券とDMM.com証券の米国株基本情報(2021年7月8日現在)

楽天証券 DMM.com証券
国内取引手数料
(税込)
約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル~
上限手数料22米ドル
0円
個別銘柄取扱数 3,744件 951件
ETF取扱銘柄数 328件 93件
ADR取扱銘柄数 261件 117件
取引時間 現地時間9:30~16:00
日本時間
・夏時間22:30~翌5:00
・冬時間23:30~翌6:00
現地時間9:30~16:00
日本時間
・夏時間22:30~翌5:00
・冬時間23:30~翌6:00
時間外取引
(日本時間)
なし なし
注文受付時間
(日本時間)
以下を除く時間帯は
注文受付可能
・夏時間
月~金5:00~8:00
土5:00~8:00、翌2:30~3:30
日5:00~5:15、翌2:30~3:30
・冬時間
月~金6:00~8:00
土6:00~8:00、
翌2:30~3:30、5:00~5:15
日 翌2:30~3:30、5:00~5:15
・夏時間
日~金 16:00~翌5:00分
土 16:00~翌3:00
・冬時間
日~金 16:00~翌6:00
土 16:00~翌3:00
注文方法 指値、成行、逆指値
(マーケットスピードは
逆指値使用不可)
指値、成行、IFDONE(指値)
取引チャネル ・WEBサイト
・マーケットスピード
・iSPEEDアプリ
・PC取引ツール「DMM株
STANDARD」、
「DMM株PRO+」、「DMM株PRO」
・スマホアプリ「DMM株」
楽天証券DMM.com証券のホームページより引用

4,初心者におすすめの米国株ランキングTOP10――100米ドル以下で買える高配当銘柄は?

米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説 日本株との違いは?
(画像=junce11/stock.adobe.com)

米国株の買い方がわかったら、次のステップは銘柄選びだ。

日本でもよく知られたアップルやマイクロソフトなどを購入して、値上がりするのを待つのも悪くない。

近藤真理

初めて米国株投資にチャレンジするなら、せっかくなので、ありきたりの銘柄ではなく、好配当利回りの優良銘柄に投資するのもおすすめです。当初の余裕資金が少なければ、中長期にわたって徐々に買い増して、将来的には配当で副収入を得ることも可能です。

そこで、米国株初心者でも比較的投資しやすい中長期保有に適した10銘柄を紹介する。

10銘柄の抽出には、SBI証券の米国株スクリーナーを使用の上、好配当利回りの優良企業を、以下の条件で検索した。

【スクリーニングの条件】
・米国の全市場の全業種
・個別銘柄
・大型株、中型株、小型株
・ダウ平均、ナスダック100、S&P500構成銘柄
・実績配当利回り3.0%以上
・予想配当利回り3.0%以上
・出来高6日÷25日倍率(倍)1倍以上
・現地時間2021年7月7日終値基準

上記の条件でスクリーニングをした結果、16社が抽出された。予想配当利回りの降順で並べ替えて、ランキングTOP10を作成した。

順位 会社名
<ティッカー>
市場 予想配当
利回り(%)
株価
(1米ドル=110円換算)
1 インターナショナル・
ビジネス・マシーンズ<IBM>
NYSE 4.8 139.8米ドル
(1万5,378円)
2 エディソン・
インターナショナル<EIX>
NYSE 4.62 57.6米ドル
(6,336円)
3 コンソリデーテッド・
エジソン<ED>
NYSE 4.28 73.3米ドル
(8,063円)
4 ファーストエナジー<FE> NYSE 4.13 37.9米ドル
(4,169円)
5 ウォルグリーン・ブーツ・
アライアンス<WBA>
NASDAQ 4.01 47.5米ドル
(5,225円)
6 キーコープ<KEY> NYSE 3.78 19.9米ドル
(2,189円)
7 DTEエナジー<DTE> NYSE 3.74 114米ドル
(1万2,540円)
8 ケロッグ<K> NYSE 3.64 64.2米ドル
(7,062円)
9 ゼネラル・ミルズ<GIS> NYSE 3.57 60.4米ドル
(6,644円)
10 フランクリン・
リソーシズ<BEN>
NYSE 3.54 32.1米ドル
(3,531円)
※上記は、SBI証券の米国株スクリーナーの抽出結果をもとに執筆者が作成
※赤字決算、もしくは減配が発表されている会社はランキングから除外した


ランクインした10社は、どれも米国の代表的な株価指標に採用されている優良企業であるため、安全性は高いといえる。配当利回りも比較的高いので、中長期の資産形成にも向いている。

以下のTOP10銘柄の概要を確認して、関心のある業種や事業内容の企業を絞り込んでみよう。

第1位,インターナショナル・ビジネス・マシーンズ<IBM>……IT業界の古参B2B企業

IBM
最新技術のインフラストラクチャー・サービスをはじめ、ソフトウェアやITサービス、ハードウェア・ソリューションを企業に提供しているB2B企業である。世界175カ国で事業展開し、約35万人の雇用を創出している巨大企業でもある。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2020年12月期決算は減収減益となった。それに対して、2021年12月期第1四半期売上高は、一部部門を除いて、5四半期ぶりに前年同期比増となった。とりわけクラウド部門は好調で、対前年同期増加率21%を記録した。

2021年12月第1四半期の業績が好調だったため、2021年4月~6月までの株価は順調に推移しました。2021年12月通期の売上高は前期比増になる見込みであり、2021年12月期第2四半期決算も好調を維持できれば、株価も右肩上がりになるでしょう。
近藤真理

2021年12月期の予想1株あたり配当金は、0.05米ドル増配の6.56米ドルになる予定です。2021年7月7日終値(現地)基準の予想配当利回りは、上場企業としては高めの4.8%を記録しています。

第2位,エディソン・インターナショナル<EIX>……南加州基盤の電力会社グループ

エディソン・インターナショナル
ロサンゼルスを除くカリフォルニア州南部地域の住民に電力を供給する電力会社「Southern California Edison(SCE社)」の持株会社の親会社。

2021年12月期は、前期に対して増収および大幅な減益となった。2020年2月の新型コロナショックによる株価暴落後は、反発することなく底値圏で横ばいを維持している。

2021年12月の業績予想は増収増益を予定しています。当期純利益は前期比88.69%の大幅増を見込んでおり、業績アップによる株価上昇も期待できます。
近藤真理

2020年12月までの少なくとも5年間は連続増配となっています。2021年12月期も、1株あたり0.07米ドル増配の2.65米ドル配当を予定しています。

第3位,コンソリデーテッド・エジソン<ED>……NY市を中心に公益事業を展開

コンソリデーテッド・エジソン
ニューヨーク市、ニューヨーク州南東部、ニュージャージー州の一部にエネルギーを供給するConsolidated Edison Company of New York(CECONY)とOrange & Rockland(O&R)の持株会社。主な事業は、蒸気、天然ガス、電気といったエネルギーの供給(収益の9割を占める)と、再生可能エネルギープロジェクトや、ガスパイプラインまたは送電設備などへの投資である。

2020年12月は減収減益の決算となったが、11億米ドル(1米ドル=110円で換算すると約1,210億円)の黒字を確保した。

2021年12月期は増収増益が見込まれています。2021年12月の予想配当利回りは4.28%、1株あたり配当は前期より0.04米ドル増配されて、3.10米ドルになる予定です。

第4位,ファーストエナジー<FE>……米国東海岸地域が拠点の電力会社の持株会社

ファーストエナジー
電力供給に関する公益事業会社の持株会社。グループは4つの事業セグメントに分かれ、各セグメントの事業会社はそれぞれ、米国東海岸と中西部の計6州(オハイオ州、ペンシルベニア州、ニュージャージー州、メリーランド州など)において、エンドユーザー向けの電力供給サービスや、送電設備の所有と運営、電力の送電などの事業を行っている。

2020年12月は前期より-2.22%の減収ながら、18.31%の増益となった。2021年12月期第1四半期の業績は好調で、当期純利益は対前年同期増加率が1,300%を超える大幅な伸びを記録した。

2021年12月期第1四半期の業績は好調であり、2021年12月通期も増収増益が予想されています。予想配当利回りは4.13%の高水準を維持しており、2021年12月期の1株あたり配当も前年と同額の1.56米ドルを予定しています。
近藤真理

2021年12月期は、安定した配当と株価の上昇も期待できるでしょう。

第5位,ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA>……米国の大手薬局チェーン

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
米国内の50州で店舗展開する小売薬局セグメント、世界11カ国に小売薬局店舗網をもつ国際小売薬局セグメント、医薬品卸売セグメントの3つの事業セグメントからなる大手薬局チェーングループの持株会社。

米国小売薬局セグメントでは、米国内の50州で小売薬局「ウォルグリーン」チェーンなどを展開している。小売薬局は好立地に出店しており集客力が高く、小売薬局としてのシェアは米国内最大である。

2020年8月期は前期に比べて大幅に利益率が悪化し、当期純利益が大きく落ち込んだ。

2021年8月期第1四半期以降は小売薬局店頭での新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、それにともなって業績も持ち直しつつある。

ワクチン接種のために店頭を訪れる来店客が増えて、小売薬局の売上増加につながっています。これが今後の業績回復にも寄与すると好感されて買いが進んでいるため、上値追いが続くと予想されます。
近藤真理

2021年8月期も連続増配が継続される見込みであり、1株あたり配当は1.87米ドルになる予定です。

第6位,キーコープ<KEY>……米国オハイオ州を拠点とする銀行中心の金融グループ

キーコープ
オハイオ州に本店を置くKeyBank(キーバンク)を中核とする金融グループの持株会社。子会社のキーバンクは全米の16州に店舗を展開しているが、その大半はオハイオ州とニューヨーク州に集中している。キーコープグループは、個人と中小企業に銀行サービスを提供するキーコミュニティー銀行事業と、中堅市場顧客向けの商業銀行業務を行うキーコーポレート銀行業務を展開している。

2020年12月期は、新型コロナウイルス感染拡大によるロックダウンなどの影響で減収減益となった。

2021年12月期通期は、売上高と当期純利益のどちらも大きく改善すると予想されています。コロナショックによる株価の暴落後は上昇トレンドにあります。2021年12月期の四半期ごとの決算が好調であれば、一時的な株価の下げは見られるものの、今後も株価は右肩上がりに推移すると予想されます。
近藤真理

2021年12月期の1株あたり配当は、前期と同額の0.74米ドルになる見込みです。

第7位,DTEエナジー<DTE>……電力と天然ガスを供給するミシガン州の公益事業会社

DTEエナジー
ミシガン州を拠点とするエネルギー関連の公益事業会社の持株会社。子会社のうち、DTEエレクトリックは、デトロイトを含むミシガン州南東部の約220万人のエンドユーザーに対して電力サービスを提供している。DTEガスは、全米に約130万人の顧客を抱えるガス事業会社である。

それ以外に、エネルギーに関するマーケティングやトレーディング、再生可能天然ガス施設の運営、現地の各種産業関連プロジェクト事業への投資も行っている。

2020年12月期の業績はほぼ横ばいであった。株価は、長期的に見て、緩やかな上昇基調にある。

2021年12月通期は、経常利益と当期純利益は、ともに減益が予想されています。2021年12月期の1株あたり配当は、業績悪化予想を受けて、0.82米ドル減配の3.30米ドルを予定しています。
近藤真理

予想に反して好業績になった場合は、増配の可能性もあります。投資判断を下す際には、2021年12月期の直近四半期決算や配当予想の修正情報などを十分に精査しましょう。

第8位,ケロッグ<K>……日本でもおなじみの米国の食品会社

ケロッグ
1906年に米国で設立された世界的な食品メーカー。主力商品はシリアル、クッキー、クラッカー、その他パッケージ食品であり、世界の21カ国で商品を製造し、180超の国々で販売されている。Frosted Flakes、Rice Krispies、Eggoなどのブランドが代表的である。

米国外での連結売上高の売上構成比率は約40%を占めており、グローバル事業に強いのが特徴となっている。

新型コロナウイルス流行下で、在宅時間が増えたため、シリアルやスナック菓子などの食品の売上げが伸長した。その結果、2020年12月期決算は好調で、増収増益を記録した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、好業績となった2020年12月期とは異なり、2021年12月はワクチン接種の普及による消費者動向の変化が予想される。

ケロッグでは、こうした消費者の動向に対応する、あるいは味のマンネリ化による消費者離れを回避するために、シリアルの新フレーバーを開発するなどの対策を講じる予定です。
近藤真理

2021年12月期が予想通りの好業績を維持できれば、1株当たり配当は連続増配を継続し、0.04米ドル増配され、2.32米ドルになる予想です。

第9位,ゼネラル・ミルズ<GIS>……世界有数のパッケージ食品会社

ゼネラル・ミルズ
スナック、シリアル、インスタント食品、パン生地、ベーキングミックスといった食品の他にも、ペットフードやプレミアムアイスクリームなど、幅広い種類のパッケージ食品を生産・販売する会社である。Yoplait、Pillsbury、Betty Crocker、Haagen-Dazsなど、多数のブランドを有する。

カナダ、欧州、アジアなどでも事業を展開しているが、連結売上高の7割以上は米国内での売上高が占めている。

2021年5月期通期決算は、コロナ禍により自宅調理の機会が増えたことによって売上げが伸び、増収増益となった。

ただし、2020年5月期第4四半期は新型コロナウイルスのパンデミックによって加工食品需要が急拡大したため、1年後の2021年5月期第4四半期(3月~5月)だけを見ると、予想を上回る減収減益となった。

コロナショック後の株価は、緩やかな上昇基調を維持してきましたが、2022年5月期決算は減収減益が予想されているため、四半期決算の内容と値動きには十分注意を払いましょう。
2022年5月期の1株あたり配当は0.02米ドル増配となり、2.04米ドルになると予想されます。
近藤真理

長期保有による配当目的の投資を考えている場合は、2022年5月期は業績悪化で株価が下がる可能性があるため、買い時の見極めには慎重になったほうがよいでしょう。

第10位,フランクリン・リソーシズ<BEN>……世界的な投資サービスグループ

フランクリン・リソーシズ
世界各国で個人投資家あるいは機関投資家向けに投資運用とファンド運用を行う投資サービスグループの持株会社である。運用資産残高(2021年5月末)のうち、個人投資家の保有割合は53%、機関投資家の保有割合は45%であり、富裕層の保有割合(2%)に比べて圧倒的に高い傾向が見られる。運用資産残高の35%以上が米国外のグルーバル/国際投資であるのも特徴となっている。

2020年9月決算は減収減益となったが、2021年9月期第2四半期は前年同期に比べて売上高、当期純利益ともに改善した。売上高の中でも、投資運用報酬は前年同期の75.99%増に拡大した。

2021年9月期は売上高が大幅に増加することが予想されており、それにともなって当期純利益の増益も見込まれています。好業績は株価の押上げ要因になることから、業績予想の修正情報などには注意しましょう。
近藤真理

2021年9月期の1株あたりの予想配当金は0.04米ドル増配の1.12米ドルになる予定です。

5,ネット証券を使えば、米国株(アメリカ株)取引は意外にも簡単で低コスト

米国株を買うには、英語で書かれた投資情報や取引画面を読んで取引しなければならない、あるいは為替取引もあるので手順が複雑ではないかと考えると、否が応でも米国株取引のハードルが上がってしまう。

しかし、マネックス証券やSBI証券、楽天証券のようなネット証券を利用すれば、米国株は思いのほか簡単に、その上低コストで取引できる。

ネット証券に外国株式取引口座を開設すれば、日本語の豊富な投資情報や各種ニュース、レポートを読んで冷静に投資判断を下し、日本語で書かれた取引画面上で、国内株同様に発注可能だ。

米国マーケットは、人口増加とともに技術革新による企業の成長を期待できる魅力ある市場。長期投資による資産形成を目指して、今から米国株の購入を始めてみてはどうだろうか。

6,米国株の購入についてのQ&A

米国株の特徴とは?
ティッカー表示、1株単位での売買、年4回配当銘柄が多い、値幅制限なし、前場・後場がない、という5つが大きく日本株と異なるところだ。
米国株を取引可能なおすすめの証券会社は?
米国株取扱銘柄数が豊富なのは「SBI証券」、「マネックス証券」、「楽天証券」の3社だ。手数料は3社ともよぼ横並び。手数料で選ぶなら、「DMM株」が手数料無料。ただし銘柄数は他の3社よりも少ない。
米国株の買い方は?
1,外国株式取引口座の開設、2,日本円を米ドルに為替振込する(円貨決済の際は不要)、3,銘柄を選択し購入するという3ステップで簡単にできる
米国株を買う際に気を付けることとは?
為替変動が損益に大きな影響を与える点は知っておきたい。株価が変化しなかったとしても株価1ドル、1ドル100円時に100万円分購入した株が、1ドル90円になった場合、日本円換算だと90万円にまで評価額が減少してしまう。
米国株おすすめの銘柄は?
ザ・ウィリアムズ・カンパニー、エクソン・モービルなどは高配当銘柄の常連。初心者でも書いやすい1株100ドル以下の高配当銘柄は、ガスや石油などエネルギー系の事業を行っている会社に多い。
米国株を買う際にネット証券を使用するメリットとは?
総合証券より低コストで取引できるのが一番のメリット。また各種情報が気軽に手に入るのも魅力のひとつと言えるだろう。

実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる

為替振替コストを軽減したい人は
>>SBI証券で口座開設する

NISA口座での米国ETF購入で買付手数料全額キャッシュバック!
>>楽天証券で口座開設する

米国株式4,000銘柄以上!コストも最小限に抑えられる
>>マネックス証券で口座開設する
 

近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。

 

この筆者の記事を見る

【関連記事】
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
ネット証券比較――手数料、ツール、シェア数ランキング
株式投資のためのスマホアプリ4選 「月1,000円から」「おつりで投資」など
ネット証券会社のシェアランキング 新規口座開設数や売買代金を比較
つみたてNISA(積立NISA)の口座開設を比較 SBI、楽天など