米国株取引時間は何時から何時?取引可能な時間や日程、休場日などを確認

2020.4.5
投資
(写真=Matosem/Shutterstock.com)
(写真=Matosem/Shutterstock.com)
米国市場の取引時間は、時差やサマータイムがあり、初めて米国株取引をする人にとっては混乱するところだ。日本とニューヨークの時間は、ほぼ昼夜が逆転している。日本にいながら米国株を取引する場合、実際に何時から何時まで取引できるのだろうか。

目次
1,米国株の取引時間
2,米国株を取引できる日
3,会社員でもでも取引できる米国株

1, 米国株の取引時間は日本時間の23時30分から翌朝6時まで

日本で米国株を取引する場合、現地の取引市場は主に米国東海岸にあるニューヨーク証券取引所になる。日本とは大幅な時差がある上に、サマータイムや米国市場特有の取引時間もある。まずは、米国株を取引できる時間を、以下の図で確認してもらいたい。

米国証券取引所の立会時間と立会外取引時間
[現地時間]
 

米国株の取引時間は標準時間とサマータイムで異なる

米国株の取引時間で考慮しなければならないのは、日本と米国(この場合、東部時間を採用するニューヨーク)の時差とサマータイムの2点だ。日本とニューヨークの時差はサマータイム期間が13時間、標準時間期間は14時間ある。

ニューヨーク証券取引所の立会時間は、現地時間の9:30~16:00である。日本時間に直すと、標準時間期間なら23:30~翌朝6:00、サマータイム期間は22:30~翌朝5:00になる。

米国のサマータイムとは、時間が1時間繰り上がる制度のこと。サマータイム期間の開始日は毎年3月の第2日曜日の午前2時00分(東部時間)、終了日は同年11月の第1日曜日の午前2時00分(東部時間)までの約8ヵ月だ。2020年のサマータイム期間は、2020年3月8日から同年11月1日である。

プレマーケットとアフターマーケット――立会時間外でも取引できる市場

また米国株取引には、「プレマーケット」と「アフターマーケット」という立会時間外取引市場がある。この市場は証券取引所での立会取引ではなく、電子商取引ネットワーク(ECN)を介してオークション方式の取引を行う市場である。

「プレマーケット」とは、現地時間の会場前から立会開始時間までの1時間半、つまり8:00~9:30の立会時間外取引を行う市場だ。日本時間にすると標準時間では22:00~23:30、サマータイム期間は21:00~22:30になる。

「アフターマーケット」は、現地時間の立会終了後からの4時間、16:00~20:00の立会時間外取引市場を指す。日本時間では、標準時間では6:00~10:00、サマータイム期間は5:00~9:00だ。

日本にいながら、リアルタイムで立会時間外取引市場で取引できるのは、2020年3月現在は主要ネット証券のうちマネックス証券だけだ。できる限り長い時間、米国株をリアルタイムで売買したいなら、マネックス証券での口座開設は外せないだろう。

立会時間中、昼休みはなし

日本の証券取引所は通常昼休みとして、11:30~12:30の1時間は取引が行われない。それに対して、米国の証券取引所には現地時間9:30~16:00の立会時間中に昼休みは設けられておらず、売買取引が中断されることはない。

各証券会社の米国株注文可能時間
証券会社 冬時間 夏時間
豊富な銘柄数と
利便性が強み

SBI証券
詳細はこちら
9:00~
翌日6:00
9:00~
翌日5:00
米国株取引で
最大3万円
キャッシュバック中

マネックス証券
詳細はこちら
22:00~
翌日10:00
21:00~
翌日9:00
米国ETF買付の
手数料が実質無料

楽天証券
詳細はこちら
8:00~
翌日6:00
8:00~
翌日5:00
米国株取引手数料
完全無料化

DMM株
詳細はこちら
16:00~
翌日6:00
16:00~
翌日5:00
 

2, 米国株を取引できる日は米国市場開場日 日米株式市場の休場日を比較

通常の立会時間以外にも、日米の株式市場間には昼休みの有無や休場日などに違いがある。米国株は、米国株式市場の開場日にしか取引できない。米国株取引を始める前に、休場日も確認しておこう。

米国株式市場の休場時間と休場日
  米国市場 日本市場
立会時間 月曜日~金曜日
9:30~16:00
(昼休みなし)
月曜日~金曜日
9:00~11:30
前場
11:30~12:30
昼休み
12:30~15:00
後場
立会外
取引時間
8:00~9:30
(プレマーケット)
16:00~20:00
(アフターマーケット)
なし
休場日 土曜日、日曜日
2020年の
祝日、休日
1月1日 New Year’s Day
(元日)
1月1日 元日
  1月2日 休日
1月3日 休日
1月13日 成人式
1月20日 Martin Luther
King, Jr. Day
(マーティン・
ルーサー・
キング
の誕生日)
 
  2月11日 建国
記念の日
2月17日 Washington's
Birthday
(ワシントンの
誕生日)
 
  2月24日 天皇誕生日

振替記念日
3月20日 春分の日
4月10日 Good Friday
(聖金曜日)
 
  4月29日 昭和の日
5月4日 みどりの日
5月5日 こどもの日
5月6日 憲法記念日
の振替休日
5月25日 Memorial Day
(戦没者記念日)
 
7月3日 Independent Day
(独立記念日)
  7月23日 海の日
7月24日 スポーツ
の日
8月10日 山の日
9月7日 Labor Day
(勤労感謝の日) 
 
  9月21日 敬老の日
9月22日 春分の日
11月3日 文化の日
11月11日 Veterans’Day
(退役軍人の日)
 
  11月23日 勤労感謝
の日
11月26日 Thanksgiving
Day(感謝祭)
 
11月27日 Day After
Thanksgiving
(感謝祭翌日)※
12月24日 Christmas Eve
(クリスマスイブ)※
12月25日 Christmas
(クリスマス)
  12月31日 休日
※米国市場では、2020年11月27日(感謝祭翌日)と同年12月24日(クリスマスイブ)は短縮取引日であり、立会時間は13:00(日本時間の翌日3:00)まで、立会外時間は17:00(日本時間の翌日7:00)までとなっている

米国の株式市場が開場するのは、現地時間の月曜日から金曜日まで。原則的に土曜日と日曜日が休場になるのは日本の株式市場と同じだ。

米国では土日の休場日に加えて祝日なども休場となるが、祝日が日本とは異なる。米国株取引を始める前に、米国株式市場の休場日などを確認しておくといいだろう。

為替振替コスト
が安い


SBI証券
米国ETF買付で
手数料実質無料


楽天証券
米国株式取扱数
3000銘柄超


マネックス証券
詳細こちら
(公式サイトへ)
詳細こちら
(公式サイトへ)
詳細こちら
(公式サイトへ)

3, 米国株の取引は夜間が中心なので会社員でも取引しやすい

日本とニューヨーク証券取引所のある米国東部は時差が大きいため、米国株を取引する際は、日本時間の夜間が中心になる。立会時間前後に設けられているプレマーケットからアフターマーケットがあるため、長時間リアルタイムで取引できる。

米国市場の休場日を避けながら、各自の生活のペースに合わせて、夜間に自宅で米国株を取引するのもいいだろう。

実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる

為替振替コストを軽減したい人は
>>SBI証券で口座開設する

NISA口座での米国ETF購入で買付手数料全額キャッシュバック!
>>楽天証券の口座開設はこちら

米国株式3000銘柄以上!コストも最小限に抑えられる
>>マネックス証券で口座開設する

文・近藤真理(フリーライター)
 

【関連記事】
米国株(アメリカ株)の高配当銘柄ランキングTOP10!
米国株(アメリカ株)を買うにはどうしたらよいか、3ステップで解説
米国(アメリカ)株ランキングTOP10!時価総額、株価、配当利回り、増配年数、売買代金など
米国株(アメリカ株)の連続増配ランキングTOP10 上位10社は連続増配50年以上!
NISAでおすすめの米国(アメリカ)株5銘柄