米国株(アメリカ株)を買いたいがどうしたらいいのか分からないという人もいるだろう。買うために必要なこと、買い方、事前に知っておきたい知識などを紹介。長期的な成長性と高配当銘柄の豊富さなどの理由から注目が集まっている米国株の購入方法について初心者でもわかりやすく解説しよう。

目次
1,米国株の5つの特徴
2, 米国株を買うための準備&フロー3ステップを紹介
3,大手3社の米国株取引の基本情報 取扱銘柄や注文方法は?
4,初心者でも気軽に買える米国株ランキングTOP10
5,米国株売買はネット証券がよい理由

1,米国株の5つの特徴 売買単位や取引時間など、日本株との5つの大きな違い

まずは、日本株とは異なる米国株特有の特徴を簡単に列記していきたい。

特徴1,米国株はティッカーで表示する

米国株で日本株の証券コードに相当するのは、アルファベット1~5文字で表示される「ティッカーシンボル」だ。銘柄検索や株価表示の際にはこのティッカーシンボルを使用する。

アップルであれば 、ジョンソン&ジョンソンは 、フェイスブックなら となる。

特徴2,米国株の売買は1株単位

米国株の売買は1株単位
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

米国株は日本株のように単元株制度を設けていないので、1株から購入できる。

20万円もあれば株価が高いアマゾン・ドット・コム (現地2019年10月17日終値 1,787.83米ドル)の株主になれるし、マイクロソフト (同日終値139.69米ドル)なら1万5千円程度でマイクロソフト株を購入できる。

特徴3,配当が年4回の銘柄が大半 高配当銘柄も多い

米国株の配当は年4回
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

日本では年1回あるいは年2回配当の企業が多いが、米国では株主還元策として配当を重視する企業が多く、年4回配当の企業が主流である。高配当銘柄も多いため、配当目的で米国株を長期保有する投資家も多い。

特徴4,値幅制限がない

米国株は値幅制限なし
(画像=MONEY TIMES編集部制作)

米国株には値幅制限かないので、株価高騰によって大きな利益を得る可能性と、株価暴落によって著しい損失が発生するリスクがある。

特徴5,立会時間に前場・後場の区別なし 

米国市場の取引時間には、日本市場のように前場、後場の区別がない立会時間と、時間外取引の2種類がある。

【米国、夏時間】

立会時間 9:30~16:00
(日本時間 22:30~翌5:00)
時間外取引 8:00~9:30
(日本時間 21:00~22:30)
16:00~20:00
(日本時間 5:00~9:00)

【米国、冬時間】

立会時間 9:30~16:00
(日本時間 23:30~翌6:00)
時間外取引 8:00~9:30
(日本時間 22:00~23:30)
16:00~20:00
(日本時間 6:00~10:00)

時間外取引への対応は証券会社によって異なる。各証券会社の時間外取引については, 以下の記事を参考にするといいだろう。
>>米国株取引時間は何時から何時?

米国株を取引可能なおすすめネット証券
証券会社 手数料 銘柄数
手数料無料で取引
したい人におすすめ

DMM株
詳細はこちら
無料 1100銘柄

Appleや
Googleなど
人気銘柄を厳選
日本時間の9時から
翌6時まで注文可能

SBI証券
詳細はこちら
約定金額の
0.45%(※)
3,139銘柄

買付手数料無料
ETF110本以上
米国株取引で
最大3万円
キャッシュバック中

マネックス証券
詳細はこちら
約定金額の
0.45%(※)
3,524銘柄

国内証券会社で
最多の取扱数
米国ETF買付の
手数料が実質無料

楽天証券
詳細はこちら
約定金額の
0.45%(※)
3,515銘柄

ツールが便利
2020年9月28日現在
※最低手数料0ドル、上限20ドル

2,米国株を買うための準備&フロー3ステップを紹介

米国株を買うには日本のインターネット専業証券会社を利用するのが簡単で便利、しかも低コストだ。日本語のウェブサイトで情報収集し、日本語だけで取引を完了できるので、米国株投資が初めての人でも利用しやすい。

どの証券会社を利用しても、外国株取引口座開設料と口座管理料は無料だ。

米国株を取り扱う主要ネット証券3社、マネックス証券と、SBI証券、楽天証券に共通する米国株購入までのフローは以下のとおりである。

① ネット証券に外国株式取引口座を開設する

米国株を買う、あるいは為替振替するには、証券総合口座が開設されているネット証券に、専用の外国株式取引口座を開設する必要がある。

ネット証券の証券総合口座にログインしてから外国株式メニューを開いて、「外国株取引口座を申し込む/開設する」、または「今すぐ外国株式取引口座を開設する」といったボタンを押下する。

取引ルールや重要事項説明等を確認したら、内容確認チェックボタンをチェックすると、外国株式取引口座の開設手続きは完了だ。最短で、翌営業日から米国株取引が可能になる。

※ネット証券に証券総合口座を開設していない場合は、証券総合口座開設と外国株式取引口座開設のための手続きを同時に行うこともできる。

証券会社の米国株関連の簡易比較表
※取扱銘柄数は2020年8月5日現在
証券会社名 国内取引手数料(税抜) 個別銘柄取扱数
マネックス証券 約定代金×0.45%

※最低手数料
0米ドル~
上限手数料20米ドル
3,375
SBI証券 3,122
楽天証券 2,938

②日本円を米ドルに為替振替する、あるいは円貨決済する
米国株を買うには、あらかじめ外国株引取引口座に米ドルか日本円の資金を用意しておく必要がある。

【外貨(米ドル)決済の場合】
証券総合口座にログインしてからトップページより「為替取引」画面に遷移する、あるいは総合証券口座と外国株式取引口座にログインしてから「為替振替」画面に遷移する。

「為替取引」なら、通貨には「米ドル」を、さらに売買では「買付」を選択する。あるいは、「為替振替」なら、「円貨預り金から外貨(米ドル)への振替」を選択すると、次の画面で参考為替レートなどの情報が表示される。

表示された金額を確認したら、指示に応じて米ドルか日本円の買付金額または振替金額を入力すると、証券総合口座から、必要額の日本円が外国株式取引口座に為替振替される。

外国株取引サイトの買付余力(買付可能額)に振替金額が反映されたのを確認したら、米ドル資金の用意は完了だ。

【日本円決済の場合】
外国株式取引口座にログインしたら「取引」画面に遷移する。取引画面で「円貨決済」と「外貨決済」のうち、「円貨決済」を選択すると、約定後の国内受渡日時点で自動的に日本円から米ドルに為替振替される。

③米国株取引画面で銘柄を選択し、必要事項を入力して発注する。
各ネット証券のWEBサイトなどで、株価相場やマーケット情報、個別銘柄の値動きなどを確認の上、米国株取引サイトに必要事項を入力して取引を行う。

3,マネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株取引基本情報 取扱銘柄や注文方法は?

米国株を取り扱っている主要ネット証券3社、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株取引ルールなどの違いについて、以下を参照してほしい。

マネックス証券、SBI証券、楽天証券の米国株取引ルールなどの比較
証券会社名 国内取引手数料(税抜) 個別銘柄取扱数 ETF取扱数 時間外取引 注文受付時間 注文方法 取引チャネル
マネックス証券 約定代金×0.45%

※最低手数料
0米ドル~上限手数料20米ドル
3,375 285 あり 24時間 ・指値
・成行
・逆指値
・ツイン指値
・連続、OCO
など各種注文方法
・WEBブラウザ 
「米国株取引画面
/TradeStation」

・スマートフォン専用アプリ
「トレードステーション米国株スマートフォン」
SBI証券 3,122 282 なし 常時受付可能

※以下の時間帯を除く

・日本時間
19:00~19:30頃

・日本時間
6:00~9:00頃(夏時間5:00~8:00頃)
・指値
・成行
・逆指値
WEBブラウザ 外国株取引サイト
「外貨建商品取引サイト」
楽天証券 2,938 308 なし 常時受付可能

※以下の時間帯を除く
・計画メンテナンス時間

・日本時間
15:00~17:15は外貨決済のみ
・指値
・成行
・WEBブラウザ
・トレーディングツール
「マーケットスピード」
※取扱銘柄数は2020年6月29日現在

4,初心者におすすめの米国株ランキングTOP10――80米ドル以下で買える高配当銘柄は?

米国株の買い方がわかったら、次のステップは銘柄選びだ。日本でもよく知られたアップルやマイクロソフトなどの値がさ株を購入するのも悪くないが、少額で買えて配当が期待できる銘柄もチェックしておきたい。

そこでSBI証券の米国株スクリーナーを使用して、米国株初心者でも買いやすい個別銘柄を以下の条件で検索した。

【スクリーニングの条件】
・米国の全市場の全業種
・個別銘柄
・大型株、中型株、小型株
・ダウ平均、ナスダック100、S&P500構成銘柄
・実績配当利回り3.0%以上
・予想配当利回り3.0%以上
・出来高6日÷25日倍率(倍)1倍以上

上記の条件でスクリーニングをした結果、50社が抽出された。予想配当利回りの降順で並べ替え、その中から買いやすい価格帯である80米ドル以下(現地時間2021年3月15日終値)の銘柄を抽出した。

順位 銘柄名
(ティッカー)
予想配当
利回り(実績)(%)
株価(米ドル) 市場
1 アルトリア・グループ
(MO)
7.29% 49.84 NYSE
2 ルーメン・テクノロジーズ
(LUMN)
7.13% 14.19 NYSE
3 AT&T
(T)
7.01% 29.93 NYSE
4 ザ・ウィリアムズカンパニーズ
(WMB)
6.85% 23.67 NYSE
5 キンダー・モルガン
(KMI)
6.61% 16.33 NYSE
6 ピー・ピー・エル
(PPL)
6.04% 28.25 NYSE
7 エクソン・モービル
(XOM)
5.62% 60.39 NYSE
8 アムコア
(AMCR)
4.85% 11.76 NYSE
9 ベライゾン・コミュニケーションズ
(VZ)
4.55% 55.64 NYSE
10 エディソン・インターナショナル
(EIX)
4.52% 59.57 NYSE
※現地時間2021年3月15日終値時点
※筆者作成

ランクインした10社の中には、米国の代表的な株価指標に採用されている企業もあるため安全性は高い。配当利回りも高いので、中長期の資産形成にも向く銘柄だ。

対象銘柄を絞り込んだら、関心のある業種や事業内容の企業を選んでみよう。

第1位,アルトリア・グループ(MO)――タバコやワインの持株会社

アルトリア・グループは、タバコやワインを取扱う持株会社である。無煙タバコの製造も手掛ける。主なタバコ銘柄には「マルボロ」や「バージニアスリム」などがあり、日本でも馴染み深い。

電子タバコを扱う子会社ジュールを巡った出資トラブルもあり、2020年4月には一時大きく株価が下落し、2020年12月期第3四半期は当期純損失を計上。しかし第4四半期は営業キャッシュフローが大きく伸び、利益を借入金の返済と投資に回している。

2020年12月期年間配当実績は、3.42米ドルとなった。また、2021年12月期第1四半期の配当金を0.86米ドルとすると発表。これは、2020年第4四半期の配当金と同額である。

第2位,ルーメン・テクノロジーズ(LUMN)――米国の政府機関も使用するIPS

ルーメン・テクノロジーズは、一般家庭や政府機関にインターネット通信サービスを提供するプロバイダだ。サービスの対象は、米国をはじめとする世界各国。主に、ネットワークアクセスやクラウド接続などのツールを、1つのプラットフォームに統合することを行っている。

2020年12月期は前年より営業利益が減少したが、年間純損失は前年より大幅に減った。2020年12月期の年間配当実績は、1米ドルで着地。

第3位,AT&T(T)――米国通信サービス持株会社

AT&Tは、米国の通信サービス持株会社。子会社を通じて動画配信サブスクや電話、インターネットサービスを提供している。2020年12月期は、通年で有料配信サービスを利用する顧客の解約率が下がったことを発表。また動画配信サービス「HBO」の登録者数を、現在の約3倍まで伸ばす方針だ。

2021年3月13日に、AT&Tの子会社であるワーナーブラザーズが手掛ける「トムとジェリー」のチケット売上高が、米国で1,370万米ドルとなったことを発表。国外の売上高は2,510万米ドル。

2020年12月期年間配当実績は、2.08米ドルとなった。

第4位,ザ・ウィリアムズカンパニーズ(WMB)――天然ガスなどを扱う米国エネルギー会社

ザ・ウィリアムズカンパニーズは、天然ガスの探鉱から輸送までを一貫して行う企業である。昨今はクリーンエネルギーが推奨されているため、エネルギー業界の動向はチェックしておきたい。

2020年12月期は、第1四半期から第4四半期まで売上総利益はほぼ変わらない。しかし、営業利益は第1四半期でマイナス、第4四半期でも大きく減少している。貯蔵や輸送に関するコストなど、販管費の削減が今後の課題となるだろう。

2020年12月期年間配当実績は、1.61米ドル。

第5位,キンダー・モルガン(KMI)――石油や天然ガスなどのエネルギー事業を営む

キンダー・モルガンは、石油や天然ガスを扱う米国のエネルギー会社。パイプラインを保有しており、貯蔵から運輸までを一貫して行っている。そのほか、エタノールや鉄鋼などの二次製品も取り扱っている。

2020年12月期は、第1四半期から第4四半期にかけてEPSを大きく伸ばした。当期純利益の伸び率は前期を大きく下回ったが、年間配当実績は1.05米ドルと増配で着地。

第6位,ピー・ピー・エル(PPL)――電力やガスなど公共事業の持株会社

ピー・ピー・エルは、米国の公共事業持株会社である。米国内で子会社を通じて発電、販売を行う。ケンタッキー州では天然ガスも供給。米国外では、英国で電力供給事業も営んでいる。

2020年3月に流行した新型コロナウイルスの影響により、一時ロックダウンを余儀なくされた米国では電力需要が低下し株価が大きく下落が、現在は緩やかに回復している。2020年12月期第4四半期は、投資キャッシュフローが大きくマイナス、財務キャッシュフローは大幅に増えており、事業の立て直しに積極的な姿勢がうかがえる。

2020年12月期年間配当実績は1.66米ドルで、前年を上回った。

第7位,エクソン・モービル(XOM)――米国大手の石油系エネルギー会社

エクソン・モービルは、石油化学を取り扱うエネルギー会社である。同社は2020年12月期の年間決算で、実に40年ぶりとなる赤字を計上。原因の一つは、新型コロナウイルスによるエネルギー需要の落ち込み。しかし配当金は維持する方針だ。

最近では、同業種であるシェブロンとの合併の噂が浮上。また、アクティビストとの会議では、クリーンエネルギー事業に対して提言。改善要求に応えるのか、投資家の注目を浴びている。好ファンダニュースが多いため、株価上昇率は高い。

2020年12月期年間配当実績は、3.36米ドル。

第8位,アムコア(AMCR)――世界に展開する梱包資材メーカー

アムコアはオーストラリアの梱包資材の会社で、全世界に向けて商品を提供している。食料品や段ボール資材のほか、製薬などの医療分野に向けて密閉梱包などのサービスも提供。2020年2月以降、株価は緩やかに上昇している。世界で医療用の滅菌包装材料なども広く販売していることから、今後も新型コロナウイルスによる需要拡大が期待される。

2020年12月期の年間収益は、昨年を大きく上回った。また、営業で得た利益で積極的に借入金を返済していることがうかがえる。2020年12月期の年間配当実績は、0.46米ドル。2021年12月期の第1四半期および第2四半期の配当金は、0.1175米ドルに決定。この水準が続けば、2021年12月期の年間配当金は前年を超える。

第9位,ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)――米国大手の通信企業

ベライゾン・コミュニケーションズは、電話回線サービスや動画の配信サービスなどを行う通信企業だ。2020年12月期第3四半期は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルスによる在宅勤務の増加や外出を控える動きが、通信事業の追い風になったと見られている。

2020年12月期は、前期よりも総資産と営業キャッシュフローが増加。2020年12月期年間配当実績は、2.485米ドルとなった。なお、2021年12月期第1四半期の配当金を0.6275米ドルと発表。この水準が続けば、2020年12月期の年間配当額を上回る。

第10位,エディソン・インターナショナル(EIX)――米国電力持株会社

エディソン・インターナショナルは、米国を中心に世界各地の発電所を運営する電力持株会社。主力は規制電力事業と競合電力事業だ。

2020年12月期の年間営業キャッシュフローは、前年を大きく上回った。当期純利益は前年を割ったものの、EPSは同水準をキープしている。2020年12月期の年間配当実績は、2.6米ドル。

5,ネット証券を使えば、米国株(アメリカ株)取引は意外にも簡単で低コスト

米国株を買うには、英語で書かれた投資情報や取引画面を読んで取引しなければならない、あるいは為替取引もあるので手順が複雑ではないかと考えると、否が応でも米国株取引のハードルが上がってしまう。

しかし、マネックス証券やSBI証券、楽天証券のようなネット証券を利用すれば、米国株は思いのほか簡単に、その上低コストで取引できる。

ネット証券に外国株式取引口座を開設すれば、日本語の豊富な投資情報や各種ニュース、レポートを読んで冷静に投資判断を下し、日本語で書かれた取引画面上で、国内株同様に発注可能だ。

米国マーケットは、人口増加とともに技術革新による企業の成長を期待できる魅力ある市場。長期投資による資産形成を目指して、今から米国株の購入を始めてみてはどうだろうか。

実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる

為替振替コストを軽減したい人は
>>SBI証券で口座開設する

NISA口座での米国ETF購入で買付手数料全額キャッシュバック!
>>楽天証券で口座開設する

米国株式3000銘柄以上!コストも最小限に抑えられる
>>マネックス証券で口座開設する
 
近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
 
この筆者の記事を見る

【関連記事】
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
ネット証券比較――手数料、ツール、シェア数ランキング
株式投資のためのスマホアプリ4選 「月1,000円から」「おつりで投資」など
ネット証券会社のシェアランキング 新規口座開設数や売買代金を比較
つみたてNISA(積立NISA)の口座開設を比較 SBI、楽天など