CFD取引のおすすめ証券会社6社を比較 手数料やスプレッド、ツールなどメリット・デリットを紹介

2020.10.5
投資
(写真=cardephotography/stock.adobe.com)
(写真=cardephotography/stock.adobe.com)

CFDとは差金決済取引のことで、現物資産を実際に取引するのではなく、購入時と売却時の価格の差額を決済する金融商品だ。FXに似た商品性だが、対象は世界中の株価指数やコモディティなど幅広い。この商品のメリットやデメリット、取引するのにおすすめの証券会社などを徹底解説していこう。

目次
1,CFDとは何か?特徴を紹介
2,CFDの2つの取引方法
3,CFD取引のおすすめ証券会社6社を比較
4,CFD取引をする証券会社選びの5つのポイント 主要6社を比較
5,CFDの5つの種類
6,CFD取引4つのメリット
7,CFD取引の3つのデメリット・注意点
8,CFD取引にかかる手数料やコストは?
9,まずはCFD投資の方針を

1,CFDとは何か?特徴を紹介

CFDとはContract For Differenceの略で、「差金決済取引」のことだ。顧客は証券会社に証拠金を預けて、CFD取引の新規注文を出してポジションを建てる。反対売買を行うと、そのポジションが解消される。有価証券などの現物資産の受渡しを行わず、購入時の価格と売却時の価格の差額だけで利益を出していくのだ。

CFDでは、少額の証拠金を証券会社に預け入れると、その何倍もの金額の取引ができる(レバレッジ取引)のが特徴である。投資対象となる原資産は、国内外に上場する株価指数や株価指数先物、個別株式、コモディティなど幅広い。

広く知られているFXもCFDの一種であり、対象となる原資産によって

  • FX
  • 株価指数CFD
  • 株式CFD
  • 商品(バラエティ)CFD
  • 債券CFD

などに分類される。

2,CFDの2つの取引方法――取引所CFDと店頭CFD 

CFDの種類を見る前に、CFDの取引方法を確認しておこう。CFDの取引方法は「取引所CFD」と「店頭CFD」に分類される。

取引所CFD――取引所で取引される上場CFD

取引所CFDとは公的な取引所に上場しているCFDのことであり、投資家は取扱証券会社や取次証券会社、金融商品仲介業者を介して取引を行う。

取引所CFDのレートには、多くの場合マーケットメイク方式が採用されている。顧客から注文が入ると、複数の金融機関が取引所に対して価格を提示する。その中から取引所が売呼値(最も安い売り価格)と買呼値(最も高い買い価格)を抽出し、その時点で最も有利なレートを顧客に提供する。

店頭CFD――顧客と証券会社との相対取引で取引されるCFD

店頭CFDとは、顧客と証券会社が自己の勘定において直接取引をするCFDのことだ。

新規建てから決済までの間、証券会社ではポジションリスクを回避するために、顧客から受けた注文と同じ注文をカバー取引先(取引所、提携金融機関など)に流している。店頭CFDでは、証券会社によってカバー取引先の件数が異なり、一般的にはカバー取引先の件数が多いほど、顧客に有利なレートを提示できると考えられている。

3,CFD取引のおすすめ証券会社6選を比較 自分に合うのはどれ?

まずは店頭CFDの取引ができる6社のサービス概要やスペックなどを、わかりやすく紹介しよう。

店頭CFD取扱証券会社 簡単比較表

  対象原資産 取扱銘柄数 取引手数料 スプレッド スマホアプリ
GMOクリック証券
詳細はこちら
株価指数/
ETF、
株式が多い
133銘柄 無料 変動制、狭い CFD取引専用
スマホアプリあり
DMM CFD
詳細はこちら
株価指数と
商品のみ
7銘柄 無料 原則固定、広め CFD専用Web版
取引ツールあり
インヴァスト証券
詳細はこちら
ETFのみ
(すべて
自動売買)
26銘柄 無料 未公表の
ため不明
統合型取引専用
スマホアプリあり
マネーパートナーズ
詳細はこちら
商品
(金・銀)
のみ
2銘柄 無料 普通 ブラウザ版
取引ツールあり
サクソバンク
証券
株式が多い
(日本株含む)
8,000
銘柄以上
株式CFDのみ、
取引手数料が発生
未公表の
ため不明
ブラウザ版
取引ツールあり
IG証券 株式が多い
(日本株含む)
1万7,000
銘柄以上
株式CFDのみ、
取引手数料が発生
時間帯固定、
広め
統合型取引専用
スマホアプリあり
証券会社 取引
手数料
スプレッド 銘柄数
GMOクリック証券
詳細はこちら
無料 変動制
狭い
133
DMM CFD
詳細はこちら
無料 原則固定制
広め
7
インヴァスト証券
詳細はこちら
無料 非公表 26
マネーパートナーズ
詳細はこちら
無料 普通 2
サクソバンク
証券
有料 非公表 約8,000
IG証券 有料 時間帯
固定制
広め
約17,000
※2020年9月24日現在の各社ホームページを参照

4,CFD取引をする証券会社選びの5つのポイント 主要6社を比較

店頭CFDは証券会社によって取扱銘柄数や取引ルールなどが異なるため、店頭CFDを扱う証券会社を選ぶ際は、以下の点をチェックしてほしい。

本項で対象とするのは、国内で店頭CFDを取り扱っている主な証券会社である、GMOクリック証券、DMM CFD、サクソバンク証券、IG証券、インヴァスト証券、マネーパートナーズ証券の6社とする。

以下はすべて、2020年9月23日現在の対象の証券会社ホームページを参照した。

ポイント1,取扱銘柄――数だけでなく、興味のある原資産や銘柄が含まれているか

店頭CFD取扱証券会社のCFD取扱銘柄数と種類

証券会社名 CFD取扱銘柄数 取扱CFDの種類
GMOクリック証券
詳細はこちら
133銘柄 ・株価指数/ETF CFD
・商品CFD
・米国/香港株CFD
・バラエティCFD
(ハイレバレッジ型ETF、REIT型ETF)
DMM CFD
詳細はこちら
7銘柄 ・株価指数CFD
・商品CFD
インヴァスト証券
詳細はこちら
26銘柄
※すべて自動売買
ETF CFD
(トライオートETF)
・米国株式
・米国債
・世界株価指数
・商品
・日経225、TOPIX
・ハイレバレッジ型
マネーパートナーズ
詳細はこちら
2銘柄 ・貴金属(金、銀)CFD
サクソバンク
証券
8,000銘柄以上 ・株価指数CFD
・商品CFD
・外国ETF/ETN CFD
・日本株/外国株CFD
IG証券 1万7,000銘柄以上 ・株価指数CFD
・商品CFD
・個別株CFD
・債券先物CFD

GMOクリック証券は取扱銘柄数が133銘柄ながら、国内の店頭CFDのシェアは約70%もある。GMOクリック証券には、これまでのCFD取引実績による安心感がある。国内の投資家向けに世界中のCFDの中から厳選した銘柄を提供しているため、どの銘柄を選んでもハズレがない。

世界中の多彩な銘柄の中から自由に選びたい人には、サクソバンク証券やIG証券をおすすめしたい。国内外の個別株CFDの銘柄数が圧倒的に多く、世界中の株式CFDを中心に取引したい人に最適だ。

DMM CFDは人気の株価指数CFDと商品CFDの7銘柄に、マネーパートナーズ証券は商品CFDの中でもインフレ時のリスクヘッジに最適な金と銀の2銘柄に絞り込んでいる。

DMMとマネーパートナーズ証券は、これまでFXで経験を積んできた投資家がCFDにもチャレンジしたいという場合に、銘柄選びの時間と手間を省いて、気軽に始められる証券会社と言えるだろう。

インヴァスト証券のCFDは、すべてETFタイプのCFD(サービス名は「トライオートETF」)である。他にはない特徴は、取り扱う26銘柄すべてが、インヴァスト証券が得意とする自動売買で取引するスタイルであることだ。

「CFD取引をやってみたいが、裁量取引には自信がない」という人は、インヴァスト証券のトライオートETFに任せるといいだろう。

ポイント2,取引単位――比較的少額でも取引できる

CFDは原資産によって価格が大きく異なるので、取引単位も原資産ごとに決められており、証券会社ごとに設定されているわけではない。

先物取引などと比べると全体的に取引単位が小さいので、個人投資家でも投資しやすいのが特徴だ。株式CFDや株価指数CFD、株価指数連動型ETF CFDはCFD価格の1倍だが、商品CFDは価格によって1倍(金、大豆など)から100倍(天然ガス)まである。

ポイント3,コスト――取引手数料とスプレッド

国内でCFD取引ができる主要6社では、取引手数料は一部銘柄(株式CFD)を除いて無料なので、コストを比較する際はスプレッドを見ることになる。

CFDのスプレッドは証券会社の裁量で決められており、固定制もあれば変動制もあり、スプレッドも異なる。スプレッドが変動制になっている証券会社があることを踏まえて、スプレッドを比較する際は、同じ時間帯に確認しよう。

以下の表は、2020年9月24日9:00~9:30において、6社のホームページで提示されていた代表的な銘柄の株価指数/ETF CFDのスプレッドを比較したものである。

証券会社別スプレッドの比較(株価指数/ETF)

  日経225 米国30 ナスダック
100
原油 金スポット
GMOクリック証券
詳細はこちら
2~6円 3~7pips 0.8~1.5pips 0.03pips 0.4pips
DMM CFD
詳細はこちら
7.0円 3.0pips 2.0pips 3.9pips 1.2pips
インヴァスト証券
詳細はこちら
未公表
マネーパートナーズ
詳細はこちら
0.9pips
サクソバンク
(変動)
未公表
IG
(時間帯固定)
7.0円 4.8pips 2.0pips 最小2.8pips 最小0.3pips
※原則固定の場合でも、相場環境によってはスプレッド幅が拡大することがある
 

未公表の証券会社もあるため厳密な比較はできないが、対象銘柄を見る限りでは変動制であることを差し引いても、GMOクリック証券のスプレッドの狭さが際立っている。一般的なCFD銘柄を低コストで運用したい場合は、GMOクリック証券を選んでおくと無難だ。

(注意)サクソバンク証券とIG証券の株式CFDについては、リアルタイムの市場価格で取引されるためスプレッドが発生しない。その代わり、証券会社に若干の取引手数料を支払う必要がある。

ポイント4,取引ツール――CFDの専用取引ツールとスマホアプリ

CFD取引ツールとスマホアプリ一覧

  取引ツール スマホアプリ
GMOクリック証券
詳細はこちら
・はっちゅう君CFD
・プラチナチャートCFD
(高機能チャート)
・CFDroid
・iClickCFD
DMM CFD
詳細はこちら
・DMM STANDARD
・DMM BASIC
・プレミアチャート
(テクニカルチャート)
・DMM CFDスマホ
(Web版取引ツール)
インヴァスト証券
詳細はこちら
・パソコン版専用取引ツール
(ブラウザ版)
・スマートフォンアプリ
「トライオート」
マネーパートナーズ
詳細はこちら
・クイック発注ボード
(ブラウザ版)
・クイック発注ボード
(ブラウザ版)
サクソバンク証券 ・SaxoTraderPRO(DL版)
・SaxotraderGO(ブラウザ版)
・TradingView
(ブラウザ版、FXと共通)
・SaxoTraderGO
(ブラウザ版)
・専用アプリなし
IG証券 ・ウェブベースプラットフォーム
(ブラウザ版)
・ProRealTimeチャート
(チャート分析ツール)
・スマートフォンアプリ
・タブレット端末アプリ

対象の6社では、ブラウザ版を中心としたCFD専用取引ツールとCFD専用スマホアプリ、または他の金融商品と共通の高機能取引プラットフォームが用意されている。

高機能取引ツールの便利さを追求したGMOクリック証券の「はっちゅう君CFD」は、株取引やFX取引などで取引ツールの操作に慣れている人には最適だろう。スピード注文機能は言うまでもなく、見やすさや画面レイアウトのしやすさなど、総合的に評価の高い取引ツールだ。

外資系のサクソバンク証券とIG証券は、スマホアプリも取引に利用できるが、機能性に優れた取引ツールはぜひとも利用するべきだ。

サクソバンク証券の取引ツールは評価が高く、最先端テクノロジーと直感的な操作性が魅力だ。プロ向けのDL版取引ツールもある。

IG証券の取引ツールはDLの手間がかからないブラウザ版だが、FXなどとの共通の取引プラットフォームとして利用できる。先進技術を採用したチャート表示機能や、取引画面と統合されたニュース・情報サービスなどが使いやすい。

チャートの確認と発注など、目的を絞り込んで気軽に取引ツールを使いたい人には、DMM CFD、インヴァスト証券、マネーパートナーズ証券の取引ツールがおすすめだ。取引ツールもアプリも設計・画面構成がシンプルなので、初心者でも使いこなせる。

取引ツールやスマホアプリについては、証券会社によって機能性や使い勝手がかなり違うので、自分が取引ツールに求めるものを決めることが大切だ。

ポイント5,サポート体制――24時間問い合わせに対応しているか?

CFD取引に関する問い合わせ方法と受付時間一覧

証券会社名 電話による
問い合わせ
フォームによる
問い合わせ
その他の
問い合わせ方法
GMOクリック証券
詳細はこちら
月曜日7:00~
土曜日7:00
 (米国夏時間は
6:00まで)
随時受付
DMM CFD
詳細はこちら
【冬時間】
月曜日
7:00~
土曜日6:50
【夏時間】
月曜日
7:00~
土曜日5:50
随時受付 1.LINEによる
問い合わせ
【冬時間】
月曜日
7:00~
土曜日6:50
【夏時間】
月曜日
7:00~
土曜日5:50
2.AIチャット
インヴァスト証券
詳細はこちら
【月曜日~金曜日】
9:00~17:00
(土日元日を除く)
随時受付 リモート
サポートあり
マネーパートナーズ
詳細はこちら
【月曜日~金曜日】
9:00~17:00
随時受付 24時間
チャットサービス
※オペレーター対応
【月曜日~金曜日】
9:00~17:00
サクソバンク
証券
【月曜日~金曜日】
9:00~18:00
(土曜、日曜、
祝祭日、
年末年始を除く)
【月曜日~金曜日】
9:00~18:00
(土曜、日曜、
祝祭日、
年末年始を除く)
IG証券 【月曜日~金曜日】
8:00~21:00
【祝日】
8:00~20:00
(米雇用統計発表日のみ
8:00~23:00
【米夏時間22:00まで】)
メールによる
問い合わせ
【対応時間】
平日9:00~18:00

電話による問い合わせの受付時間が長いのは、GMOクリック証券とDMM CFD。毎週、日本時間の月曜日早朝から土曜日早朝まで、深夜でも電話の問い合わせに対応している。DMM CFDでは電話だけでなく、LINEでも営業日なら深夜でも問い合わせができる。

CFDは世界中の原資産を投資対象としているため、取引できる時間も長い。深夜に取引することも考えると、深夜でも疑問に答えてくれるサポート体制はありがたい。

GMOクリック証券 のメリット・デメリットは?

GMOクリック証券は、国内CFD市場シェアの約70%を占める。これからCFD口座を選ぶ人の中には、GMOクリック証券を候補に入れている人も多いだろう。あらためてGMOクリック証券のCFD口座のスペックや、メリット・デメリットをチェックしてみよう。

GMOクリック証券のCFD口座基本スペック
CFDの種類 株価指数/ETF CFD 31銘柄(日経225、米国30、米国NQ100など)
商品CFD 6銘柄(金スポット、原油、コーンなど)
ハイレバレッジ型/
REIT型CFD
16銘柄(原油ブル2倍ETF、米国VIブルETFなど)
株式CFD 80銘柄(米国株、香港株のみ)
133銘柄
取引手数料 全銘柄無料
スプレッド 変動制、業界最狭水準
※スプレッドは銘柄ごとに異なる
スマホアプリ対応 CFD取引専用のスマホアプリあり
・Android用「CFDroid」
・iPhone用「iClickCFD」

・CFD口座としてのGMOクリック証券のメリット

一番大きなメリットは、株式CFDを含むすべての銘柄の取引手数料が無料であること、そしてスプレッドが業界最狭水準であるため、低コスト運用が可能であることだ。コストを抑えて利益を増やしたい人が、もっとも重要視する項目ではないだろうか。

二番目のメリットとして挙げられるのは、バランスの良い銘柄ラインアップと、少なすぎず多すぎない選びやすい銘柄数だ。同社が厳選した銘柄ばかりなので、潜在的リスクの少ない優良銘柄として、どの銘柄も安心して取引できる。

操作しやすくて、サクサク発注できるCFD専用取引アプリも魅力だ。少ない操作で取引できるので、休憩中の短い時間を使って投資をする人にも煩わしさがない。

・CFD口座としてのGMOクリック証券のデメリット

メリットの裏返しとなるが、たくさんの銘柄の中から、自分の判断基準で自由に投資対象銘柄を選びたい人には、GMOクリック証券の133銘柄は物足らないと感じる銘柄数かもしれない。

国内の取引所CFD「くりっく株365」の取り扱いがない上に、安全資産としてとらえられている米国債CFDが扱われていないことも、安全志向でCFD投資を考えている人にとっては残念なポイントだろう。

もう一つのデメリットとしては、ホームページや会員専用ページから入手できる情報が最低限の経済ニュースや開示情報だけにとどまっていること。投資戦略を学ぶための学習ページやオンラインセミナーなどが設けられていないので、他社で情報収集するなどの対策が必要になる。

現状では、GMOクリック証券の口座は、スマートな取引に特化する口座として位置付けるほうがよいだろう。

5,CFDの5つの種類――株価指数CFD、商品CFD、株式CFD、ハイレバレッジETF型CFD、債券CFD

CFDはその原資産によって分類されるが、証券会社によって分類方法や取扱銘柄、取扱数は大きく異なる。

国内のCFD取引で最もシェアが大きいのは、GMOクリック証券だ。GMOクリック証券ホームページに掲載されている「CFD取扱銘柄」を参考に、原資産別の代表的な5種類のCFDや特徴、それに属する銘柄を紹介しよう。(2020年9月22日現在)

なお、FXも外国為替を原資産とするCFDの一種であるが、本項では除外する。

GMOクリック証券のCFDの種類と銘柄名称

分類 原資産(投資対象)の一例 CFD銘柄の名称
株価指数CFD/
株価指数連動型
ETF CFD
日経225先物 日経225
ダウ平均株価先物ミニ 米国30
米国VIX指数 米国VI
FTSE100先物 イギリス100
ETF/ETN 台湾株価指数ETF
商品CFD 金のスポット取引 金スポット
WTI原油先物 原油
コーン先物 コーン
株式CFD 日本株式 ソフトバンクグループ
外国株式 Amazon
レノボ・グループ
バラエティCFD ハイレバレッジ型ETF/ETN
REIT型ETF
原油ベア2倍ETF
新興国ブル3倍ETF
グローバル不動産ETF
債券先物CFD 国内外国債 各国国債

株価指数CFD――国内で最も一般的なCFD、株価指数連動型ETF CFDも

株価指数CFDは株価指数先物を中心に、各国を代表するさまざまな株価指数を原資産とするCFDである。株価指数連動型ETFも株価指数CFDの一種だ。各国の主要な株価指数に連動するように設計されたETFを原資産とするCFDも多い。分散効果がある株価指数を投資対象にしているため、1つだけ保有してもリスク分散ができ、主要な株価指数を原資産とするため情報を入手しやすいのが特徴だ。

国内では、東京金融取引所に上場している取引所CFDの「くりっく株365」(日経225、NYダウ、DAX、FTSE100)が有名である。

国内でCFDを取り扱う証券会社なら、多くの場合株価指数CFDを取引することができる。

商品CFD――株価下落時やインフレ時のリスクヘッジに適している

商品CFDは、エネルギー(原油、天然ガスなど)、貴金属(金、銀、プラチナなど)、穀物(大豆、トウモロコシ、小麦など)といった商品を原資産としたCFDだ。実際の投資対象は、商品取引所に上場する商品の価格である。

例えば、原油の場合はWTI原油先物価格、金の場合はロコ・ロンドン・スポット市場の金スポット価格などがある。

商品価格は株式相場と関連性が低いため、商品CFDもリスク分散のための運用先として適している。とりわけ、実物資産の代表である金を原資産とした金スポットCFDは、インフレや株価下落の際のリスクヘッジとして好まれる。

原資産は現地通貨で取引されているが、CFDであれば円建てで取引することができるのも特徴だ。

株式CFD――レバレッジをきかせた取引や配当分の受け取りができる

株式CFDは、証券会社によって取り扱う国や銘柄は異なるが、日本の株式市場に上場する個別銘柄だけでなく、米国や中国、欧州などの市場に上場する個別銘柄を原資産とするCFDだ。上場株式なので、価格が公表されていてわかりやすい。

株式の現物取引と違って、レバレッジがきく証拠金取引なので、少ない資金でも大きな金額の取引ができる。

投資対象が株式なので、その株に配当が支払われる際は、CFDでは「権利調整額」として配当分を受け取ることができる。

バラエティCFD――ハイレバレッジ型ETFやREIT型ETFを原資産とする CFDも

短期投資でのキャピタルゲインを目的に、ハイレバレッジ型ETFを原資産とするCFDを取引することもできる。ハイレバレッジ型ETFは、株価指数の値動きの2倍あるいは3倍といった投資成果を目指して運用されるETFだ。ハイレバレッジ型ETF CFDへの投資では、一般的な株価指数連動型ETFよりも利益や損失が大きくなる。

REIT型ETFを投資対象とするCFDもある。REITはもともと分配金利回りが高い商品なので、REIT型ETF CFDでも高めの権利調整額を期待できる。つまり、インカムゲインを目的とした投資にも適しているのだ。

債券CFD――原資産は国内外の主要国の国債

米国債、英国債、ドイツ債、フランス債といった主要国の国債は国が発行元であることから、他の資産と比較すると安全性が高い。各国の国債を原資産とするCFDが債券CFDである。

金利下落時には債券価格が上昇する逆相関関係を利用した、リスクヘッジ手段としても利用できる。レバレッジをきかせられるので、現物の国債と違って短期投資でキャピタルゲインも狙える。ただし、国内で国債のみを原資産とする債券CFDを扱う証券会社はIG証券だけであり(実際の投資対象は国債先物)、流通量は少ない。

サクソバンク証券やインヴァスト証券では、国債単体ではなく、米国債も組み込んだ債券ETFを原資産とするCFDを提供している。(※インヴァスト証券が扱う債券ETFは自動売買のみ)

6,CFD取引4つのメリット

ここからは、混同しやすい現物取引やETF、先物取引などと比較しながら、CFDを選ぶ主なメリットを5つ挙げてみたい。

メリット1,世界中のさまざまな資産が投資対象なのでリスク分散ができる

FXの投資対象が外国為替だけであるのに対して、CFDの投資対象は幅広い。上場株式や株価指数、ETF、原油、天然ガス、大豆、金など、バラエティに富む。資産の種類が多いので、原資産の異なる複数のCFDでポートフォリオを組めば、リスク分散も容易だ。

メリット2,差金決済&レバレッジ効果で資金を効率的に運用できる

CFDは差金決済取引なので、実際に受け渡しされるのは差額分だけだ。また、レバレッジをきかせて取引ができる金融商品なので、少額の証拠金を差し入れるだけで、その数倍の金額の取引ができる。拘束される資金が少なく、浮いた資金を他の投資に回すことができるので、効率良く資産運用ができる。

メリット3,さまざまなコストを抑えられる

CFDは手数料が無料あるいは低く抑えられており、その他の費用も限定的な低コストの金融商品である。

株価指数連動型ETFの現物を取引する場合、株式取引と同様に売買手数料がかかり、保有期間中は毎年信託報酬を支払うことになる。

これに対して、株価指数CFDや株価指数連動型ETF CFDでは信託報酬が発生しない。さらに、GMOクリック証券やサクソバンク証券のように、株価指数CFDや株価指数連動型ETF CFD の取引手数料を無料に設定している証券会社もある。 

信用取引の空売りでは、想定外のコストとして逆日歩が発生することがある。CFDは株の受け渡しがない差金決済取引なので、売りでも逆日歩は発生しない。
※逆日歩とは、証券金融会社から投資家に貸し出す株が不足したときに、機関投資家などから株を借り受ける調達費用、つまり品貸料のこと。

メリット4,限月がなく取引単位も小さいので、先物取引より扱いやすい

指数先物や商品先物には限月(取引できる期限)があり、未決済の建玉は取引最終日を迎えると、投資家にとって不利なレートであっても自動的に決済されてしまう。一方、指数先物や商品先物を原資産とするCFDには限月がないので、相場が良い時を見計らって自分の裁量で決済できる。

CFDは、先物に比べて少ない資金で取引できるのもメリットだ。

例えば、GMOクリック証券で日経平均先物のラージを新規注文する場合、取引単位は「日経平均先物価格×1,000倍」だ。日経平均先物価格が2万3,000円であれば、約定代金は2,300万円。証拠金は約定代金の3%なので69万円だ。ミニの取引単位は価格の100倍なので230万円、証拠金は6万9,000円である。

同じGMOクリック証券の日経225CFDは、取引単位が「日経225CFD価格×10倍」なので、日経225CFD価格が2万3,000円であれば、約定代金は23万円。レバレッジは10倍なので、証拠金は2万3,000円で済む。

個人投資家にとっては、原資産が同じでも限月がなく、少額で取引できるCFDのほうが、先物取引より扱いやすいと言えるだろう。

メリット5,売りから入ることができる

CFDは現物の受け渡しが伴わないので、信用取引や先物・オプション、FXと同様に「売り」から取引を始めることができる。

特にCFDが有効なのは、米国株式だ。国内の主要ネット証券では、米国株式の信用取引ができないため、下落局面においては何も打つ手がない。米国株式CFDであれば、新規売り注文を出して、価格が十分下がった時点で買い戻せば、利益を得られる。

下落局面でも収益を上げたい人にとって、CFDは非常に役に立つはずだ。

7,CFD取引の3つのデメリット・注意点

実際にCFD取引を実際に始める際は、商品特性を理解した上で、以下の3つのデメリット・注意点を押さえておきたい。

デメリット・注意点1,ロスカットの危険性がある

レバレッジ取引に慣れていない場合は、とにかくレバレッジ倍率を抑えて取引することが肝要だ。あるいは、預け入れる証拠金に十分な余裕がほしい。レバレッジ倍率が高いと、CFD価格が少し下がっただけで、投資家の意向にかかわらずロスカットが執行されてしまい、即刻資金を失ってしまう。

中上級者であれば、価格暴落後に反発することを見越して、必要証拠金に加えて十分な任意証拠金を差し入れて、実質的なレバレッジ倍率を下げてやり過ごすこともできるだろう。

しかしレバレッジ取引に不慣れならば、レバレッジ倍率を低く設定するだけでなく、あらかじめ自分なりの損切りルールを決めて、自動的に決済されるように条件付注文を入れておくべきだ。そのほうが、心理的負担も損失額も少なくて済む。

デメリット・注意点2,取引手数料はどの銘柄でも無料というわけではない

CFDの取引手数料は、証券会社や銘柄によって異なる。有料の場合でも、証券会社によって手数料額が変わる。

取引手数料を節約したいなら、投資したい原資産を決めたあと、その原資産のCFDを扱っている証券会社を洗い出して、取引手数料の有無や金額を比較することをおすすめする。

デメリット・注意点3,CFDを取り扱う証券会社が限られる

くりっく株365の愛称で知られる東京金融取引所に上場している取引所CFDは、SBI証券やauカブコム証券、岡三オンライン証券などのネット証券でも取り扱っており、取引しやすい。しかし、くりっく株365で扱う日経225、NYダウ、DAX、FTSE100といった株価指数CFD以外の株価指数CFDや商品CFD、ETF CFD、株式CFD、バラエティCFDは、国内最大手のネット証券であるSBI証券でも扱っていない。

国内の主要ネット証券の中で、くりっく株365以外のCFDを取り扱っているのはGMOクリック証券とDMM CFDだけだ。店頭CFDを取引できるのは、外資系大手のサクソバンク証券とIG証券、自動売買に特化したインヴァスト証券、金と銀CFDを厳選して取り扱っているマネーパートナーズである。

店頭CFDに関しては、国内でのCFDのシェアや実績、安心感を第一に考える場合は、GMOクリック証券の一択になるだろう。

8,CFD取引にかかる手数料やコストは?代表的なコストを紹介

CFDは、証券会社によって手数料の有無や金額が異なる。CFDを取引する証券会社を選ぶ前に、CFD取引にかかる手数料や、状況によって追加で発生する手数料を確認しておきたい。

コスト1,取引手数料――証券会社の収入になる手数料  

取引手数料は、CFD取引そのものにかかる手数料だ。取引を仲介する証券会社に対して、売りと買いの約定代金に一定の料率を掛けて算出した金額を支払う

国内CFD取引でトップシェアを誇るGMOクリック証券では、店頭CFD全銘柄の取引手数料が無料だ。DMM CFDも取扱銘柄数が少ないながら、店頭CFDの取引手数料は無料である。サクソバンク証券とIG証券では、株式CFDを除いたその他のCFDの取引手数料が無料だ。

主要ネット証券が取り扱っている取引所CFDのくりっく株365については、証券会社ごとに取引手数料が定められている。

コスト2,スプレッド――証券会社の収入となる、買値と売値の差

CFDにおけるスプレッドとは、買値と売値の差額のことだ。銘柄ごとに証券会社が設定しており、投資家から証券会社に支払われる。国内で取引されている店頭CFDは、一部を除いて取引手数料が無料なので、実質的なコストはスプレッドだけになる。

コスト3,オーバーナイト金利――買いポジションで支払うべき金利調整額

FXでは、ポジションを翌営業日に持ち越した場合、2国間の金利調整分として1日ごとに受取スワップと支払スワップが発生する。同様に、CFDのポジションを翌営業日に持ち越すと、ポジションに係る2国間の金利を調整するための金利調整額が毎日発生する。金利調整額は「オーバーナイト金利」とも呼ばれる。

CFDの金利調整額は、売りポジションの場合は受取り、買いポジションの場合は支払いになる。買いポジションの場合だけ支払いの必要があるため、コストとして忘れやすい。

買いポジションの場合、コストを抑えるためにその日のうちに手仕舞うか、あらかじめオーバーナイト金利を加味したリターンを想定しておくべきだ。

コスト4,権利調整額――原資産に配当などが出た場合、売り建てでは支払いが発生する

権利調整額とは、原資産である株式に配当金が支払われた場合や、株式分割などが実施された場合に、同様の権利をCFDのポジション保有者に付与するために発生する配当金・分配金相当額のこと。買いポジションの場合は権利調整額を受け取ることができるが、売りポジションの場合は権利調整額を支払うことになり、追加コストが発生することになる。

コスト5,価格調整額――原資産の限月の乗換時に発生する評価損益調整額

CFDには限月がないが、先物のように原資産に限月がある場合、CFDを継続するために期近の先物から期先の先物に乗り換える必要がある。原資産である期近と期先の先物価格を調整するために、CFD保有者が受け取る(あるいは支払う)のが価格調整額である。

含み益を相殺するために価格調整額を支払う場合と、含み損を補うために受け取る場合がある。売りポジションと買いポジションでは、支払いが必要になるパターンが逆になるので注意したい。

コスト6,両替コスト――外貨建てCFDの円換算で発生する目に見えない為替手数料

外貨建てのCFDでは、必要証拠金額や日々の建玉評価額、金利調整額、権利調整額、損益などを算出する際に、所定の外貨換算レート(コンバージョンレート)が適用される。このレートには、あらかじめ一定料率の両替コストが加味されている。

両替コストは投資家が直接証券会社に支払う手数料ではなく、為替手数料のようにレートに含まれている見えないコストである。

9,CFD投資の方針を決めてから、自分にあった証券会社を選ぼう

取引所CFDを取り扱うネット証券は多いが、店頭CFDを扱っている証券会社は数が限られる。しかし、店頭CFD取扱会社は数が少ないながら、提供するサービスは特徴的だ。

低コストで取引ツールやアプリが秀逸なGMOクリック証券、CFD取扱銘柄数が圧倒的に多いIG証券、人気銘柄だけを厳選してシンプルにサービスを提供するDMM CFD、ETF CFDの自動売買に特化しているインヴァスト証券など。

どのようなCFD投資をしたいか、方針をしっかりと決めて証券会社を選ぶことが投資を成功させる第一歩となる。

 

実際にCFD投資を始めてみる

豊富な銘柄数と高機能なツールが強み
GMOクリック証券の詳細はこちら

最短1時間で取引開始
DMM.com証券の詳細はこちら

近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
 
この筆者の記事を見る
 

【関連記事】
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
日本の証券会社ランキングTOP10 売上高1位は?
ネット証券会社比較 手数料の安い4社
楽天証券のメリットとデメリット SBI証券と比較
ネット証券会社のシェアランキング1位はSBI証券