つみたてNISA(積立NISA)は資産形成の王道と言われる長期・積立・分散投資を実践できる非課税投資制度だ。お得に積立投資ができるため、多忙なビジネスパーソンにも適した投資法である。これからつみたてNISAを始める人向けに、おすすめの証券会社や選ぶときの比較ポイントなど、つみたてNISAの基本を解説しよう。

目次

  1. 1.つみたてNISA(積立NISA)の口座開設におすすめの証券会社ランキングTOP10
  2. 2.つみたてNISA(積立NISA)口座を選ぶときの4つの比較ポイント
  3. 3.つみたてNISA(積立NISA)人気銘柄ランキングTOP10
  4. 4.つみたてNISA(積立NISA)で初心者におすすめの投資信託5選
  5. 5.つみたてNISA(積立NISA)の資産配分をリスク許容度別に紹介
  6. 6.つみたてNISA(積立NISA)とNISA(一般NISA)の違いを分かりやすく解説
  7. 7.つみたてNISA(積立NISA)とは?初心者が知っておきたいメリットとデメリット
  8. 8.つみたてNISA(積立NISA)でよくあるQ&A
  9. つみたてNISAを始めたい人におすすめの証券会社はこちら

1.つみたてNISA(積立NISA)の口座開設におすすめの証券会社ランキングTOP10

1.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=kt-studio/stock.adobe.com)

つみたてNISAは、通常なら売却益や分配金にかかる約20%の税金がゼロになるお得な制度であるため1人1口座しか開設できない。

つみたてNISA口座を選ぶポイント
  • 商品ラインアップが充実している
  • 引落方法が豊富
  • 柔軟な積立金額を設定できる
  • ポイント還元でお得に投資できる
國村 功志

つみたてNISAの取り扱い商品やサービスは金融機関ごとに異なります。商品ラインアップの多いネット証券がおすすめですが、それ以外の特徴も比較して選びましょう。

つみたてNISA口座を開設するのにおすすめの証券会社を紹介していこう。

つみたてNISAの
おすすめ証券会社ランキング
証券会社名 銘柄数 最低
積立金額
積立
設定単位
引き落とし
方法
ポイント
還元
積立
頻度
ボーナス
設定
使い切り
設定
おすすめポイント
1 SBI証券

175 100円 1円 証券口座
銀行引落
自社銀行振替
クレジットカード
Tポイント
毎日
毎週
毎月
口座数主要ネット証券No.1
柔軟な積立設定
積立アプリでラクラク管理
2 楽天証券 177 100円 1円 証券口座
銀行引落
自社銀行振替
クレジットカード
楽天
ポイント
毎日
毎月

×

楽天カード積立のポイント還元が高い
日経新聞の記事閲覧
3 松井証券 170 100円 1円 証券口座
銀行引落
松井証券
ポイント

毎月

×

×

サポート体制に強み
投信毎月現金還元サービス
4 マネックス証券

151 100円 1円 証券口座
銀行引落
マネックス
ポイント
毎日
毎月
「MONEX VISION」で資産管理
豊富な投資情報
5 auカブコム証券 157 100円 1円 証券口座
銀行引落
Ponta
ポイント
毎月
× 「NISA割®」で手数料割引
Pontaポイントが貯まる
6 野村證券 7 1,000円 1,000円 証券口座
銀行引落
× 毎月
× 信託報酬0円の投信あり
高品質なコールセンター
7 SMBC
日興証券
157 1,000円 1,000円 証券口座
銀行引落
dポイント
毎月
× 大手証券で豊富な商品数
dポイントが貯まる
8 大和証券 22 100円 1円 証券口座
自社銀行振替
× 毎日
毎週
毎月
隔月
3ヵ月毎
4ヵ月毎
6ヵ月毎
× ETFに積立できる
積立頻度の種類が豊富
9 みずほ
証券
3 1,000円 1,000円 証券口座
銀行引落
× 毎月
× シンプルな商品ラインアップ
安心のメガバンクグループ
10 SBIネオ
トレード
証券
1 100円 1円 証券口座 × 毎月
× 毎月の購入額と購入日を設定可能
SBI証券楽天証券松井証券マネックス証券auカブコム証券野村證券SMBC日興証券大和証券みずほ証券SBIネオトレード証券の公式ホームページをもとに筆者作成、2021年7月2日時点

1位……SBI証券——投資初心者から経験者まで利用しやすい

2.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=※SBI証券より引用)
SBI証券のつみたてNISAのメリット
  • 投資信託の取扱本数が業界最多水準
  • 積立頻度が3種類から選べる
  • スマホアプリが便利

SBI証券 の特徴は、選択肢の豊富さとオンラインサポートが充実していることにある。投資信託の取扱本数が業界最多であるだけでなく、積立頻度も「毎日・毎週・毎月」の中から選べる。細かい時間分散にこだわりのある経験者向けの設定だろう。

積立頻度が3種類から選べるのは、ネット証券ではSBI証券のみです。他社は「毎月」のみか「毎月・毎日」の積立頻度を提供しています。

スマートフォンアプリの「かんたん積立アプリ」では、損益や残高状況が簡単に確認できるほか、自分に合ったポートフォリオや具体的な商品まで提案してくれる機能もある。

國村 功志

投資初心者から経験者まで利用しやすい環境を整えているのがSBI証券と言えるでしょう。

SBI証券のつみたてNISAのデメリット
  • クレジットカード積立は口座開設方法で獲得ポイントが変わる

SBI証券では三井住友カードで積立できるが、保有残高に対して還元される投信マイレージは、三井住友カード経由で口座開設した場合は「Vポイント」、直接口座開設などそれ以外の場合は「Tポイント」が貯まる。口座開設方法で投信マイレージの獲得ポイントが変わり、わかりづらい面はある。

SBI証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • どの証券会社で始めるべきかわからない人
  • たくさんの選択肢がほしい人
  • Tポイントを貯めたい人

SBI証券は商品数も積立方法も選択肢が多く、始めた後に変更したいことがあっても対応しやすい。専用アプリで積立を管理できわかりやすいこともあり、どこで始めるべきかわからない人は検討しよう。

SBI証券の9月のキャンペーン情報
SBI証券では現在、「SBI・Vシリーズ」の対象2ファンドの積立で最大1万円の現金が当たるキャンペーンを行っている(※SBI証券のホームページより)。
國村 功志

SBI証券は業界No.1へのこだわりが強いネット証券です。商品でもサービスでも選択肢が多いため、初心者から経験者まで顧客層を選びません。

SBI証券のつみたてNISA
取扱商品数 175本
インデックス型 アクティブ型
153本 22本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎日・毎週・毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
・住信SBIネット銀行から自動充当
・三井住友カードのクレジットカード決済
ポイント還元 Tポイント
投資信託の月間平均保有残高に
応じて付与
<通常銘柄>
・0.1%(大口は0.2%)

<指定銘柄>
・0.01%~0.05%
その他 「かんたん積立アプリ」で
ラクラク資産管理
SBI証券の詳細はこちら
(※SBI証券のホームページより筆者作成)

SBI証券でつみたてNISAを利用しているユーザーに評判を聞いたところ、取扱商品数の多さや専用アプリの使いやすさをメリットとして挙げる人が多かった。一方で、ポイント付与率が銘柄によって開きがあることや、購入資金を銀行から引き落とす際の不便さが改善希望点として挙がっていた。

R.Oさん|30代男性
会社員・エンジニア

SBI証券のつみたてNISAは取扱銘柄数が豊富です。また、つみたてNISA専用の取引画面が用意されており、複数銘柄の積立設定が一括でできたり、投資可能枠の利用率が一目でわかったりと非常に使いやすいです。SBI証券では投資信託を保有しているだけでTポイントが貯まるのですが、ポイント付与率は銘柄によって開きがあり、0.01~0.1%です。Tポイント還元は大きなメリットの一つなので、すべての銘柄の付与率を0.1%にしてほしいです。

T.Rさん|30代男性
会社員・営業事務

つみたてNISA用の投資信託が非常に多く、リスクとリターンを考えながら最適なポートフォリオを構築できます。毎週積み立てられ、価格変動が大きなファンドもリスクを抑えながら運用できます。ただログイン後の設定画面が複雑なので、慣れないとやや利用しづらいです。口座を開設するときは入力する項目が多いため、面倒に感じました。購入資金を銀行から引き落とす場合は、スケジュールをもっと自由に選べるようにしてほしいです。

K.Kさん|30代男性
会社員・営業

SBI証券のつみたてNISAは、ポートフォリオの組み立てがしやすく、初心者向けの商品が多いと思います。時間をかけて「20年後のお楽しみ」という感じで気長に投資できます。一方でAIにお任せの機能が使いにくいように思います。基本的な設定をした後は、AIが判断してポートフォリオを変えたり、毎月の積立をしたりしてくれますが、基本的にどんな相場になってもやっていることが同じように感じます。本当に考えてくれているのか疑問です。

S.Hさん|30代男性
会社員・営業

積立コースが毎月・毎週・毎日と豊富なので自分に合った積立設定ができます。つみたてNISA専用アプリがあり、積立管理や保有状況、ファンド情報を簡単に閲覧できるので初心者にはうれしいです。取り扱うファンド数が豊富なのはメリットですが、購入する際にどのファンドか良いか迷ってしまうというデメリットもあります。つみたてNISAに限りませんが投資信託の相談窓口が欲しいです。

H.Mさん|30代男性
会社員・医療関係

専用アプリがとても使いやすいです。銘柄選びや金額の設定も簡単にできました。つみたてNISAだけでなく、積立投資も一括して管理できるのも良い点です。損益額も一目でわかるようになっているので、管理もしやすいです。株アプリやインターネットサイトも使いやすいので、さすがNo.1だと思います。

2位……楽天証券——楽天グループでさまざまな特典がある

3.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(※楽天証券より引用)
楽天証券のつみたてNISAのメリット
  • 投資信託の取扱本数が業界最多
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天グループで特典が受けられる

楽天証券もSBI証券と同じく投資信託の取扱本数が業界最多レベルである。最大の魅力は「楽天ポイント」を貯められることだろう。ポイント以外にも楽天グループのサービスを利用することでさまざまな特典を受けられる。

例えば楽天銀行口座と証券口座を連携すれば、普通預金金利が通常の5倍である0.1%になります(2021年7月時点)。

ほかにも楽天証券口座を開設するだけで、日経新聞や日経MJなどの日経の各種記事が無料閲覧可能になるのも大きな特徴だ。楽天証券を利用するなら、グループ内のサービスも使ってさまざまな恩恵を受けたい。

楽天証券のつみたてNISAのデメリット
  • 楽天カード決済はボーナス設定不可

楽天カード決済の積立はメリットだが、ボーナス設定できない点は注意しよう。つみたてNISAにボーナスも活用するなら、それ以外の決済方法にする必要がある。

楽天証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • たくさんの商品数から選びたい人
  • 楽天グループでお得にサービスを受けたい人
  • 楽天ポイントを貯めたい人

楽天証券はグループ内でのシナジーが高く、サービスをまとめて利用するとメリットがある。商品数は最多であり、1位2位を争う人気のネット証券だ。

楽天証券の9月のキャンペーン情報
楽天証券では現在、楽天銀行口座開設+自動入出金設定で現金1,000円をプレゼントするキャンペーンを開催している(※楽天証券のホームページより)。
國村 功志

楽天証券のつみたてNISAは、楽天カードで積立をすると決済額の1%の還元があるのが魅力です。貯まったポイントで投資もできますよ。

楽天証券のつみたてNISA
取扱商品数 177本
インデックス型 アクティブ型
116本 61本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎日・毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
・楽天銀行から自動充当
・楽天カードクレジット決済
ポイント還元⑴ 楽天ポイント
楽天銀行と連携(ハッピープログラム)
・投資信託残高10万円ごとに毎月4ポイント

楽天カード決済額に応じて付与
・決済額100円につき1ポイント
ポイント還元⑵ 資産形成ポイント
(ハッピープログラムとの重複不可)
投資信託の保有残高に応じて付与
・50~1,000ポイント
その他 ・楽天銀行口座と連携で普通預金金利が0.1%
・日経テレコンの無料利用可(日経新聞等の閲覧)
楽天証券の詳細はこちら
(※楽天証券のホームページより筆者作成、ポイント還元⑴は2021年8月1日より投資信託残高10万円ごとに毎月3〜10ポイントへと変更)

楽天証券でつみたてNISAを利用しているユーザーに評判を聞いたところ、積立投資をすることで楽天ポイントが貯まったり、ポイントを使ったりできることに大きなメリットを感じているようだ。一方で、サイトの情報量が多すぎて見づらく慣れるまでに時間がかかるため、シンプルなデザインにしたり、アプリを展開したりしてほしいという声もあった。

I.Kさん|30代男性
自営業・サービス職

楽天カードと併用すると投信購入時に1%のポイント還元を受けられます。売買するだけで利益が出ているようなものなので大きなメリットといえます。デメリットはポイントが付く楽天カードからの引き落としを設定した場合、積立設定は毎月1日と決まっているのでその時に相場が悪いと損をする可能性があることです。また、サイトのトップページは様々な機能がごちゃごちゃと配置されていて見づらく、慣れるまで少々時間がかかります。

I.Kさん|30代男性
自営業・海事代理士

楽天証券のつみたてNISAでは、楽天スーパーポイントで投資信託を毎月積み立てていくことができます。毎月1,500ポイント以上貯まる楽天スーパーポイントの使い道として投資信託の毎月積立があることは大きなメリットだと思います。使い勝手が良いのでデメリットを感じることはありませんが、期間限定ポイントも毎月積立に使えるように改善してもらいたいです。

I.Kさん|20代女性
会社員・人事

情報量が多く、どうすればいいか、どういう商品があるかがわかりやすく、初心者でも安心して始められます。もともと楽天のアカウントがあるのであれば、楽天銀行とセットでつみたてNISAを始めるとお得です。ただネット証券なので、登録もネットで完結できるようにしてほしかったです。住所変更が郵送でしかできず少し面倒でした。ウェブのデザインは若干古い印象があるので、アプリでシンプルにしてほしいです。それ以外は基本的に満足しています。

M.Tさん|30代男性
会社員・事務職

楽天カードで積立購入ができるのが、最大のメリットです。何もしなくても1%分の楽天ポイントを受け取れます。取扱ファンドも多くYouTubeやブログで勧められているファンドはほぼすべて購入することができます。デメリットは、カード積立だと年間39万9,996円しか購入できず、つみたてNISAの40万円の枠をすべて使い切れないことです。またSBI・バンガード・S&P500など一部の人気ファンドが、現時点(2020年10月9日)では購入できません。

S.Iさん|40代女性
専業主婦

楽天証券は楽天銀行から入金する場合、自動入金を利用すると事前入金手続きが不要なので便利です。「ポイントで投資をしよう」といった案内が来ますが、少し複雑なのでわからず、使いこなせずにいます。もっとシンプルで、わかりやすいサービスをお願いしたいです。

3位……松井証券——サポート体制が第三者機関からも高評価

4.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(※松井証券より引用)
松井証券のつみたてNISAのメリット
  • ネットと電話のサポート体制に強み
  • 一定以上の信託報酬に対し毎月現金還元サービス

松井証券はサポート体制に力を入れている。つみたてNISA専用の電話サポートを用意しているだけでなく、チャットでも気軽に質問できる。忙しい人にとってはうれしいサービスだろう。

また、一定以上の信託報酬に対し現金還元する独自サービスもあり、運用コストの高い投資信託を買いたい人にはメリットが大きい。

第三者機関が評価する証券会社の問合せ窓口の格付けでは、2020年度まで10年連続で三つ星を獲得するほど高い評価も得ています (※松井証券のホームページより)。
松井証券のつみたてNISAのデメリット
  • ボーナス設定不可

松井証券のつみたてNISAはボーナス設定ができない。金額を変えず毎月一定額のみ積み立てたいなら問題ないが、ボーナスも使って投資枠を消費したい場合は気をつけよう。

松井証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • ネット以外でもサポートを受けたい人
  • ボーナス設定を利用しない人
  • 信託報酬の高い投資信託を購入したい人

松井証券は初心者でも始めやすいように、ネットやアプリだけでなくコールセンターにも力を入れている。ネット証券のサポートに不安がある人にとって、安心して取引を続けていける証券会社だ。

國村 功志

信託報酬の現金還元サービスもあるため、運用コストが高めの投資信託に興味のある人も検討してみましょう。

松井証券の9月のキャンペーン情報
松井証券では、新規口座開設+期間中に投資信託の積立を合計6,000円以上すると、最大10万名にもれなく現金1,000円をプレゼントするキャンペーンをしている(※松井証券のホームページより)。
國村 功志

松井証券は時代に合わせて様々なサービスを提供してきた証券会社です。初心者に優しいサービスやサポートがあり、検討する価値はあるでしょう。

松井証券のつみたてNISA
取扱商品数 170本
インデックス型 アクティブ型
159本 11本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
ポイント還元 松井証券ポイント
投資信託の月間平均保有残高に応じて、
以下の金額分を付与。
現金かポイントかを選べる。
(月間平均保有金額)×
{(販売会社が受け取る信託報酬率(税抜))
- 0.3%)}×1/12
その他 ・サポートサービスについて問合せ窓口
格付け10年連続三つ星獲得
・「投信アプリ」で投資提案から
メンテナンスまでサポート
松井証券の詳細はこちら
(※松井証券のホームページより筆者作成)


I.Nさん|30代男性
会社員・サービス業

少額で投資でき、投信工房のロボアドバイザーでつみたてNISAのサポートもしてくれるので初心者でも安心です。用意された質問に答えるとその人に合った株や投資信託を選んでくれるので、どの商品を買えばいいか困っている人におすすめできるサービスです。松井証券のつみたてNISAのデメリットは、ETFを取り扱っていないことです。また、積立頻度が毎月の設定しかなく、細かくドルコスト平均法を使えないのがデメリットです。

M.Tさん|50代男性
会社員・情報通信

松井証券は100年以上の歴史がある老舗で、様々な経営難を乗り越え今に至っていることに安心と信頼があります。最低投資額は月100円からで、少額で投資ができます。取扱銘柄は多いですが、松井証券のつみたてNISAではETFの取り扱いがないため、ETFを購入したい人は注意したほうがよいでしょう。つみたてNISAの積立頻度が毎月だけで、毎週や毎日が選べないのはデメリットだと思います。

R.Sさん|40代男性
会社員・エンジニア

投資初心者はどのような投資信託を選べばよいか迷ってしまうと思いますが、松井証券の投信工房というツールを使えば、簡単な質問に答えるだけでロボアドバイザーが最適な資産の組合せを提案してくれます。しかも無料で利用できるので、銘柄選びに困っている人におすすめです。他の証券会社ではポイント還元や、現物株取引の手数料割引などのメリットがありますが、松井証券にはこの手の還元制度がないのでお願いしたいです

<

B.Kさん|40代男性
会社員・建築士

松井証券は歴史ある証券会社です。つみたてNISAは100円から投資できるので、投資初心者にはうれしいです。デメリットは、積立頻度が「毎月」しか選べないことです。他社には「毎週」や「毎日」を選べるところがあるので、自由度はイマイチといったところでしょうか。取扱商品が少ないことも否めません。もっと選択肢があると、面白いと思います。

4位……マネックス証券——資産管理ツールが充実

5.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(※マネックス証券より引用)
マネックス証券の
つみたてNISAのメリット
  • 優れた資産管理ツール「MONEX VISION」
  • 投資情報が豊富

マネックス証券 は投資初心者から上級者までが利用できる多数の投資ツールを提供している。

中でも「MONEX VISION」は長期の資産運用をサポートしてくれるツールだ。長期資産運用のための専属ホームドクターのようなものだといっていい。

「MONEX VISION」はポートフォリオの提案だけでなく保有資産の細かい分析や診断を行ってくれます。目標に合わせたアドバイスも確認できて便利です。

保有資産をまとめて管理・運用したい人は、マネックス証券を候補に入れてもいいだろう。

マネックス証券の
つみたてNISAのデメリット
  • ネット証券の中では取扱商品数が少なめ

マネックス証券の商品数は対面型の金融機関と比べれば豊富だが、ネット証券の中では少し見劣りする。人気の商品は大抵そろっているものの、自分の買いたい商品があるかチェックしてから口座開設しよう。

マネックス証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • しっかりした資産管理ツールを利用したい人
  • 積極的に投資の勉強をしたい人

「MONEX VISION」は単なる資産管理ツールではなく、ポートフォリオの分析やリバランスの提案、生涯収支シミュレーションなど様々な機能がある。しっかりした資産管理ツールを利用したい人におすすめのネット証券だ。

マネックス証券の9月のキャンペーン情報
マネックス証券では、キャンペーンにエントリーし簡単なクイズに正解した人の中から抽選で50名に、3,000円相当のAmazonギフト券が当たるキャンペーンを開催している(※マネックス証券のホームページより)。
國村 功志

マネックス証券はオリジナルレポートやSNSなどによる情報発信に積極的です。つみたてNISA以外にも投資に興味がある人は検討してみましょう。

マネックス証券のつみたてNISA
取扱商品数 151本
インデックス型 アクティブ型
131本 20本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎日・毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
ポイント還元 マネックスポイント
投資信託の月末保有残高に応じて付与
・最大0.08%
・除外銘柄あり
その他 「MONEX VISION」で資産設計をサポート
マネックス証券の詳細はこちら
(※マネックス証券のホームページより筆者作成)


マネックス証券でつみたてNISAを運用しているユーザーに評判を聞いたところ、独自のポイント制度や月100円から投資できる点を評価する人が多かった。改善点としては、つみたてNISA専用のコールセンターがないため、サポートを充実してほしいという声が多かった。

T.Yさん|40代男性
薬剤師

マネックス証券のつみたてNISAは、月々100円から積み立てられ、商品ラインアップも豊富です。オリジナルの資産アドバイザーツールを利用すると、理想的なポートフォリオを作ることができます。つみたてNISAの制度上仕方ないのかもしれませんが、アクティブファンドのラインアップが少なく、手を出しづらいのがデメリットです。

O.Bさん|40代男性
会社員・エンジニア

マネックス証券のつみたてNISAで投資信託を購入すると、投資信託を持っているだけでポイントが貯まります。ポイント付与率は0.03%(年率)と高くありませんが、都市銀行の定期預金の利率が0.002%であることを考えると、メリットといえるでしょう。つみたてNISA専用のコールセンターがないため、問い合わせをする場合はネット経由になります。他社ではコールセンターで問い合わせを受け付けているところもあるので、サポート面の充実を期待します。

S.Gさん|30代女性
専業主婦

マネックス証券のつみたてNISAで取引をするとマネックスポイントが貯まり、Amazonギフト券やdポイント、Tポイントと交換することができます。月100円から積み立てられるので、初心者にもおすすめです。デメリットは、つみたてNISA専用のコールセンターがないことです。他社ではNISA口座専用のコールセンターがあり、問い合わせ時の待ち時間が短いようなので、改善してほしいです。

T.Sさん|40代男性
自営業・ライター

2020年9月現在、マネックス証券のつみたてNISAで購入できる商品数は151本です。つみたてNISAの全銘柄は183本なので、そのほとんどを網羅しており、選択肢が多いことがメリットだと思います。改善してほしいのは、つみたてNISAでETFの取り扱いがないことです。また、つみたてNISA専用のコールセンターがないため、問い合わせ窓口をもっと増やしてほしいです。

Y.Tさん|20代男性
会社員・エンジニア

マネックスのカードからでも引き落としができる点が良いと思います。リニューアルにより毎日積立を選択できるようになったので、毎日積み立てたい人におすすめです。デメリットは、つみたてNISAのログインページがわかりにくいことです。いつも探すのに苦労するので、どこからログインできるのかわかりやすくしてほしいと思います。以前は口座からつみたてNISAにお金を移す必要があったため面倒でしたが、改善されたので良かったです。

5位……au カブコム証券——NISA割®️で株式売買手数料が安くなる

6.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(※au カブコム証券より引用)
auカブコム証券の
つみたてNISAのメリット
  • 「NISA割®」で現物株式手数料が割引
  • Pontaポイントが貯まる

普段から株式投資をしている人はau カブコム証券 を検討したい。つみたてNISA口座を開設すると現物株式の売買手数料が最大5%割引される「NISA割®️」を受けられるからだ。

au カブコム証券ではほかにもさまざまな割引制度を用意している。Pontaポイントを貯められるのも特徴だ。

NISA割®️以外にも、50歳以上やauユーザーなどについては現物株式手数料の割引があります。割引の併用も可能で、売買手数料を抑えて取引できます。

積立と合わせて株式投資もお得にしたいならau カブコム証券のつみたてNISAはチェックしておきたい。

auカブコム証券の
つみたてNISAのデメリット
  • つみたてNISAのサービスが弱い

auカブコム証券のつみたてNISAは、ネット証券として最低限のサービスを提供している印象だ。商品数は多いが、割引を利用して現物株式と併用して利用したい場合などに検討しよう。

auカブコム証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • 現物株式の取引もする人
  • Pontaポイントを貯めたい人

つみたてNISA口座の開設で「NISA割®」が利用できるため、現物株式にも投資したい人はチェックしよう。Pontaポイントを貯めている人も検討したい。

auカブコム証券の9月のキャンペーン情報
auカブコム証券では、キャンペーンエントリー、au IDの登録、100万円以上の評価額の投資信託を入庫した人の中から抽選で50名に5万Pontaポイントをプレゼントするキャンペーンを行っている(※auカブコム証券のホームページより)。
國村 功志

auカブコム証券は株式投資に注力していて経験者向けの印象ですが、初心者でも直感的に投資信託選びができる「FUND DRESS」というユニークなサービスもあります。

au カブコム証券のつみたてNISA
取扱商品数 157本
インデックス型 アクティブ型
143本 14本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
ポイント還元 Pontaポイント
投資信託の月間平均保有残高に応じて付与
・保有残高2万4,000円以上から対象
・除外銘柄あり
その他 「NISA割®️」で現物株式の取引手数料最大5%割引
au カブコム証券公式サイト
(※au カブコム証券のホームページより筆者作成)


auカブコム証券でつみたてNISAを運用しているユーザーに評判を聞いたところ、投資信託の保有残高に応じてPontaポイントが貯まるプログラムがあることや、株式投資の取引手数料が最大5%割引になるサービスを評価する人が多かった。一方で積立頻度が毎月しか選べないことや、商品ラインアップの改善を求める声もあった。

B.Sさん|40代男性
会社員・エンジニア

auカブコム証券のつみたてNISAは毎月100円から積み立てられるので、投資資金が少なくても始めることができます。またauカブコム証券でNISA口座を開設すると、株式の取引手数料が最大5%割引になるので、NISA以外に株の取引も行う場合はメリットがあります。ただし株取引をしない人にはメリットがないため、他のポイント還元を充実してほしいです。積立頻度は毎月しか選べないので、もっと選択肢を広げてほしいと思います。

H.Hさん|20代男性
会社員・サービス業

投資する商品がしっかりと厳選されていて、初めて投資をする人に役立つサービスが整っています。注意しなければならないのは、ETFの取り扱いがないことです。その他にも、購入したくてもできない商品があるかもしれないので、口座を開設する前にしっかりリサーチしたほうがよいです。また、積立頻度が毎月しか選べないこともデメリットです。もっと細かく積立をしたい場合は、困ってしまうかもしれません。

M.Mさん|50代男性
会社員・営業

投資信託の保有残高に応じて、毎月Pontaポイントが貯まるプログラムがあるのがうれしいです。携帯を買い替えるときにポイントが使えるので、auユーザーにはメリットがあります。改善してほしい点は、楽天証券、SBI証券と比較すると商品が若干少ないことです。

6位……野村證券——専用投資信託と高品質のサポート体制が強み

野村證券のつみたてNISAのメリット
  • 信託報酬0円の投資信託を取り扱い
  • 高品質のコールセンター
  • 店舗で相談できる

野村證券 のつみたてNISAの商品は7本に厳選されている。

その中でも「野村スリーゼロ先進国株式投信」は、購入手数料、信託報酬(運用管理費用)、信託財産留保額がすべて無料の投資信託だ。2031年からは信託報酬がかかるが、0.10%(税抜)と低水準なのでコストを抑えた投資ができる。

この投資信託はつみたてNISA専用で野村證券のみしか取扱がないため、気になる場合は一度チェックしてみよう。

野村證券は商品だけでなく、サポート体制にも力を入れている。コールセンターは土日にも対応しており、つながりやすさとオペレーター全員が証券の専門資格を保有していることが強みだ。

充実したサポート体制は第三者機関でも評価され、「問合わせ窓口(コールセンター)」と「Webサポート」の2部門で五つ星認証を取得しています。
野村証券のつみたてNISAのデメリット
  • オンラインのサポートが弱い
  • 1,000円単位でしか積立できない

野村證券は高品質なコールセンターや店舗での相談は可能だが、ネット証券のようにアプリなどを使ったサポートはない。主にオンラインでサポートを受けたい場合はネット証券を検討したほうがいいかもしれない。

野村証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • 信託報酬0円の投資信託を買いたい人
  • コールセンターや店舗で相談したい人

信託報酬はどんどん低コスト化しているが、野村證券では信託報酬0円の「野村スリーゼロ先進国株式投信」という投資信託を取り扱っており、ネット証券でも購入できない。コールセンターや店舗でリアルに相談もできるため、興味のある人は検討してみよう。

國村 功志

野村證券は国内最大手の証券会社です。つみたてNISAの商品数をあえて絞ることで、初心者でも迷わず商品選びができるようにしています。

野村證券のつみたてNISA
取扱商品数 7本
インデックス型 アクティブ型
5本 2本
最低積立金額 1,000円
積立頻度 毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
ポイント還元 なし
その他 サポートサービスの格付けとして、
「問合わせ窓口(コールセンター)」と
「Webサポート」2部門で五つ星認証
野村證券の詳細はこちら
(※野村證券のホームページより筆者作成)


7位……SMBC日興証券——ネット証券に匹敵する商品数

SMBC日興証券の
つみたてNISAのメリット
  • ネット証券と同等の商品数
  • dポイントが貯まる
SMBC日興証券のつみたてNISAは、取扱商品数が157本とネット証券にも匹敵するほど多いのが特徴です。

つみたてNISAとは別だが、株式投資をする人なら手数料や取引金額などに応じて「dポイント」が付与される仕組みもある。若年層や初心者の投資を応援するサイト「日興フロッギー+docomo」も運営しているので、株式投資にも興味がある人は口座開設を検討してみよう。

SMBC日興証券は三井住友銀行のグループであるため、定期預金を特別金利で預けられる優遇もある。

SMBC日興証券の
つみたてNISAのデメリット
  • オンラインのサポートが弱い
  • 1,000円単位でしか積立できない

店舗型の証券会社はアプリやロボアドを使ったオンラインのサポートが弱く、SMBC日興証券もその傾向にある。積立金額は1,000円単位のため、毎月3万3,000円が上限金額だ。

SMBC日興証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • 大手証券会社でたくさんの商品から選びたい人
  • dポイントを貯めたい人

SMBC日興証券は投資記事を提供する「とうしんLab.」を運営しており、初心者や若年層の取り込みに注力している。商品数が多く選択肢も広いため、大手証券で安心して取引したい人に向いている。

國村 功志

SMBC日興証券は、初心者向けに個別株の情報発信も積極的です。つみたてNISAの商品ラインアップも多いため、投資全般に興味があれば検討してみましょう。

SMBC日興証券のつみたてNISA
取扱商品数 157本
インデックス型 アクティブ型
146本 11本
最低積立金額 1,000円
積立頻度 毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・指定銀行自動引落
ポイント還元 株式売買や投資記事閲覧でdポイント付与
・国内現物株式の委託手数料200円(税込)につき1ポイント
(ステージに応じ最大5ポイント)
・金額または株数指定取引(キンカブ)500円ごとに1ポイント
・「日興フロッギー+docomo」の対象記事閲覧ごとに3ポイント
その他 提携サービスにより三井住友銀行の定期預金金利を優遇
SMBC日興証券の詳細はこちら
(※SMBC日興証券のホームページより筆者作成)


8位……大和証券——他にはない積立頻度と積立投資の一元管理が可能

大和証券のつみたてNISAのメリット
  • ETFに投資できる
  • 積立頻度の細かい設定が可能
  • 積立投資をまとめて管理できる

大和証券のつみたてNISAは、どんな人でも始めやすいように最低金額を100円からとし、積立頻度は隔月や3ヵ月ごとなど他の証券会社ではできない設定も可能だ。

また、つみたてNISAでETFを運用したい人は大和証券がいい。

つみたてNISA対象のETFは7本しかありませんが、そのすべてを購入できるのは大和証券だけです(2021年7月時点)。

大和証券は、つみたてNISAに限らずさまざまな積立投資に力を入れている。積立投資の管理は「つみたてサービス」で一元的にできるようになっており、通常の投信積立や株式投資、ファンドラップの積立などもまとめて管理できる。つみたてNISA以外の積立投資にも関心があるなら、大和証券を検討してみよう。

大和証券のつみたてNISAのデメリット
  • 他社銀行から自動引落不可

大和証券は他社銀行からの自動引落ができないため、積立投資ではやや使いにくい。自社の大和ネクスト銀行口座を開設すれば自動入出金も可能だが、口座を増やしたくない人にはあまり向かない。

大和証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • ETFに投資したい人
  • 積立頻度にこだわりのある人

大和証券は唯一、つみたてNISAでETFに投資できる。ETFは金額指定ができないため積立投資に向かないが、隔月積立などを設定すれば買い付けしやすくなる。ETFに投資する場合は大和証券が選択肢だ。

國村 功志

一般的にETFは運用コストが安いですが、買付手数料がかかる点は注意しましょう。投資枠を使い切るには金額指定のできる投資信託を組み合わせる必要もあります。

大和証券のつみたてNISA
取扱商品数 22本
インデックス型 アクティブ型
18本(ETF含む) 4本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎日・毎週・毎月・隔月・3ヵ月毎・4ヵ月毎・6ヵ月毎
引落方法 ・証券口座に入金
・大和ネクスト銀行の積立資金専用口座から自動振替
ポイント還元 なし
その他 「つみたてサービス」でさまざまな積立投資を一元管理
(※大和証券のホームページより筆者作成)

9位……みずほ証券——厳選された3本の投資信託を提供

みずほ証券のつみたてNISAのメリット
  • シンプルな商品ラインアップ

みずほ証券のつみたてNISAは、野村證券よりもさらに厳選し3本の投資信託を提供している。商品は絞られているが、いずれも低コストで運用できるインデックス型投資信託だ。

みずほ証券のつみたてNISAで購入できる投資信託は日本株、先進国株と新興国株の投資信託の他、日本・先進国・新興国を対象としたバランスファンドがある。

みずほ銀行の口座があれば、「みずほマイレージクラブ提携サービス」によって株式の売買手数料が割引になるサービスも受けられます。
みずほ証券のつみたてNISAのデメリット
  • 選択肢が少ない

みずほ証券のつみたてNISAは商品が絞られていて選びやすいが、選択肢が少ないと感じる人もいるはずだ。色々な商品の中から選んだり複数の商品を組み合わせたりしたい人にデメリットになる。

みずほ証券のつみたてNISAは
どんな人におすすめ?
  • 低コストインデックスのみに投資する人
  • メガバンク系証券で取引したい人

みずほ証券はアクティブファンドを採用していない。選択肢は少ないが、低コストのインデックスファンドで運用していきたい人は検討しよう。メガバンク系の証券会社のため、安心感もある。

國村 功志

みずほ証券の商品構成は、3タイプのみで非常にわかりやすいです。つみたてNISAはインデックスファンドがメインなのでそもそも商品間の差があまりなく、選びやすさを重視していると言えます。

みずほ証券のつみたてNISA
取扱商品数 3本
インデックス型 アクティブ型
3本 0本
最低積立金額 1,000円
積立頻度 毎月
引落方法 指定銀行自動引落
ポイント還元 なし
その他 「みずほマイレージクラブ提携サービス」の申込みで
株式委託手数料を対面手数料の3%分割引
(※みずほ証券のホームページより筆者作成)


10位……SBIネオトレード証券——ひふみプラスに特化したつみたてNISAを用意

SBIネオトレード証券の
つみたてNISAのメリット
  • 商品が1本のみでわかりやすい
  • 毎月の購入額と購入日を設定可能

SBIネオトレード証券のつみたてNISAで購入できる商品は、「ひふみプラス」に特化している。銘柄選定力や柔軟な運用姿勢が評価されており、これ1本に投資する投資家もいるほどだ。

「ひふみプラス」とは?
主に日本の成長企業を対象に長期的な目線で投資する投資信託。株式が投資対象だが、相場環境によっては現金比率を50%まで引き上げることもあり、守りながら増やす運用に挑戦する方針である。

SBIネオトレード証券ならではのつみたてNISAの特徴として、毎月の購入額と購入日を指定できる。年2回までのボーナス設定でも金額と購入日を自由に設定でき、計画を立てやすい設計になっている。細かい調整ができるため、 自分の都合に合わせてつみたてNISAを続けられる証券会社だ。

SBIネオトレード証券の
つみたてNISAのデメリット
  • 「ひふみプラス」以外は選べない
  • 銀行引き落とし不可

「ひふみプラス」は個人投資家に人気の投資信託だが、それ以外に投資をしたくなっても選択肢がない。

課税口座でも投資信託の取り扱いはほとんどないため、投資信託での運用に興味がある場合は他の証券会社を検討したほうがよい。積立金額の銀行引落ができない点にも注意しよう。

SBIネオトレード証券のつみたてNISAはどんな人におすすめ?
  • 「ひふみプラス」にのみ投資する人
  • 購入日や購入金額を都合に合わせて設定したい人

つみたてNISAは長期でコツコツ投資するための制度であり、商品を「ひふみプラス」に絞っているなら候補になるだろう。独自サービスとして購入日と購入金額の設定もできるため、細かく調整したい人も検討してみよう。

國村 功志

つみたてNISAは「ひふみプラス」にのみ投資する人は選択肢になります。国内現物株の取引手数料が業界最安値水準なので、株式投資家は注目してみるといいでしょう。

SBIネオトレード証券のつみたてNISA
取扱商品数 1本
インデックス型 アクティブ型
0本 1本
最低積立金額 100円
積立頻度 毎月
引落方法 ・証券口座に入金
・銀行引落不可
ポイント還元 なし
その他 毎月の購入日の指定が可能
SBIネオトレード証券の詳細はこちら

2.つみたてNISA(積立NISA)口座を選ぶときの4つの比較ポイント

つみたてNISA口座を開設するときに比較すべき項目を詳しく解説しよう。ポイントは商品ラインアップ、利便性、サービス、ポイント制度の4つだ。

12.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=編集部作成)
森永康平氏
Q.つみたて投資を成功させるためのポイントを教えてください

大きく分けて以下の5つのポイントがあります。

1. つみたて投資はやめてはいけない
2. 相場の変動を気にしない
3. しっかりと分散する
4. 無駄な手数料を払わない
5. レバレッジをかけない

詳細はこちら:コロナの今だからこそ「つみたて投資」!成功する5つのポイント (株式会社ZUU)よりMONEY TIMESが引用

経済アナリスト・森永康平氏
金融教育ベンチャーの株式会社マネネCEO、経済アナリスト。証券会社や運用会社にてアナリスト、ストラテジストとしてリサーチ業務に従事。その後はインドネシア、台湾、マレーシアなどアジア各国にて法人や新規事業を立ち上げ、各社のCEOおよび取締役を歴任。現在は複数のベンチャー企業のCOOやCFOも兼任している。日本証券アナリスト協会検定会員。

著書に『いちばんカンタン つみたて投資の教科書』(あさ出版)、『MMTが日本を救う』(宝島社新書)、父・森永卓郎との共著『親子ゼニ問答』(新書/ KADOKAWA)などがある。

Twitterアカウント:@KoheiMorinaga

つみたてNISA口座を選ぶポイント1……商品ラインアップは選択肢の多さがカギ

つみたてNISAで投資できる商品は以下にある一定の基準をクリアしなければならず、必然的に各社で違いは出にくくなる。対象商品には上場投資信託(ETF)も含まれるが、取り扱う金融機関は少ないため、通常の投資信託の基準を確認してみよう。

投資信託 インデックス アクティブ
投資対象 国内資産のみ 海外資産を含む 国内資産のみ 海外資産を含む
信託報酬(税抜) 0.5%以下 0.75%以下 1%以下 1.5%以下
共通要件 ノーロード(購入手数料なし)
信託期間が無期限または20年以上
毎月分配でないこと
デリバティブ取引による運用をしていないこと
その他 なし 純資産額50億円以上
運用期間5年以上経過
運用中3分の2以上の期間で資金流入超
※出典を基に筆者作成(2021年7月時点)
出典:金融庁『つみたてNISAについて(平成29年6月)』

インデックスとアクティブというのは、投資信託の運用方法の違いを表している。

インデックス

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)といった特定の指標に連動させる運用方法

アクティブ

特定の指数を上回ることを目指す運用方法

インデックスのほうが信託報酬が低いのは、指数と連動させているので、積極的に運用する必要がないからです。
國村 功志

上述した基準に当てはまる投資信託は長期投資に向いていると考えられ、長期の資産形成を後押ししたい金融庁の意図が反映されていると言えます。

なお、投資信託のほかに、ETF(上場投資信託)もつみたてNISAの対象商品であるが、扱っている金融機関が少ないため説明は割愛する。

つみたてNISAの取扱商品数は金融機関によって異なり、選びやすさを重視して数を絞る金融機関と、選択肢の多さを重視して豊富に取りそろえる金融機関に分かれる。

國村 功志

選びやすさを重視して数を絞る金融機関は対面型証券に、選択肢の多さを重視して豊富に取りそろえる金融機関はネット証券に多いです。

代表的なネット証券5社、対面型証券3社、メガバンク3行の取扱本数を比較してみよう(2021年7月時点)。

金融機関 投資信託本数
ネット証券 SBI証券 175本
楽天証券 177本
松井証券 170本
マネックス証券 151本
au カブコム証券 157本
対面型証券 野村證券 7本
大和証券 22本
みずほ証券 3本
メガバンク 三菱UFJ銀行 12本
みずほ銀行 5本
三井住友銀行 3本


取扱商品数に違いはあるものの、どの金融機関でも基準に合致した長期投資に向く商品を採用していることに変わりはない。ただし似た商品でも細かく比較したい部分はある。代表的なポイントは「信託報酬」だ。

信託報酬とは?
信託報酬は投資信託の運用手数料のことで、保有中の残高から差し引かれる。残高が少ないうちは大きな違いは生まれないが、将来的には数万円から数十万円の差になる可能性もあり無視できない手数料だ。
例えば、国内株の投資信託(インデックス)を比べると信託報酬に約3.6倍もの開きがある商品もあります(※SBI証券の「投資信託パワーサーチ」より)。
國村 功志

選びやすさを重視すれば最初から商品を絞ってくれているほうがありがたいですが、運用成果に影響する信託報酬なども比較するなら、選択肢の多いネット証券が有利でしょう。

つみたてNISA口座を選ぶポイント2……引き落とし方法の豊富さは使いやすさに直結する

つみたてNISAはどこの金融機関で口座開設しても同じ制度内容だが、金融機関ごとに使いやすさは異なる。見落とされやすいのは引落方法だ。

対面型金融機関では、積み立てるお金をその金融機関の口座からしか引き落とせないところが多いです。
國村 功志

普段からお金がプールされている金融機関なら問題ないですが、つみたてNISAのためだけに口座開設した場合はお金を移動させなければならず、不便に感じるかもしれません。

その点、ネット証券は他の銀行から自動引落を設定できて利便性が高い。自分で証券口座に入金しなくてもいいため、給与口座は他の銀行という場合でも手間をかけずに積み立てられる。

ネット証券の自動引落とは?
ネット証券の自動引落は、商品買付に必要な資金を手数料無料で指定の銀行口座から毎月自動で引き落とすサービス。

ただし、ネット証券でも引落可能な金融機関は差があるので、自分の利用する金融機関が対応しているかは事前に確認しよう。主な金融機関の引落方法は以下の通りだ。

金融機関 引落方法
自社口座 他社銀行 その他の引落
ネット証券 SBI証券 280行以上 住信SBIネット銀行から振替
三井住友カードのクレジット決済
楽天証券 200行以上 楽天銀行から振替
楽天カード決済
松井証券 100行以上
マネックス証券 全国の銀行
au カブコム証券 7行
対面型証券 野村證券 全国の銀行
大和証券 大和ネクスト銀行から振替
みずほ証券 全国の銀行
メガバンク 三菱UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行


自動引落以外では特定のクレジットカードで積み立てられるネット証券もある。クレジットカード決済なら引落口座に関係なく積み立てられ、クレジットカード自体のポイントが付くメリットもある。

國村 功志

使いやすさとお得さの両方を求めたい人は、クレジットカード決済のできるネット証券を検討してみましょう。

引落方法の豊富さは、金融機関の使いやすさにも直結するポイント だ。給与口座の変更などで日頃利用する銀行が変わっても、引落方法の種類が多いと対応できる。

つみたてNISAは利用期間が長期に及ぶため、利便性にも目を向けて口座を選びたい。

つみたてNISA口座を選ぶポイント3……柔軟な積立金額を設定できる

つみたてNISAで投資できる金額は年間40万円で、月々の上限は約3万3,000円となる。年間40万円を超えない範囲で毎月一定額を積み立てられるが、設定できる金額は金融機関によって異なる。

積立金額の設定範囲が広いのはネット証券だ。主要ネット証券では毎月最低100円から積み立てられ、幅広い世代が利用しやすい。

國村 功志

積立金額が低すぎると資産形成にはならないですが、設定範囲の広さは大きなポイントです。若いうちは3,000円程度の積立しかできなくても年齢を重ねるごとに1万円や2万円と増やしていくこともできるからです。反対に積立が苦しくなったときには、金額を引き下げやすいというメリットもあります。

最低1万円からという金融機関もある中、無理なく続けていくためには少ない積立金額でも柔軟に設定できる金融機関を選ぶのがいいだろう。

金融機関 最低投資金額
ネット証券 SBI証券 100円
楽天証券 100円
松井証券 100円
マネックス証券 100円
au カブコム証券 100円
対面型証券 野村證券 1,000円
大和証券 100円
みずほ証券 1,000円
メガバンク 三菱UFJ銀行 1,000円
みずほ銀行 1,000円
三井住友銀行 1万円

つみたてNISA口座を選ぶポイント4……ポイント還元でお得に投資できる

ポイント還元があるかどうかも見逃せない。還元があると実質的には手数料の割引にもなるからだ。ポイント還元に積極的なのはネット証券だが、還元方法や対象商品はさまざまである。

ポイントは投資信託の購入金額に対して還元されることもあれば、保有残高に対して還元されることもある。商品によっては対象外だったり還元率が異なったりすることもあるため、実際に利用するときには何に対して還元されるのかを確認しよう。

國村 功志

つみたてNISAで重要なのはあくまで商品や手数料ですが、お得に投資できる要素としてポイント還元にも注目しておきましょう。

3.つみたてNISA(積立NISA)人気銘柄ランキングTOP10

13.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=lovelyday12/stock.adobe.com)

2大ネット証券であるSBI証券と楽天証券のつみたてNISAで、どんな銘柄が人気なのかも比較しておこう。

つみたてNISA(積立NISA)の月間積立件数ランキング(7月1日〜7月31日)

つみたてNISAの月間積立件数ランキング

順位SBI証券楽天証券
1位SBI・V・S&P500 インデックス・ファンドeMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
2位SBI・V・全米株式インデックス・ファンドeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
3位eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)楽天・全米株式
インデックス・ファンド
4位eMAXIS Slim米国株式(S&P500)-
5位eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
6位SBI・全世界株式
インデックス・ファンド
楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
7位<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式
インデックスファンド
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
8位eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
eMAXIS Slim
新興国株式インデックス
9位SBI・先進国株式
インデックス・ファンド
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
10位eMAXIS Slim
全世界株式(除く日本)
-
(※SBI証券楽天証券のホームページより筆者作成、楽天証券の4・10位はつみたてNISA対象外銘柄のため非掲出)


つみたてNISAで人気の投資信託は、ランキングで見ると毎月ほとんど変化はない。

米国のS&P500指数や先進国など外国株式のインデックスファンドがランキングの上位を占めており、海外と低コストというポイントが重視されているようです。

國村 功志

外国株式のインデックスファンドがランキング上位なのは、つみたてNISAの対象商品が株式メインということもありますが、長期投資を前提としている点も大きいでしょう。株式は長期で見ればリターンが安定する特性があり、つみたてNISAの制度設計に合った資産だからです。

投資信託にはアクティブファンドもあるが、インデックスファンドと違い商品ごとの特徴が大きく異なる。

分析して高いリターンの得られるアクティブファンドを見つけることも投資の醍醐味だが、本当に良い商品だったかはずっとあとになってみないとわからない。

インデックスファンドは基本的に投資資産のリスクに応じたリターンが得られるため、多くの人から選ばれているのだろう。

國村 功志

インデックスファンドはほとんど違いのない商品も多いですが、同じ投資対象資産でも連動する指数が異なる場合もあるため、どんな指数に連動しているのかはチェックしておきましょう。


4.つみたてNISA(積立NISA)で初心者におすすめの投資信託5選

14.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=編集部作成)

つみたてNISA(積立NISA)の商品選びのポイント

つみたてNISAの商品選びは、まずは次の3つのポイントを押さえたい。

つみたてNISAの商品選びのポイント
  • 信託報酬が低い
  • 初心者はインデックスファンドが無難
  • 純資産総額が50億円以上で増加傾向にある

信託報酬とは運用にかかる手数料のことであり、運用に手間のかからないインデックスファンドは安いものが多い。金融庁によるとインデックス型の平均信託報酬は0.4%のため、安いと言ってもそれ以上は相対的に高い部類に入る。

國村 功志

現在は信託報酬が0.1〜0.2%前後ものも多く、インデックスならそのあたりの水準から選ぶといいでしょう。

インデックスファンドより信託報酬は高いが、高い成績を出せるアクティブファンドもある。だが商品ごとに運用方針が異なり分析が必要なため、初心者はインデックスファンドから選ぶのが無難だ。

つみたてNISAで購入できるアクティブファンドは純資産総額50億円以上が採用基準になっている(※投資信託協会のホームページより)。インデックスファンドの場合も最低限それ以上の純資産総額はほしいところだ。

國村 功志

資産規模は運用の効率性にもつながるため、あまりに純資産総額の少ない投資信託は避け、できれば増加傾向にあるものがよいでしょう。

初心者が選ぶべきつみたてNISAおすすめ銘柄5選

上記の商品選びのポイントをもとに、つみたてNISAのおすすめ投資信託を5本紹介しよう。

銘柄名種類信託報酬純資産総額トータルリターン
(3年・年率)
シャープレシオおすすめポイント
楽天・全米株式インデックス・ファンドインデックス0.162%程度約3,381億円17.58%3.26景気の好調時に強い小型株もカバー
低コストで米国株式市場全体に投資できる
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)インデックス0.0968%以内約5,945億円17.55%3.110.1%を切る低コストで運用できる
米国を代表する500社に分散投資
eMAXIS Slim 全世界株式
(除く日本)
インデックス0.1144%以内約799億円14.13%2.95先進国株と新興国株に1つの商品で分散投資可能
日本株は別で考えたい人におすすめ
eMAXIS Slim
先進国株式インデックス
インデックス0.1023%以内約2,410億円15.18%2.95発売時から人気の高い低コストファンド
低コストで先進国株全体に投資可能
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式
インデックスファンド
インデックス0.1023%程度約3,207億円15.16%2.94長年支持を集める低コストファンド
信託報酬の引き下げ実績が豊富
SBI証券のスクリーニングにてつみたてNISA、インデックスで絞り込み抽出、シャープレシオ順に信託報酬0.2%以下のものを筆者が選定、2021年7月6日時点

シャープレシオとは?

運用効率を表す指標で、リスク(価格変動)の大きさに対してどれだけリターンを得られたかを示す。一般的に1を超える投資信託が優秀とされる。

國村 功志

つみたてNISAではアクティブファンドも選べますが、初心者でもわかりやすく比較もしやすいインデックスファンドから選定したので参考にしてみてください。

楽天・全米株式インデックス・ファンド……景気の好調時に強い小型株もカバー

分類:株式/インデックス
資産クラス:米国株式
信託報酬:0.162%程度
純資産総額:約3,381億円
トータルリターン(3年・年率):17.58%
シャープレシオ:3.26
楽天・全米株式インデックス・ファンド
楽天・全米株式インデックス・ファンドは名前のとおり、米国株式市場の大型株から小型株までほぼ100%をカバーするインデックスファンドだ。米国株で運用する投資信託は多いものの、その多くがS&P500に連動する中では特徴的な商品でもある。小型株は景気の影響を受けやすいため、新型コロナによる景気の落ち込みからの回復過程で、高いリターンに貢献している。
おすすめポイント
  • 景気の好調時に強い小型株もカバー
  • 低コストで米国株式市場全体に投資できる
國村 功志

小型株を含んでいるため価格変動リスクは多少高まりますが、その分、積立投資と相性はよく長期的には高いリターンを期待できます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)……米国を代表する500社に低コストで分散投資

分類:株式/インデックス
  • 資産クラス:米国株式
  • 信託報酬:0.0968%以内
  • 純資産総額:約5,945億円
  • トータルリターン(3年・年率):17.55%
  • シャープレシオ:3.11
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は米国株式で運用する投資信託の中で代表的な商品であり、0.1%を切る低コストでS&P500に投資できる。S&P500に含まれる企業は米国を代表する顔とも言え、過去に何度も暴落局面はあったが、その度に復活してきた。新型コロナからの回復過程でも最高値を更新しており、分散投資しながら安心して長期運用したい人に向いている。
おすすめポイント
  • 0.1%を切る低コストで運用できる
  • 米国を代表する500社に分散投資
國村 功志

S&P500に0.1%以下の信託報酬で投資でき、非常に安いです。さらに純資産総額500億円以上部分は0.09625%、1,000億円以上部分は0.0957%まで引き下げられます。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)……日本以外の世界株にまとめて投資

分類:株式/インデックス
  • 資産クラス:先進国株式、新興国株式
  • 信託報酬:0.1144%以内
  • 純資産総額:約799億円
  • トータルリターン(3年・年率):14.13%
  • シャープレシオ:2.95
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は先進国株と新興国株にまとめて分散投資できる投資信託だ。日本株が除外されているため、外国株のみで世界に分散投資したい人や日本株は他の商品で運用したい人は検討候補になるだろう。投資比率は先進国株が約85%、新興国株が約15%となっており自分で調整はできないが、1つの商品で先進国株も新興国株も押さえられるのはメリットだ。
おすすめポイント
  • 先進国株と新興国株に1つの商品で分散投資可能
  • 日本株は別で考えたい人におすすめ
國村 功志

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は全世界株のファンドですが、先進国株の比率が高いため、投資スタイルに合わせて新興国株の商品を追加で持つといった方法もあります。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス……圧倒的規模の先進国株式インデックス

分類:株式/インデックス
  • 資産クラス:先進国株式
  • 信託報酬:0.1023%以内
  • 純資産総額:約2,410億円
  • トータルリターン(3年・年率):15.18%
  • シャープレシオ:2.95
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは先進国株に分散投資するなら必ず候補に入れたい投資信託だ。発売時期は2017年と最近ながらも2,000億円以上の純資産総額があり、当初から低コストインデックスとして注目されてきた。業界最低水準の運用コストを目指しており、先進国株全体への分散投資で活用したい商品だ。eMAXIS Slimシリーズのため、純資産総額の一定額部分はさらにコストが抑えられる仕組みになっている。
おすすめポイント
  • 発売時から人気の高い低コストファンド
  • 低コストで先進国株全体に投資可能。
國村 功志

先進国株は政治面で安定しており新興国株と比べて価格変動を抑えながら投資できます。運用コストも低いため、長期投資に最適です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド……信託報酬の引き下げ実績が豊富

分類:株式/インデックス
  • 資産クラス:先進国株式
  • 信託報酬:0.1023%以内
  • 純資産総額:約3,207億円
  • トータルリターン(3年・年率):15.16%
  • シャープレシオ:2.94
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは低コストファンドの先駆け的な存在で、長年支持を集める投資信託だ。過去には純資産総額の増加に伴い6回の信託報酬引き下げを実施している(※ニッセイアセットマネジメント株式会社の2020年1月20日発表『News Release』より)。eMAXIS Slimシリーズのように純資産総額の一定額部分が安くなるわけではないが、信託報酬の引き下げ実績が豊富で将来的なさらなる低コスト化も期待できる。投資対象はeMAXIS Slim先進国株式と同じだ。
おすすめポイント
  • 長年支持を集める低コストファンド
  • 信託報酬の引き下げ実績が豊富
國村 功志

eMAXIS Slim先進国株と比べて信託報酬面では若干不利ですが、先進国株インデックスの中では最安水準です。今後も代表的な低コストインデックスとして支持されるでしょう。


5.つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ資産配分を目標利回り別に紹介

ここまでの手順を踏まえ、運用タイプ別の資産配分例を3つ紹介する。つみたてNISAは債券のみで運用する投資信託がないため、資産配分例によってはバランスファンドとの併用も必要になる点は留意しておこう。

積極運用タイプ……目標利回り5%以上

国内株式……10%
先進国株式……40%
新興国株式……20%
先進国債券……20%
新興国債券……10%
※筆者作成
國村 功志

リスクをとってリターンを狙いたいなら、目標利回り5%を目指し、株式の比率を70%と高めに設定して債券比率を30%にすると良いでしょう。

スタンダードタイプ……目標利回り3%以上5%未満

国内株式……10%
先進国株式……30%
新興国株式……10%
先進国債券……30%
新興国債券……20%
※筆者作成
國村 功志

ある程度のリターンはほしいが高いリスクは取りたくないという人は、株式と債券を同じ比率にして運用してみましょう。

安定運用タイプ……目標利回り3%未満

国内株式……5%
先進国株式……15%
新興国株式……10%
先進国債券……50%
新興国債券……20%
※筆者作成
國村 功志

なるべくリスクを取りたくないリスク許容度の低い人は、積極運用タイプの比率とは逆に、株式比率を30%にとどめ、債券比率を70%まであげるのが良いでしょう。

つみたてNISA(積立NISA)では債券主体のポートフォリオは組みにくい

つみたてNISAの対象商品は株式主体の投資信託がほとんどだ。

債券を組み込むバランスファンドでも、その比率が高い投資信託は非常に少ない。

國村 功志

つみたてNISAでは、株式主体のポートフォリオは組みやすいが、債券主体のポートフォリオは組みにくいのです。

債券主体のポートフォリオを組むのであれば、iDeCo(個人型確定拠出年金)や課税口座(特定・一般口座)を併用し、これらで債券への投資を補うのが現実的だと言えるでしょう。

6.つみたてNISA(積立NISA)とNISA(一般NISA)の違いを分かりやすく解説

つみたてNISAと同じく、非課税投資制度のNISAもある。

NISAはつみたてNISAと区別するために一般NISAとも呼ばれ、非課税投資枠や対象商品などが異なる。

國村 功志

つみたてNISAとNISA(一般NISA)はどちらか1つしか利用できないため、どのような投資を行うのかで利用する制度の特徴を紹介しましょう。

そもそもNISAとは?

NISAとは
NISAとは少額から投資を行うための非課税制度のことだ。投資は利益の見込めるものにお金を投じて将来的にリターンを得るが、利益が確定した時には20%程度の一定の税金が課されることになっている。しかしNISAでは非課税で投資を行えるため税金がかからず、資産を効率的に増やせる。NISAにはつみたてNISAとNISA(一般NISA)、ジュニアNISAがあり、つみたてNISAとNISA(一般NISA)はどちらか1つしか運用できない。
つみたてNISANISA(一般NISA)
利用できる人20歳以上
NISAを利用していない人
20歳以上
つみたてNISAを利用していない人
開設できる口座数1人1口座1人1口座
非課税投資枠毎年40万円が上限
(最大800万円)
毎年120万円が上限
(最大600万円)
非課税投資期間最長20年間最長5年間
投資可能な期間2018年〜2037年2014年〜2023年
対象の金融商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託とETF株式・投資信託・ETF・リート等
※金融庁「NISA特設ウェブサイト」より筆者作成

つみたてNISA(積立NISA)とNISA(一般NISA)の非課税投資枠の違い

つみたてNISAと一般NISAは利益が非課税になる点は同じですが、つみたてNISAは毎年40万円、一般NISAは毎年120万円を限度に投資できます。

毎年限度額まで非課税投資枠を利用した場合、つみたてNISAは最大800万円、一般NISAは最大600万円まで投資可能だ。

つみたてNISAと一般NISAで非課税投資枠の限度額は異なるが、その使い方も異なる。

つみたてNISAの場合、投資方法は積立のみで、月々の上限金額が約3万3,000円と限定されています。

國村 功志

一方、一般NISAは積立投資もでき、好きなタイミングで購入もできます。非課税投資枠である年間120万円を超えない範囲なら、一回の投資金額に制限もありません。そのため自由度の高さは、一般NISAのほうが優れています。

つみたてNISA(積立NISA)とNISA(一般NISA)の非課税投資期間の違い

つみたてNISAと一般NISAは少額からの非課税投資を後押しする制度だが、つみたてNISAのほうがより長期的な投資を想定しており、非課税投資期間も長い。

つみたてNISAの非課税投資期間は最長20年間、一般NISAは最長5年間です。

國村 功志

ただし一般NISAはロールオーバーを利用すれば、最長10年間まで非課税投資期間を延ばせます。つみたてNISAではロールオーバーはできず、継続して保有する場合は課税口座への払い出しとなります。

ロールオーバーとは

一般NISAの5年間の非課税投資期間が終了する時に、保有する金融商品を翌年の非課税投資枠に移すこと。

一般NISAの場合は保有する金融商品をロールオーバーすることで、さらに5年間非課税投資期間を延長し、最長10年間まで保有できる。

一般NISAでロールオーバーできるのは購入した最大120万円分の保有商品だが、時価が120万円以上でもすべて移せる。

一般NISAで保有商品を移した後は非課税投資枠をその分利用したことになるため、120万円分ロールオーバーすれば、新たな非課税投資枠では新規購入はできません。

つみたてNISAとNISAの投資可能な期間の違い

・つみたてNISA(積立NISA)の非課税投資期限

つみたてNISAの運用益が非課税になるのは投資を開始した年から20年間であり、現行の制度では、投資可能な最後の年は2037年だ。

しかし税制改正により、つみたてNISAの投資期限が5年間延長されるため、2042年まで投資できるようになる。

2023年までにつみたてNISAを始めれば最長の20年間積み立てられるようになります。

出典:令和元年12月発表の金融庁『令和2年度税制改正について』より

・NISA(一般NISA)の非課税投資期限

一般NISAで非課税投資ができるのは最長5年間、現状では最後に投資できる年は2023年です。

國村 功志

しかし一般NISAも税制改正によって非課税投資期限が2023年から2028年に延長されます。つみたてNISAは期限延長のみですが、一般NISAの場合は期限が延長されることに加えて、制度が2階建てになり最大投資額が610万円になります。

新NISAの1階部分はつみたてNISAと同様の商品が対象で、年間20万円(5年間で最大100万円)の積立制度だ。

5年間の非課税期間終了後は、新NISAからつみたてNISAへの移行も可能である。

新NISAの2階部分は現行の一般NISAと同じ仕組みだが、非課税投資枠は年間102万円(5年間で最大510万円)までとなり、原則1階部分で投資することも求められる。

ただし例外として、投資経験のある人は1階部分を利用せずに、2階部分で上場株式にのみ投資できます。

投資経験のある人なら新NISAの1階部分を利用しないことも可能ですが、NISAの非課税投資枠が少なくなる点は注意しましょう。

出典:令和元年12月発表の金融庁『令和2年度税制改正について』より

つみたてNISAとNISA(一般NISA)の金融商品の違い

・つみたてNISA(積立NISA)で投資できる商品……厳選された199本の投資信託

つみたてNISAの対象商品は金融庁の基準をクリアした商品のみが選ばれ、シンプルで低コストな投資信託とETF(上場投資信託)に限定されている。

つみたてNISA制度全体としては199本が対象だ(※金融庁『つみたてNISAの対象商品』より、2021年6月18日時点)。

日本には約6,000本の投資信託があることを踏まえると、つみたてNISAの対象商品はかなり厳選されていることがわかる。

國村 功志

金融機関ごとにつみたてNISAの取扱商品は異なりますが、金融庁による選定基準があるため同類の商品なら大きな差が生じにくく、初心者でも利用しやすい仕組みになっています。

・NISA(一般NISA)で投資できる商品

一般NISAの対象商品は幅広く、以下のものがある。

・株式投資信託
・国内株
・外国株
・国内ETF
・海外ETF
・ETN(上場投資証券)
・Jリート
・海外リート
・ワラント債

一般NISAでは株式や投資信託などの主要な商品はほとんど投資可能だ。

つみたてNISAのように限られた商品から選ぶ必要もないため、いろいろな商品に関心のある人は一般NISAを検討しよう。

國村 功志

一般NISAは対象商品の制限が少ないですが、取引する金融機関で取り扱いがないと購入できません。NISA口座を開設するなら、株式などを取り扱っていない銀行よりも、投資商品が豊富な証券会社のほうがいいでしょう。

7.つみたてNISA(積立NISA)とは?初心者が知っておきたいメリットとデメリット

つみたてNISAの運用を始める際は、メリットとデメリットもしっかりおさえておきたい。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは
つみたてNISAとは、非課税で長期・積立・分散投資ができる制度だ。非課税投資枠は年間40万円まで、非課税期間が20年間ある。つみたてNISAの運用を開始した年から20年間のうちは売却益や分配金が非課税になり、最大800万円まで投資可能だ。
國村 功志

つみたてNISAの投資方法は積立のみで、一度にまとまった金額を投資できないため、早く始めるほど資産形成効果も大きくなります。 出典:金融庁『つみたてNISAの概要』より

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリット
  • 運用益が非課税
  • 最低100円の少額から始められる
  • 対象商品が厳選されていて選びやすい
  • 積立投資のため買うタイミングを選ぶ必要がない
  • 積立投資でリスクを分散できる

つみたてNISAの最大のメリットは、運用益が非課税になることです。

通常の課税口座の場合、運用益に20.315%の税金がかかるため、100万円の利益を得たとしても手元に残るのは約80万円だ。つみたてNISAの場合は非課税のため100万円がそのまま手元に残り、課税口座との利益の差は約20万円になる(出典:金融広報中央委員会『知るぽると』「4. 株式の売却と税金」より)。

投資は長期運用するほど利益が積み上がりやすくなることからも、20年間の非課税期間のあるつみたてNISAではメリットが大きい(出典:金融庁『つみたてNISA早わかりガイドブック』より)。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリット
  • 1人1口座までしか開設できない
  • 投資可能な商品が限られる
  • 年間40万円を超える積立はできない
  • 損益通算や繰越控除ができない

つみたてNISAで投資可能な商品が限られることは、対象商品が厳選されていることの裏返しでもあるが、もっと幅広い商品から選びたい人には物足りなく感じるだろう。

國村 功志

アクティブファンドなどで積極的に運用したい人は、一般NISAのほうがニーズに合うかもしれません。

つみたてNISAにおける損益は、他の口座の損益と相殺する「損益通算」ができない点もデメリットです。

つみたてNISAの損失は税務上ないものとされ、損失を翌年以降に引き継ぐ「繰越控除」もできないため注意しよう。

國村 功志

長期投資が前提のつみたてNISAで売買することは少ないため、それほどデメリットになることはないはずです。

8.つみたてNISA(積立NISA)でよくあるQ&A

15.つみたてNISA(積立NISA)口座のおすすめランキングTOP10!
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

つみたてNISAでよくある質問とその回答をまとめた。

つみたてNISA(積立NISA)の投資可能額はいくら?
つみたてNISAでは毎年40万円まで非課税で投資できる。
つみたてNISA(積立NISA)の非課税投資期間は?
つみたてNISAの運用益が非課税になるのは投資を開始した年から20年間であり、現行の制度では投資可能な最後の年は2037年だ。

令和2年度税制改正大綱において、2024年につみたてNISAの投資期限を5年延長し、2042年までとすることが盛り込まれています。これにより2023年までにつみたてNISAを始めれば最長の20年間積み立てられるようになります。

つみたてNISAの概要
利用できる人 20歳以上の人(一般NISAと併用不可)
対象商品 公募株式投資信託、上場投資信託(ETF)
非課税対象 対象商品から得られる分配金や売却益
口座開設可能数 1人1口座
非課税投資枠 毎年40万円
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
(※出典より筆者作成)
出典:金融庁『NISA特設ウェブサイト』
つみたてNISA(積立NISA)で購入できる商品は証券会社や銀行、郵便局などで違いがある?
購入できる商品は金融機関ごとに違いがある。株式投資信託はどこの金融機関でも購入できるが、ETFは取り扱いのある証券会社のみで購入できる。取扱商品数にも違いがあるため、確認はしておきたい。
証券会社でNISA口座を開設したい場合は総合口座の開設も必要?銀行の場合は?
証券会社でNISA口座を開設するには、まずは総合口座を開設する必要がある。銀行でNISA口座を開設したい場合は、普通預金口座が必要であったり、投資信託口座を開設する必要があったりするなど、銀行によって条件が異なる。
つみたてNISA(積立NISA)での投資が非課税枠である40万円を超えるとどうなる?
つみたてNISAの買付設定は、基本的に年間投資金額が40万円超になるようには設定できない。仮に超過すれば、金融機関によっては約定エラーになったり、超過分は非課税対象にならなかったりする。分配金の再投資などで40万円を超えた場合は、超過分を課税口座(特定口座や一般口座)で買い付ける。
つみたてNISA(積立NISA)で30万円しか 買付しなかった場合、残りの10万円は翌年に繰り越しできる?
つみたてNISAの非課税枠は、その年に使い切れず余っても翌年に繰り越しはできない。
つみたてNISA(積立NISA)で投資信託を買い換える「スイッチング」はできる?
保有している商品を売却し、その資金でほかの商品を購入する「スイッチング」はできる。ただし非課税枠を消費するため、非課税枠を使い切っている場合は買付できない。
つみたてNISA(積立NISA)で購入した株式投資信託の分配金はすべて非課税になる?
分配金が収益から支払われる「普通分配金」の場合は、非課税になる。一方、投資元本からの払戻金である「特別分配金」に当たる場合は、元々課税対象ではないため非課税メリットも受けられない。
つみたてNISA(積立NISA)で商品を売却した場合、売却したお金でほかの商品を購入できる?
その年に買い付けた合計代金が非課税枠の40万円以内なら、売却資金で他の商品を購入可能である。例えば、10万円購入し20万円で売却した場合、残りの投資可能額は非課税枠40万円からすでに買い付けた10万円を差し引いた30万円が上限になる。
つみたてNISA(積立NISA)の金融機関の変更には手数料がかかる?
金融機関の変更に手数料はかからない。手続きは変更したい年の前年10月1日から変更年の9月30日までに、必要な書類を提出しなければならない。なお、変更する年の1月1日以降に買付をした場合は、変更できるのは翌年になる。
つみたてNISA(積立NISA)の金融機関を変更したら保有している資産はどうなる?
金融機関を変更した場合、変更前のつみたてNISA口座で保有する資産は変更後の金融機関には移せない。ただし、変更後であっても変更前の金融機関で保有する資産は最長20年間、非課税になる。
つみたてNISA(積立NISA)を運用している金融機関で一般NISAに切り替えると保有資産はどうなる?
つみたてNISAから一般NISAに切り替えた場合、つみたてNISAで新たな買付はできなくなるが、保有資産の非課税期間は最長20年間で変わらない。
つみたてNISA(積立NISA)の非課税期間が終了すると保有している資産はどうなる?
非課税期間終了後は、保有資産が課税口座(特定口座や一般口座)に時価で払い出され、その時点で値上がりしているか値下がりしているかで売却時の課税関係が変わる。値上がりの場合は、払い出し時点までの含み益には課税されない。値下がりの場合は、払い出し時点の時価が新たな取得価格となり、その後の上昇分は課税対象になる。

つみたてNISAを始めたい人におすすめの証券会社はこちら

積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

毎月100円から積立可能、通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になる
>>au カブコム証券の口座開設はこちら

つみたてNISAで投資信託を保有するだけでポイントが貯まりさまざまな特典と交換可能
>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

國村功志
執筆・國村功志
甲南大学法学部を卒業。みずほ証券で個人向け投資営業に従事。その後、日本FP協会やファイナンシャルプランナー事務所などを経て独立。
現在は金融機関向けにセミナーや研修を行いながら、資産運用など個人のライフプランをテーマにWebライターとして活動。並行して動画制作事業も行っている。

■保有資格
CFP®
一種証券外務員
甲南大学法学部を卒業。みずほ証券で個人向け投資営業に従事。その後、日本FP協会やファイナンシャルプランナー事務所などを経て独立。
現在は金融機関向けにセミナーや研修を行いながら、資産運用など個人のライフプランをテーマにWebライターとして活動。並行して動画制作事業も行っている。

■保有資格
CFP®
一種証券外務員
 
この筆者の記事を見る

【関連記事】
ネット証券NISA口座ランキングTOP10!
つみたてNISA(積立NISA)の口座ランキングTOP10
初心者向け「つみたてNISA」の始め方を3ステップ解説!
>つみたてNISA(積立NISA)の銘柄で最強な投資信託はどれ?
つみたて(積立)NISAの商品の選び方と失敗しない変更方法
初心者向けネット証券ランキング