(PR)

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始める場合の手数料は?投資信託の選び方やおすすめの商品も紹介!

2019.9.2
FINANCE
(写真=SFIO CRACHO/Shutterstock.com)
(写真=SFIO CRACHO/Shutterstock.com)
iDeCo(イデコ)が老後の資金準備方法として人気だ。このiDeCo(イデコ)をネット証券最大手SBI証券で始める時、手数料などの費用はどのくらいかかるのだろうか?手数料、信託報酬などを紹介し、SBI証券で買えるおすすめの投資信託も解説しよう。

iDeCo(イデコ)にかかる手数料

まずは、iDeCoにかかる手数料について見ていこう。iDeCoを実施しているのは、国民年金基金連合会だ。どの証券会社、金融機関を選んだとしても、国民年金基金連合会が定める手数料はかかる。

国民年金基金連合会が定める手数料は、加入・移換時手数料、加入者手数料、還付手数料の3つだ。加入・移換時手数料は、加入時または移換時に1回のみ支払う手数料で、金額は2,777円。加入者手数料は、掛け金を納付するたびに支払うもので、103円。還付手数料は、国民年金の未納月が判明した時など、その月のiDeCoの掛け金を還付する際に支払うもので、還付金から1,029円が差し引かれる。

上記の3つの手数料に加えて、事務委託先金融機関手数料と運営管理機関に支払う手数料がかかる。事務委託先金融機関手数料は、iDeCoの資産を管理する信託銀行の管理手数料で、どの証券会社や金融機関でもほぼ共通の税込64円だ。

運営管理機関に支払う手数料は証券会社や金融機関ごとに定められているもので、運営管理機関によって異なる。例えば、あなたが選んだ証券会社で、毎月の手数料が500円の場合、国民年金基金連合会に支払う103円と事務委託先金融機関手数料64円を差し引いた333円を証券会社に支払っていることになる。手数料が安いか高いかは、この差額を見て判断しよう。

iDeCo(イデコ)に関わるさまざまな手数料がSBI証券なら無料!

SBI証券では、iDeCoにかかるさまざまな手数料を無料にしている。加入・移換時手数料は、国民年金基金連合会に支払う2,777円のみで、SBI証券への手数料は無料だ。毎月支払う加入者手数料も、国民年金基金連合会に支払う103円と事務委託先金融機関に支払う64円のみで、SBI証券に手数料を支払う必要はない。

その他、運営管理機関変更時やプラン変更時の手数料も無料となっている。
 
  内訳 合計
国民年金基金
連合会
事務委託先
金融機関
SBI証券
加入・移換時 2,777円 0円 0円 2,777円
加入者 引落1回ごとに103円 64円 0円 167円
受取時 0円 1回ごとに432円 0円 432円
プラン変更 0円 0円 0円 0円
他のiDeCoから
SBI証券に移換
0円 0円 0円 0円
SBI証券から他の
iDeCoに移管
0円 0円 4,320円 4,320円
還付 1,029円 432円 648円 2,109円

>>iDeCo手数料が完全無料!SBI証券の口座開設はこちら

iDeCo(イデコ)運用で手数料以上に運用利益に影響する信託報酬

手数料よりも、運用利益に影響を与えるのが信託報酬だ。信託報酬は、投資信託などの金融商品を管理・運用してもらうための手数料として支払う費用だ。別途支払うのではなく、信託財産の中から「純資産総額に対して〇%」という形で、毎日差し引かれる。

例えば信託報酬が1%の投資信託で、現在の自分の時価資産残高が50万円の場合、「50万円×(1%÷365日)」で1日あたり約14円を支払うこととなる。信託報酬が2%の場合、「50万円×(2%÷365日)」で約27円だ。1%と2%で、1年間の手数料の差額は約4,745円になる。

iDeCoには、元本保証型の定期預金や、保険と元本変動型の投資信託がある。特に投資信託では信託報酬が運用利益に影響を与えるため、注意が必要だ。信託報酬は年0.5%から2.0%程度が一般的であり、特定の指数との連動を目指すインデックスファンドより、ファンドマネージャーの腕が問われるアクティブファンドのほうが高い傾向にある。

信託報酬は、投資信託を保有している間毎日差し引かれるものだけに、正しく把握しておくべき重要なコストと言える。

SBI証券はiDeCo(イデコ)の加入プランが2種類ある

SBI証券のiDeCoは加入できるプランが2種類ある。2005年のサービス提供開始からの「オリジナルプラン」と2018年11月に導入された「セレクトプラン」だ。どちらも信託報酬の低い商品がラインナップされているが、セレクトプランのほうがどの傾向が強い。

SBI証券のオリジナルプランとセレクトプランは低コスト商品が豊富

SBI証券のiDeCoは投資信託の数が69本と業界でもかなり多かったが、法改正によりiDeCoの商品ラインナップが35商品に制限されることになり、オリジナルプランの商品数の見直しに加えて、新たにセレクトプランも導入された。商品数はオリジナルプランで35商品、セレクトプランで34商品だ。楽天証券の30商品マネックス証券の25商品に比べても選択肢は多い。

それぞれのプランで商品ラインナップが異なるため、加入手続きをする前に運用したい商品がどちらに多いのか比較するようにしよう。加入後にプランを無料で変更もできるが、1度現金化しなければならない点には注意したい。いずれにしても相対的に信託報酬の低い商品が多いのは評価ポイントだ。

どちらのプランでも信託報酬を抑えた運用が可能

長期投資では信託報酬を抑えた運用が基本だ。信託報酬に絶対的な基準はないが、それぞれのプランから低コスト商品を一部紹介したい。
 
オリジナルプラン セレクトプラン
三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.1296% ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.107892%
以内
野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.1512% eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.107892%
以内
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.1728% eMAXIS Slim 国内債券インデックス 0.1296% 
以内
DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.18252% 
以内
SBI・全世界株式インデックス・ファンド (愛称:雪だるま(全世界株式)) 0.15% 
程度
DCインデックスバランス(株式20) 0.1836% ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.1512% 
以内

これ以外にも信託報酬の安い投資信託は多く取りそろえられており、どちらのプランでも相対的にコストを抑えた運用が可能だ。

>>充実の商品ラインナップ!SBI証券の口座開設はこちら 

iDeCo(イデコ)での投資信託の選び方

SBI証券のiDeCoには長期投資を続けやすい商品が多く取り扱われているが、具体的な選び方を確認していきたい。中でも初心者が最低限知っておくべきポイントをチェックしていこう。

年齢に応じた資産配分を考える

iDeCoの商品選びでまず考える必要があるのは、どんな資産クラスをどのくらいの割合で持つのかという資産配分だ。これを決めることで漠然と商品を選択することがなくなり、選びやすくなる。

資産配分には正解があるわけではないが、一般的に若い人ほどリスク資産を多めに、年配になるほど安定資産を多く組み入れたほうがいいと言われる。自分で比率を考えるのが難しい場合は、「100−年齢=株式の割合」「年齢=債券の割合」という考え方を参考にしてみてもいいだろう。現在40歳なら投資する金額の60%を株式にし、40%を債券から選ぶということだ。

この方法なら年齢に応じた資産配分の見直しもしやすいだろう。資産クラスの種類はいくつかあるが、まずは代表的な国内外の株式と債券でポートフォリオを組み、他の資産も組み入れるか検討するようにしたい。

同じ資産クラスで信託報酬を比較する

資産配分の比率を決めたら、資産クラスごとに信託報酬の安い投資信託を数個ピックアップしよう。投資信託は運用方法によりインデックス型とアクティブ型に分かれるが、信託報酬の安さを重視するならインデックスファンドから選ぶのが基本だ。

信託報酬の水準は資産クラスによっても変わるため、国内の株式同士や先進国の債券同士など、同じ資産クラス内で比較するようにしたい。SBI証券のiDeCoでは取扱商品をクラスごとにスクリーニングできる機能があるので、効率的にファンドを探すことができる。活用するといいだろう。

純資産残高を確認して個別商品を決める

信託報酬が安いことは大切だが、純資産残高をチェックするのも忘れてはいけない。純資産残高はその投資信託の規模を表しており、ある程度の残高があったほうが安定的な運用が見込める。投資情報を提供するモーニングスターによると、純資産残高は30億円以上あることが望ましいとしている。

さらに純資産残高については、残高だけでなく継続的に増加しているかも確認しておきたい。運用結果によっても増減するが、減り続けていれば解約する人が多い可能性もあるからだ。逆に、純資産残高が順調に増えている投資信託は投資家からの評価が高いとも考えられる。

まず信託報酬から最低限絞り込めたら、純資産残高も確認して個別商品を決定しよう。もちろんどんな地域に投資しているかなど基本的な運用方針も知っておく必要はある。

SBI証券のセレクトプランでおすすめの商品5選

上述の選び方をもとに、信託報酬が安く純資産残高も十分なおすすめ商品を5つ取り上げたい。セレクトプランでは低コスト投資信託の代表格であり、業界最低水準の運用コストの方針を掲げる「eMAXIS Slimシリーズ」を紹介する。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 

TOPIXは東京証券取引所第1部の全銘柄を対象にした指数であり、225銘柄に限定する日経平均株価と比べて日本株への分散投資効果を得られやすい。2017年に設定されたため運用実績はまだ乏しいが、純資産残高は100億円近くあり投資家からの評価も高い。信託報酬は0.1512%以内。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

日本を除く主要先進国に低コストで投資しており、運用期間は短いもののすでに500億円もの純資産残高を集めている。為替リスクがあり日本株の投資信託より値動きは大きくなりやすいが、リスクを取りつつ長期的なリターンを期待するなら取り入れたい1本だ。信託報酬は0.107892%以内。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス

セレクトプランにおける国内債券のインデックスファンドはこれ1本のみである。主に低利回りの日本の公社債で運用されているため、業界最低水準の信託報酬というメリットが活かされやすい商品だろう。大きなリターンは期待できないが、資産全体の安定には役立つはずだ。信託報酬は0.1296%以内。

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス

為替リスクを取って債券に投資するなら、この商品を組み入れたい。日本を除く先進国の公社債が投資対象であり、他の海外債券ファンドと比べて信託報酬も純資産残高も勝っている。コストやリスクをある程度抑えつつ多少の利回りが期待できるだろう。信託報酬は0.1512%以内。

eMAXIS Slim バランス8資産均等型

資産配分の組み合わせが面倒な人はバランスファンドを選択してもいいだろう。この商品は新興国を含む国内外の株式や債券、REITの8種類の資産に均等に投資している。株式への投資割合は50%以下とされているが、REITはリスク資産であり株式と同様の分類だと考えると、資産配分の比率は株式60%と債券40%に近いイメージだ。信託報酬は0.1512%以内。

SBI証券のオリジナルプランでおすすめの商品5選

オリジナルプランでのおすすめ商品も5つ紹介したい。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

「eMAXIS Slim 国内株式」と同じくTOPIXと連動する投資成果を目指す投資信託だ。2011年末からの十分な運用実績があり、信託報酬も最低水準に近いため長期の日本株投資に適しているだろう。

DCニッセイ外国株式インデックス 

日本を除く主要先進国の株式に投資されており、他の同様の商品と比べて低コストが魅力だ。実質的な投資対象は、1,200億円以上の巨大な純資産残高がある「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と同じである。信託報酬は0.20412%。

三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 

オリジナルプランでも国内債券で運用するインデックスファンドはこれ1本のみである。この商品のように国内債券で運用する投資信託は、値動きを抑えながら少しずつ増えていくのに加え、ポートフォリオのリスクを調整する働きもある。信託報酬は0.1296%。

野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 

日本を除く主要先進国の公社債で運用されており、純資産残高も順調に増加している。新興国債券の利回りには劣るが、価格変動を抑えて債券投資によるリターンを期待したいなら組み入れたい。信託報酬は0.1512%。

DCインデックスバランス

この商品は国内外の株式と債券の4つの資産で運用する投資信託。株式と債券の割合によって4種類用意されている。それぞれ株式の比率が80%、60%、40%、20%であり、いずれも低コストで運用できる。株式が多いほど値動きと期待リターンは大きくなるため、自分のリスク許容度にあわせて選ぶようにしたい。信託報酬は0.216%。

iDeCo(イデコ)をSBI証券で始めるメリットは多い

SBI証券でiDeCoを運用するのに必要な手数料について紹介した。SBI証券をはじめ、大手ネット証券会社では手数料無料を謳っており、今後は信託報酬の低さや商品ラインナップでの競争となるだろう。SBI証券は手数料が業界最低水準であり、商品のラインナップも充実しているのが魅力だ。iDeCoを始める時は、第一の選択肢として検討するといいだろう。

実際にiDeCo(イデコ)を始めてみる

圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる
>>SBI証券の口座開設はこちら

運用コストを抑えた商品ラインナップと無料のウェブセミナーが充実
 >>楽天証券の口座開設はこちら

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、iDeCo専用アプリが使いやすい
>>カブドットコム証券の口座開設はこちら

簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら

創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい
>>松井証券で投資を始めるにはこちら

お客様満足度94.5%、専用ロボアドバイザーなど充実したサポートが魅力
 >>マネックス証券の口座開設はこちら

文・國村功志(資産形成FP)
 

【関連記事 PR】
40代からiDeCo(イデコ)を始めるのは遅いのか
SBI証券のiDeCo(イデコ)手数料は?
楽天証券でiDeCo(イデコ) 特徴や強みは?
iDeCo(イデコ)を始めるならSBI証券と楽天証券のどっち?
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング

PREV ポイント還元率の高いクレジットカード10枚を比較 選び方、ポイントをより稼ぐ方法も紹介
NEXT いよいよ消費税10% 世界各国に比べればまだまだ安い?

READ MORE...