ダイバーシティと共に語られることの多い「インクルージョン」。属性に関係なくすべての従業員が活躍する企業になるには、インクルージョンな状態にすることが求められます。

今回は、そんなインクルージョンの意味や、ダイバーシティとの違いもわかりやすく解説します。自社でのインクルージョン推進を検討している方は、実際にインクルージョンに取り組んでいる企業の事例を参考にしてみてください。


本記事の内容をざっくり説明



  • インクルージョンとダイバーシティは別の状態を指す

  • 企業がインクルージョンを推進させるメリットとは

  • 大企業ほど「ダイバーシティ&インクルージョン」に積極的に取り組んでいる



インクルージョンとは

「インクルージョン」とは、従業員同士がお互いの多様な個性、思想、価値観などを認め合い、個々の能力や特性を活かした企業活動が行われている状態のことを指す言葉です。

例えば、外国で生まれ育った背景を持つ従業員に対して、日本人を対象とする教育を行うことはインクルージョンではありません。日本の文化や常識を前提とした教育を行うことは、彼らが持つ個性や経験を存分に活かしきれず、本来の力を発揮できなくなる可能性があります。

彼らの個性を認め、意見や価値観を押しつぶすことなく尊重し、それでいてチームや企業としての一体感のある状態。それがインクルージョンなのです。

インクルージョンが重視されている理由

インクルージョンが重視されている理由は、労働人口の属性の多様化です。

今までビジネスの世界で活躍し、重宝されてきたのは主に男性です。ほとんどの企業では男性が戦力として扱われ、女性はサポートの立場を担ってきました。

しかし、皆さんが感じているように近年女性の社会進出は進んでいます。日本は今後ますます少子高齢化が進むため、男性だけでなく女性や高齢者の働き手も増やしていく必要があります。さらには、日本人だけでなく海外から働きにやってきた外国人も労働人口に加わっており、今や彼らの存在は日本のさまざまな産業にとって必要なものとなっています。

そうした労働人口の属性の多様化が進むなかでは、ただダイバーシティとして多様性を受け入れるのではなく、彼らの考え方や経験、意見を取り入れることがイノベーションを生み出し、ひいては企業の成長にも繋がっていきます。

インクルージョンとダイバーシティの違い

インクルージョンとセットで重要とされる言葉に「ダイバーシティ」があります。

インクルージョンが従業員の個性や価値観、考え方を認め、各々の能力や特性を活かした企業活動が行われている状態を指すのに対して、ダイバーシティは個人の多様性を受け入れる体制そのものを指すのが大きな違いです。

まずはダイバーシティにより多様な個人を企業に迎え入れ、次に性別・国籍・年齢・学歴・経歴など、それぞれの個性や特性を活かして業務シナジーに繋げていくのがインクルージョンです。

インクルージョンとダイバーシティは、意味や言葉が指す状態はそれぞれ別物ですが、どちらも重要な概念であるためセットで語られることが多くあります。どちらもこれからより注目を集める概念・言葉のため、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

関連記事:ダイバーシティとは?種類や背景、企業が推進するメリット・施策・ポイントなどの基礎知識を解説