人気ブランドのおしゃれな防水スニーカー5選 ザ・ノース・フェイス、ナイキ、ニューバランス……

2020.1.2
SENSE
(写真=vfhnb12/Shutterstock.com)
(写真=vfhnb12/Shutterstock.com)
雨や多少の雪でも気にせずおしゃれなスニーカーを履きたい。そのような願いをかなえてくれるのが、おなじみの人気ブランドからリリースされている防水仕様のスニーカーだ。中でも落ち着いた大人のデザインが魅力の5モデルを40代向けに紹介する。

雨や雪でも履ける一足こそ40代ビジネスパーソンにおすすめのおしゃれスニーカー

画一的なデザインが多いレインシューズや武骨すぎるアウトドアブーツとは異なり、防水仕様のスニーカーはモデル選びさえ間違えなければ、とにかくおしゃれにキマる。もちろん、普段使いもできるため、解釈次第ではコストパフォーマンスも高いというワケだ。

モデル選びのポイントは、やはりデザインと色。黒などのダークトーンをベースにしながら、過剰な装飾を排したシンプルなルックスがベストだ。どのようなコーディネートにも合わせやすいのは言わずもがなである。

防水仕様のスニーカーは、基本的にアッパーに防水透湿性素材のゴアテックスなどを採用している。通常のスニーカーよりも少しボリュームのあるのが特徴なので、シンプルな黒を選んでもある程度の個性を醸し出すことができる。

40代になじみのあるスポーツメーカーやアウトドアブランドのモデルであれば、防水性だけにとどまらない機能性や快適な履き心地も約束してくれる。

ニューバランスの「ML801G WB」

今日まで続くスニーカーブームの火付け役にして、40代向けの大人顔モデルも数多くそろえるニューバランス。「ML801G WB」は、1998年に登場したトレイルランニングシューズ「801」をベースに、高い防水性や透湿性を備えるゴアテックスアッパーを採用してアップデートさせたニューモデルだ。つま先やかかと部には耐摩耗性に優れた素材を使用。グリップ力のあるラバーアウトソールやニューバランスが開発したクッション性に優れるアブソーブを搭載したミッドソールなど、他の機能性も申し分ない。色違いでオイスターホワイトもある。1万9,800円(税込)

ザ・ノース・フェイスの「ウルトラファストパックIIIBOAGORE-TEX」

ファッションシーンでも高い人気を誇るザ・ノース・フェイスからは、「ウルトラファストパックIIIBOAGORE-TEX」というトレッキングシューズをご紹介。こちらも前述のニューバランスと同じゴアテックスを採用。アッパーの生地にはゴアテックスメンブレンという素材をインサートしているため、見た目は通常の素材とほとんど変わらない。高いグリップ性能を誇るビブラム®メガグリップアウトソールやねじれを抑えるスネークプレートも採用することで、安定した歩行もサポートしてくれる。スピーディーな着脱ができるボアシステムも見逃せないポイントだ。2万5,300円(税込)

ナイキの「AIR FORCE 1 GTX」

名作ぞろいのナイキからは、定番モデルとして長年に渡り高い人気を得ている「AIR FORCE 1」のゴアテックスモデル「AIR FORCE 1 GTX」がおすすめ。エアフォース 1はバスケットボールシューズとして1981年に誕生し、今ではストリートのアイコンとなった名作。そのクラシカルでシンプルなデザインはそのままに、防水テクノロジーを採用することで全天候型へとバージョンアップした1足だ。より個性的なモデルが好みであれば、「AIR FORCE 1 WTR GTX」というハイカットモデルも良いだろう。1万7,600円(税込)

ダナーの「RIDGE RUNNER PLUS」

アウトドアブーツの定番ブランドとしてご存じのダナー。「RIDGE RUNNER PLUS」はアウトドア要素を備えながらも街で履くことを想定して作られた軽量機能シューズだ。こちらは防水性に優れたダナードライというメンブレン素材をライニングに採用。細かな孔構造になっているため、水の侵入を防ぐだけでなく通気性も確保されている。インソールにはクッション性の高いオーソライト、アウトソールには耐久性とバランス力に優れたビブラムフガ&ビブラムメガグリップも採用しているので、長時間歩行でもストレスなく履くことができる。1万3,000円(税別)~

アディダスの「NMD_R1 GTX」

プラダなどのハイブランドとのコラボレーションでも話題を集めるアディダスからは、「NMD_R1 GTX」がエントリー。スタイリッシュで洗練されたデザインは80年代のランニングシューズをモダナイズしている。こちらにも防水性と通気性に富んだゴアテックスライニングが採用されているのが最大の特徴。高反発性のBOOSTクッショニングを採用することで、ソフトで快適な履き心地も実現している。かかと部分に配されたイエローのグラフィックもアクセントとして秀逸だ。2万3,100円(税込)

文・大内康行(ファッションライター)
 

【関連記事】
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
初心者が摂りたい筋トレの効果を高めるサプリ4選
40代が履きたい高級革靴ブランド5選 ジョン ロブ、オールデン、エドワードグリーンetc.
筋トレBIG3とは?忙しい人こそ実践したいトレーニングを紹介
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)

PREV クルマの実燃費ランキングTOP5!ハイブリッド、ディーゼル、ガソリンの各エンジン別で紹介
NEXT なぜロッレクスばかりがこれほど信頼されるのか?新興時計メーカーを最強ブランドに導いた3大発明とは

READ MORE...