夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=MONEY TIMES編集部)

「NISA」と「つみたてNISA」は運用益や譲渡益にかかる税金が非課税となる制度。1人1口座に限り開設できるNISA口座内でどちらか一つを選択しなければならない。併用できないため、夫婦の場合はどう選択すべきなのだろうか(「NISA」を「一般NISA」と表記する)。

この記事で分かること
  • 夫婦で一般NISA・つみたてNISAを始める最大のメリットは非課税枠が2倍になること
  • つみたてNISAで投資したい商品がなければ一般NISAを選択
  • 投資にかける時間がない忙しいビジネスパーソンはつみたてNISAがおすすめ
  • 夫婦でやるなら投資に回せる金額で一般NISAとつみたてNISAを使い分ける
つみたてNISAのおすすめ証券会社
2022年4月時点
1 2 3 4 5
会社名 楽天証券 SBI証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
取扱銘柄数 181本 179本 173本 152本 164本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円
ポイント還元 楽天ポイント Tポイント
Pontaポイント
Vポイント
dポイント
松井証券ポイント マネックスポイント Pontaポイント
クレジット
カード積立
ポイント還元率
楽天カード
1%(※1)
三井住友カード
0.5%(※2)
非対応 マネックスカード
1.1%
au PAYカード
1%(※3)
積立コース 毎月
毎日
毎月
毎週
毎日
毎月 毎月
毎日
毎月
ココがおすすめ ・楽天カード積立のポイント還元が高い
・日経新聞の記事閲覧
・口座数主要ネット証券No.1柔軟な積立設定
・積立アプリでラクラク管理
・サポート体制に強み
・投信毎月現金還元サービス
・マネックスカード積立で1.1%ポイント還元 ・「NISA割®」で手数料割引
・Pontaポイントが貯まる
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
※1.2022年9月より1%または0.2%
※2.三井住友カードの一般カード。一部のカードは1%または2%
※3.2022年3月28日より。対象au回線契約者は最大5%

夫婦で一般NISA・つみたてNISA(積立NISA)をやるメリット

1.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=MONEY TIMES編集部)

原則的に、1人につき、一般NISAは年間120万円×5年間、つみたてNISAなら年間40万円×20年間の非課税枠がある。

制度上、1人分の非課税枠を拡大することはできないが、既婚者であれば、夫婦それぞれが自分名義のNISA口座を保有することで、世帯としての非課税メリットを最大化できる。

非課税枠が2倍になる

夫婦それぞれがNISA口座をもつ最大のメリットは、世帯単位の非課税枠が2倍に増えることだ。

例えば、夫婦で2つのNISA口座をもった場合の非課税枠は、一般NISAなら年間240万円×5年間、つみたてNISAだと年間80万円×20年間になる。

夫婦で資産配分を考えられる

NISA投資といえども、投資である以上、リスクを軽減するために分散投資する必要がある。

1人だと、1年間に投資に充てられる資金が少なく、効果的な分散投資ができないこともある。

それに対して、夫婦2人なら、投資資金も2倍になるので、世帯単位で資産配分を考えて、分散投資ができる。

夫婦それぞれで目的の異なる投資ができる

非課税の恩恵を受けられる運用期間は、一般NISAは5年(ロールオーバーにより最長10年)、つみたてNISAは最長20年だ。非課税運用期間が違うので、必要時期が異なる資金を、夫婦それぞれの口座で運用することができる。

・40歳代前半の夫婦のNISA運用例

夫:一般NISA(ロールオーバーあり)……子供の大学在学に必要な資金を資産形成する
妻:つみたてNISA……老後の余裕資金を資産運用で確保する

この運用例にはポイントが2つある。一般NISAは年間120万円×5年間、元本総額600万円までの大きな資金を最長10年間運用できる点、さらに、つみたてNISAで20年以上先の資金需要に向けて、最大元本800万円の資産をゆっくりコツコツ形成できる点である。

一般NISAは運用資金額が大きいので運用次第で利益幅も大きくなる。

たとえ損失が発生しても、非課税期間は最長10年なので、運用期間中に損失が吸収される、もしくは相場が回復する可能性も高い。

そのため、年2回のボーナスから合計120万円を拠出して、ミドルリスクまたはハイリスクな株式投資にチャレンジしてもよいだろう。

つみたてNISAは運用期間が長いので、できる限り低コストのETFや投資信託を選んで、20年間積立投資を続ける。

運用資金は年金受給までの待機期間の生活資金や、夫婦の老後資金に上乗せして生活にゆとりをもたせることもできる。

一般NISAとつみたてNISAの運用対象商品はどう違う?株式に直接投資したい場合は一般NISA

2.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=MONEY TIMES編集部)

まず一般NISAとつみたてNISAの概要を比較しておこう。

一般NISA つみたてNISA
非課税投資枠(年間) 120万円まで 40万円まで
(積立方式)
非課税運用期間 最長5年
(ロールオーバーで最大10年)
最長20年
投資可能期間 2023年まで 2042年まで
投資対象商品 株、投資信託、ETF、REIT 投資信託、ETF
※金融庁選定の商品から選択
開設できる口座数 1人1口座(開設する金融機関は1年単位で変更可能)
資産の途中引き出し いつでも可能(ただし投資枠は復活しない)
その他 一般口座や特定口座で保有している金融商品と損益通算できない
出典:金融庁『あなたとNISA』

一般NISAでは、投資対象商品を株、投資信託、ETF、REITなどから自由に選択することができる。つみたてNISAでは、手数料が低水準で頻繁に分配金が支払われないが長期・積立・分散投資に適した株式投資信託とETFに限定されている。

つみたてNISAの対象銘柄や取扱本数は、証券会社によって若干の違いがある。2022年3月現在、主要ネット証券の取扱本数は、SBI証券178本、楽天証券180本、マネックス証券152本、松井証券173本、auカブコム証券164本となっている。

つみたてNISAの対象商品の中に魅力を感じる商品がない場合や、株式に直接投資をしたい場合には一般NISAを選択すべきだろう。

<NISA・つみたてNISAに対応>

つみたてNISAのおすすめ証券会社
2022年4月時点
1 2 3 4 5
会社名 楽天証券 SBI証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
取扱銘柄数 181本 179本 173本 152本 164本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円
ポイント還元 楽天ポイント Tポイント
Pontaポイント
Vポイント
dポイント
松井証券ポイント マネックスポイント Pontaポイント
クレジット
カード積立
ポイント還元率
楽天カード
1%(※1)
三井住友カード
0.5%(※2)
非対応 マネックスカード
1.1%
au PAYカード
1%(※3)
積立コース 毎月
毎日
毎月
毎週
毎日
毎月 毎月
毎日
毎月
ココがおすすめ ・楽天カード積立のポイント還元が高い
・日経新聞の記事閲覧
・口座数主要ネット証券No.1柔軟な積立設定
・積立アプリでラクラク管理
・サポート体制に強み
・投信毎月現金還元サービス
・マネックスカード積立で1.1%ポイント還元 ・「NISA割®」で手数料割引
・Pontaポイントが貯まる
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
※1.2022年9月より1%または0.2%
※2.三井住友カードの一般カード。一部のカードは1%または2%
※3.2022年3月28日より。対象au回線契約者は最大5%

忙しいビジネスパーソンは一般NISAではなくつみたてNISA(積立NISA)がいい?

3.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=MONEY TIMES編集部)

つみたてNISAでは、決まったタイミングでの積立方式で購入しなくてはいけない。一般NISAでは、いつでも自分の好きなタイミングで売買することができる。相場を見て柔軟に対応したい場合やボーナスで年に1~2度のみ購入したいような場合には、一般NISAを選択する必要がある。もちろん、一般NISAで毎月購入することも可能だ。

相場を見る時間がない忙しいビジネスパーソンなどには、積立方式がいいだろう。なぜなら、決まったタイミングで同額ずつ購入すると、結果として低単価で購入できるというドルコスト平均法の効果があるからだ。

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法
株式や投資信託、ETFのように、毎日価格が変動する商品の中から、投資家が特定の銘柄を選んで、「定期的(毎日、毎月、数カ月に1回など)に、一定額(100円、1,000円、1万円など)ずつ、継続的に購入する」投資手法のこと。投資機会を分散して(時間の分散)、予測できない株価変動リスクや流動性リスクなどを軽減する分散投資効果がある。毎回の購入額が決まっているため、価格が高いときには購入できる口数(数量)が減り、価格が低いときには購入口数が増えるのが特徴である。
近藤真理

ドルコスト平均法に基づいて長期間にわたって一定の商品を買い続けると、結果的に株価変動リスクを抑えて、購入単価を平準化することができます。

・ドルコスト平均法による投信積立のシミュレーション

A投資信託(1口=1円、売買は1万口単位)を毎月1日に1万円ずつ購入する投信積立を1年間続けた場合の、基準価額と購入口数(各種手数料や消費税を考慮しない)の推移は以下のとおりである。

4.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=筆者作成)

購入時期 1万口あたりの
基準価額
購入金額 購入口数
2021年1月 1万円 1万円 1万口
2月 1万1,500円 1万円 8,696口
3月 1万3,000円 1万円 7,692口
4月 1万円 1万円 1万口
5月 9,000円 1万円 1万1,111口
6月 8,000円 1万円 1万2,500口
7月 1万円 1万円 1万口
8月 1万2,500円 1万円 8,000口
9月 1万3,000円 1万円 7,692口
10月 1万2,000円 1万円 8,333口
11月 1万1,000円 1万円 9,091口
12月 1万円 1万円 1万口
合計 12万円 11万3,115口
平均購入単価 1万609円
※1年間の投資総額は1万円×12カ月=12万円

1年間のA投資信託の基準価額は8,000円から1万3,000円の範囲で推移していますが、ドルコスト平均法で買い付けると、平均購入単価は1万609円になります。

・投資信託を一括購入した場合のリスクとリターン

毎日価格が変動する投資信託を一括購入した場合、ファンドの値動きに資産評価額が直接的な影響を受けます。将来的な値動きを正確に予測することは難しいため、一括購入では価格変動リスクが大きくなります。

投資信託を購入した時点よりもファンドの基準価額が上がった場合には、資産評価額が上昇するため、大きなリターンを獲得できるチャンスがある。

それに対して、基準価額が大幅に下がれば、元本割れするリスクもある。

・高値で一括購入してしまうと購入口数が減少する

値動きのある商品は、将来の株価や価格を正確に予測することが困難です。仮に投資信託の一括購入で高値掴みしてしまうと、同じ投資総額でも、安く一括購入した場合や、ドルコスト平均法で定期買付した場合に比べて購入口数が減ってしまいます。

A投資信託の買付方法別の購入口数(それぞれ投資総額12万円の場合)

買付単価 購入口数
高値で一括購入
(2021年2月)
1万1,500円 10万4,348口
安値で一括購入
(2021年6月)
8,000円 15万口
ドルコスト平均法による積立購入
(2021年1月~12月)
1万609円
(平均)
11万3,116口

運よく安値で一括購入できれば、購入口数はドルコスト平均法による積立購入の場合よりもはるかにたくさんの口数を購入できるものの、購入時点の買付単価が高値あるいは安値になるかを正確に予測することは不可能だ。

つまり、一括購入はハイリスク・ハイリターンの投資手法なので、投資初心者や、こまめに相場をチェックして対応できない人は避けたほうがよい。

近藤真理

こうした一括購入のリスクを軽減して、誰でも投資しやすくするための手法が、ドルコスト平均法による時間分散投資だといってよいでしょう。

一般NISAとつみたてNISA(積立NISA)の運用期間と投資上限額は? 短期間で積み立てたいなら一般NISA

非課税で運用できる期間は、一般NISAは最長5年(ロールオーバーを利用すれば最長10年)、つみたてNISAは最長20年です。

年間の投資上限額は、一般NISAでは年間120万円、つみたてNISAでは年間40万円だ。

例えば、数年後に購入予定の住宅のための頭金を運用したいのであれば、運用期間は10年もあれば十分だろう。

生まれたばかりの子供の大学のための資金や老後資金を運用したいのであれば、10年では短い。また目標額が大きくつみたて上限額が不足する場合には、一般NISAを選択する必要がある。

ロールオーバーとは?

ロールオーバー
一般NISAの5年間の非課税期間満了にともない、NISA口座で購入・運用してきた上場株式やETF、投資信託などを、同じ金融機関の翌年分のNISA口座に移管して、最長5年間、非課税期間を延長して、継続保有できるようにする制度である。ロールオーバーできる金額に制限は設けられていないので、投資額が非課税投資枠の上限(5年間で600万円)以下なら、元本と運用益の全額が対象になる。

ロールオーバーは現行NISA制度の一般NISAに対してのみ適用される制度であり、非課税期間が20年間のつみたてNISAには認められていない。

なお、一般NISAをロールオーバーするには、非課税期間の5年目の年末に、口座を開設している証券会社に「ロールオーバーを選択する」旨を申請する必要があり、申請しない場合は、自動的に特定口座または一般口座に時価で移管される。
近藤真理

現行のNISA制度のもと、2022年3月1日現在から2023年12月31日までに開設された一般NISA口座の非課税期間満了日の翌日は2027年1月1日以降になります。そのため、ロールオーバーする際には2024年1月からスタートする新NISA制度が適用されることになります。

・一般NISA→新NISAへのロールオーバー(2022年分と2023年分の新規投資)

5.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=筆者作成)
現行の一般NISAを新NISAにロールオーバーする際には時価(年末の評価額)で移管されます。
ロールオーバーできる金額には上限がないので、投資元本と運用益の合計が翌年の非課税投資枠の122万円を超えていても全額移管できる。ロールオーバーされる資産額が翌年分の非課税投資枠を上回っている場合は、翌年分の新規投資額はゼロとなる。

新NISAは2階建てであるが、ロールオーバーにあたっては、先に2階の非課税投資枠(102万円)を消費して、使い切ったら1階の枠(20万円)を消費する。

ただし、NISA口座で保有する商品のうち、管理銘柄や整理銘柄、ヘッジ目的以外のデリバティブ取引で運用されている投資信託やETFは移管できません。

・新NISAの1階部分→つみたてNISAへのロールオーバー(2024年分以降の新規投資)

6.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=筆者作成)
新NISAのうちロールオーバーができるのは、1階部分で運用されている長期かつ安定運用を目指した投資信託やETFのみです。1階部分の資産は、新NISA制度のつみたてNISA(現行のつみたてNISAと同じ)に、簿価(購入価格)で移管されます。

新NISA制度の概要(参考)

2024年1月以降の新NISA制度では、以下の2種類のNISA口座から1種類を選択して、新規投資および運用を行う。現行制度と同じく、1年ごとに新NISAとつみたてNISAとを切り替えることができる。

  • ① 新NISA(現行の一般NISAの改定版)
  • ② つみたてNISA
新NISA制度の2つの口座
新NISA口座 つみたてNISA口座
口座開設可能期間 2024年分から
2028年分まで
2024年分から
2042年分まで
非課税期間 最長5年間
(最終満了日は
2032年12月31日まで)
最長20年
(最終満了日は
2061年12月31日まで)
非課税投資枠 年間新規投資額の合計は122万円

【1階部分】
新規投資額は年間20万円
上限は5年間で100万円
(積立、分散投資向けの投資信託やETF)

【2階部分】
新規投資額は年間102万円
上限は5年間で510万円
(長期投資向きの上場株式、投資信託等)

※1階部分を使い切ってから2階部分を利用する
(投資経験者は2階部分のみの利用も可能)
新規投資額は年間40万円
上限は20年間で800万円
(積立、分散投資向けの投資信託やETF)
ロールオーバー 非課税期間が満了した1階部分
(年間新規投資額20万円分)は、簿価(購入価格)で
つみたてNISA口座へ移行可能
不可

① 新NISA(現行の一般NISAの改定版)の仕組み

新NISAは2階建ての構造になっています。
土台となる1階部分は、現行のつみたてNISA同様に、積立や分散投資に適した一定の商品に投資し、運用を行う。2階部分は現行の一般NISA口座に似ており、投資信託やETFの他にも、長期運用向きで成長性を見込める株式(監理銘柄や整理銘柄など、ハイリスク銘柄を除く)にも投資できる。

新NISA口座も現行一般NISAと同じく、1年分ずつの非課税投資枠を使って投資を行うが、原則的に、1階の元本20万円分の新規投資額を使い切ってから、2階の元本102万円分の新規投資額を利用する。

非課税投資枠の上限(投資元本)は、1階部分の上限は5年間で100万円、2階部分の上限は5年間で510万円となっている。

近藤真理

新NISA口座では、それまでにNISA口座を利用しているなどの投資経験がある人は、2階部分だけを利用することもできます。

新NISAのロールオーバーは1階部分の投資信託のみ可能だ。5年間の非課税期間が満了になる年の年末にロールオーバーを選択すると、簿価(購入価格)で非課税期間が20年間のつみたてNISAに移管され、翌年以降も継続保有できる。

新NISA口座のイメージ

7.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=筆者作成)

② つみたてNISAの仕組み

新NISA制度でも、現行NISA制度と同じように、つみたてNISAを選択できます。毎年の新規投資額は元本40万円分、非課税投資枠の上限は20年間で800万円です。

つみたてNISAを利用して投資できるのは、金融庁が定めた、長期投資や積立、安定運用、低コストなどの条件を満たす公募投資信託とETFであるが、取り扱う銘柄や本数は、証券会社によって若干異なる。

なお、つみたてNISAの非課税期間20年が満了になっても、ロールオーバーはできません。

夫婦でやるなら一般NISAとつみたてNISA(積立NISA)をどう使い分ける?

8.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(画像=MONEY TIMES編集部)

投資対象商品には特にこだわりがないという夫婦は、どうすればいいのだろうか。

つみたてNISAの対象商品に魅力的な商品がない場合には、一般NISAを選択すべきであることは前述の通りである。

年間の貯蓄額のうち、どのくらいの額を投資に回せるのかを試算しよう。その金額でNISAの非課税投資枠を最大限に使える組み合わせを考える。年間80万円までなら、「2人ともつみたてNISA」、年間160万円までなら「一般NISAとつみたてNISA」、年間240万円までなら「2人とも一般NISA」となる。

「2人ともつみたてNISA」であれば、長期投資・運用で資産を形成していき、老後に備えたい。

その場合、もし途中で余裕資金ができれば定期預金など他の資産運用を検討しよう。

「一般NISAとつみたてNISA」であれば、一般NISAで株主優待や配当などの安定した利回りを目指して個別株を売買し、教育資金や住宅購入費などに回す。一方、つみたてNISAによる長期投資・運用で老後資金を準備する。

「2人とも一般NISA」であれば、資産形成はかなり早くなる。

商品を選ぶときに夫は「ハイリターンが狙える株」、妻は「安定を目指すためにつみたてNISAの対象商品から選択」などとリスクを分散させながら使い分けられる。

夫婦でNISA・つみたてNISAを始める際におすすめの銘柄

一般NISAでは、まとまった金額の資金を使って株式やETF、REIT、成長性の高い投資信託に投資すると、投資額に見合った大きな利益があった場合に非課税メリットが大きくなります。配当または分配利回りの高い銘柄をNISA口座で買い付ければ、定期的に受け取ることができる配当金や分配金も非課税です。

一方で手持ち資金が少ない場合、つみたてNISAで決まった銘柄を毎月同量あるいは同額ずつ購入すれば、非課税期間が満了になる20年後には、使途に合った大きな資産を形成することもできる。

投資銘柄を選択するにあたって、以下のように対象商品を7種類に分類し、対象銘柄を絞り込んだ。

NISAでおすすめの商品や種類一覧
NISA対象商品 商品の種類 銘柄検索条件
個別銘柄 高配当割安株 ・SBI証券の国内株「スクリーナー」を利用
・利回り 3%以上
・予想PER 0~15倍
・実績PBR 1.3倍以下
・ROE 8.0%以上
・自己資本比率 40%以上
・予想配当利回り降順で並べ替え
国内ETF 高分配金利回り ・SBI証券の「ETF/REIT 詳細条件で絞り込み」を利用
・信託報酬 0.3%未満
・分配金利回り 2.0%以上
・分配金利回り降順で並べ替え
国内REIT 高分配金利回り ・SBI証券の「ETF/REIT 詳細条件で絞り込み」を利用
・信託報酬 0.3%未満
・分配金利回り 2.0%以上
・分配金利回り降順で並べ替え
投資信託 高分配金利回り ・SBI証券の「投資信託パワーサーチ」を利用
・信託報酬 1.1%以下
・分配金利回り 3.0%以上
・リスクメジャー 平均的
・分配金利回り降順で並べ替え
投資信託 高成長期待銘柄 ・SBI証券の「投資信託パワーサーチ」を利用
・信託報酬 1.1%以下
・リスクメジャー 平均的
・分配金利回りを降順で並べ替え
・トータルリターン3年を降順で並べ替え
米国ETF 高分配金利回り ・SBI証券 海外ETF検索ツール
・米国、好配当、優先株
・分配金利回り降順で並べ替え
つみたてNISA人気銘柄 SBI証券の「つみたてNISA買付代金ランキング
(2022/2/1~2022/2/28)」を参照
※すべての商品に対して、「投資金額30万円以下」の条件を設定した

SBI証券の国内株スクリーナー、ETF/REIT検索、投資信託パワーサーチ、海外ETF検索ツールを利用して、商品の種類別にスクリーニングを行い、銘柄を絞り込んだ。

種類別に2銘柄ずつ(つみたてNISA人気銘柄は3本)、利回りランキングとあわせて、つみたてNISA対応の可否についても簡単に紹介する。

NISA・つみたてNISAを使った種類別投資商品の一例と利回りランキング
順位 投資商品の種類 銘柄の一例 配当利回り/
分配利回り
つみたてNISA
対応
1 投資信託
 (高分配金利回り)
三井住友DS-トヨタグループ・バランスファンド
※償還日
2024/11/13
11.2% ×
2 投資信託
 (高分配金利回り)
三井住友TAM-日本株配当オープン
(愛称:四季の実り)
8.35% ×
3 個別銘柄
 (高配当割安株)
日本たばこ産業<2914> 7.38% ×
4 国内ETF
 (高分配金利回り)
上場インデックスファンド
TOPIX Ex-Financials<1586>
5.71% ×
5 個別銘柄
 (高配当割安株)
日本特殊陶業<5334> 5.24% ×
6 米国ETF
 (高分配金利回り)
グローバルX
米国変動金利優先証券 ETF
5.21% ×
7 米国ETF
 (高分配金利回り)
iシェアーズ優先株式&
インカム証券ETF
4.75% ×
8 国内ETF
 (高分配金利回り)
One ETF ESG<1498> 4.56% ×
9 国内REIT
 (高分配金利回り)
MAXIS高利回り
Jリート上場投信<1660>
3.66% ×
10 国内REIT
 (高分配金利回り)
ダイワ上場投信-東証REIT指数<1488> 3.43% ×
11 つみたてNISA
人気銘柄
SBI-SBI・V・S&P500
インデックス・ファンド
(愛称:SBI・V・S&P500)
0%
11 つみたてNISA
人気銘柄
三菱UFJ国際-
eMAXIS Slim全世界株式
(オール・カントリー)
0%
11 つみたてNISA
人気銘柄
三菱UFJ国際-
eMAXIS Slim米国株式
(S&P500)
0%
11 投資信託
(高成長期待銘柄)
三菱UFJ国際-
eMAXIS Slim米国株式
(S&P500)
0%
11 投資信託
(高成長期待銘柄)
大和-iFree S&
P500インデックス
0%
※2022年3月18日現在でSBI証券の各種検索機能(スクリーニング機能)を使って、種類別に投資商品を絞り込み、配当利回りもしくは分配金利回りを基準にして、ランキング表を作成した
※最低投資金額が30万円以下となる単元株、国内ETF、国内REIT、投資信託、米国ETFを対象とした

上記からわかるように、高配当(高分配)利回り銘柄はつみたてNISAに対応していないので、一般NISAを利用する。

高利回りとはいえ、1株(あるいは1口)あたりの年間配当金や分配金の額は小さい。それでも、配当金や分配金をNISA口座で受け取れば課税されないので無駄がない。さらに、一般NISAに割り当てられている年間120万円の新規投資額を最大限に活用して、まとまった金額を投資すれば、その分、リターンも大きくなる。
つみたてNISA対応銘柄は、いずれも利回りがゼロですが、S&P500やNASDAQといった成長率の高い株価指数に連動するように運用されています。時間の経過とともに純資産総額の拡大が見込まれるので、20年間の非課税期間満了にあわせて解約すれば、非課税効果で大きな売却益を獲得できるでしょう。

NISAでも、資産分散はリスクを低減できる最良の方法である。

以下の商品ラインアップを参考にしながら、手元資金の範囲内で、タイプの異なる商品や複数の銘柄を組み合わせて、夫婦の投資方針やライフプランに見合ったNISA投資戦略を検討してほしい。

・商品1:投資信託「三井住友DS-トヨタグループ・バランスファンド」……期間限定ながら超高利回り

三井住友DS-トヨタグループ・バランスファンド

分配金利回り約11%は国内投資信託の中でもトップクラス。世界の自動車市場を牽引するトヨタ自動車を中心としたトヨタグループ傘下企業の株式と債券にバランスよく投資する。

償還期限が2024年11月13日に決まっているため、今すぐNISA投資を開始できる人や、短期集中でまとまった資金を投下できる人には、資金効率の良いインカムゲイン投資ができるファンドである。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託
「三井住友DS-トヨタグループ・バランスファンド」
参考指数 なし
値動きの特徴 分配金利回りが高いため、基準価額は
横ばいか、右肩下がり
運用方針 投資先企業の業績転換点を見極めて、
機動的な資産配分調整を行い、信託財産の成長を目指す
決算 年4回(毎回分配金支払いあり)
分配金利回り 11.2%
信託報酬(税込) 1.089%
基準価額 9,790円
運用会社 三井住友DSアセットマネジメント
特記事項 償還期限が2024年11月13日であるため、
大きな資金でNISA投資できる場合に限り投資効果大

「三井住友DS-トヨタグループ・バランスファンド」のチャート(直近3年間)

・商品2:投資信託「三井住友TAM-日本株配当オープン」(愛称:四季の実り)…高利回り銘柄に投資

三井住友TAM-日本株配当オープン

国内の高配当利回り銘柄や増配銘柄でポートフォリオを組成した、インカムゲイン重視型ファンド。信託報酬は年率1.1%(税込)なので低コストとは言い難いが、分配金利回りが8%超で投資信託としては高水準。信託報酬を差し引いても、十分利益が出る。NISAで最長10年間、非課税で分配金を受け取ることができることから、低リスクながら投資効果は大きい。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託「三井住友TAM-日本株配当オープン」
(愛称:四季の実り)
参考指数 TOPIX
値動きの特徴 分配金利回りが高いため、基準価額は
若干の右肩下がり
運用方針 国内上場企業を投資対象とするが、配当利回りが高い企業だけでなく、
増配を期待できる企業にも投資することで、
安定的な配当収益と値上がり益双方の獲得を目指す
決算 年4回(毎回分配金支払いあり)
分配金利回り 8.35%
信託報酬(税込) 0.3%
基準価額 1万317円
運用会社 三井住友トラスト・アセットマネジメント

「四季の実り」のチャート(直近3年間)

・商品3:個別銘柄「日本たばこ産業<2914>」……国内トップクラスの高配当銘柄

日本たばこ産業<2914>

予想配当利回りは7%を超えており(最低投資金額30万円以下、財務状態良好、割安株に限定)、国内の東証上場銘柄の中では高配当利回り銘柄として知られている。国内たばこ事業の運営体制強化のための希望退職者募集や海外たばこ事業の強化、医薬事業・加工食品事業などのビジネス多角化の推進を行っている。その一方で、たばこに対する国内外での規制強化や、喫煙者数の落ち込み、海外の主力市場であるロシア国内たばこ事業の動向など、今後の業績に影響を及ぼしかねないリスク要因も多い。

商品概要(2022/3/18終値基準)
商品名 国内株式 個別銘柄「日本たばこ産業<2914>」
値動きの特徴 2016年以降は長期にわたり下落局面にあったが、
2020年に入ってから2022年3月
現在までは底値圏を推移している
配当方針 ・強固な財務基盤の維持と中長期の利益成長を実現し、
株主還元の向上を目指す
・配当性向75%を目安
決算 12月(配当金支払いは12月の期末配当と、
6月の中間配当の年2回)
予想配当利回り 7.38%
2022/3/18終値 2,032円
(最低投資金額 20万3,200円)

「日本たばこ産業」のチャート(直近2年間)

・商品4:国内ETF「上場インデックスファンドTOPIX Ex-Financials<1586>」……高分配金利回りの国内ETF

上場インデックスファンドTOPIX Ex-Financials<1586>

TOPIX構成銘柄(東証一部上場全銘柄)から、保険業、銀行業、証券業、商品先物業、その他金融業を除く、29業種の銘柄を投資対象とするETF(東証上場投資信託)である。 1586はTOPIXとよく似た値動きをするが、構成銘柄から金融関連銘柄が除外されているため、金融関連銘柄の株価動向に応じて、TOPIX株価から上下に若干の乖離が見られる。

2022年3月18日現在では、2022年1月から続くTOPIXの下落基調に同調して、1586も上下を繰り返しながら下値を探っている状態である。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 国内ETF
「上場インデックスファンドTOPIX Ex-Financials<1586>」
参考指数 TOPIX Ex-Financials
値動きの特徴 TOPIXの値動きに対して、おおむね連動する
運用方針 東証一部上場全銘柄から金融関連銘柄の
影響を排除したパフォーマンスへの連動を目指す
決算 年2回
(分配金の支払いは、1月8日と7月8日)
分配金利回り 5.71%
信託報酬(税込) 0.0968%
2020/3/18終値 1,610円
運用会社 日興アセットマネジメント

「上場インデックスファンドTOPIX Ex-Financials」のチャート(直近2年間)

・商品5:個別銘柄「日本特殊陶業<5334>」……高配当利回りで利益成長が魅力の割安株

日本特殊陶業<5334>

国内自動車メーカー系列に属さない独立系でありながら、自動車部品業大手。森村グループ傘下のセラミック総合メーカーである。 2009年の赤字決算を最後に、業績は緩やかな右肩上がりを継続しており、2022年3月期決算は、売上高、純利益ともに過去最高の更新が期待される。好業績を受けて、2022年3月期は連続増配、予想配当利回りは5%超の高配当になる見込みだ。

商品概要(2022/3/18終値基準)
商品名 国内株式 個別銘柄「日本特殊陶業<5334>」
参考指数 2019年以降の株価変動はそれほど大きくなく、保合状態が継続している。
今後、堅調な業績が株価に影響を及ぼす可能性もある
配当方針 ・2022年3月期より、配当は完全業績連動制に変更
・配当性向40%を目安
決算 3月(配当金支払いは3月の期末配当と、
9月の中間配当の年2回)
予想配当利回り 5.24%
2022/3/18終値 1,947円(最低投資金額19万4,700円)

「日本特殊陶業」のチャート(直近2年間)

・商品6:米国ETF「グローバルX 米国変動金利優先証券 ETF<PFFV>」……NISA買付手数料無料で高利回り

グローバルX 米国変動金利優先証券 ETF<PFFV>

2020年6月22日に設定された新しい米国ETF。高配当利回りの米国優先株に分散投資することで、高い分配金利回りの実現を目指して運用されている。
設定来、株価は緩やかに上昇し、その後横ばいで推移していたが、2022年1月以降は売りが優勢となり、2022年3月現在も下落傾向が続いている。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 米国ETF
「グローバルX 米国変動金利優先証券 ETF
参考指数 ICE US Variable Rate Preferred Securities TR USD
値動きの特徴 投資対象が優先株であるため、普通株に投資する
NASDAQやNYダウとは、おおまかな
トレンドは同じでも、異なる値動きをする
運用方針 高いインカムゲインを目指して、
米国企業の優先株式に分散投資する
決算 年12回
(分配金支払いは毎月)
分配金利回り 5.21%
経費率(税込) 0.25%
2020/3/18終値 25.9500米ドル
(1米ドル=116円換算で3,010円)
運用会社 グローバルX

PFFVのチャート(直近2年間)

・商品7:米国ETF「iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF」……優先株で高利回りETFの草分け

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF<PFF>

低コストETFブランド「iシェアーズ」の一つ。米国上場企業が発行する優先株のうち、一定の条件を満たすものに分散投資して、高い分配金利回りを目指すファンドである。

2020年初頭のコロナショックの時期を除けば、設定以来、基本的に大きく値動きすることなく、ほぼ横ばいの状況を維持してきたが、2022年1月からは下落傾向が見られる。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 米国ETF
「iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF
参考指数 S&P U.S. Preferred Stock Index
値動きの特徴 米国の主要株価指数の値動きと
相関性はあるものの、あまり連動していない
運用方針 米国上場企業の優先株に分散投資して、
高い分配金利回りを目指す
決算 年12回(分配金支払いは毎月)
分配金利回り 4.75%
信託報酬(税込) 0.46%
2020/3/18終値 36.1700米ドル
(1米ドル=116円換算で4,195円)
運用会社 ブラックロック

PFFのチャート(直近2年間)

・商品8:国内ETF「One ETF ESG<1498>」……ESGの優良企業でポートフォリオ

One ETF ESG<1498>

ESG(環境、社会、ガバナンス)への対応力に優れた国内外の上場企業に分散投資するETFである。投資対象企業はいずれも長期的成長を目指す上で重視される経営基盤が整備されているため、将来的な企業成長や株価伸長を期待できる。

1498の上場以来、株価は日経平均やTOPIXの株価を幾分下回りながら、同様の値動きをしている。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 国内ETF「One ETF ESG<1498>」
参考指数 FTSE Blossom Japan Index
値動きの特徴 日経平均やTOPIXより下回る
株価で連動しながら推移する
運用方針 FTSE Japan Index構成銘柄のうち、ESG対応力に
優れた長期的成長力を有する優良企業に分散投資する
決算 年2回
(分配金の支払いは、1月8日と7月8日)
分配金利回り 4.56%
信託報酬(税込) 0.143%
2020/3/18終値 1万4,465円
運用会社 アセットマネジメントOne

「One ETF ESG」のチャート(直近2年間)

・商品9:国内REIT「MAXIS高利回りJリート上場投信<1660>」……高利回りJ-REIT銘柄に分散投資

MAXIS高利回りJリート上場投信<1660>

上場しているJ-REIT銘柄の中から、低流動性銘柄を除いた上で、予想分配金利回りの高い銘柄を選定して分散投資する。東証REIT指数連動型ファンドより分配金利回りが高いため、より長期投資に適した商品となっている。
※野村高利回りJリート指数の平均利回り>東証REIT指数の平均利回り>TOPIXの平均利回り

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 国内REIT
「MAXIS高利回りJリート上場投信<1660>」
参考指数 野村高利回りJリート指数
値動きの特徴 東証REIT指数を上回る株価で連動・推移する
運用方針 東証上場REIT全銘柄から、低流動銘柄を除き、
高分配金利回り銘柄を選定して分散投資することで、
より高い分配金利回りを目指す
決算 年4回(分配金の支払いは、
1月10日、4月10日、7月10日、10月10日)
分配金利回り 3.66%
信託報酬(税込) 0.275%
2020/3/18終値 1万905円
運用会社 三菱UFJ国際投信

「MAXIS高利回りJリート上場投信」のチャート(直近2年間)

17.夫婦で始めるなら「NISA」か「つみたてNISA」か?
(※SBI証券 国内株式 個別銘柄(REIT)詳細情報より転載)

・商品10:国内REIT「ダイワ上場投信-東証REIT指数<1488>」……J-REIT構成銘柄が投資対象

ダイワ上場投信-東証REIT指数<1488>

東証に上場している不動産投信(J-REIT)の全構成銘柄に実質的に投資する。1488は参考指数である東証REIT指数に連動するように運用されているため、同様の値動きをする。

2020年初めのコロナショックで東証REIT指数とともに1488の株価も急落した。

直後に反転し、上昇局面に入っていたが、コロナ禍による空室率の上昇や国内外での長期金利の上昇などにより、2021年7月以降は再び下落局面に入った。

東証REIT指数の平均予想分配金利回りは、日経平均やTOPIXに比べて相対的に高くなる。加えて、J-REIT市場の不透明感もあり、将来的な値動きの予測が難しいので、短期運用によるキャピタルゲインではなく、長期運用を前提としたインカムゲイン投資のほうが適している。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 国内REIT
「ダイワ上場投信-東証REIT指数<1488>」
参考指数 東証REIT指数
値動きの特徴 東証REIT指数と同様の値動き
運用方針 東証上場REIT指数のパフォーマンスに
連動する投資成果を目指す
決算 年4回
(分配金の支払いは、3月4日、6月4日、9月4日、12月4日)
分配金利回り 3.43%
信託報酬(税込) 0.1705%
2020/3/18終値 1,985.50円
(売買単位が10口なので、最低投資金額は1万9,855円 )
運用会社 大和アセットマネジメント

「ダイワ上場投信-東証REIT指数」のチャート(直近2年間)

・商品11:つみたてNISA人気銘柄「SBI-SBI・V・S&P500インデックスファンド」(愛称:SBI・V・S&P500)……低コストでトータルリターンも高い

SBI-SBI・V・S&P500インデックスファンド

SBIアセットマネジメントが運用するインデックス型投資信託であり、米国ETFの「バンガードS&P500ETF<VOO>」がマザーファンドに設定されている。参考指数のS&P500が過去最高値を更新し続けているため、SBI・V・S&P500の基準価額も、2019年9月26日の設定来、上昇を続けている。

国内投信業界最安、0.0938%の信託報酬(税込)も呼び水になり、ファンドの純資産総額は2022年3月18日に5,000億円を突破した。

なお、2022年2月28日における、設定以来2年5カ月間のトータルリターンは62.12%であった。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託
「SBI-SBI・V・S&P500インデックスファンド」
(愛称:SBI・V・S&P500)
参考指数 S&P500株価指数(円換算ベース)
値動きの特徴 S&P500指数の上昇にあわせて、
設定来、ほぼ右肩上がり
運用方針 マザーファンドの米国ETF、バンガードS&P500ETFの
参考指数であるS&P500指数の
パフォーマンスに連動する投資成果を目指す
決算 年1回
(毎年9月14日)
分配金利回り 0%
信託報酬(税込) 0.0938%
基準価額 1万6,775円
運用会社 SBIアセットマネジメント

「SBI・V・S&P500」のチャート(直近1年間)

・商品12:つみたてNISA人気銘柄「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」……低コストで世界中に投資

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim全世界株式

三菱UFJ国際投信が運用する低コストブランドのインデックス型投資信託。日本を含む先進国から新興国まで、世界中の国々の株式に分散投資する。

世界中の国々が投資対象であるため、2020年2月に始まったコロナショックによる株価下落時を除いて、基準価額は右肩上がりであり、設定時よりも大幅に伸長している。

2022年1月以降は、資源高や地政学リスクなど、さまざまな要因から上値が重くなっている。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim全世界株式」
(オール・カントリー)
参考指数 MSCIオール・カントリー・ワールド・
インデックス(配当込み、円換算ベース)
値動きの特徴 2020年2月~3月の下落時を除けば、ほぼ上昇基調。
2022年1月からは頭打ちの状態が続く
運用方針 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
(配当込み、円換算ベース)のパフォーマンスに連動した投資成果を目指す
決算 年1回
(毎年4月)
分配金利回り 0%
信託報酬(税込) 0.1144%
基準価額 1万6,163円
運用会社 三菱UFJ国際投信

「オール・カントリー」のチャート(直近3年間)

・商品13:つみたてNISA人気銘柄「SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」(愛称:SBI・V・全米株式)……米国の株式市場全体に分散投資

SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

バンガードが運用する低コストETF「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF<VTI>」をマザーファンドとする投資信託だ。好調な米国株式市場への高い投資意欲と低コストファンドの人気を受けて、2021年6月29日に設定されたばかりの新しいファンドである。

VTIの参考指数の構成銘柄は米国株式市場全体であるため、SBI・V・全米株式と米国株式市場の値動きは同調する。

設定以来8カ月となる2022年2月28日現在まで、SBI・V・全米株式の価格は上下を繰り返しながら推移しており、トータルリターンは4.31%となっている。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託
「SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」
(愛称:SBI・V・全米株式)
参考指数 CRSP USトータル・マーケット・インデックス
(円換算ベース)
値動きの特徴 米国株式市場全体に連動して、
上下を繰り返しながら、中期的にはわずかながら上昇している
運用方針 マザーファンドの米国ETF、VTIの参考指数である
CRSP USトータル・マーケット・インデックスの
パフォーマンスに連動する投資成果を目指す
決算 年1回
(毎年7月)
分配金利回り 0%
信託報酬(税込) 0.0938%
基準価額 1万768円
運用会社 SBIアセットマネジメント

「SBI・V・全米株式」のチャート(直近半年)

・商品14:投資信託「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」……成長力重視のインデックスファンド

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

三菱UFJ国際投信の低コストインデックスファンドの一つ。参考指数はS&P500指数なので、パフォーマンスはS&P500の値動きに連動する。

堅調なS&P500指数の伸長にあわせて、本投資信託の基準価額も上昇している。

業界最安水準の信託報酬も奏功して人気を集め、2022年2月10日には純資産総額が1兆円を上回った。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)
商品名 投資信託
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」
参考指数 S&P500(税引き前配当金込/円換算ベース)
値動きの特徴 最高値を更新し続けるS&P500の値動きと連動し、
右肩上がりに推移している
運用方針 S&P500指数(配当込み、円換算ベース)を構成する米国株式に
分散投資して、参考指数の
パフォーマンスと連動する投資成果を目指す
決算 年1回(毎年4月25日)
分配金利回り 0%
信託報酬(税込) 0.0968%
基準価額 1万8,292円
運用会社 三菱UFJ国際投信

「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」のチャート(直近3年間)

・商品15:投資信託「大和-iFree S&P500インデックス」……iFreeのS&P500連動ファンド

大和-iFree S&P500インデックス

大和アセットマネジメントが設定・運用するインデックスファンド、「iFree」シリーズの一つ。他のS&P500連動インデックスファンドと同様に、S&P500指数とよく似た値動きをするため、基準価額は持続的に上昇している。

分配金の支払いはないが、2017年8月31日の設定来のトータルリターンは97.28%である(2022年2月28日現在)。

iFreeシリーズの信託報酬は、eMAXIS SlimやSBI・Vシリーズのインデックスファンドに比べると高めに設定されているが(2022年3月現在では税込0.2475%)、将来的には、信託報酬率が引き下げられる可能性もある。

S&P500指数連動ファンド、あるいは米国株式連動ファンドは分配金が支払われない場合が多いが、トータルリターンが大きく、利益も出る。NISA口座を使って購入、解約すれば、キャピタルゲインが全額非課税になるので、投資効率が良い。

商品概要(2022/3/18基準価額ベース)

商品名 投資信託「大和-iFree S&P500インデックス」
参考指数 S&P500株価指数(円換算ベース)
値動きの特徴 好調なS&P500の値動きと連動し、
右肩上がりに推移している
運用方針 投資成果がS&P500指数(配当込み、円換算ベース)の
パフォーマンスに連動するように、構成銘柄に分散投資を行う
決算 年1回(毎年9月7日)
分配金利回り 0%
信託報酬(税込) 0.2475%
基準価額 2万407円
運用会社 大和アセットマネジメント
※SBI証券 投資信託 個別銘柄詳細情報をもとに筆者作成

「大和-iFree S&P500インデックス」のチャート(直近3年間)

つみたてNISAのおすすめ証券会社
2022年4月時点
1 2 3 4 5
会社名 楽天証券 SBI証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
取扱銘柄数 181本 179本 173本 152本 164本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円
ポイント還元 楽天ポイント Tポイント
Pontaポイント
Vポイント
dポイント
松井証券ポイント マネックスポイント Pontaポイント
クレジット
カード積立
ポイント還元率
楽天カード
1%(※1)
三井住友カード
0.5%(※2)
非対応 マネックスカード
1.1%
au PAYカード
1%(※3)
積立コース 毎月
毎日
毎月
毎週
毎日
毎月 毎月
毎日
毎月
ココがおすすめ ・楽天カード積立のポイント還元が高い
・日経新聞の記事閲覧
・口座数主要ネット証券No.1柔軟な積立設定
・積立アプリでラクラク管理
・サポート体制に強み
・投信毎月現金還元サービス
・マネックスカード積立で1.1%ポイント還元 ・「NISA割®」で手数料割引
・Pontaポイントが貯まる
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
※1.2022年9月より1%または0.2%
※2.三井住友カードの一般カード。一部のカードは1%または2%
※3.2022年3月28日より。対象au回線契約者は最大5%

## 一般NISAとつみたてNISA(積立NISA)を夫婦で賢く運用して資産形成を 一般NISAとつみたてNISAのどちらを選択するかは、毎年選べる。ただし買付をする前に変更しなければならない。 例えば最初は一般NISAを利用して住宅資金や教育資金を準備し、目標額になった時点で利益確定し、その後はつみたてNISAに変更できる。 家庭での投資可能金額から自分たちに合った組み合わせを選び、「一般NISA」「つみたてNISA」を併用してそれぞれのメリットを最大限に生かしたい。 ## 夫婦で始めるNISAとつみたてNISAについてよくある3つのQ&A
NISAとつみたてNISAの運用対象商品はどう違う?
一般NISAでは、投資対象商品を株、投資信託、ETF、REITなどから自由に選択することができる。つみたてNISAでは、手数料が低水準で頻繁に分配金が支払われない長期・積立・分散投資に適した株式投資信託とETFに限定されている。
NISAの運用期間と投資上限額は?
最長5年間(ロールオーバーを利用すれば最長10年)で、投資上限額は年間120万円だ。
NISAのロールオーバーとは?
一般NISAだけに適用される制度である。5年間の非課税期間が満了になる年の年末にロールオーバーを申請すると、NISA口座で保有していた株式やETF、投資信託などの資産(売却益と運用益)を、翌年分のNISA口座に移管して、非課税期間を最長5年間延長することができる。
つみたてNISAとの運用期間と投資上限額は?
運用期間は最長20年で、投資上限額は年間40万円。
夫婦でNISAやつみたてNISAを始める際におすすめの銘柄は?
非課税のメリットを最大限に生かすために、低コスト運用が可能であることを確認した上で、以下の2つのパターンに該当する銘柄を購入するとよい。

① 値上がり益を見込める銘柄を購入し、あらかじめ定めた目標株価に達したら売却する(売却益は非課税)
(例1) インデックス型投資信託「SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」
(例2) インデックス型投資信託「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」など

② 高配当(高分配)利回り銘柄を購入し、長期保有しながら、配当金や分配金を非課税で受け取る
(例1)国内株式 個別銘柄「日本たばこ産業<2914>」
(例2)国内ETF「上場インデックスファンドTOPIX Ex-Financials<1586>」など

実際にNISAを始めてみる

積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

毎月100円から積立可能、通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引になる
>>au カブコム証券の口座開設はこちら

つみたてNISAで投資信託を保有するだけでポイントが貯まりさまざまな特典と交換可能
>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイトへ)

近藤真理
執筆・近藤真理
南山大学外国語学部卒業。野村證券の引受部門で勤務後、ビジネス系翻訳や工業系翻訳業務に従事。
2013年より、総合証券とネット証券を使い分けながら、資産運用を開始。2017年から各種WEBサイトのフリーライターとして活動、現在は経済金融系記事を中心に執筆している。

■保有資格
証券外務員一種、二種
投資診断士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
AFP認定者
南山大学外国語学部卒業。野村證券の引受部門で勤務後、ビジネス系翻訳や工業系翻訳業務に従事。
2013年より、総合証券とネット証券を使い分けながら、資産運用を開始。2017年から各種WEBサイトのフリーライターとして活動、現在は経済金融系記事を中心に執筆している。

■保有資格
証券外務員一種、二種
投資診断士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
AFP認定者

この筆者の記事を見る

【関連記事 PR】
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
ネット証券比較――手数料、ツール、シェア数ランキング
ネット証券会社比較 手数料の安い4社
証券会社のネット口座開設数ランキング1位は?上位5社
ネット証券会社のシェアランキング1位はSBI証券