売られ過ぎたリスク資産に巻き戻しの動き、日経平均は2万円台乗せ試す展開

2020.3.25
INVESTMENT
(画像=Travis Wolfe/Shutterstock.com、ZUU onlineより引用)
(画像=Travis Wolfe/Shutterstock.com、ZUU onlineより引用)
24日の米国市場でダウ平均株価は前日比2112ドル98セント(11.4%)高の2万704ドル91セントと過去最大の上げ幅で引けた。25日の日本市場で日経平均株価は一時1000円超の大幅続伸となった。ドル・円相場は1ドル=111円台で推移している。

市場関係者によると、新型肺炎コロナウイルス対策として、大規模な米経済対策の法案成立期待を背景に、リスクオン(選好)の動きになっているという。

三井住友トラスト・アセットマネジメントの押久保直也シニアエコノミストは、「米財政政策の決着を25日中に付けるとの報道を受けて、期待感から米国株が上昇し、リスクオンの流れとなり、日本株もショートカバーが入り上昇している。政策が出揃って下値は固い。リスク資産は売られ過ぎた分の巻き戻しの動きとなっている」と指摘。「日経平均株価は2万円の大台乗せが心理的な節目になるだろう。ドル・円は2月に付けた112円台乗せが上値抵抗線になると思う」と述べた。

日経平均株価は2万円台、ドル・円は112円台乗せ試す

米連邦準備制度理事会(FRB)が23日に無制限の量的緩和(QE)実施を決定したことに続き、米議会では約2兆ドルに上る経済対策を巡る協議が続いている。

押久保氏は、新型肺炎コロナウイルスの感染拡大を背景に、「これまで不動産投資信託(REIT)や金まで投げ売りとなったが、底入れ感が出てきて戻ってきている。売られ過ぎた米国株はバリュエーションから値を戻してきた。またドル・円はこれまで現金化の動きからドル高だったが、足元ではリスクオンの円安圧力が強まり、上値を試す動きになっている」と述べた。

もっとも、日経平均株価が2万円、ドル・円が112円の節目を大きく超えて上昇するには、「新型肺炎コロナウイルスの感染ペース鈍化という明確な材料が必要になる」とも語り、大台の回復が目先の上値めどで、その後の上昇余地は限られそうとの見方を示した。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、全世界の感染者数は25日時点で40万人を超えた。安倍晋三首相は24日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話協議し、今夏の東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することで合意した。

株式投資を始めてみる

口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>>SBI証券の口座開設はこちら

口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>>楽天証券の口座開設はこちら

米国株の取り扱いが豊富、ワン株も取引可能
>>マネックス証券の口座開設はこちら

株主優待名人の桐谷さんも開設、少額取引の手数料が0円
>>松井証券の口座開設はこちら

取引コストが抑えられ、中上級者も検討したい
>>ライブスター証券の口座開設はこちら

単元未満株、平等抽選IPO、充実の証券レポートも
>>au カブコム証券の口座開設はこちら

IPO当選確率を上げるなら!ツールも魅力的
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら

手数料が業界最安値水準な上に取引でポイントがたまる
>>DMM.com証券の口座開設はこちら

現物・信用ともに低コスト!
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

文・池田 祐美/提供元・ZUU online
 

【関連記事】
初心者向けネット証券ランキング
日本の証券会社ランキングTOP10 売上高1位は?
ネット証券会社比較 手数料の安い4社
楽天証券のメリットとデメリット SBI証券と比較
ネット証券会社のシェアランキング1位はSBI証券

PREV 新型コロナによる企業業績悪化や日米マイナス成長予想で円高・株安への警戒必要
NEXT 米FEBは政策全開、日本株は日銀のETF購入拡大と円安傾向が支えに

READ MORE...