FX業者の取引高ランキング
(画像=MONEY TIMES編集部)

FX会社を口座数、証拠金残高別にランキング化した結果、すべての部門でGMOクリック証券(FXネオ)が1位になった。本記事ではランクインした各社の特徴を解説していく。

\取引高TOP3!FXを始めるなら!/
GMOクリック証券 HIROSE-FX 外為どっとコム
口座開設&取引で
最大55万円キャッシュバック!
詳細はこちら(公式サイト)
口座開設&ポンド円の取引で
最大100万円キャッシュバック!
詳細はこちら(公式サイト)
口座開設&条件クリアで最大
100万2,000円キャッシュバック!
詳細はこちら(公式サイト)

FX会社ランキング【2024年版】!取引高、口座数のシェアTOP5を紹介

多くのトレーダーに選ばれている人気のFX会社がどこか、取引高、口座数、証拠金残高別にランキング化した。その結果、すべての部門で1位は国内最大手であるGMOクリック証券(FXネオ)だった。

\FXを始めるならここ!/
GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

FXは複数の口座を持つトレーダーが多いため、実際にどのFX会社が利用されているのかはわかりづらい。

その点、取引高は、どれだけアクティブにFXが取引されているかがわかる。1位のGMOクリック証券(FXネオ)は、取引高14兆円超えで、2位以下の2倍以上の取引高を誇る圧倒的NO1だ。2位のヒロセ通商(LION FX)は、54種類もの豊富な通貨ペアが取引できる点が支持されている。

口座数は、FX会社の人気を測るシンプルな指標である。スプレッドが狭い、取引ツールが使いやすい、スワップポイントが高いなどメリットのある会社が選ばれている。

口座数1位のGMOクリック証券(FXネオ)は業界最小水準のスプレッドと使いやすい取引ツールが評価されている。2位の外為ドットコムは映像コンテンツが豊富で、頻繁にライブ配信を行っており、中級者や上級者に役立つコンテンツが多いのが特徴だ。

証拠金残高が多ければ、多くの利用者数がいたり、大きい取引が行われていたりする。

証拠金残高のTOP3は、1位はGMOクリック証券(FXネオ)、2位は外為どっとコム(外貨ネクストネオ)、3位はGMO外貨株式会社と、口座数と同じランキングになった。

松本 雄一

FX口座を複数開設しておけば、取引スタイルによって使い分けることもできます。自分にメリットがありそうな会社は開設を検討してみましょう。
松本雄一(金融ライター)

FX業者の取引高ランキングTOP5!

FX業者の2023年の取引高ランキング1位は、GMOクリック証券の14兆119億円だ。2位のヒロセ通商に2倍以上の差をつける圧倒的な取引量であった。

\FXを始めるならここ!/
GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

以下の表は取引高データを確認できたFX会社をランキング化したものだ。

FX会社の取引高ランキングTOP5
2 3 4 5
会社 HIROSE-FX 外為どっとコム GMO外貨株式会社 マネーパートナーズ
2023年
取引高
6兆8,826億 4兆8,455億 3兆5,193億 1兆1,108億
口座数 31万1,068 60万6,364 45万9,851 36万7,482
証拠金
残高
654億円 1,304億円 1,076億円 467億円
上場・
非上場
上場 非上場 上場 上場
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

取引高とは
成立した売買数量のこと。例えば、1ロット1万通貨で売買が成立した場合、取引高は1万通貨となる。株式でいえば、出来高のこと。

利用者数を測る指標として口座数も参考になるが、複数のFX口座を持つ投資家は多いため、実際にどの証券会社がよく利用されているのかはわかりづらい。一方、取引高を見れば、どれだけアクティブに取引されているかがわかり、口座選びの参考になる。

松本 雄一

利用する投資家の多いFX会社は、取引コストの低さ、ツールの使いやすさなど、総合的に高く評価されていると考えられます。
松本雄一(金融ライター)

FX会社のスペック比較表
GMOクリック証券 ヒロセ通商 外為どっとコム GMO外貨株式会社 マネーパートナーズ
(パートナーズFX)
取引単位 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1万通貨
通貨ペア 20種類 54種類 30種類 24種類 28種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
英ポンド/円:0.9銭
豪ドル/円:0.5銭
※原則固定
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
英ポンド/円:0.9銭
豪ドル/円:0.6銭
米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭(*2)
英ポンド/円:0.9銭
豪ドル/円:0.5銭(*2)
※原則固定(例外あり)
米ドル/円:0.2銭原則固定
ユーロ/円:0.4銭原則固定
英ポンド/円:0.9銭原則固定
豪ドル/円:0.5銭原則固定
米ドル/円:0.2銭(*3)
ユーロ/円:0.4銭(*3)
英ポンド/円:0.7銭(*3)
豪ドル/円:0.5銭(*3)
※原則固定(例外あり)
トルコリラ/
円のスワップ
ポイント(*1)
30円 30円 30円 30円 17円
ツール スマホ:GMOクリックFX
PC:はっちゅう君FXplus、
PLATINUM CHATRT
スマートウォッチ:FX Watch!
スマホ:3種類
PC:7種類
タブレット:2種類
ブラウザ:4種類
その他:2種類
スマホ:1種類
PC:1種類
タブレット:1種類
ブラウザ:1種類
スマホ:1種類
PC:1種類
ブラウザ:1種類
スマホ:2種類
PC:1種類
ブラウザ:1種類
スキャル
ピング公認
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
(*1) 1万通貨あたり、2024年1月23日の買いスワップポイント
(*2) キャンペーンスプレッド(詳細は外為どっとコム公式サイトを参照)
(*3) キャンペーンスプレッド(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
出典:GMOクリック証券ヒロセ通商外為どっとコムGMO外貨株式会社マネーパートナーズ(2024年1月23日現在)

GMOクリック証券(FXネオ)

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMOクリック証券より引用)

会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
GMOクリック証券 14兆119億 81万1,648 2,445億円 上場 公式サイト
※出典:GMOクリック証券(2023年12月現在)

GMOクリック証券のサービス概要
GMOクリック証券
取引単位 1,000通貨
通貨ペア 20種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭原則固定
ユーロ/円:0.4銭原則固定
英ポンド/円:0.9銭原則固定
豪ドル/円:0.5銭原則固定
トルコリラ/
円のスワップポイント
30円
ツール スマホ:GMOクリックFX
PC:はっちゅう君FXplus、
PLATINUM CHATRT
スマートウォッチ:FA Watch!
スキャルピング公認
詳細 公式サイト
(*1) 1万通貨あたり、2024年1月23日の買いスワップポイント
出典:GMOクリック証券(2024年1月23日現在)

GMOクリック証券(FXネオ)は国内で人気のFX会社だ。業界最小水準のスプレッドと使いやすい取引ツールで、多くのトレーダーに支持されている、まさに人気と実力を兼ね備えたFX会社である。

GMOクリック証券の2023年の取引高は14兆119億で、他社と比較するとヒロセ通商6兆8,826億の2倍ほどであり、圧倒的に取引高が多い。

しかし2022年の17兆126億からは18%減少した。2023年に取引高が減少したのは、日本の他のFX業者でも同じ傾向だ。

2022年に取引高が多かった要因としては、値幅の大きさが考えられる。

2022年の米ドル/円レートは、1月の115円程度から10月には150円程度まで35円ほど動いた。一方2023年は1月の128円程度から11月の150円程度まで22円ほどの動きであり、2022年に比べると値幅が小さかった。

GMOクリック証券では「くりっく365」も利用できるが、スプレッドが原則固定されている「FXネオ」がおすすめだ。

くりっく365とは
東京金融取引所が提供している取引所FX。取り扱いのある国内のFX業者やネット証券で利用できる。基本的なサービスは同じだが、取り扱い会社によって利用できるツールや、独自のサービスなどが違う。

出典:くりっく365

スプレッドとは
FXは同じ通貨ペアでも買うときの価格と売るときの価格が違う。この価格差を「スプレッド」と言う。

例えば米ドル/円で売買する際、1ドル136円で購入してすぐに売却しても、売るときの価格は1ドル135円など価格差が発生する。この価格差がスプレッドであり、FXを売買するときの実質的な手数料になる。

くりっく365の場合、スプレッドは固定されておらず、あらかじめ示されていない。取引する時点で最も有利な価格で取引できるが、スプレッドは常に変動しているため、想定以上に広い価格差の取引になるリスクがある。

松本 雄一

FXネオも市場環境の急変時などにスプレッドが広がることはあるものの、原則固定されており、「予想外のスプレッドで売買が成立してしまった」ということにはなりにくいでしょう。
松本雄一(金融ライター)

FXネオとくりっく365のスプレッドの比較は以下の通りだ。( ※FXネオは原則固定単位)

スプレッド FXネオ(店頭取引) くりっく365(取引所取引)
米ドル/円 (USD/JPY) 0.2銭 変動制
ユーロ/円 (EUR/JPY) 0.4銭
ポンド/円 (GBP/JPY) 0.9銭
豪ドル/円 (AUD/JPY) 0.5銭
NZドル/円 (NZD/JPY) 0.7銭
カナダドル/円 (CAD/JPY) 0.6銭
出典:GMOクリック証券(2024年1月25日現在)

取り扱い通貨ペアはFXネオが20通貨ペアに対し、「くりっく365」は30通貨ペアとFXネオより多い。

香港ドル/円、ノルウェークローネ/円など、FXネオにはない通貨ペアをトレードしたい場合は「くりっく365」を利用するといいだろう。

\FX取引高で選ぶなら/
GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

取引高2位,ヒロセ通商(LION FX)

FX業者の取引高ランキング
(画像=ヒロセ通商より引用)

会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
HIROSE-FX 6兆8,826億 31万1,068 654億円 上場 公式サイト
※出典:ヒロセ通商(2023年12月現在)

ヒロセ通商のサービス概要
HIROSE-FX
取引単位 1,000通貨
通貨ペア 54種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭
英ポンド/円:0.9銭
豪ドル/円:0.5銭
トルコリラ/
円のスワップポイント
(*1)
30円
ツール スマホ:3種類
PC:7種類
タブレット:2種類
ブラウザ:4種類
その他:2種類
スキャルピング公認
詳細 公式サイト
(*2)1万通貨あたり、2023年3月10日の買いスワップポイント
出典:ヒロセ通商(2023年3月13日時点)

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

ヒロセ通商の2023年の取引高はGMOクリック証券に次ぐ6兆8,826億で、2022年の7兆6746億から10%減少した。

2023年取引高が前年比で減少したことは1位GMOクリック証券と同じ傾向だが、GMOクリック証券の減少率18%よりも落ち込みが抑えられている。

2022年のヒロセ通商の取引高はGMOクリック証券の45%だったが、2023年はそれが49%へ上がった。このことからもヒロセ通商は2023年の取引高減少が抑えられていることが分かる。

ヒロセ通商(LION FX)は、54種類もの豊富な通貨ペアが取引できる。一般的な通貨ペアに加え、北欧通貨や資源国通貨のペアもあり、幅広い選択肢が用意される。

<ヒロセ通商の通貨ペア一覧>
豪ドル/カナダドル ユーロ/シンガポールドル NZドル/米ドル
豪ドル/スイスフラン ユーロ/南アフリカランド ズロチ/円
豪ドル/円 ユーロ/トルコリラ スウェーデンクローナ/円
豪ドル/NZドル ユーロ/米ドル シンガポールドル/円
豪ドル/米ドル 英ポンド/豪ドル トルコリラ/円
カナダドル/スイスフラン 英ポンド/カナダドル 米ドル/カナダドル
カナダドル/円 英ポンド/スイスフラン 米ドル/スイスフラン
スイスフラン/円 英ポンド/円 米ドル/香港ドル
ユーロ/豪ドル 英ポンド/NZドル 米ドル/フォリント
ユーロ/カナダドル 英ポンド/米ドル 米ドル/円
ユーロ/スイスフラン 香港ドル/円 米ドル/メキシコペソ
ユーロ/英ポンド フォリント/円 米ドル/ズロチ
ユーロ/円 メキシコペソ/円 米ドル/シンガポールドル
ユーロ/ノルウェークローネ ノルウェークローネ/円 米ドル/トルコリラ
ユーロ/NZドル NZドル/カナダドル 米ドル/南アフリカランド
ユーロ/ズロチ NZドル/スイスフラン 南アフリカランド/円
ユーロ/スウェーデンクローナ NZドル/円 人民元/円
チェココルナ/円 イスラエルシュケル/円 タイバーツ/円
出典:ヒロセ通商(2024年1月25日現在)

ヒロセ通商で取引できる通貨ペアは、他社と比べてもかなり多いことがわかる。

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

通貨ペアの種類比較
会社 通貨ペアの種類
ヒロセ通商 54種類
GMOクリック証券 20種類
GMO外貨株式会社 24種類
外為どっとコム 30種類
マネーパートナーズ パートナーズFX 28種類
パートナーズFX nano 21種類

取引できる通貨ペアは、ヒロセ通商が54種類あるのに対し、次に通貨ペアが多い外為どっとコムで30種類と20種類以上の差がある。

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

松本 雄一

通貨ペアの種類が多ければそれだけトレードチャンスも広がるため、初心者だけではなく、中級者や上級者も利用しやすいでしょう。
松本雄一(金融ライター)

ヒロセ通商は毎月さまざまなキャンペーンを実施しおり、プレゼントを受け取ってお得にトレードできるチャンスがある。以下はキャンペーンの一例である。

<ヒロセ通商のキャンペーン例>(2024年2月14日現在)
・2月LION FXスワップ増額キャンペーン!
・2月お友達紹介キャンペーン!
・2月バレンタイン 最大100万円キャッシュバックキャンペーン!
・2月大阪で愛される味大集合!LION FX中華祭!
・2月LION FXポンド円限定 国産高級和牛プレゼント!

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

キャンペーンの条件を満たすためには、一定数量のトレードを行わなければいけない。

例えば「1月LION FX ポンド円限定 国産高級黒毛和牛300gプレゼント!」(2024年1月キャンペーン)の場合、ヒロセ通商のLION FXで英ポンド/円を片道1,000万通貨以上取引することが条件である。

条件を満たしても申し込みをしていない場合は対象にならないため、注意が必要だ。

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

取引高3位,外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

FX業者の取引高ランキング
(画像=外為どっとコムより引用)

会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
外為どっとコム 4兆8,455億 60万6,364 1,304億円 非上場 公式サイト
※出典:外為どっとコム(2023年12月現在)

外為どっとコムのサービス概要
外為どっとコム
取引単位 1.000通貨
通貨ペア 30種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/円:0.4銭(*2)
英ポンド/円:0.9銭
豪ドル/円:0.5銭(*2)
※原則固定(例外あり)
トルコリラ/
円のスワップポイント
30円
ツール スマホ:1種類
PC:1種類
タブレット:1種類
ブラウザ:1種類
スキャルピング公認
詳細 公式サイト
(*1) 1万通貨あたり、2024年1月23日の買いスワップポイント
(*2) キャンペーンスプレッド(詳細は外為どっとコム公式サイトを参照)
出典:外為どっとコム(2024年1月23日現在)

外為どっとコムの2023年取引高4兆8,455億は、2022年の5兆1,226億から5%減少した。

他のFX業者と同様に2023年取引高は前年から減少したが、GMOクリック証券の18%減やヒロセ通商の10%減に比べて減少が抑えられている

外為どっとコムの取引高をGMOクリック証券と比較すると、2022年は外為どっとコムの取引高はGMOクリック証券の30%であったが、2023年は35%に上がっている。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は情報コンテンツが充実しており、FXを学んで稼ぎたい人にぴったりだ。

特に映像コンテンツが豊富で、専用スタジオから頻繁にライブ配信を行っている。タイムリーな情報が多く、中級者や上級者に役立つコンテンツも多くある。

以下は外為どっとコムで行っていた過去のセミナーの一例だ。

<過去のセミナーの一例>
・FX超実践!プロから学べ!FXのスキャルピングでしっかり利益を残すコツ
・2024年ドル/円をズバリ大予想!FXトレード戦略セミナー
・2024年の金融・経済の見通しは?ドル/円の運命や如何に!?米雇用統計ライブセミナー
・2024年のドル/円の見通し ユーロ、ポンド、豪ドルの動向は!?
・2024年の高金利通貨の見通し  メキシコペソ、トルコリラ、人民元、南アランドの動向は!?

他にも「マネ育チャンネル」という自社メディアを運営している。初心者向けのコンテンツはもちろん、毎日更新されるFXレポート、著名人や個人投資家のインタビュー記事など、さまざまな情報が配信される。

松本 雄一

外為どっとコムでは、知識やスキルのアップデートに欠かせない学びの場が用意されており、FXに真剣に取り組みたい人にもおすすめです。
松本雄一(金融ライター)

\FXを学べるコンテンツが充実!/
外為どっとコムの詳細を見る
(公式サイト)

取引高4位,GMO外貨株式会社

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMO外貨株式会社より引用)

会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
GMO外貨株式会社 3兆5,193億 45万9,851 1,076億円 上場 公式サイト
※出典:GMO外貨株式会社(2023年12月現在)

GMO外貨株式会社のサービス概要
GMO外貨株式会社
取引単位 1,000通貨
通貨ペア 24種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭原則固定
ユーロ/円:0.4銭原則固定
英ポンド/円:0.9銭原則固定
豪ドル/円:0.5銭原則固定
トルコリラ/
円のスワップポイント
(*1)
30円
ツール スマホ:1種類
PC:1種類
ブラウザ:1種類
スキャルピング公認
詳細 公式サイト
(*1) 1万通貨あたり、2024年1月23日の買いスワップポイント
出典:GMO外貨株式会社(2024年1月23日現在)

GMO外貨株式会社は以前、ヤフーグループのYJFXというFX会社だった。その後、GMOインターネットグループが買収し、2021年9月から現在の名称に変更してサービスを提供している。

GMO外貨の2023年取引高3兆5,193億は、2022年の5兆5,065億から34%減少した。2023年の取引高減少は他のFX業者と同じ傾向だが、他のFX業者と比べて34%減の落ち込みは大きい。

GMO外貨の取引高ランキングは前年3位から4位にダウンし、外為どっとコムとランキングが入れ替わった。

GMO外貨の特徴的なサービスは、レバレッジコースを設定できることです。「1倍・10倍・25倍」の3コースから選択でき、あらかじめリスクをコントロールしてトレードできます。
レバレッジとは
「てこの原理」という意味があり、FXは基本的にレバレッジを利用して取引を行う。担保となる証拠金(保証金)をFX口座に預けることで、その資金に対して最大25倍の金額まで取引できる仕組みである。

レバレッジの高い取引をするほど大きな利益を得る可能性はあるが、想定以上の損失を被るリスクもある。レバレッジ1倍であれば、入金した金額以内で取引する。

レバレッジを低めに設定しておけば、ハイレバレッジな取引で大きな損失を被ることを未然に防げるメリットがある。

GMO外貨株式会社は、円から外貨の現物に交換し、銀行の外貨預金口座で受け取れる外貨両替サービスも独特だ。スプレッドは通常のFX取引と同じで、米ドル/円の交換であれば、片道0.2銭(原則固定)のスプレッドで交換できる。

スプレッドによってコストがどれくらい変わるのか、1万米ドルに交換するケースで比較してみよう。

例えば、三菱UFJ銀行では、インターネットバンキングで交換しても25銭かかる。

<1万米ドルに交換した場合のコスト>
・0.2銭(原則固定)の場合(GMO外貨株式会社):20円
・25銭の場合(三菱UFJ銀行):2,500円
※スプレッドは変動することがある

上記の場合、外貨exのコストは三菱UFJ銀行の125分の1だ。外貨ex口座から銀行への出金時には1件当たり1,500円の手数料がかかるが、それを含めても低コストで外貨に両替できる。海外旅行や出張の多い人には便利なサービスだ。

\レバレッジコースを設定できる!/
GMO外貨株式会社の詳細を見る
(公式サイト)

取引高5位,マネーパートナーズ

FX業者の取引高ランキング
(画像=マネーパートナーズより引用)

会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
マネーパートナーズ 1兆1,108億 36万7,482 467億円 上場 公式サイト
※出典:マネーパートナーズ(2023年12月現在)

マネーパートナーズのサービス概要
マネーパートナーズ
取引単位 1万通貨
通貨ペア 28種類
スプレッド 米ドル/円:0.2銭(*3)
ユーロ/円:0.4銭(*3)
英ポンド/円:0.7銭(*3)
豪ドル/円:0.5銭(*3)
※原則固定(例外あり)
トルコリラ/
円のスワップポイント
(*1)
17円
ツール スマホ:2種類
PC:1種類
ブラウザ:1種類
スキャルピング公認
詳細 公式サイト
(*1) 1万通貨あたり、2024年1月23日の買いスワップポイント
(*3) キャンペーンスプレッド(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
出典:マネーパートナーズ(2024年1月23日現在)

マネーパートナーズは、「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」の2つのサービスを提供している。大きな違いは取引単位で、パートナーズFXは1万通貨単位、パートナーズFXnanoは100通貨単位で取引できる。

1,000通貨から取引可能なFX会社はあるが、100通貨単位は珍しいでしょう。取引を始めたばかりなど、少額でリスクを抑えてトレードしたい人におすすめです。

マネーパートナーズの2023年取引高1兆1,108億は、2022年の1兆4,122億から21%減少した。2023年の前年比取引高の減少は、外為どっとコムの5%減よりも減少が大きいものの、GMO外貨の34%減よりは落ち込みを抑えている。

パートナーズFXnanoは特定の通貨ペアと一定の注文数量までなら、スプレッド0で取引できる。以下の表でパートナーズFXと比べてみよう。

<パートナーズFXnanoでスプレッド0の通貨ペア>
通貨ペア パートナーズFX パートナーズFXnano
米ドル/円 0.2銭
(9:00~27:00)(*3)
0.0銭
(9:00~27:00、5万通貨まで)
(*4)
ユーロ/円 0.4銭
(9:00~17:00)(*3)
0.0銭
(9:00~27:00、1万通貨まで)
英ポンド/円 0.7銭
(9:00~17:00)(*3)
0.0銭
(9:00~27:00、5,000通貨まで)
豪ドル/円 0.5銭
(9:00~17:00)(*3)
0.0銭
(9:00~27:00、1万通貨まで)
メキシコペソ/円 0.2銭
(9:00~14:00)(*3)
0.0銭
(9:00~27:00、3万通貨まで)
(*3) キャンペーンスプレッド(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
(*4) nanoスプレッドキャンペーン米ドル/円5万通貨まで0.0銭(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
出典:マネーパートナーズ(2024年1月23日現在)

FXはスプレッドが小さいほど利益が出やすいため、スプレッド0のトレード環境があるのはメリットだ。

ただし、パートナーズFXnanoは証拠金維持率が100%に固定されており、初期設定で40%のパートナーズFXよりもロスカットされるリスクが高い。

証拠金維持率とは
証拠金に対するポジションの時価評価の割合のこと。「(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」で計算できる。証拠金維持率が高いうちはレバレッジのリスクは低い状態といえるが、一定の水準を下回ると自動的にロスカットの対象になる。
ロスカットとは
含み損が一定の証拠金維持率を割り込んだ場合に、ポジションが強制的に決済される仕組みを指す。自動決済で損失を確定することで、それ以上の損失拡大を防ぐ安全装置の役割がある。

例えば、ロスカット水準が40%で、米ドル/円を1万通貨取引する場合、いくらまで純資産額(証拠金+未決済損益)が減れば強制決済されるのか考えてみよう。

ここでは前日の通貨ペアの終値が135円の場合、1万通貨あたりの証拠金が5万4,000円だったとする。パートナーズFXの場合、純資産額が「5万4,000円×40%=2万800円」まで下がるとロスカットの対象になる。

一方、パートナーズFXnanoは証拠金維持率が100%に固定されており、純資産額が必要証拠金ぎりぎりの場合、少しでも含み損になるとロスカットされてしまうため、通常よりも証拠金維持率には気を配る必要がある。

松本 雄一

少額で取引できるといっても証拠金には余裕を持ち、過度なレバレッジのトレードはしないほうがいいでしょう。
松本雄一(金融ライター)

マネーパートナーズの詳細を見る
(公式サイト)

FXの口座数ランキングTOP5!

FX業者の取引高ランキング
(画像=MONEY TIMES編集部)

FXの口座数ランキングの1位はGMOクリック証券(FXネオ)で81万1,648口座だ。2位外為どっとコムで60万6,364口座である。そのほかランクインしたFX会社は下表の通りだ。

GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

口座数ランキング
1 2 3 4 5
会社 GMOクリック証券 外為どっとコム GMO外貨株式会社 マネーパートナーズ HIROSE-FX
口座数 81万1,648 60万6,364 45万9,851 36万7,482 31万1,068
2023年
取引高
14兆119億 4兆8,455億 3兆5,193億 1兆1,108億 6兆8,826億
証拠金
残高
2,445億円 1,304億円 1,076億円 467億円 654億円
上場・
非上場
上場 非上場 上場 上場 上場
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

口座数は、人気度を測るシンプルな指標でわかりやすい。口座数が多いということは、開設する何らかのメリットがあると考えられる。例えば以下のことが挙げられる。

口座数が多い会社のメリット
・スプレッドが狭い
・取引ツールが使いやすい
・情報収集ができる
・取引したい通貨ペアがある
・スキャルピングができる
・スワップポイントが高い
・口座開設キャンペーンがある

FX会社はどこの会社でもトレードはできるが、それぞれ特徴が異なる。複数開設しておけば、取引スタイルによって使い分けることもできるため、自分にメリットがありそうなFX口座は開設を検討してみよう。

ランクインした各社の特徴をそれぞれ見ていこう。

口座数1位,GMOクリック証券(FXネオ)

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMOクリック証券より引用)

順位 会社 口座数 2023年取引高 証拠金残高 上場・非上場 詳細
1位 GMOクリック証券 81万1,648 14兆119億 2,445億円 上場 公式サイト
※出典:GMOクリック証券(2023年12月現在)

口座数ランキング1位のGMOクリック証券の口座数81万1,648(2023年12月現在)は、2位の外為どっとコムの口座数60万6,364より34%も多いです。

GMOクリック証券の2023年12月口座数は前年同月から5.2%増加した。2022年12月は前年同月比5.1%増であり、2021年12月は前年同月比4.8%増と、年5%程度ずつ口座数が増えている。

GMOクリック証券の口座数と前年同月比
年月 口座数 前年同月比
2023年12月 81万1,648 5.2%
2022年12月 77万1,555 5.1%
2021年12月 73万4,140 4.8%
2020年12月 70万0,473

GMOクリック証券(FXネオ)は業界最小水準のスプレッドをうたっており、メイン口座として利用するのにおすすめだ。主な通貨ペアでスプレッドを比較してみよう。
※GMOクリック証券は原則固定単位

会社 GMOクリック証券 外為どっとコム GMO外貨株式会社 マネーパートナーズ HIROSE-FX
米ドル/円 0.2銭
常時
0.2銭
※原則固定
(例外あり)
9:00~27:00
0.2銭原則固定
8:00~27:00
0.2銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
9:00~27:0
0.2銭
10:00~28:00
ユーロ/円 0.4銭
常時
0.4銭
※原則固定
(例外あり)
キャンペーン
スプレッド(*2)
9:00~27:00
0.4銭原則固定
8:00~27:00
0.4銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
9:00~17:00

0.3銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
17:00~27:00
0.4銭
10:00~28:00
英ポンド/円 0.9銭
常時
0.9銭
※原則固定
(例外あり)
9:00~27:00
0.9銭原則固定
8:00~27:00
0.7銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
9:00~17:00

0.5銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
17:00~27:00
0.9銭
10:00~28:00
豪ドル/円 0.5銭
常時
0.5銭
※原則固定
(例外あり)
キャンペーン
スプレッド(*2)
9:00~27:00
0.5銭原則固定
8:00~27:00
0.5銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
9:00~17:00

0.3銭
キャンペーン
スプレッド(*3)
17:00~27:00
0.5銭
常時
(*1)1取引10万通貨まで、かつ1日500万通貨まで
(*2)キャンペーンスプレッド(詳細は外為どっとコム公式サイトを参照)
(*3)キャンペーンスプレッド(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
出典:GMOクリック証券外為どっとコムGMO外貨株式会社マネーパートナーズヒロセ通商(2024年1月28日現在)

GMOクリック証券のスプレッドは、時間に関わらず最小水準なのが特徴だ。

他社は時間で区切られており、上記以外の時間ではスプレッドが広がってしまう。

松本 雄一

GMOクリック証券は原則いつでも同じスプレッドで取引できるので、トレードのチャンスを逃さないためにも口座を持っておいて損はないでしょう。
松本雄一(金融ライター)

\スプレッドがいつでも業界最小水準!/
GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

口座数2位,外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

FX業者の取引高ランキング
(※出典:外為どっとコム)

順位 会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
2位 外為どっとコム 60万6,364 4兆8,455億 1,304億円 非上場 公式サイト
※出典:外為どっとコム(2023年12月現在)

外為どっとコムの2023年12月の口座数は、前年同月から4.1%増加して60万6,364だった。2022年は前年同月から2.8%増え、2021年は前年同月から8.1%増えている。年によって増加率にバラツキがあるが、口座数は着実に増加している。

外為どっとコムの口座数と前年同月比
年月 口座数 前年同月比
2023年12月 60万6,364 4.1%
2022年12月 58万2,499 2.8%
2021年12月 56万6,668 8.1%
2020年12月 52万4348

年5%程度ずつ口座数が増えている1位GMOクリック証券と比べても、増加率では外為どっとコムは遜色がないといえる。外為どっとコムの口座数(2023年12月現在)は、GMOクリック証券の75%ほどである。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)は、新規口座開設キャンペーンのキャッシュバック金額が大きい。

条件をクリアした場合、合計で最大100万2,000円のキャッシュバックが受けられます。

適用条件は以下の4つだ。

<新規口座開設キャンペーンの条件>
1. 『外貨ネクストネオ』口座を新規開設
2. 本キャンペーンにエントリー
3. 『外貨ネクストネオ』で1万通貨以上の新規注文の取引を1回行う(2,000円キャッシュバック)
4. 『外貨ネクストネオ』で新規注文の取引を行う(1,000円~100万円キャッシュバック

4.の新規注文の取引量は、口座開設してからおよそ2ヵ月間の合計で、以下を達成すれば適用される。

<対象期間中の取引量条件>
・20万通貨以上~100万通貨未満……1,000円キャッシュバック
・100万通貨以上~500万通貨未満……3,000円キャッシュバック
・500万通貨以上~1,000万通貨未満……1万円キャッシュバック
・1,000万通貨以上~100,000万通貨未満……100万通貨ごとに1,000円キャッシュバック
・100,000万通貨以上~……100万円キャッシュバック

※出典:外為どっとコム「『外貨ネクストネオ』口座開設キャッシュバックキャンペーン」
松本 雄一

キャンペーンの内容は変更される可能性もあるので、最新情報は公式サイトで確認しましょう。既存利用者も対象のお得なキャンペーンも充実しています。その他開催中のキャンペーンの確認もおすすめです。
松本雄一(金融ライター)

\条件クリアで最大100万2,000円のキャッシュバック!/
外為どっとコムの詳細を見る
(公式サイト)

口座数3位,GMO外貨株式会社

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMO外貨株式会社より引用)

順位 会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
3位 GMO外貨株式会社 45万9,851 3兆5,193億 1,076億円 上場 公式サイト
※出典:GMO外貨株式会社(2023年12月現在)

GMO外貨の2023年12月の口座数は45万9,851で、前年同月から4.5%増えた。2022年は前年同月から3.2%増、2021年は前年同月から5.2%増と口座数は増え続けている。

GMO外貨の口座数と前年同月比
年月 口座数 前年同月比
2023年12月 45万9,851 4.5%
2022年12月 43万9,953 3.2%
2021年12月 42万6,105 5.2%
2020年12月 40万4,675

GMO外貨の口座数増加率は年3~5%ほどであり、GMOクリック証券や外為どっとコムと比べて遜色がないといえる。GMO外貨の口座数(2023年12月現在)は、GMOクリック証券の57%ほどである。

外貨exは、スマホアプリの評判が良い。もともとはIT企業であるヤフーグループのFX会社であったため、非常に使いやすいスマホアプリを利用できる。

直感的に操作でき、発注はチャートをみながらワンタップで注文可能だ。4画面チャートでは「4画面×4=16パターン」を登録できるため、チェックしたい通貨ペアが複数あってもすぐに確認しやすい仕様である。

<GMO外貨株式会社のスマホアプリの口コミ>

40代|男性
【アプリが便利】

さまざまな取引ツールの中から最適なものを選べますし、アプリの機能性も良いです。相場を見ながら注文できるワンタップ注文ができたり、最大4つのチャートを同時に表示できたりと、多数の機能が整っているので大変便利だと思います。

30代|男性
【FX初心者にやさしい】

スマホアプリは直感的な操作性に優れているので、パソコンより扱いやすいでしょう。

20代|男性
【アプリが重い時がある】

iPhoneで取引をしていますが、時間帯によっては他社に比べてアプリが重い感じがします。短期売買で勝負をかけるような人は注意したほうがいいかもしれません。為替情報が見にくいので、情報源はここだけだと足りないと感じます。

出典:MONEY TIMES編集部がクラウドワークスで調査

松本 雄一

FXのトレードでは、ストレスをためずに操作ができる使い勝手の良いスマホアプリを選ぶのも重要です。興味があれば、使用感などを1度試してみるといいでしょう。
松本雄一(金融ライター)

\スマホアプリが使いやすいと評判!/
GMO外貨株式会社の詳細を見る
(公式サイト)

口座数4位,マネーパートナーズ

FX業者の取引高ランキング
(画像=マネーパートナーズより引用)

順位 会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場
4位 マネーパートナーズ 36万7,482 1兆1,108億 467億円 上場
※出典:マネーパートナーズ(2023年12月現在)

マネーパートナーズの2023年12月の口座数は36万7,482で、前年同月から3.3%増えた。2022年は前年同月から2.7%増、2021年は前年同月から1.6%増と順調だといえる。

マネーパートナーズの口座数と前年同月比
年月 口座数 前年同月比
2023年12月 36万7,482 3.3%
2022年12月 35万5,911 2.7%
2021年12月 34万6,625 1.6%
2020年12月 34万1,086

他社と口座数増加率を比べると、他社は年5%程度が多いが、マネーパートナーズは年2%前後と少し低めだ。

マネーパートナーズには100通貨単位で取引できる「パートナーズFXnano」があるため、FXを始めたばかりで練習したい場合や、あまり取引しない通貨ペアを試しにトレードしてみたい場合などにおすすめだ。

最小の100通貨なら、必要証拠金も数百円で少額から始められます。

以下の通り、米ドル/円やユーロ/円など、人気の通貨ペアも600円前後の必要証拠金があれば取引可能だ。

<100通貨をトレードするときの必要証拠金>
通貨ペア 必要証拠金
米ドル/円 600円
ユーロ/円 640円
豪ドル/円 390円
英ポンド/円 760円
ユーロ/米ドル 640円
出典:マネーパートナーズ 、2024年2月7日現在

松本 雄一

まずはパートナーズFXnanoで練習し、慣れてきたら1万通貨単位で取引できる「パートナーズFX」の利用を検討してみましょう。
松本雄一(金融ライター)

マネーパートナーズの詳細を見る
(公式サイト)

口座数5位,ヒロセ通商(LION FX)

FX業者の取引高ランキング
(画像=ヒロセ通商より引用)

順位 会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
5位 HIROSE-FX 31万1,068 6兆8,826億 654億円 上場 公式サイト
※出典:ヒロセ通商(2023年12月現在)

ヒロセ通商の2023年12月の口座数は31万1,068で、前年同月から微減した。2022年は前年同月から5.3%増、2021年は前年同月から5.6%増であった。

ヒロセ通商の口座数と前年同月比
年月 口座数 前年同月比
2023年12月 31万1,068 ▲0.0%
2022年12月 31万1,149 5.3%
2021年12月 29万5,580 5.6%
2020年12月 27万9,805
※出典:ヒロセ通商

2023年に口座数が微減した要因は、8月のLION BO(バイナリーオプション)サービス終了に伴うものであり、FXには影響ないようだ。2023年を除けば年5%ほど口座数が増えており、他のFX業者と遜色はない。

ヒロセ通商はさまざまな食品をプレゼントするキャンペーンを実施している異色のFX会社だ。

誰でも参加しやすいのは、決済損益の数字が「ゾロ目」の場合に当選するキャンペーンである。

約定履歴の各決済損益に「0,1,2,3,4,5,6,7,8,9」の中で同じ数字が連続で3つ以上並べばプレゼントを受け取れる。決済損益がマイナスでも当選するので、損益に関係なく受け取れる可能性がある。

出典:ヒロセ通商「LION FXのゾロ目キャンペーン」
松本 雄一

他にも食品キャンペーンなどを毎月実施しているため、口座開設しておけばいつでも参加できます。
松本雄一(金融ライター)

<ヒロセ通商のキャンペーン(一部)>(2024年2月6日現在)
・豪ドル円限定 国産高級黒毛和牛300gプレゼント!
・大阪で愛される味大集合!LION FX中華祭!
・ゾロ目でほっこり!ぷるもち水餃子プレゼントキャンペーン!

出典:ヒロセ通商「キャンペーン一覧 2024」

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

FX会社の証拠金残高ランキングTOP5!

FX業者の取引高ランキング
(画像=MONEY TIMES編集部)

証拠金残高ランキングの1位はGMOクリック証券(FXネオ)の2,445億円で、2位は外為どっとコムの1,304億円だ。

GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

証拠金残高もFX会社を選ぶ際に参考になる要素の1つである。証拠金残高が多ければ、多くの利用者数がいたり、大きい取引が行われていたりする可能性がある。

証拠金残高ランキング
1 2 3 4 5
会社 GMOクリック証券 外為どっとコム GMO外貨株式会社 HIROSE-FX マネーパートナーズ
証拠金残高 2,445億円 1,304億円 1,076億円 654億円 467億円
2023年
取引高
14兆119億 4兆8,455億 3兆5,193億 6兆8,826億 1兆1,108億
口座数 81万1,648 60万6,364 45万9,851 31万1,068 36万7,482
上場・
非上場
上場 非上場 上場 上場 上場
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

上記のランキングを見ても、証拠金残高が多い会社は、取引高と口座数も多い傾向がある。それだけ信用力が高いとも考えられ、口座開設の際には証拠金残高を考慮したい。

ただし証拠金残高の多いFX会社が自分にとって最適とは限らないため、サービス内容や取り扱い通貨ペア、取引ツールなどを比較して検討しよう。

証拠金残高1位,GMOクリック証券(FXネオ)

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMOクリック証券より引用)

順位 会社 証拠金残高 2023年取引高 口座数 上場・非上場 詳細
1位 GMOクリック証券 2,445億円 14兆119億 81万1,648 上場 公式サイト
※出典:GMOクリック証券(2023年12月現在)

GMOクリック証券の証拠金残高(2023年12月現在)は2,445億円で、2位外為どっとコム1,304億円の約1.9倍であり、2位以下と大きな差をつけています。

GMOクリック証券の2023年12月の証拠金残高は、前年同月から5.4%の増加であった。2022年は前年同月から10.2%増、2021年は前年同月から1.6%増である。

GMOクリック証券の証拠金残高と前年同月比
年月 証拠金残高 前年同月比
2023年12月 2,445億円 5.4%
2022年12月 2,320億円 10.2%
2021年12月 2,106億円 1.6%
2020年12月 2,072億円

2022年の証拠金残高が大きく増えた要因として、取引高ランキングのところで紹介した値幅の大きさが想定できる。米ドル/円レートは2022年に35円ほど大きく動いたために、2022年はFX取引の資金が流入したと考えられる。

GMOクリック証券(FXネオ)は、証拠金残高、取引高、口座数でトップクラスのFX会社だ。業界最小水準のスプレッドや充実した取引ツールなど、総合力が高いといわれている。

口座開設をすれば、口座連携したユーザーのリアルな決済情報を閲覧可能な「トレードアイランド」に参加できる。

松本 雄一

成績上位者の中には1日で数百万円から1,000万円以上の利益を上げている人もいます。初心者にはモチベーションアップになるでしょう。マイページでは自分の取引履歴を確認でき、ほかの投資家と比較することでトレーディングスキルのレベルアップも期待できます。
松本雄一(金融ライター)

\ほかのユーザーの決済情報を参考にトレードできる!/
GMOクリック証券の詳細を見る
(公式サイト)

証拠金残高2位,外為どっとコム(外貨ネクストネオ)

FX業者の取引高ランキング
(画像=外為どっとコムより引用)

順位 会社 2023年取引高 口座数 証拠金残高 上場・非上場 詳細
2位 外為どっとコム 1,304億円 4兆8,455億 60万6,364 非上場 公式サイト
※出典:外為どっとコム(2023年12月現在)

外為どっとコムの証拠金残高(2023年12月現在)は1,304億円で、GMOクリック証券の証拠金残高2,445億円の53%ほどである。

外為どっとコムの2023年12月の証拠金残高は、前年同月から5.6%増加した。2022年は前年同月から3.5%増、2021年は前年同月から3.8%増である。外為どっとコムは、2020年から年3~5%増と証拠金残高が着実に増えている。

外為どっとコムの証拠金残高と前年同月比
年月 証拠金残高 前年同月比
2023年12月 1,304億円 5.6%
2022年12月 1,235億円 3.5%
2021年12月 1,193億円 3.8%
2020年12月 1,149億円

外為どっとコムは、投資家から選ばれてきた老舗のFX会社である。外為どっとコムは下表にある通り、競合他社よりも早い、2002年4月にサービスを開始した。

FX会社 FXサービス提供開始
外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 2002年4月
GMOクリック証券(FXネオ) 2006年10月
GMO外貨株式会社 2003年11月
ヒロセ通商(LION FX) 2005年9月
マネーパートナーズ 2005年6月

テクニカル分析が苦手な人には、「ぴたんこテクニカル」というサービスを用意している。このサービスには2つの機能がある。

1つは売買シグナルの強さをお天気マークで表示する「お天気シグナル」、もう1つは過去チャートから未来の予測チャートを表示する「みらい予測チャート」である。2つの機能から相場状況を直感的に把握できる便利なツールで、トレードを手助けしてくれる。

松本 雄一

営業実績が長いため、これからFXを始める人も安心して取引できるでしょう。初心者向けにオンラインセミナーや情報サイトも提供しており、着実なスキルアップを目指せる環境もあり、FXデビューにふさわしい口座です。
松本雄一(金融ライター)

証拠金残高3位,GMO外貨株式会社

FX業者の取引高ランキング
(画像=GMO外貨株式会社より引用)

順位 会社 証拠金残高 2023年取引高 口座数 上場・非上場 詳細
3位 GMO外貨株式会社 1,076億円 3兆5,193億 45万9,851 上場 公式サイト
※出典:GMO外貨株式会社(2023年12月現在)

GMO外貨の証拠金残高(2023年12月現在)は1,076億円で、GMOクリック証券の証拠金残高2,445億円の53%ほどである。

GMO外貨の2023年12月の証拠金残高は、前年同月から3.5%の増加だ。2022年は前年同月から0.01%減少している。

GMO外貨の証拠金残高と前年同月比
年月 証拠金残高 前年同月比
2023年12月 1,076億円 3.5%
2022年12月 1,040億円 ▲0.01%
2021年12月 1,051億円

2021年のGMO外貨と2位の外為どっとコムの証拠金残高の差は142億円だった。GMO外貨は2022年の証拠金残高の微減があり、2023年にはGMO外貨と外為どっとコムの証拠金残高の差は228億円に広がっている。

GMO外貨株式会社は、取引ツールのスマホアプリが使いやすいことやレバレッジを「1倍・10倍・25倍」の3種類から選べることがメリットだ。レバレッジを低めに設定しておけば損失が大きくなりにくいため、スマホから気軽に取引したい人におすすめだ。

スマホアプリが使いやすいとはいえ、短期間に高頻度の売買を繰り返すスキャルピングはしないほうが無難である。

GMO外貨株式会社はスキャルピングを公認はしていないため、通常の取引にとどめておくほうがよさそうだ。約款にも強制決済などの措置を取る事由の1つに以下の記述がある。

(7) お客さまが短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が合理的に認めた場合。
引用:外貨ex「2022年11月30日(水)外貨ex約款・取引説明書一部改訂に関するお知らせ」

よほどの取引でない限り強制決済にはならないかもしれませんが、スキャルピングをするなら公認しているヒロセ通商などのFX会社を利用するのをおすすめします。

\リスクを抑えてスマホから気軽にトレードできる!/
GMO外貨株式会社の詳細を見る
(公式サイト)

証拠金残高4位,ヒロセ通商(LION FX)

FX業者の取引高ランキング
(画像=ヒロセ通商より引用)

順位 会社 証拠金残高 2023年取引高 口座数 上場・非上場 詳細
4位 HIROSE-FX 654億円 6兆8,826億 31万1,068 上場 公式サイト
※出典:ヒロセ通商(2023年12月現在)

ヒロセ通商の証拠金残高(2023年12月現在)は654億円で、GMOクリック証券の証拠金残高2,445億円の27%ほどである。

ヒロセ通商の2023年12月の証拠金残高は、前年同月から6.0%増加した。2022年は前年同月から5.8%増え、2021年は前年同月からほとんど変化がなかった。2022年以降の証拠金残高は、年6%ほど順調に増えている。

ヒロセ通商の証拠金残高と前年同月比
年月 証拠金残高 前年同月比
2023年12月 654億円 6.0%
2022年12月 617億円 5.8%
2021年12月 583億円 0.0%
2020年12月 583億円
※出典:ヒロセ通商

ヒロセ通商(LION FX)は食品のプレゼントキャンペーンで有名だが、実は「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続総合1位に輝いている。2024年に1位になった項目は、以下の11個だ。

分類 項目 順位
評価項目別 口座開設・特典 1位
取引手数料 1位
通貨ペア、発注方法 1位
取引のしやすさ 1位
分析ツール 1位
システムの安定性 1位
業態別 FX専門業者 1位
投資スタイル別 スキャルピングトレード 1位
デイトレード 1位
スイングトレード 1位
デバイス別 PC 1位

評価項目「通貨ペア、発注方法」「分析ツール」は8年連続1位、業態別「FX専門業者」は9年連続1位、投資スタイル別「スキャルピングトレード」は10年連続1位を獲得しており、顧客満足度の高いFX会社だ。

2024年のオリコンFX総合ランキングTOP10は以下だ。

おすすめのFXランキングTOP10(2024年)
順位 FX会社 スコア
1位 ヒロセ通商 72.3点
2位 外為どっとコム 70.3点
3位 SBI FXトレード 70.1点
4位 野村證券 70.0点
5位 マネーパートナーズ 69.8点
6位 GMOクリック証券 69.3点
7位 GMO外貨 69.2点
8位 松井証券 69.2点
9位 楽天銀行 68.8点
10位 SBI証券 68.7点
出典:オリコン

オリコンのFXランキングは2010年より調査発表を開始した。15回目の2024年は、ヒロセ通商が、5年連続通算9度目(2012年度、2014年度、2014-2015年、2015年、2020年~2024年)の総合1位を獲得した。

出典:PR TIMES

ヒロセ通商の詳細を見る
(公式サイト)

証拠金残高5位,マネーパートナーズ

FX業者の取引高ランキング
(画像=マネーパートナーズより引用)

順位 会社 証拠金残高 2023年取引高 口座数 上場・非上場 詳細
5 マネーパートナーズ 467億円 1兆1,108億 36万7,482 上場 公式サイト
※出典:マネーパートナーズ(2023年12月現在)

マネーパートナーズの2023年12月の証拠金残高467億円は、前年同月から12.9%の減少であった。2022年は前年同月から0.6%減り、2021年は前年同月から11.9%減った。

マネーパートナーズの証拠金残高と前年同月比
年月 証拠金残高 前年同月比
2023年12月 467億円 ▲12.9%
2022年12月 536億円 ▲0.6%
2021年12月 539億円 ▲11.9%
2020年12月 612億円

マネーパートナーズの証拠金残高は、2020年にはヒロセ通商の583億円より多かったものの、2021年にはヒロセ通商の583億円と逆転した。

2023年のマネーパートナーズの証拠金残高は、ヒロセ通商の654億円より29%ほど少ない。

マネーパートナーズは、100通貨単位の「パートナーズFXnano」で取引すれば、以下の5通貨ペアがスプレッド0でトレードできる。

<パートナーズFXnanoでスプレッド0の通貨ペア>
・米ドル/円(5万通貨まで)(*4)
・ユーロ/円(1万通貨まで)
・英ポンド/円(5,000通貨まで)
・豪ドル/円(1万通貨まで)
・メキシコペソ/円(3万通貨まで)

(*4) nanoスプレッドキャンペーン米ドル/円5万通貨まで0.0銭(詳細はマネーパートナーズ公式サイトを参照)
松本 雄一

パートナーズFXnanoは少額のみの取引ですが、コストをかけずにトレードしたい場合は口座開設を検討してみましょう。
松本雄一(金融ライター)

マネーパートナーズの詳細を見る
(公式サイト)

よくあるQ&A

FX会社の口座数ランキングは?
2023年の口座数ランキングは、1位:GMOクリック証券(FXネオ)の81万1,648、2位:外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の60万6,364、3位:GMO外貨株式会社の45万9,851、4位:マネーパートナーズの36万7,482、5位:ヒロセ通商(LION FX)の31万1,068である。
FXの証拠金残高ランキングは?
2022年のFX証拠金残高ランキングは、1位:GMOクリック証券(FXネオ)の2,320億円、2位:外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の1,200億円、3位:GMO外貨株式会社の1,040億円、4位:ヒロセ通商(LION FX)の710億円、5位:マネーパートナーズの536億円である。
FXの取引時間は?ドル円は何時から?
原則として平日と祝日のほぼ24時間取引が可能だ。土日は一部を除いて各市場が休場となるため、基本的には取引できない。ドル円についても同様である。土曜日早朝までの取引時間と月曜日の朝何時から取引できるのかは、FX会社によって異なるため確認しておこう。
FXの値動きが激しい時間帯は?
世界でも取引量の多いロンドン市場とニューヨーク市場の時間が重なる21時〜深夜2時頃は、特に値動きが激しくなりやすい。21時以降は米国の重要な経済指標が発表されることもあり、相場が想定以上に動くこともある。
FXの取引が多い通貨ペアは?
日本で最も取引が多い通貨ペアは、米ドル/円である。2023年12月は1,074兆円の取引金額があり、上位10通貨ペアのうち89.2%のシェアを占めていた。次に英ポンド/円(38兆円・3.2%)、ユーロ/円(31兆円・2.6%)が続く。
FXの主要3通貨は?
世界のFXの主要3通貨は米ドル、ユーロ、円である。2022年の外為市場の取引額でも1位が米ドル、2位がユーロ、3位が円であった。通貨ペアのシェアは1位の米ドル/ユーロが22.7%、2位の米ドル/円が13.5%を占めている。
日本のFX口座数は?
2023年7~9月現在で約1,108万口座あり、1年前の同時期より約65万口座増加している。口座数は増加基調で、3年前の2020年から約215万口座増えている。しかし取引実績があるのは約79万口座である。

出典:一般社団法人金融先物取引業協会「店頭外国為替証拠金取引(Retail FX Margin Trading / OTC)」(2023年11月30日現在)

松本雄一
執筆・松本雄一
群馬大学工学部情報工学科卒業。外資系コンピューター会社にて、ITサービス・トランジションやセキュリティ対策に携わり独立。
自らの投資経験をもとに、株式・投資信託や証券会社などの情報を発信。金融アドバイザーとして、これまでに300件以上の金融記事の執筆を手掛けている。興味のある分野はフィンテックや新しい金融商品など。
群馬大学工学部情報工学科卒業。外資系コンピューター会社にて、ITサービス・トランジションやセキュリティ対策に携わり独立。
自らの投資経験をもとに、株式・投資信託や証券会社などの情報を発信。金融アドバイザーとして、これまでに300件以上の金融記事の執筆を手掛けている。興味のある分野はフィンテックや新しい金融商品など。