2ちゃんねるの創設者という経歴、肩書きが不要なほど知られる存在となった、ひろゆきこと西村博之氏。『1%の努力』(ダイヤモンド社)をはじめとした著書はもとより、TwitterやYouTubeなどでの発言も常に注目を集めている。氏の姿勢は賛否分かれるものが少なくないが、くどくど説明しない、短い発言には、多くの人が「耳にしたくない」真実が含まれているように思われる。

コロナ禍で社会が、働き方が、生活が大きく変わった。新たに迎えた2022年をよりよい1年にするためのヒントを(ファンもアンチも)見つけて欲しい(インタビューは21年12月上旬に行われました)。

聞き手・濱田 優(dメニューマネー編集長)

新卒の若者がすぐ会社を辞めるといわれて久しい。ひろゆき氏は「新卒ですぐ会社を辞めるのはよくない」というが、それはなぜだろうか。最近注目されている仮想通貨・暗号資産に対するスタンスも聞いた。

新卒は入社して「この会社、●●だ」と思ってもすぐ辞めないほうがいい

1.ひろゆきが「新卒はすぐ会社を辞めるな」というのはなぜ?

──キャリアについての質問です。新卒の若者とかが半年とかで転職すると「辞めグセがあると思われるからよくない」と指摘されていました。

それもあるんですけど、社会人になったばかりの人が「この会社クソだな」って思ったとしても、ほかの会社はもっとひどい可能性がありますからね。比較対象をちゃんと情報として持ってなかったりするし、ある程度の期間いないと、その会社が本当にヤバいのかどうかって分からなかったりしますから。

既に何社か見てきた人が「あ、この会社はクソだ」って思うのと、22歳の若者が初めて入った会社をそう思うのって、全然。意味が違います。

んでわりと今、新卒だと「新卒カード」で結構いい会社に入れる確率が高いので、転職してももっとひどい会社にしか入れないってことがあったりするんで。いい転職先が決まってから辞めるのは全然いいと思いますけどね。働きながら転職先を探して、もっといい条件の会社に入れるってなれば辞めてもいい。この会社がクソだからって辞めてから就職先考えるのは厳しくなるんじゃないかな。

仮想通貨・メジャーじゃない通貨は大暴落があるかも?

──ここ数年、暗号資産・仮想通貨が盛り上がっていますが、この分野についてはどうみてらっしゃいますか?

全体としては伸び続けると思います。多分ビットコインとかメジャーな通貨は大丈夫でしょうけど、そんなにメジャーじゃない通貨が突然大暴落みたいなのは可能性として必ずあるはずなので、ポートフォリオの5%ぐらい入れてみようというのは全然ありだと思うけど、「全額仮想通貨に突っ込む」とかはやめたほうがいいんじゃないですかね。

──ひろゆきさんが個人的に何に投資しているかというのは公開されてるんですか?

本当自分から買ったことはないんですけど、結果的にいっぱい持ってしまっていて、すごい額になっていて売れなくて、面倒くさいので何とかしたいとは思ってます。

──日本だと暗号資産投資の利益は雑所得になっちゃって、分離課税だし損益通算もないし、確定申告も面倒だし……私も勉強がてらちょっとだけ持ってるんですけど、なかなか売れないってなりますね。

会社の資産としてアメリカの会社で持っているので、毎年IRSに申告はしてるんですけど、額が大きいので取引相手がいないんですよね。たとえばビットコイン2000万円分買ってくださいって言っても、あのさっと手をあげている人があんまりなくて。100万円ずつとか売らなきゃいけないんですけど、それ何回やればいいの?みたいな感じです。

NFTも仮想通貨とほぼ一緒

2.ひろゆきが「新卒はすぐ会社を辞めるな」というのはなぜ?

──クリプトの分野ではNFTがいま注目されていますが、どうみてらっしゃいますか? 本質的には仮想通貨とほぼ一緒だと思ってます。うたい文句として、何かの権利が手に入るような誤解を売っているなって思います。

たとえNFTを使って画像を販売しますっていったって、その画像の著作権とか著作財産権は売ってないわけですよ。その画像をNFTを使って所有者として登録されるというだけで、実態として何かの権利が得られるわけではないですよね。

それってビットコインも同じで、1ビットコインはあなたのものですよとブロックチェーンに記録されるだけで実態はないじゃないですか。なのでNFTとビットコインは本質的には実体のないものであるという意味でほぼ同じ。

ただ、そこで、NFTでこの画像売りますってなった時に、その画像の何かの権利をもらえるんじゃないかっていう誤解をする頭の悪い人が一定の割合でいるっていう。ただ仮想通貨のように本当に何もないのとは違って画像という目に見えるものがあるから、「こっちのほうが価値がある」と誤解する人がいる。だから割とお金が集まりやすくなって結果として価格も上がって、投資としては儲かるという構造なのかなと。

──儲けている人たちは、その誤解を誤解させる側の人たちだと。

まあ、でも誤解だったり騙されて買ったりしたとしても、転売して儲ける人がいるのも事実ですよね。

ただどこかで「あれ?これってひょっとして?」って多くの人が気づいて、価格が一気に下がるリスクがあるので、ちゃんと逃げ切れる準備をしておけば、市場に参入してもいいと思いますけど……いずれにしてもポートフォリオの5パーセント以下くらいにしとけ、と思います。

──逆に「これは面白そう」という技術とかサービスとかってありますか?

クリプトのコインでやるゲームは割と広がっていて面白いなあと思いますよね。NFTアートと違って、一応ゲームで装備が買えるとか、ゲームの中で使えるので、まだマシかなと。

少なくともそのゲームの中で使用されるのである程度、ゲーム内でそのインフレがコントロールできるんですよね。運営する側が仮想通貨の回収をすることもできるし。

まあ魅力的な商品・アイテムを出せば、金を出しても買いたいという人は出てくるから、価格がわりと安定させられるから、NFTとか仮想通貨よりひょっとしたらマーケットとして安定するかなと。

──いみじくもそのシステム側の管理コントロールみたいな話がありましたが、もともとビットコインってリバタリアンの思想で、中央集権で反対して作ってみたいな思想があったりすると。思いますが、そこはどうですか?

実態としては、ビットコインがフォークするときに、その中国のマイナーとかで、ものすごい量のマイニングしている人たちが集まって方向を認めるかどうか決めたりしてるわけですよね。中央政府はないけど一部のマイナーが権力を持っているということは変わらない。

そう考えると、どこの誰だか分からない中国人マイナーより、僕は中央政府のほうが安全なんじゃないかな、とは思いますね。

悪い例として、モナコインが51%アタック受けて成長書き換えられたっていうケースがあるので、それに比べたら中央政府のほうがよっぽど安心っていう話です。

取材/構成・濱田 優(dメニューマネー編集長)

ひろゆき氏の新春インタビュー 全5回公開予定

ひろゆきが「日本で不動産を買う」のに否定的な理由(dメニューマネー、1月1日公開)
・ひろゆきが「投資のアドバイス」を求められたらどう答える?日本の婚姻率を上げるには(fuelle、1月2日公開)
・ひろゆきが「新卒はすぐ会社を辞めるな」というのはなぜ?仮想通貨の投資はどう考えるか(本記事)
・ひろゆき「どうでもいい大学は潰したほうがいい」(dメニューマネー、1月4日公開予定)
・ひろゆきが「宝くじを買うこと」を問題視した本当の理由(dメニューマネー、1月5日公開予定)

3.ひろゆきが「新卒はすぐ会社を辞めるな」というのはなぜ?
(画像=ひろゆき 著)

『1%の努力』
ダイヤモンド社 刊
購入はこちらから

ひろゆき(西村博之)
1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴの取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース。主な著書に、『1%の努力』(ダイヤモンド社)、『論破力』(朝日新書)、『誰も教えてくれない日本の不都合な現実』(きずな出版)などがある。

【関連記事】
仕事のストレス解消方法ランキング1位は?2位は美食、3位は旅行……
日本の証券会社ランキングTOP10 規模がわかる売上高1位は?
人気ゴールドカードのおすすめ比較ランキングTOP10!
つみたてNISA(積立NISA)の口座ランキングTOP10
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング