大人のための高性能スマートウォッチ! FOSSIL 『THE CARLYLE HR』ジェネレーション5スマートウォッチ 試用レビューVol.2「外観編」

2020.2.13
SENSE
(画像=Smart Watch Lifeより引用)
(画像=Smart Watch Lifeより引用)
スマートウォッチ黎明期から注目のスマウォを手掛けてきた『フォッシル』。その第5世代となる「THE CARLYLE HR」スマートウォッチを実際に使い込んで長期レビューをお届けする。第2回目は、外観をレポートする。

抜群の高級感で大人の腕にもすんなりフィット

『フォッシル』の第5世代スマートウォッチ「THE CARLYLE HR」には、ラインナップとして、「スモークスチールブレスレット」「シリコンストラップ」「レザーバンド」が存在する。今回は「スモールスチールブレスレット」をフィーチャーしたい。と言うのも、このモデルがもっとも大人にふさわしい一品に感じられるからだ。デジタルガジェットたるスマートウォッチはどうしても品や雰囲気という面で、アナログ時計に劣る。針で時間を指し示す従来の腕時計はそれだけ伝統があるということ。実際、スマートウォッチにはシリコンなどのカジュアルでスポーティーなストラップがセットになっていることが多く、大人っぽさや品はあまり期待されていない。しかし、『フォッシル』「THE CARLYLE HR」のブレスレットモデルを腕にした途端、そんな今までの既成概念が一気に吹き飛ばされた。このスマートウォッチはスーツでもまったく問題ないと感じたのだ。
 
Smart Watch Life
ブレスレットでここまで変わるとは! 3連のステンレススチールブレスレットを装着した「THE CARLYLE HR」は、スーツスタイルにもまったく違和感なく着けこなせる(画像=Smart Watch Lifeより引用)

デジタルガジェットと意識しないで使える完成度

 この「THE CARLYLE HR」のブレスレットモデルは、極めてオーソドックスなラウンドケースに3連ブレスレットを持ち、スマートウォッチを着けるのがまだ気恥ずかしいと思う大人や、場になじまないとしてスマートウォッチを敬遠していたビジネスマンにもおすすめできる。スーツに「AppleWatch」を装着するビジネスマンはよく見かけるようになったが、丸みを帯びたシェイプはどうしてもカジュアルな印象になってしまう。品の良さや大人っぽさなら、この「THE CARLYLE HR」ブレスレットモデルが一歩上を行く。
 とくにマットブラックのスモークステンレススチールは、全体的に落ち着いた印象ながら、3連ブレスレットの中央コマをポリッシュ仕上げにすることで、光が当たるとキラッと輝き、大人っぽい艶を腕元に与えてくれる。それも、品よく輝くので高級感が感じられるし、なにより着けている者に安心感を与えるステンレススチールの剛性感は、シリコンストラップでは味わえないもの。
 また、上下2つのプッシュボタンもデザインアクセントとして良好。アナログ時計ならばクロノグラフ作動用のボタンとして使用されるが、この「THE CARLYLE HR」では、それぞれのボタンに自由に機能を割り当てられる。アナログ時計に慣れ親しんだ人でもこのデザインはすんなりと受け入れられるはずだ。
 
Smart Watch Life
オーセンティックな丸形ケース。ベゼルの面積が狭く、ディスプレイが目の前に迫ってくるかのような迫力が感じられる。当然視認性もいい。「AppleWatch」の角型よりもラウンドケースの方がしっくりくる人はこちらがおすすめだ。(画像=Smart Watch Lifeより引用)
Smart Watch Life
シンプルで小振りなプッシュボタンとリューズ。アンティークにも見られる旧き良きスタンダードなディテールなので、最新のデジタルガジェットを気負いなく着けこなせる。(画像=Smart Watch Lifeより引用)
Smart Watch Life
ブレスの磨き分けも見事。スマートウォッチに高級感を求めるのはかなり酷だが、この「THE CARLYLE HR」は、びっくりするほど高級感がある。これならフォーマルな場でも大丈夫だ。少なくとも「AppleWatch」よりは浮くことはないだろう。(画像=Smart Watch Lifeより引用)
Smart Watch Life
便利なDバックルを装備し、使い勝手もいい。全体的に外装のクオリティは非常に高い。(画像=Smart Watch Lifeより引用)

大人が待ちに待ったスマートウォッチ

 前にも述べたとおり、スマートウォッチを買う際に必ず選択肢にあがるであろう「アップルウォッチ」は、丸みを帯びたデザインで、少々子供っぽい印象がある。また、世の多くのスマートウォッチメーカーは、未来的なデザインにしたがる。もちろん、最先端のデバイスなのだからそうしたい気持ちも分かるが、特に40歳以上の大人には辛いものがあることは事実。特に責任ある管理職の人やスーツでビシッと決めたい人にとって、チープなラバーバンドのスポーティなデジタルガジェットを腕にするのは憚られる。この「THE CARLYLE HR」はそんな人に待望のルックスを持ったスマートウォッチなのだ。
 
Smart Watch Life
(画像=出典:https://www.amazon.co.jp、Smart Watch Lifeより引用)
FOSSIL 『THE CARLYLE HR』ジェネレーション5スマートウォッチ

価格:41,998円 (税抜)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

●大人には革ベルトバージョンもおすすめ
 
Smart Watch Life
(画像=出典:https://www.amazon.co.jp、Smart Watch Lifeより引用)
FOSSIL 『THE CARLYLE HR』ジェネレーション5スマートウォッチ

価格:35,915円 (税抜)

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

提供元・Smart Watch Life

【関連記事】
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
初心者が摂りたい筋トレの効果を高めるサプリ4選
「なぜ富裕層は「英国靴」を愛用?庶民は知らない「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」
筋トレBIG3とは?忙しい人こそ実践したいトレーニングを紹介
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 【劇的変身】トヨタ カローラ グローバル・スタンダードへ(FF/1.8L CVT、1.8Lハイブリッド)【試乗記+動画】
NEXT ホンダ・ステップワゴンが一部改良を敢行。ハイブリッド仕様の名称を「e:HEV」に変更

READ MORE...