『GARMIN(ガーミン)』水泳用スマートウォッチの新製品「Garmin Swim 2」を発売

2020.2.11
SENSE
(画像=Smart Watch Lifeより引用)
(画像=Smart Watch Lifeより引用)

■水中心拍計を装備した水泳用GPSスマートウォッチ

『ガーミン』は1月30日(木)より水中心拍計を装備したスイミング用スマートウォッチ「Swim2」を発売する。

搭載される水中心拍計は、水中での心拍の状態を計測することが可能。スイミングモードを搭載しており、距離やペース、ストローク数、ストロークごとの距離や水泳効率の指標を示すSWOLF<25m/50m(1ラップ)を泳ぐのに要した時間(秒)とストローク数の合計>も計測することも可能だ。
また、無酸素運動の閾値を推定することができるクリティカルスイムスピード(CSS)を計測ができ、トレーニングの進捗状況を確認するのに役立つ。さらに、ドリル練習計測機能もある、キック、片手泳ぎ、漕ぎ動作などのドリルの時間と距離を確認することができる。
GPSを搭載しているため、室内プールだけではなく、海や湖、川でも、スイミングのデータを計測することもでき、トライアスロン用途で使用するのもいい。

カラーはホワイトストーンと、スレートの二色展開。価格は税抜29,800円。
 
Smart Watch Life
ホワイトストーンカラー(画像=Smart Watch Lifeより引用)
Smart Watch Life
スレートカラー(画像=Smart Watch Lifeより引用)
<製品仕様>
・製品名      :Garmin Swim 2(ガーミンスイム2)
・価格       :¥29,800(税抜)
・カラー      :Whitestone、Slate
・重量       :36g
・ディスプレイ   :直径42mm
・本体の厚さ    :11.4mm
・バンドサイズ   :外周:129-197mm(Lサイズバンド別売り:151-219mm)
・レンズ素材    :化学強化ガラス
・解像度      :208×208ピクセル
・ディスプレイタイプ:半透過型メモリインピクセル(MIP)、フルカラー
・駆動時間     :スマートウォッチモード最大7日間、
           プールでの水中心拍モード最大60時間、
           GPSモード最大12時間
・防水       :5ATM
・内臓メモリ    :50時間分のアクティビティデータ
・衛星測位     :GPS、GLONASS、GALILEO、みちびき(補完信号)
・内蔵センサー   :光学式心拍センサー、加速度計
・ライフログ機能  :ステップ数、スリープモニタリング、消費カロリー、
           Body Battery、ストレスレベル、週間運動量、移動距離など
・その他機能    :通知機能、天気情報、スマホ探索

提供元・Smart Watch Life

【関連記事】
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
初心者が摂りたい筋トレの効果を高めるサプリ4選
「なぜ富裕層は「英国靴」を愛用?庶民は知らない「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」
筋トレBIG3とは?忙しい人こそ実践したいトレーニングを紹介
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV ホンダ 新型アコード国内導入間近 i-MMDハイブリッドのモノグレード設定
NEXT 三菱アウトランダーPHEV 動く電源で「快適・便利」を持ち出す

READ MORE...