『焼肉ライク』はやっぱりスゴかった。女性の一人客にも支持される、その魅力をレポート

2019.9.25
SENSE
テーブルごとにロースターを設置。狭さは感じられず、快適に過ごせる(画像=Foodist Media)
テーブルごとにロースターを設置。狭さは感じられず、快適に過ごせる(画像=Foodist Media)
少子化、核家族化が進む日本社会。それに伴い、“おひとりさま”をターゲットにした個食需要が高まっている。そんな中、彗星のように現れたのが『焼肉ライク』である。「焼肉のファストフード」をコンセプトに掲げ、一人客を相手に、安価かつスピーディーに焼肉を提供する。外食業界のカリスマ、ダイニングイノベーションの西山知義氏が手掛けた店としても知られている。

2018年8月、新橋に1号店をオープンして以来、現在は国内10店舗、海外2店舗を運営。フランチャイズ展開も始まっており、今後5年間で国内300店を目指すという。

ますます勢いに乗る『焼肉ライク』。その実力はいかほどか!? というわけで実際に行ってきたのでレポートしたい。

Foodist Media
『焼肉ライク 渋谷宇田川町店』は、宇田川交番の少し先にある。人通りも多く最高の立地だ(画像=Foodist Media)

計算され尽くされた店内

足を運んだのは『焼肉ライク 渋谷宇田川町店』。店は宇田川交番と東急ハンズの中間に位置し、人通りも多く立地としては最高の場所だ。店内は19時台ということもあり、ほぼ満席。運よく空いている席があり、待ち時間なしでカウンター席に通された。

店内ではオフスプリングの名曲『All I Want』が流れており、アップテンポな曲調が焼肉への闘志をかき立たせる。このあたりの演出は回転率を意識してのものなのだろうか。なにせ、『焼肉ライク』は一日20回転ほどするらしい。しかも、客自らが肉を焼くという手間がありながら、平均滞在時間はわずか22分だという。ロックな音楽で店内のテンションを高めなければ実現できない数字だ。

注文は席ごとに備え付けてあるiPadで行う。水もセルフだし、ロースターの火も客が点ける。スタッフの業務効率化を目的とした仕組みなのだろうが、客としてもちょっとしたアトラクションみたいで面白い。

Foodist Media
注文はiPadで。初めてでも使いやすい(画像=Foodist Media)
Foodist Media
タレの種類が豊富(画像=Foodist Media)
注文したのは「匠カルビ&ハラミセット 200g」1,200円と「生ビール(グラス)」280円。iPadで注文を確定して待つことわずか30秒。一息つく間もなく料理が運ばれてきた。あまりの早さに、違うテーブルの料理が運ばれてきたのか?と一瞬疑うが、間違いなく自分が頼んだものだ。あらかじめ準備がしやすい料理とはいえ、その提供スピードの早さには驚いた。

Foodist Media
「匠カルビ&ハラミセット 200g」。テーブルにはトレイを収めるための枠があり、そこにピッタリとはまるようになっている(画像=Foodist Media)
生ビールをチビチビ飲みながら肉を焼き始める。火力は割と強めで、肉の脂が滴るたびにロースターから火柱が立つ。ただ、無煙ロースターなので煙や臭いが気になることはない。これは女性客にとっては嬉しい仕様だろう。

さてお味の方は? 肉は米国産のチルドを使用しているらしいが、これがなかなかイケる。カルビはほどよく脂が乗っており、ハラミも肉厚ながらスッとかみ切れるほど柔らかい。タレは濃厚な味わいで、ご飯との相性も抜群。あっという間に完食してしまった。

Foodist Media
12分ぐらいで完食(画像=Foodist Media)

週に1度は通っちゃうかも!?

あっという間に食べ終わってしまったが、おなかの具合はしっかり10分目といったところ。思ったより肉質もよく、1,200円という価格を考えるとコスパは良いと感じる。自宅や勤務先の近くに『焼肉ライク』があったら、きっと週に1度ぐらいは通ってしまうのではないか……。そんな魅力を素直に感じた。

食べ終わり周囲を見回すと、いつの間にか店内は女性客で一杯に。一人客も多く、慣れた手つきでiPadを操作している。ひと昔前なら、女性一人で焼肉を食べに行くなんてあり得なかったが、『焼肉ライク』はそれをいとも簡単に実現した。新たな外食の価値観を生み出したと言ってもいいだろう。

明るくオシャレな内装、汚れや臭いがつかないための工夫、そして優れたコスパ。こうした計算された店づくりにより、今まで「肉食いてぇ!」と声高に言えなかった女子のハートをガッチリと掴んだわけだ。さすが外食のカリスマが手掛ける店である。

今後5年間で国内300店舗を目指すというが、「焼肉のファストフード」という新たな価値観は、日本各地で根づいていくことだろう。

Foodist Media
『焼肉ライク 渋谷宇田川町店』(画像=Foodist Media)
文・『Foodist Media』編集部/提供元・Foodist Media

【関連記事】
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
初心者が摂りたい筋トレの効果を高めるサプリ4選
「なぜ富裕層は「英国靴」を愛用?庶民は知らない「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」
筋トレBIG3とは?忙しい人こそ実践したいトレーニングを紹介
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 「ごはんとみそ汁」こそが、疲れない身体を作る万能食になる
NEXT 医学博士号&MBAを持つ医師が教える「戦略的疲労予防習慣」

READ MORE...