「ドライヘッドスパ」で脳疲労を改善する

2019.9.8
SENSE
(画像=THE21オンラインより)
(画像=THE21オンラインより)

THE21編集部員体験記

その日の疲れは、その日のうちに解消したい。疲労が蓄積すれば、大きな病気を引き起こしかねないことは分かっている。けれど、身体を休める十分な時間が取れない――。そんな忙しい現代人に、気軽に利用できるドライヘッドスパが注目されている。一体、何が人々の関心を集めているのだろうか。THE21編集部員が実際に体験し、ドライヘッドマイスターの高橋幸子氏に、ドライヘッドスパの魅力についてお話をうかがった。

ショートした頭をクールダウンしよう!

――最近、ドライヘッドスパという言葉をよく耳にするのですが、そもそも、ドライヘッドスパってなんですか?

高橋 ドライヘッドスパとは、頭皮をストレッチすることで、頭のコリをほぐしていくマッサージです。ヘッドスパといえば、美容のために行なうマッサージという印象が強いかと思いますが、ドライヘッドスパの目的はリラクゼーション。ですので、女性だけでなく、男性のお客様にも多数ご利用いただいております。

また、ヘッドスパでは髪を濡らして施術しますが、ドライヘッドスパでは、水やオイルを使用しません。そのぶん、短時間で施術が終わるので、スキマ時間などに気軽に利用できます。それも、忙しい現代人のニーズと合っているのかもしれません。

――手軽に利用できるクイックマッサージなどもありますが、あえてドライヘッドスパを選ぶポイントはなんですか。

高橋 脳疲労を軽減できる点です。脳疲労とは、過剰な情報量によるストレスで自律神経のバランスが崩れ、脳が疲れた状態のこと。みなさん、「身体はあまり疲れてないのに、頭がやけに重くてボーっとする」といったことはありませんか。これは、交感神経のスイッチが入りっぱなしになって、脳がショートした状態だと言われています。仕事で一日中パソコンを使い、プライベートでもスマホを使う人には、心当たりがあるはず。

ドライヘッドスパでは、頭皮を緩めることで交感神経のスイッチを副交感神経に切り替えます。興奮状態の脳が徐々に落ち着いてくるため、自律神経を整えることができ、脳疲労を軽減できるのです。

身体全体のダルさを解消するには、クイックマッサージはとても効果的だと思います。一方で、頭をリフレッシュしたいときやクールダウンしたいといったときは、ドライヘッドスパが役立つのです。思考がクリアになって集中力が増したり、リラックスした状態を実感できるでしょう。

頭のコリが、様々な不調を引き起こす!?

――脳の疲労以外、例えば頭痛の改善などで利用できるのですか。

高橋 はい、脳疲労以外にも緊張性の頭痛や目の疲れ、首コリの症状を持つ方もご利用いただけます。いずれも脳疲労が顕在化した症状ですから、脳疲労を改善することで、自ずとこれらの症状も緩和されると考えられるのです。

もっと正確に言えば、頭を使って頑張って仕事をされる方ほど頭の筋肉が固く、周辺の筋肉も固くなる傾向があります。それが、目のかすみや首コリにつながるのです。ですから、大元である頭皮を柔らかくすれば、周辺の筋肉も柔らかくなるのでしょう。

頭皮を動かすことによって血流も良くなるので、薄毛予防にも効果的かもしれませんね。

――お話をうかがっていると、現代人の頭は全員固いんじゃないかという気がしてきます。

高橋 頭皮の厚みには個人差があるので一概にはそうとはいえませんが、固い人は本当に固いですね。カチカチで頭皮が動かない人もいます。

――そうした方はどうされるんですか?

高橋 時間をかけて少しずつ、筋肉を緩めていくしかないですね。そもそも、ドライマッサージは、筋肉を「押す」わけではないんです。押すという刺激も脳のストレスになりますから。そうではなく、筋肉を「緩める」「動かす」ことで頭皮を柔らかくしていきます。

ただ、乾いた状態でマッサージをするぶん、髪にジョリジョリとした刺激を与えやすい。これも脳にとってストレスになりますから、しっかり頭皮に指をつけてほぐしていきます。ムダな刺激を与えないので、リラックス効果は高いでしょう。

――脳疲労を軽減するために、自分でできるケアはありますか?

高橋 1日5分、ご自身で頭皮に指を押し当てて頭をほぐすだけでも効果はありますよ。また、施術の中で耳を揉みますが自律神経を整える耳のツボ「神門」を刺激するのも効果的です。耳の一番上部にある窪みを親指と人差し指で挟んでひっぱると、心身ともにニュートラルな状態に導きます。リラックス効果、リフレッシュ効果が期待できます。

ドライヘッドスパやセルフメンテナンスを通じて、疲れにくい身体を作っていってください。

体験! ドライヘッドスパ編集後記

ドライヘッドスパ,脳疲労改善
(画像=THE21オンラインより)
施術は30分。

最近、目のかすみがひどかったので、この取材は大変助かった。

今までに、頭をマッサージしたことはなかったので

始めは不思議な感覚だったが、

開始後しばらくして、心地よくなり頭がじんわりと温かくなってきた。

施術中、色々と説明をしていただいたのだが、

正直に言ってしまえばほとんど覚えていない(笑)。

それほど、すぐに「オチて」しまったのだ。

夢見心地なってしばらくしたところ、終了の合図が。

施術後は、視界が明るくなり、気分もスッキリ。

頭が軽いという表現がピッタリな気がする。

女性はもちろんのこと、ヘッドスパは「敷居が高い」と

二の足を踏んでいたビジネスマンにお勧めだ。

スイッチを入れるフレッシュアップサロン
ヘブンリーロータス

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-2-2F
TEL:080-5026-8806

文・高橋幸子(たかはし・さちこ)
ドライヘッドスパ協会認定・ヘッドマイスター
オーストラリアの人気自然化粧品ブランド・ジュリークのサロンにてマネージャーとして11年勤務。退職後2013年9月、自由ヶ丘にプライベートサロン「ヘブンリーロータス」をオープン。ドライヘッドスパ協会認定・ヘッドマイスター、耳ツボ神門メソッド・自律神経調律師アクセス・コンシャスネスR・バーズ・プラクティショナー

(『THE21オンライン』2019年05月24日 公開)

提供元・THE21オンライン

【関連記事】
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
初心者が摂りたい筋トレの効果を高めるサプリ4選
「なぜ富裕層は「英国靴」を愛用?庶民は知らない「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」
筋トレBIG3とは?忙しい人こそ実践したいトレーニングを紹介
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 「下半身」を効率良く鍛えるための筋トレメニューと筋肉の構造を紹介
NEXT 筋トレでシャツの似合う大きな「肩」を手に入れるためのポイントとメニューを紹介

READ MORE...