外為オンラインは、FXの基本やテクニックについてわかりやすく解説しているサイトや、自動売買ツール「iサイクル2」の便利さが評判のFX会社。大島優子さんがCMに起用されたことでも知られている。ここでは、外為オンラインのメリット・デメリットなどを詳しく見ていこう。

目次
1,外為オンラインの特徴は?基本情報を紹介
2,外為オンラインのスプレッドやスワップを確認
3,外為オンラインで口座を開設する4つのメリット
4,外為オンラインの3つのデメリット
5,外為オンラインの口コミ評判は?
6,外為オンラインはどんな人におすすめ?

1,外為オンラインの特徴は?基本情報を紹介

外為オンラインというFX会社を知るために、まずは同社の特徴とスペックを確認しておこう。

外為オンラインの特徴――独自の自動取引システムや豊富なコンテンツ

外為オンラインは、自動売買システム「iサイクル2取引」の使いやすさが高く評価されている。デイトレーダーのように、終日チャートを監視していられない人には便利なシステムだ。

初心者にも中上級者にも役立つ豊富な情報コンテンツや、トレーダーのレベルに合わせた無料のFXセミナーも外為オンラインの特徴の一つとして挙げられる。
(※会場型のFXセミナーは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在休止中)

外為オンラインの基本情報一覧

口座開設数、入出金をはじめとした各種手数料、取扱通貨ペア数、ロスカット水準など、外為オンラインのFXサービスに関する基本情報は、以下のとおりである。

外為オンラインの基本情報一覧表(2020年10月22日現在)

会社情報 会社名 外為オンライン
FXサービス名 外為オンライン
口座開設数 56万2,754口座
(2020年3月末現在)
設立 2003年4月28日
資本金 3億円
(2014年12月10日現在)
自己資本規制比率 765.3%
カバー先 ドイツ銀行
三井住友銀行
OCBC証券など、
計11金融機関
信託保全 三井住友銀行、
みずほ信託銀行、
日証金信託銀行の
金銭信託口座で区分管理
口座 口座開設手数料 無料
口座管理手数料 無料
入出金 入金方法 日本円のみ
※初回預入金は5,000円以上
クイック入金手数料
(即時入金)
無料(会社負担)
クイック
入出金提携金融機関数
12行
(三菱UFJ銀行、みずほ銀行、
三井住友銀行、楽天銀行、
住信SBIネット銀行、
ジャパンネット銀行、
ゆうちょ銀行など)
出金方法 日本円のみ
出金手数料 無料(会社負担)
各種ツール PC版取引ツール 高機能チャートツール
テクニカル指標 26種類
スマホ、iPad版
取引ツール
・外為オンラインfor iPhone
・外為オンラインfor Android
※トルコリラ/円と
メキシコペソ/円は、
iOS7以下のiPhoneには未対応

外為オンラインの取引要綱とその他サービス一覧表(2020年10月22日現在)

取引 通貨ペアの種類 26通貨ペア
注文1回当たりの
最低/上限取引単位
【L25コース、L25Rコース】
1万通貨(数量1)~
500万通貨(数量500)
【L25 miniコース、
L25R miniコース】
1,000通貨(数量1)~
50万通貨(数量500)
※南アフリカランド/円と
メキシコペソ/円の取引単位は、
両通貨ペア以外の取引単位の10倍
レバレッジ倍率 【個人】1~25倍
【法人】通貨ペアごとに変動、毎週見直し
取引手数料 【裁量取引】無料
【iサイクル2取引、サイクル2取引】
片道20円(税込)
ロスカット手数料 無料
注文方法 計11種類
追加証拠金
発生水準
追証制度なし
強制決済執行水準 【L25コース、L25 miniコースのみ】
証拠金判定時刻
(米国標準時間6:45、
サマータイム5:45)の有効証拠金が、
取引証拠金を下回った時
ロスカット発動水準 【L25コース、L25 miniコース】
有効証拠金が取引証拠金の20%を下回った時
【L25Rコース、L25R miniコース】
有効証拠金が取引証拠金の100%を下回った時
FXによる利益と課税 「雑所得」として申告分離課税(20.315%)
その他
サービス
初心者向け ・初心者でもわかる実践チャート術
・動画で学ぶFX講座など
初心者~上級者向け ・Refinitivやfx waveなどのマーケット情報
・今日のアナリストレポート
・マーケットカレンダーなど、充実
・レベル別セミナー多数
(現在、新型コロナウイルス感染防止のため、
会場セミナー開催は見合わせ)
サポート体制 ・「よくあるご質問」
・お問い合わせフォーム
・フリーダイヤル(月~金曜日9:00~17:00)

2,外為オンラインのスプレッドやスワップを確認

ここからはFX唯一のコストであるスプレッドと、ポジションを持ち越すことで発生するスワップポイントを見ていこう。

以下の表は、2020年10月22日現在で外為オンラインのホームページで提示されていた値を参照し、筆者が作成した。

主な取扱通貨ペア別のスプレッド

外為オンラインは、公式ではスプレッドの単位(レートの最小単位)に「Point」を採用している。以下の「主な通貨ペア別スプレッド一覧表」では、わかりやすくするために、スプレッドの単位を他社同様に「銭」もしくは「pips」で表示した。

主な取扱通貨ペア別スプレッド一覧表

通貨ペア スプレッド
米ドル/円 1銭
ユール/円 2銭
英ポンド/円 4銭
豪ドル/円 3銭
NZドル/円 6銭
南アフリカランド/円 15銭(150銭)※
トルコリラ/円 6銭
メキシコペソ/円 1銭(10銭)※
ユーロ/米ドル 1pips
英ポンド/米ドル 3pips
豪ドル/米ドル 2pips
NZドル/米ドル 6pips
※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の取引単位は、それ以外の通貨ペアの10倍。( )内の数値は、両通貨ペアの取引単位でのスプレッドを表す

米ドル/円のスプレッドだけを見ても、業界最狭スプレッド水準が0.1~0.3銭であることを考えると、外為オンラインのスプレッドは広い。米ドル/円以外の通貨ペアのスプレッドも総じて広くなっている。

外為オンラインの主な取扱通貨ペア別のスワップポイント

日をまたいでポジションを保有すると発生するスワップポイントは、ポジションの長期保有を前提としている。

そのため、スワップポイントを目的として通貨ペアを選ぶ際は、スプレッドの狭さ以上にスワップポイントの高さに着目して選ぶのが一般的だ。

主な取扱通貨ペア別のスワップポイント一覧表(2020年10月21日の1日分付与実績)

通貨ペア スワップポイント
買い 売り
米ドル/円 5円 -10円
ユ-ル/円 -30円 0円
英ポンド/円 0円 -30円
豪ドル/円 0円 -30円
NZドル/円 0円 -30円
南アフリカランド/円 5円 -15円
トルコリラ/円 15円 -118円
メキシコペソ/円 5円 -15円
ユ-ロ/米ドル -45円 15円
英ポンド/米ドル 0円 -30円
豪ドル/米ドル 5円 -30円
NZドル/米ドル 0円 -30円
※スワップポイントは取引単位が1万通貨の値

例えば、1万米ドル分の円を売って1万米ドルを購入(買いポジション)すると、日をまたぐたびに毎日5円のスワップポイントを自動的に受け取ることができる。ユ-ロ/円の買いポジションでは、日をまたぐと毎日30円ずつ支払うことになり、売りポジションだと受取スワップも支払スワップも発生しない。

通貨ペアに関わらず、受取スワップ(プラスの値)は高くも低くもない印象だが、支払スワップ(マイナスの値)がかなり高く設定されていることがわかる。

3,外為オンラインで口座を開設する4つのメリット

実際に外為オンラインに口座を開設すると、どのようなメリットがあるのだろうか。特徴的な4つのメリットを紹介しよう。

メリット1,初心者から中上級者まで有益な情報が満載

外為オンラインのホ-ムページ全般や取引ツールマニュアルなどは、すっきりした画面構成と色使い、平易な言葉使いによって、FX初心者の人でも理解しやすいようにデザインされている。

FX初心者向けに設けられた「FXのしくみと魅力をご紹介 FXを始める方へ」というページでは、FXトレードに必要な基礎知識について会員、非会員を問わず、誰でも学ぶことができる。FXの必要資金や利益の出し方、通貨ペアの選び方など、さまざまな仕組みについて実例を挙げながら、丁寧にわかりやすく解説している。他のFX会社で口座を開設した人でも、FXを一から学ぶのに大いに役立つだろう。

また毎日更新される「今日のアナリストレポ-ト」は、初心者でも理解できる言葉で「ひと目でわかる昨晩の動き」や「本日のコメント」などが書かれており、投資判断のヒントが満載だ。

さらに有名アナリストが日替わりで投稿する、誰でも閲覧できるFXレポートや、会員限定で公開されている「ミスターFXによる今週のFXアングル」なども秀逸。中上級レベルのFXトレーダーが、その日の投資戦略を立てたり、トレンドを予測したりする際、非常に参考になる。

外為オンラインのさまざまな情報を閲覧してトレードに役立てるだけでも、外為オンラインにアクセスする意味は十分ある。

メリット2,レベルに合わせて取引単位とロスカット水準の組み合わせを選べる

外為オンラインでは、取引単位が1万通貨の通常コ-スと、取引単位が1,000通貨のminiコ-スが用意されている。

通常コ-スとminiコ-スのどちらにも、ロスカット水準が証拠金維持率100%のL25Rコースと、ロスカット水準が証拠金維持率20%かつ証拠金判定次第で強制決済があるL25コースが設けられている。

外為オンラインの4つの選べる取引コ-ス

コ-ス名 取引単位 ロスカット水準 強制決済
L25Rコ-ス 1万通貨 証拠金維持率
100%を下回った時
なし
L25Rminiコ-ス 1,000通貨 証拠金維持率
100%を下回った時
なし
L25コ-ス 1万通貨 証拠金維持率
20%を下回った時
証拠金判定時に証拠金維持率
100%を下回っていたら強制決済
L25miniコ-ス 1,000通貨 証拠金維持率
20%を下回った時
証拠金判定時に証拠金維持率
100%を下回っていたら強制決済

初心者のうちは、L25Rminiコ-スを選ぶとよいだろう。少額トレードと厳しいロスカット水準によって、損失額を最小限に抑えながら経験を積むのがおすすめだ。

慣れてきたらL25Rコースを選んで、損失額を限定できる厳しいロスカット水準で、大きな資金を使ったトレードを経験してほしい。もしくは、L25コースminiで少額取引をしながら、自分で証拠金維持率を調整してロスカットを回避するトレーニングもしておきたい。

ある程度経験を積んだらL25コ-スを選び、自分で証拠金維持率を監視してロスカットを回避しながら、本格的に大きな資金を使ったトレードにチャレンジするとよいだろう。

トレーダーがレベルに合わせて柔軟にコースを選べるのが、外為オンラインの魅力の一つだ。

メリット3,取引ツ-ルがわかりやすくて操作しやすい

高機能取引ツールは、画面がシンプルで見やすい。他社では類を見ない、独特の色味とデザインが特徴だ。操作も直感的で、操作方法に迷うこともない。操作マニュアルもわかりやすいので、初めてFXの取引ツールを使う人でも使いこなせるだろう。

メリット4,iサイクル2取引システムが便利

iサイクル2取引システムとは、最初に条件を設定すると24時間昼夜を問わず売買を自動で繰り返すシステムのこと。トレンドを見極めて、自動的に売買を判断する「トレンド」機能が搭載されており、トレンドの転換点を検知すると自動的に売りと買いを反転させて、売買を続けてくれる。

システムにすべてを任せて利益をコツコツ積み上げることができるので、忙しくて時間が取れない人でも比較的低いリスクでFX投資ができる。

4,外為オンラインの3つのデメリット

外為オンラインで口座を開設する際は、デメリットについても十分検討してほしい。

デメリット1,原則固定スプレッドが広いので、短期トレ-ドには向かない

外為オンラインの最大のデメリットは、スプレッドの広さだ。最近はスプレッドの狭さをアピールするFX会社が多いので、外為オンラインのスプレッドの広さは分が悪い。スプレッドの狭さが収益に直接結びつくスキャルピングやデイトレードにおいては、圧倒的に不利といわざるを得ない。

参考までに、業界最狭水準のスプレッドを提示しているFX会社と、米ドル/円、ユ-ロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユ-ロ/米ドルのスプレッドを比較すると以下のようになる。

主なFX会社とのスプレッド比較(2020年10月22日現在)

FX会社名 米ドル/円 ユ-ロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
外為オンライン 1銭 2銭 4銭 3銭 1pips
DMM FX ※1 0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips
0.1銭 0.3銭 0.6銭 0.4銭 0.3pips
GMO
クリック証券
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips
みんなのFX 0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 0.3pips
※1.DMM FXの上段は通常の原則固定スプレッド、下段は2020年12月19日(9:00~翌3:00)までのキャンペーンスプレッド

デメリット2,iサイクル2取引には取引手数料がかかる

便利なiサイクル2取引システムがメリットの一つに挙げられているが、新規注文と決済注文のそれぞれに片道20円の取引手数料がかかってしまうことに注意してほしい。

自動売買システムでは、設定や値動きによっては頻繁に新規注文と決済注文を繰り返すことがある。そのたびに20円ずつ手数料がかかるので、取引金額が小さいと「手数料負け」してしまう可能性もある。

iサイクル2取引を利用する際は、片道20円の手数料を差し引いても利益を出せることを見極めてからエントリーするべきだろう。

デメリット3,高金利通貨のスワップポイントは決して高くない

FX初心者に適したスワップポイント目的のFX取引では、当然ながらスワップポイントの高さが評価基準になる。外為オンラインのスワップポイント、とりわけ高金利通貨のスワップポイントは、業界最高水準と評される他社のスワップポイントに比べると、若干低めだ。

気になるのは、高金利通貨の支払スワップポイント。相場が荒れると、それまで受取りだったスワップが支払いに転じることもあるので、支払スワップポイントの大きさには注意したい。目的がスワップポイントを得ることなら、リスクを冒してまで外為オンラインで口座を開くメリットはないだろう。

外為オンラインと、業界最高水準のスワップを提供しているFX会社で、高金利通貨3種類のスワップポイントを比較した。

主なFX会社とのスワップポイント比較(各通貨ペアとも1万通貨当たりの数値)

FX会社名 南アフリカランド/円 トルコリラ/円 メキシコペソ/円
買い 売り 買い 売り 買い 売り
外為オンライン 5 -15 15 -118 5 -15
GMO
クリック証券
7 -10 15 -18 5 -8
みんなのFX 6.1 -6.1 20 -22 5.5 -5.5
FXプライム
byGMO
7 -7 17 -27 6 -6
※外為オンラインとFXプライムbyGMOは2020年10月21日の1日分、GMOクリック証券とみんなのFXは同年10月22日の1日分の付与実績

5,外為オンラインの評判・口コミを紹介!

ここからは外為オンラインのFX口座の評判を、利用者の口コミから見てこう。

外為オンラインのメリット・良い口コミ評判

「iサイクル2」や豊富なセミナーなどが外為オンラインの利点だと感じている人は多かったようだ。

K.Sさん|40代男性
自由業

初めてFX口座を開設したのが外為オンラインです。同社は外貨に特化している事業者。そのせいか、外貨に関する情報がリアルタイムに発信されるので、情報収集にはぴったりです。取引をする時に得たい情報が得られやすいですよ。現在も情報収集のメインは外為オンラインですね。

T.Sさん|40代女性
主婦

初心者の私がFXのセミナーに参加して、話が分かるのだろうか?と心配でした。しかしオンラインセミナーはレベル別に実施されているので、FXの知識が乏しい私でも理解することができました。もっと経験を積んだら、より高度な内容のセミナーにも出てみようかなと思っています。

T.Wさん|30代男性
事務職の会社員

FXを基礎から学びたい人にぴったりです。FXのセミナーに参加したい気持ちはありましたが、セミナーの内容がわからなかったらどうしようと不安でした。しかし実際に外為オンラインのセミナーに参加してみると、レベル別に用意されていて、初心者の私でもわかりやすい内容でためになりました。

K.Kさん|30代男性
IT系の会社員

「iサイクル2」取引では変動幅合わせて、自動で発注をしてくれます。サラリーマンをしていて他の仕事で常に相場を見ることができない私にとっては、自動売買はかなり便利でした。時間がない人にはよいです。

Y,Tさん|40代男性
管理職の会社員

FXの初心者で、なかなか手が出せず、何から始めたらいいかわかりませんでした。そんな時に役に立ったのが「iサイクル2」です。仕事柄あまりパソコンやスマホに張り付く暇もなく、夜も時間が取れない私にとっては非常に便利でした。

Y.Mさん|20代男性
営業職の会社員

定期的なマーケット情報の更新、専門家によるチャート解析など、売買をサポートするサポートサービスも充実しているのが気に入っています。

外為オンラインのデメリット・改善してほしい口コミ評判

情報収集では外為オンラインが便利だと感じている反面、スプレッドが広くコストがかかってしまうこと、高金利通貨のスワップポイントが他社に比べて低いことなどをデメリットとして挙げられた。

K.Sさん|40代男性
自由業

現在は情報収集をメインに利用していて、取引は別な会社を利用しています。実際に利用していて不満に感じた点は、スプレッドが広まることが、かなりの頻度でありました。もう一つの不満点は、サイト自体の操作感が重い感じがしました。ニュースなどの情報源が充実しているのに残念だなと実感している部分です。やはり、取引ツールの使いやすさと速度は譲れない条件ですね。

K.Kさん|30代男性
IT系の会社員

スプレッドが他のFXサービスに比べて広く、結構バカになりません。初心者や忙しい人、コツコツ進めばいいという人には向いていますが、為替をチェックしながら、FX取引でしっかり利益を出したい人というには、向かないかもしれません。そのような人は情報収集ツールとして利用するのもありです。

K.Sさん|30代男性
営業職の会社員

チャート分析のツールにいても標準的な機能は揃っておりますが、見やすいツールではなく好みではありませんでした。そのためトレーディングビューなどの汎用アプリを利用しております。これは本当に個人によって受け取り方が違ってくると思います。その他約定の面では、一度ではありますが約定拒否となったこともあり、大きなロットで保有するのは不安感があります。

Y.Mさん|20代男性
営業職の会社員

スワップポイントがあまり高くありません。長期投資目的で南アフリカランドを保有しようと思っていたのですが、外為オンラインよりも条件のよいFX会社が多くありました。結局スワップポイント目的の投資は、別の口座で行っています。

6,外為オンラインはどんな人におすすめ?FXについてしっかり学びたい初心者に最適

メリットとデメリットを総合的に勘案すると、外為オンラインに口座を開設して使い勝手の良さを実感できるのは、以下の3タイプのトレーダーだろう。

  1. FX初心者で、基礎からしっかり学びながら、トレードの経験を積みたい人
  2. 他社の高機能トレーディングツールは、操作が難しそうで扱いにくいと感じる人
  3. メイン口座を持っている中上級レベルのトレーダーで、上質なアナリストレポートを閲覧したい人や、付加価値の高い投資戦略を学びたい人

いずれかに該当する人は、外為オンラインで口座を開設するとよいだろう。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。

この筆者の記事を見る

【関連記事】
初心者向け!FX口座ランキング!20社を徹底比較
GMOクリック証券FXネオのメリット・評判は?
DMM FXで口座開設するメリットは?評判・デメリットも!
SBI FXトレードのメリット・評判は?デメリットやスプレッド、スワップなど
YJFX!の「外貨ex」で初心者が口座開設するメリット