「ラグジュアリーカード」のチタンからゴールドまでを徹底解説 金属製クレジットカードの特徴を紹介

2019.8.7
FINANCE
(写真=Maxx-Studio/Shutterstock.com)
(写真=Maxx-Studio/Shutterstock.com)
ラグジュアリーカードというクレジットカードを知っているだろうか?グレードが一番低いカードでも年会費5万円(税別)と高額なステータスカードだ。一般にはあまり知られていないが、高所得者から注目を集めているラグジュアリーカードには、一体どんな魅力があるのだろうか。

「ラグジュアリーカード」のGold Cardのカードフェイスは24金仕上げ

ラグジュアリーカードはその名が示す通り高級なクレジットカードの1つであり、いわゆる一般カード(普通カード)にあたるグレードのカードは存在しない。新生銀行グループのアプラスの発行となるが、同社公式サイトにラグジュアリーカードの紹介はなく、まったく別系統のカードとして扱われているようだ。

ラグジュアリーカードの国際カードブランドはMasterCardで、グレードは下から
  • Titanium(チタニウム)
  • Black(ブラック)
  • Gold(ゴールド)
となっている。一般的なカードでは、一般カード→ゴールド→プラチナ→ブラックという順でグレードが高くなっていくことを考えると特徴的な呼称だ。

また、もっともグレードの低いTitaniumの段階ですでに他社プラチナ相当のサービス内容となっている点も特徴的。なお、カードの素材はどのグレードも金属で、Goldは24金仕上げとなっている。

年会費はTitaniumが5万円、Blackが10万円、Goldが20万円

まさしくラグジュアリー(高級/ぜいたく)の名にふさわしいクレジットカードだが、気になるのは年会費である。

年会費は、すべて税別でTitaniumが5万円で家族会員が1万5,000円、Blackが10万円で家族会員が2万5,000円、Goldが20万円で家族会員が5万円となっている。

「ラグジュアリーカード」3種に共通する特典・サービスを紹介 1億2,000万円の旅行傷害保険など

3種類のラグジュアリーカードがあるが、どのグレードにも共通する特典・サービスについて紹介しよう。

「プライオリティ・パス」、高級ホテルのアップグレードも付帯する旅行関係サービス

トラベル関係では、世界各地の高級ホテルで部屋のアップグレードなどの優待を受けられる「Luxury Card Hotel & Travel」のほか、世界1,200以上の空港ラウンジを無料利用できる「プライオリティ・パス」、国際線の出発・帰国時に最大3個までの手荷物の無料宅配サービスが付く。

旅行傷害保険は最高1億2,000万円が利用付帯

旅行傷害保険では、海外最高1億2,000万円、国内最高1億円の補償が付くのだが、このカードで旅行代金を支払ったときだけに付帯する利用付帯ではあるものの、最高1億2,000万円という補償額は国内最高水準であり、高所得者のニーズにも十分応える内容となっている。

レストランでの無料優待やコンシェルジュサービスも

そのほか全国約200店舗のレストランで2名以上利用時にコース料理1名分が無料になる「ラグジュアリーダイニング」、レストラン・カフェ・バーの優待、プライベートジム優待、コンシェルジュサービスなどがある。

映画館無料チケット優待(TOHOシネマズ)ではグレードによってもらえるチケット枚数が増え、国立美術館での無料鑑賞優待では観賞できる範囲が拡大する。

また、新生銀行グループ会社の発行であることから、銀行でのさまざまな優待も提供されている。

ポイント還元率は1%~1.5% 航空会社3社のマイルに移行可能

なお、このラグジュアリーカードにはポイントサービスもあり、Titaniumは1%相当還元、Blackは1.25%相当還元、Goldは1.5%相当の還元となっている。ポイントはANA、JAL、ハワイアン航空、ユナイテッド航空のマイルに移行可能だ。

BlackグレードとGoldグレードには旅行・グルメでさらなるサービスも

さらにBlackとGoldにはハワイアン航空マイレージサービスにおけるエリート会員ステータスが提供され、国内都市部の予約困難なレストランの席確保とリムジンでの送迎、高級ホテルでのシャンパンやワインのテイスティングイベントへの招待が提供される。

さらに、Goldには国内において、日常生活中に生じた法律上の賠償責任を最大1億円まで補償する個人賠償責任保険が付帯する。

カード名の通りハワイ旅行やレストラン優待など豪華な特典が充実

「ラグジュアリーカード」の特典・サービス内容を一覧にしたので参考にしてほしい。
 
特典・サービス内容 Gold Black Titanium
ポイント還元率 1.5% 1.25% 1%
コンシェルジュ
高級ホテル優待
プライオリティ・パス
国際線手荷物宅配無料
ハワイアン航空マイレージ・エリート会員
旅行傷害保険(海外1億2,000万円・国内1億円)
個人賠償責任保険(最高1億円)
レストラン予約・リムジンサービス  
レストラン優待
高級ホテルでのテイスティングイベント招待
映画館優待(無料鑑賞券を毎月贈呈) ●(3枚) ●(2枚) ●(1枚)
国立美術館無料鑑賞(同伴1名も無料)
レストランコース料理1名無料
カフェ、バー優待
新生銀行での各種優待
プライベートジム優待
情報誌「LUXURY MAGAZINE」贈呈

年会費が高額なのは言うまでもないが、一番グレードが低いTitaniumでも他社プラチナ相当の内容となっており、BlackとGoldではそれ以上の内容とだということを考えると、決して高すぎるとはいえない。

Goldは若干割高感も否めないが、24金仕上げのカードという点を考慮すると入手したいという人もいるはずだ。ここで紹介した特典・サービスを活用できる人にとっては、年会費分の価値はあるといっていいだろう。

文・モリソウイチロウ(ライター)
 

【関連記事】
40代で持ちたいクレカはゴールドより「プラチナカード」? その魅力、代表的なカード比較
経営者・エグゼクティブ向けクレカ「ダイナースクラブ」を持つためには?
ゴールドカードのメリットや作り方 年会費無料のクレジットカードも紹介
陸マイラーがトクするクレカ3選 還元率3%も?
ポイント還元率

PREV 健康寿命が延びることで資産寿命も延ばす必要がある?「金融ジェロントロジー」の考え方について
NEXT 旅行者がタイの銀行口座を開くならクルンシィ銀行(アユタヤ銀行)がおすすめな理由

READ MORE...