最上位ブラックカード「JCB ザ・クラス」の特典・サービス、インビテーションの条件を紹介

2019.7.5
FINANCE
(写真=charnsitr/Shutterstock.com)
(写真=charnsitr/Shutterstock.com)
日本唯一の国際ブランドJCBが自社で発行する最上位のカードである「JCBザ・クラス」は、公式サイトでもあまり情報がなく、ある意味“謎”に包まれたカードだ。このカードの年会費や特典、招待条件について紹介しよう。

「JCBザ・クラス」はJCBの最上位カード

国際カードブランドJCBが自社で発行するカードには、グレードの低いものから順に、JCB一般カード(年会費1,250円・税別)、JCBゴールド(年会費1万円・税別)、JCBプラチナ(年会費2万5,000円・税別)などがある。

それよりさらにグレードの高いJCBザ・クラスはJCBの最上位カードに位置付けられているが、公式サイトには年会費の記載はなく、特典・サービスの多くも公開されていない。

招待された人しか申し込めないインビテーション(招待)制をとっているため、公式サイトで詳細を明かす必要がないということだろう。

JCBザ・クラス保有者の情報によると、年会費は5万円(税別)で、家族カードは8枚まで無料だという。プラチナよりグレードの高いブラックカードとみなした場合、比較的安い年会費だが、三井住友プラチナカードと同額の年会費であることから、プラチナグレードのカードとみなす意見も多い。

招待条件は会員歴・年間利用額を重視か?

インビテーションがもらえる条件については所説ある。年収や年齢、勤続年数よりも、会員歴や年間利用額のほうが重視されるようで、JCBでゴールド以上のカードを保有して年間100万円以上の利用を3年以上続けるか、1年間で300万円以上の利用があると、JCBザ・クラスに招待される可能性が高いという。

そのほか、地方銀行発行のJCBブランドのクレジットカードを持っている人のところに、銀行からJCBザ・クラスのインビテーションが届くこともあるようで、その場合、銀行口座の残高が招待の判断材料になっていると考えられる。

なお、銀行経由でJCBザ・クラスを申し込んだ場合、カードフェイスには銀行のロゴなども記されるようだ。

「JCBザ・クラス」でも利用可能なJCBプラチナの特典・サービスを紹介

JCBザ・クラスの特典・サービスには、JCBゴールド ザ・プレミアやJCBプラチナの特典・サービスも含まれているようだ。参考までにそのいくつかを紹介しよう。

ダイニング30

対象となるレストランの利用代金、あるいはコース代金が30%引きになる。

グルメ・ベネフィット

国内の有名レストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分の代金が無料になる。

プライオリティ・パス

世界130の国や地域、500の都市で約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」の会員資格が適用される。

JCB Lounge 京都

京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できる。

「JCBザ・クラス」限定の特典・サービスは? 東京ディズニーリゾートのラウンジ利用や会員専用コンシェルジュも

さらに、JCBザ・クラスだけに付帯する特典・サービスもあるようだ。

東京ディズニーリゾート内JCBラウンジ利用

東京ディズニーランド「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」内と、東京ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」内にある、JCBザ・クラス会員専用ラウンジを年間1回4名まで利用できる。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内JCBラウンジ利用

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ザ・フライング・ダイナソー」内にある、JCBザ・クラス会員専用ラウンジを年間1回4名まで利用できる。

ディズニーリゾートホテル優待プラン

東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのスイートルームに20%オフあるいは40%オフで宿泊できる。

大相撲特別観戦

お土産もつく大相撲の「溜まり席」は入手困難な特別席とされているが、JCBザ・クラス会員はその抽選販売に申し込める。

海外ラグジュアリー・ホテル・プラン

海外のラグジュアリー(最高級)ホテルにさまざまな特典付きで宿泊できる。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

毎年、「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」というカタログギフトが届き、その中から好きな商品を選んで受け取れる。掲載されている商品は2万円相当のものが多いようだ。

ザ・クラス・コンシェルジュデスク

コンシェルジュデスクはプラチナカードのサービスにもあるが、ザ・クラス会員専用のデスクとなるため、より迅速な対応が期待できそうだ。

人によっては唯一無二のステータスカードに

JCBザ・クラスの特典は公式サイトに情報がないため伝聞情報を元にしており、特典・サービスの内容変更や提供停止になっているのもあるかもしれない。ただ、ここで挙げた内容から、このカードが年会費相当かそれ以上に充実した特典・サービスを提供しているのはわかるだろう。

特にディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、このカードの会員しか利用できないラウンジに入れるなど、利用特別な体験をすることができる。そういった意味で、人によっては唯一無二の1枚になってくれるだろう。

文・モリソウイチロウ(ライター)
 

【関連記事】
40代で持ちたいクレカはゴールドより「プラチナカード」? その魅力、代表的なカード比較
経営者・エグゼクティブ向けクレカ「ダイナースクラブ」を持つためには?
ゴールドカードのメリットや作り方 年会費無料のクレジットカードも紹介
陸マイラーがトクするクレカ3選 還元率3%も?
ポイント還元率の高いクレジットカード11選 買い物、マイル、通信など生活をおトクに

PREV 「ゴルファー保険」なら、ホールインワンのお祝いも補償
NEXT 2019年10月の消費税増税と軽減税率について理解しよう

READ MORE...