気軽に立ち寄れる回転寿司。しかし、新型コロナウイルスの与えた影響は大きなものだった。コロナ禍の生き残りをかけてさまざまなサービスを展開してきた各社。業績はどうっだったのか。業界大手3社を平均年収とともに見ていこう。

かっぱ寿司

かっぱ寿司はカッパ・クリエイト株式会社が運営。現在はコロワイドグループの傘下だ。平均年収は424万4,769円(カッパ・クリエイト株式会社有価証券報告書2020年4月1日~2021年3月31日)だった。

「寿司をいかにロープライスで提供できるか」というロープライスポリシーのもと、低価格で良いものを作ることに取組んでいる。コロナ禍の中、売上高は648億8,100万円。営業損失は15億7,200万円だった。

コロナ禍ではテイクアウトメニューの強化やデリバリーの販売強化を図った同社だったが、結果にはつながらなかったようだ。アフターコロナを見据えた今、イートインの回復にも力を注ぐ。

はま寿司

はま寿司は普通の寿司店と回転寿司の両方の店舗を持つ。牛丼のすき屋やファミリーレストランのCOCOSなど多くの飲食店を運営するゼンショーグループのブランドだ。平均年収は600万9,000円(株式会社ゼンショーホールディングス有価証券報告書2020年4月1日~2021年3月31日)。

「世界から飢餓と貧困を撲滅する」を企業理念とし、世界中の人々に安全で美味しく、かつリーズナブルな価格での提供を使命とする。メニューの開発からすべて一貫するMMD(マスタマーチャンダイジングシステム)の構築に力を入れている。

コロナ禍においては、テイクアウト・デリバリー・ドライブスルーなど、複数のチャネルで販売。持ち帰りの海鮮丼や「おうちではま寿司手巻きセット」などの販売も行った。売上高は5,950憶4,800万円。営業利益は120億8,800万円で前年同期比42.2%減となった。

スシロー

スシローは2021年4月1日から株式会社FOOD & LIFE COMPANIESに商号変更した。平均年収は812万1,770円(株式会社スシローグローバルホールディングス有価証券報告書2019年10月1日~2020年9月30日)だった。

「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」という使命の下に、地域に喜ばれる店舗を目指す。西日本や郊外型店舗を主としていたが、人口減少などをにらみ都市部への出店の本格化や駅ビルなどにテイクアウト専門店を設けるなど、拡大に力を入れる。

コロナ対策としてはセルフレジの導入や自動土産ロッカーなどを取り入れ、衛生面の強化に努めた。コロナ禍の中、売上高2,049億5,700万円を達成している。営業利益は120億6,100万円。

アフターコロナに向けて

新型コロナウイルスへの対応策としてさまざまな施策を試みている3社だが、数字的にはスシローの一人勝ちといえるようだ。赤字のかっぱ寿司、巻き返しを図りたいはま寿司、そして、最高益をあげたスシロー。外食産業復活のけん引役としての活躍が期待される。

文・しらいはるか

【関連記事】
日本の銀行ランキングTOP10!格付け、口座数、時価総額、自己資本比率など
日本の保険会社ランキングTOP10!格付け、売上高1位は?
日本の証券会社ランキングTOP10 規模がわかる売上高1位は?
家電量販店ランキングTOP10!売上、時価総額、経常利益、店舗数など
日本の東証一部上場企業ランキングTOP10 時価総額、売上高、利益、ROE、年収など