厚生労働省は2022年の4月から年金手帳の発行を止めると発表した。会社員の場合、年金手帳は会社に預けた状態だ。普段は目にする機会のない方も多いだろう。今回は年金手帳の廃止により、今後の手続きで何が変わるのか解説しよう。

年金手帳とは何か?

普段は年金手帳を目にすることはない方が多いだろう。年金手帳とは、そもそもどのようなものなのか解説する。

年金手帳はどう管理されているのか?

年金手帳とは、基礎年金番号や加入の履歴などを記載した手帳だ。新たに被保険者となった人に対して発行され、就職・退職時などの年金手続きに使われる。

一般的な会社員の場合、入社の際に年金手帳を会社に提出することになる。厚生年金に加入することになるので、手続きのためには基礎年金番号が必要であるからだ。

その後は手帳の紛失を防止するため、会社に預けたままにするケースも多い。よって1つの会社で長らく働き続けているなど、自分で目にすることのない方も多いだろう。

年金手帳はなぜ重要か

年金手帳に記載される基礎年金番号は、年金加入記録を管理するためのキーとなる番号だ。日本年金機構では、原則、1人に対して1つの基礎年金番号で管理している。

基礎年金番号によって過去の加入記録を管理するので、年金の正確な支払いのために重要な情報だ。万が一、記録の過不足があった場合は修正することになる。

なぜ年金手帳が2022年に廃止されるのか?

厚生労働省は従来の年金手帳から、「基礎年金番号通知書」による管理に切り替えると決定した。この背景として、被保険者情報はすでにシステムで管理しており、手帳の形式で行う必要性がなくなっていることがあげられる。

かつては多くの手続きで年金手帳の添付を求められていた。しかし、現在は基礎年金番号を明らかにする書類で手続きが足りる。このような社会的な背景を踏まえ、業務の効率化のため手帳での管理を見直すことが決まった。

さらに2015年からはマイナンバー制度が始まり、税金や社会保障などさまざまな分野で行政手続きができるようになった。会社が従業員を採用するときも、マイナンバーのみを確認すれば基礎年金番号が分かる。年金手帳がなくても問題はない。

年金手帳廃止後はどうなるのか?

新たに国民年金の被保険者となった人に対する通知として、年金の手帳ではなく基礎年金番号通知書の送付に切り替わる。

これまで持っている年金手帳はどうなるのか?

すでに発行している年金手帳は無用になるわけではない。基礎年金番号の確認の際には依然として使える書類だ。転職の際に転職元から返却されたり、新たな就業先で提出を求められたりすることもある。

新しく作りたい年金手帳や再交付は?

2022年4月以降、年金手帳の再交付の申請はできなくなる。それまでの間であれば、再発行の手続きが可能だ。「年金手帳再交付申請書」に記入し、所定の手続き先で手続きを行う。

手続き先は年金の加入種別によって異なる。例えば、厚生年金保険の場合は勤務する会社を経由するか直接、年金事務所に届け出をする。会社の所在地を管轄する年金事務所が手続きを行う。

今後は何で年金を確認できるのか?

加入期間や納付額といった年金の状況を知るには、基礎年金番号が必要だ。

年金手帳以外にも、下記の書類で基礎年金番号を確認できる。

・ねんきん定期便
・国民年金保険料の納付書・領収書
・国民年金保険料の口座振替額通知書
・年金額改定通知書
・年金証書
・年金振込通知書

多くの人にとっては、ねんきん定期便が最も身近だろう。通常は年に1回ハガキで届くもので、加入実績に応じた年金額や年金見込額が記載されている。ねんきん定期便は被保険者の誕生月に郵送される。

上記の書類がない場合は、住んでいる地域の年金事務所を訪問して相談しよう。

日本年金機構では、マイナンバーによる年金の相談・照会に応じている。年金の加入状況の照合や問い合わせなどをするときは、年金手帳がなくてもマイナンバーカードがあれば問題ない。

ただし、マイナンバーカードに基礎年金番号が記載されているわけではないので、カード券面を見ても直接確認はできない。マイナンバーカードから基礎年金番号を照合するには、年金事務所に持参する必要がある。

マイナンバーは、日本に住民票のある全ての人に発行される番号である。基礎年金番号は年金の加入記録を行うためのもので、両者は別々の番号だ。

マイナンバーカードがより便利に 持っていない人は早めの手続きを

年金手帳は2022年から廃止となり、基礎年金番号通知書の発行に切り替えとなる。すでに発行された手帳は引き続き従来の役割を果たすことが可能だ。

マイナンバーカードがあれば、年金手帳がなくとも年金の照合・相談ができる。マイナンバーカードのない方は、早めに発行手続きを済ませておくと安心だ。

執筆・

主に金融系ライターとして活動し、2019年に2級FP技能士資格を取得。マネージャンルで役立つ情報を、初心者にも分かりやすく解説したコンテンツ制作を心掛ける。関心分野は、キャッシュレス決済、積立投資、ポイ活、節約術など。

【関連記事】
仕事のストレス解消方法ランキング1位は?2位は美食、3位は旅行……
日本の証券会社ランキングTOP10 規模がわかる売上高1位は?
人気ゴールドカードのおすすめ比較ランキングTOP10!
つみたてNISA(積立NISA)の口座ランキングTOP10
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング