クレジットカードのない生活に待ち受ける4つの不都合

2019.5.8
FINANCE
(写真=Bobkov Evgeniy/Shutterstock.com)
(写真=Bobkov Evgeniy/Shutterstock.com)
クレジットカードがない生活には、どんな不都合があるだろうか。クレジットカードを使わない人がいるが、その理由は人それぞれだろう。しかし、そんな人でもクレジットカードのメリットと、それを使わないことによる不便さや損失を理解すれば、その考えや行動も変わってくるかもしれない。

現金派のほうが年間貯蓄増加額が少ない

クレジットカードをあえて持たない現金主義の人や、持っているけれどなるべく使わないようにしているという人は、「クレジットカードの利用が習慣になると、ムダ遣いをしてしまうのではないか」という不安があるのかもしれない。

しかし、そもそもムダ遣いを心配するような慎重派なら、クレジットカードを持ったからといって急に浪費癖がつくとは考えにくい。実際、JCBの調査では“キャッシュレス派”の年間貯蓄増加額は、“現金派”の2.7倍という結果が出ている。これは、キャッシュレス決済の便利さをよく知り、活用している人ほど優れた経済感覚を持っていることを示している。

クレジットカードがないことで起こる不便とは?ショッピング、紛失時、ETC導入など

キャッシュレス決済が普及しつつある昨今、クレジットカードのないと不便な思いをすることが多くなるはずだ。その具体例を挙げてみよう。

不便1 ネットショッピング・ネットサービス・航空券・各種チケット購入などで不便

ネットショッピングやネットサービスの支払い、あるいは、航空券や各種チケットの購入時などに、クレジットカードならサイト上で手数料なしでの即時決済が完了する。クレジットカードがないと、代引きやコンビニ決済、銀行振込などの手段を選ぶしかない。

いずれも面倒だったり手数料がかかったりと、クレジット決済に比べて手間やコストがかかってしまう。

不便2 海外で現金を持ち歩くリスクを負う

クレジットカードがないと海外旅行の際常に現金を持ち歩かねばならない。特に治安が悪い国や地域では大きなリスクを負うことになる。

クレジットカードなら暗証番号を知られない限り不正利用されるリスクは小さい。万が一不正利用されたとしても盗難補償があるため、不正利用分の支払いは免除される。

不便3 財布の紛失・盗難時のダメージが大きい

クレジットカードを持たない場合、財布の中にはそれなりの額の現金を入れておかなければならない。財布を失くしたり盗まれたりすると、その現金をすべて失うことになる。

クレジットカードがあれば、多額の現金を持ち歩く必要がなくなる。クレジットカードの紛失・盗難に起因する不正利用には盗難補償が適用されるため、財布を失くしたり盗まれたりしてもダメージは小さくて済む。

不便4 ETCカードを導入しにくい

クレジットカードがあると、有料道路をスムーズに利用できるETCカードをお得に導入できる。ETCカードには銀行引落で決済するETCパーソナルカードというものもあるが、年会費として1,234円(税込)を支払うほか、平均利用月額の4倍の金額をデポジット(保証金)として預託する必要があり、初期コストがかなりかかってしまう。

ここまで挙げた例だけでも、クレジットカードを持たない、あるいは持っているけれど利用しないことによる不便さは十分理解してもらえたはずだ。

クレジットカードがあることで得られる3つの便利・お得 ポイント還元や優待など

クレジットカードを持つことによって得られる、生活の中での便利・お得についても紹介しよう。

お得1 ポイントが貯まる

現金決済ではお金と商品・サービスを交換するだけだが、クレジット決済ならポイントが貯まる。ポイント還元率1%のカードなら、年間200万円のクレジット決済で2万円分のポイントがもらえるのだ。特定の店舗では、もらえるポイントが2~3倍になることもある。

お得2 特典・優待を受けられる

多くのクレジットカードには、対象となる旅行商品やホテル、レジャー施設、レストランなどを優待価格で利用できる特典が付帯する。また空港のラウンジを無料で利用できる特典があるクレジットカードも多い。

お得3 各種の保険の付帯

多くのクレジットカードには、旅行中のケガや病気の治療費を補償する旅行傷害保険や、クレジット決済で購入した商品の盗難や損壊を補償するショッピング保険が付帯する。

まずは年会費無料のカードから始めてみよう

これまでクレジットカードを使ったことがない人は、まずはその便利さを知るために年会費無料のカードを使ってみてはどうだろうか。すでにクレジットカードを持っている人は、その便利さやお得さを改めて認識してほしい。

当たり前になっていて忘れてしまいがちなクレジットカードの便利さを再認識できたなら、うっかり支払いを延滞して強制退会となったり、更新できなくなったりする事態は避けたい。これらの便利さを享受できなくなるだけでなく、社会的な信用の失墜にもつながってしまうからだ。

文・モリソウイチロウ(ライター)
 

【関連記事】
40代で持ちたいクレカはゴールドより「プラチナカード」? その魅力、代表的なカード比較
経営者・エグゼクティブ向けクレカ「ダイナースクラブ」を持つためには?
ゴールドカードのメリットや作り方 年会費無料のクレジットカードも紹介
陸マイラーがトクするクレカ3選 還元率3%も?
ポイント還元率の高いクレジットカード11選 買い物、マイル、通信など生活をおトクに

PREV キャッシュレス決済とは何か?日本の決済比率や種類などを解説
NEXT クレジットカードの手数料の仕組みを解説 もし決済手数料が上乗せされた場合はどうすればいいのか?

READ MORE...