「一点集中」と「気を向ける」の決定的な違い

2020.3.25
BUSINESS
(画像=Alena Ozerova/Shutterstock.com、ZUU online libraryより引用)
(画像=Alena Ozerova/Shutterstock.com、ZUU online libraryより引用)
(本記事は、呉 真由美の著書『頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法』辰巳出版2019年4月16日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

「集中するな!」いい状態とは集中していないとき

次に、脳にとって良いフォームをマスターするためのポイントをお伝えしましょう。

それには、「集中しすぎないこと!」が、一番です。

勉強でもスポーツでも、「もっと集中しなさい」と檄を飛ばす人がいますが、じつは脳にとって良い状態は、「集中していないとき」なのです。
「え? 集中したほうが、いい結果を出せるんじゃないの?」
と思った人も多いと思いますので、そのあたりを説明していきましょう。

一点集中している=視野が狭い、ということ

よく「あの人は視野が広い」とか「視野が狭い」という言葉を聞きますが、これは処理能力に関連しています。

「視野」には、2通りの意味があります。ひとつは、目で見える範囲という意味、もうひとつは考え方やとらえ方という意味の視野です。

一点集中している人は、どうしても見える範囲の視野が狭くなります。視野が狭いと、その狭い範囲の中の限られた情報でしか物事を考えられないので情報処理能力も下がってしまいます。情報が少ないということは判断材料が少ないということになりますから、瞬時にいい判断ができません。

うまく情報処理ができないと、判断力も鈍りますから、瞬時に良い決断ができません。

その点、視野が広い人というのは、いろんな状況が広く見えている状態にあります。得られる情報量も多いので、余裕をもってその場に応じたベストな判断を下すことができるのです。

では、なぜ視野が「広い」「狭い」で情報処理能力に差が出てしまうのでしょうか?

わかりやすく説明すると、太いケーブルと、細いケーブルでは、どちらのほうがより多くの情報のやり取りをできるかは、一目瞭然ですよね?

つまり、こういうことです。

「視野が広い」→情報を多くキャッチできる→処理能力が高い→パフォーマンスが高い

「視野が狭い」→情報をキャッチする量が少ない→処理能力が低い→パフォーマンスが低い

なので、「集中する」、ことではなく、意識して「視野を広くする」とからはじめましょう。

最初は漠然とでいいのです。「速読脳トレ」の極意は、広い視野で多くの情報を受け取り、処理できる状態を作ることなのです。

一点に集中するより、視野を広げる。これが情報処理能力を上げる大切なポイントになります。
 
ZUU online library
(画像=頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法、ZUU online libraryより引用)

集中しなくても、効率的に勉強ができるようになる

速読脳トレを行なうと、針の穴に糸を通すような一点集中ではなく、視野を広く物事をとらえて、リラックスした状態をキープできるようになります。このときの、「一点集中」と「気を向ける」の決定的な違いは、視野の広さにあります。

「一点集中」であれば、眼に入るのは、その針の穴のような「ひとつの点」です。ところが、視野を広く持つと、より多くの情報を一度に脳に伝えることができます。

視覚で“見て”いるのは、じつは目ではありません。目から入った情報を脳で認識して“見た”と受け取っているのです。後ほどの実践トレーニングのパートで詳しくお伝えしますが、脳は、私たちが普段思っているより数倍の情報を瞬時に判断しています。

その“脳のチカラ”を存分に発揮してもらうには、意識を「一点集中」にして狭い視野に限定した情報を送るより、広い視野でとらえた多くの情報を一度に送ったほうが、より効率的に勉強も仕事もできるのです。

たとえるなら、携帯電話の情報量の差です。2005年の頃には、ふたつ折りの携帯電話が全盛期で、メールも送れるようになり、その進歩に驚いたものです。ところが、さらに通信インフラが発達して、ブロードバンドネットワークが取って代わります。映画もスマートフォンにダウンロードして見られるくらい、通信量が飛躍的に大きくなってきました。

あなたも速読脳トレで広い視野を育て、「気を向ける」くらいのリラックスした状態で、脳に情報を送りましょう。今までとは、ちょっと違った勉強の風景が見えてくるかもしれませんね。

速読脳トレでは、視野を広げるための直接的なトレーニングも行ないますので、安心してくださいね!
 
頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法
『頭の回転が超速くなる! 「速読脳トレ」で成功する勉強法』※クリックするとAmazonに飛びます
呉 真由美(くれ・まゆみ)
一般社団法人脳開コンサルタント協会会長。「速読コンサルタント」として、全国で速読脳トレセミナーを開催。サッカー柴崎岳選手、ハンドボール宮崎大輔選手など「速読脳トレ」で実力をさらに開花させたスポーツ選手、著名人多数。多くのテレビ番組にも出演している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

提供元・ZUU online library

【関連記事】
仕事のストレス解消方法ランキング1位は?2位は美食、3位は旅行……
就職ランキングで人気の「三菱UFJ銀行」の平均年収はいくら?
職場で他人を一番イラつかせる行動トップ3
35歳以上で転職した人の52%が年収アップ!うち4割は100万円以上も増加【初心者向け】ネット証券おすすめランキング
PREV ゴーン氏は必ず「次の手」を打ってくる……日本政府が決して放置してはならない理由
NEXT 赤字経営が止まらない大戸屋に数年前から出ていた不穏な予兆

READ MORE...