【日本初】憧れのランボルギーニが1日5万円!?で乗れるスーパーカーシェアリングサービス登場!!

2020.2.23
BUSINESS
(画像=PR TIMESより引用)
(画像=PR TIMESより引用)
「スーパーカーを運転してみたい」これは、車好きなら誰でも一度は夢見ることでしょう。しかし、数千万円はくだらないスーパーカーのオーナーになれる方はほんのわずか。どんなに憧れていてもどうせ夢で終わってしまうと思っていませんか?
ところが、今回、2020年2月22日(日)にリリースされる新しい個人間カーシェアリングサービス「オーナーズ・カーシェア・クラブ」では、レンタカーの半額以下でスーパーカーをシェアする事が出来ます。

株式会社アラカン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:田中一榮)は、「オーナーズ・カーシェア・クラブ/アラカン」を2020年2月22日(土)よりリリースします。
https://car-sharing.aracan.site/

このサービスは、業界初の取り組みがなされています。
従来の個人間カーシェアサービスにおいては、本人の免許証確認や、クルマの傷確認などは、個人間によって行われていました。しかし、傷の有無などのトラブルがあったり、免許書偽造によるクルマ盗難などの事件も生じていました。
株式会社アラカンの業界初の取り組みは、こうした欠点を補うことができます。
「オーナーズ・カーシェア・クラブ」ではアラカンの社員による本人確認(面談)、実際のクルマの現車確認(記録)、ドライバー保険の確認、などを個人間ではなく、株式会社アラカンが本人と直接会って登録する会員制サービスとして、信頼できる会員間だけでカーシェアを行います。
また、シェアする相手を決める際にも、年齢や性別、免許証の色や保険等級なども指定できるので、自分が安心してシェアできる条件をクリアーしている会員だけを選べます。こうした、利便性、安全性・信頼性が高まることで、ランボルギーニやポルシェなどの高額車両から、こだわりの愛車まで安心してシェアする事ができるサービスです。
 
PR TIMES
httpscarshare.aracan.co.jp(画像=PR TIMESより引用)
 株式会社アラカンの代表である田中一榮は、クルマの保有コスト、所有コストが高すぎる日本の現状を変える為にこのサービスを開発しました。一般的な個人間カーシェアでも愛車をシェアすれば、コストの削減はできますが、シェアする相手の質に不安があり躊躇している方が多いという課題があります。そこで、自分が所有する愛車でも安心してシェアできるサービス「オーナーズ・カーシェア・クラブ/アラカン」で高すぎる所有コストをシェアして、クルマの所有コストを半額以下にできる社会を実現していきます。
 
PR TIMES
オーナー同士で愛車をシェアする新サービス(画像=PR TIMESより引用)
サービスリリース記念キャンペーンのお知らせ
オーナーズ・カーシェア・クラブ/アラカンではサービスリリース記念として、2020年5月31日(日)までのカシェア利用料金額の50%を次回のカーシェアに利用できるポイントとして還元する「半額ポイントバックキャンペーン」を実施します。このキャンペーンにより、12時間10万円の「ランボルギーニ/アヴェンタドールS」を実質5万円でシェアする事ができます。

NAGOYAオートトレンドへの出展のお知らせ
2020年2月22日(土)23日(日)に「ポートメッセなごや」で行われる「NAGOYAオートトレンド2020」に株式会社アラカンが出展致します。当日は、実際にシェアできる「ランボルギーニ」と「ポルシェ」を展示します。当日、オーナー登録していただいた方には、スーパーカー共同オーナー記念として、プロカメラマンの撮影にによるスーパーカーとキャンペンガールとの記念写真をその場でプレゼントいたします。

提供元・PR TIMES

【関連記事】
仕事のストレス解消方法ランキング1位は?2位は美食、3位は旅行……
就職ランキングで人気の「三菱UFJ銀行」の平均年収はいくら?
職場で他人を一番イラつかせる行動トップ3
2019年に始まる「5G」とは何か?
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング(PR)
PREV 「仕事でやりたいことがない」人は終わっているのか?
NEXT 加齢で衰えるは間違い? 中年期に脳が進化する理由

READ MORE...