『帝国データバンク』より

全国企業「休廃業・解散」動向調査(2020年1-11月)

2021.1.13
ビジネス・キャリア
(写真=tadamichi/stock.adobe.com)
(写真=tadamichi/stock.adobe.com)

全国企業「休廃業・解散」動向調査(2020年1-11月)

企業の休廃業・解散、既に5万件を突破 各種支援で抑制傾向、2年ぶりに減少へ
~ 小売・サービスなどは減少、観光バスなど運輸関連は大幅に増加 ~

■帝国データバンクが調査・保有する企業データベースのほか、各種法人データベースを基に集計
■「休廃業・解散企業」とは、倒産(法的整理)によるものを除き、特段の手続きを取らずに企業活動が停止した状態の確認(休廃業)、もしくは商業登記等で解散(但し「みなし解散」を除く)を確認した企業の総称
■調査時点での休廃業・解散状態を確認したもので、将来的な企業活動の再開を否定するものではない。また、休廃業・解散後に法的整理へ移行した場合は、倒産件数として再集計する事もある
■2020年より一部集計対象・基準を変更し、16年までの推移について遡り集計した。そのため、16年以降の休廃業・解散件数と15年以前の休廃業・解散件数との間には連続性がない

調査結果

  1. 1 2020年1-11月に全国で「休廃業・解散」が判明した企業(全国・全業種、個人事業主を含む)は5万1754件(前年同期比5.2%減)を数えた。前年に続き11月時点で5万件を超え、倒産件数の7倍超の規模で推移している。2020年の休廃業・解散は総じて減少ペースで推移しており、年間では2年ぶりに前年(5万9225件)を下回る見込み
  2. 2 業種別では、7業種中6業種で前年同期から減少した。最多は「建設業」の6595件で、前年同期から4.0%減少した。以下、「サービス業」が6209件、「小売業」が3963件、「卸売業」が3372件と続いた

>> 詳細はPDFをご確認ください

提供・帝国データバンク

【関連記事】
仕事のストレス解消方法ランキング1位は?2位は美食、3位は旅行……
日本の証券会社ランキングTOP10 規模がわかる売上高1位は?
人気ゴールドカードのおすすめ比較ランキングTOP10!
つみたてNISA(積立NISA)の口座ランキングTOP10
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング

  
NEXT 『出前館』・JEO・𠮷野家が共同で実施!

READ MORE...