目次

  1. BATES Street Avenger SA-N2157 Nylon Jackets ウィンタージャケット
  2. 普段のカジュアルウェアとして着回せるライディングジャケット
    1. 使い勝手の良さが見えるディティール
    2. 着脱式のネックウォーマーとフードを装備!
    3. バイク用ライディングジャケットとしての安全性を確保!
  3. カジュアルウェアのような着心地としっかりしたあたたかさ
  4. 軽く柔らかな着心地と暖かさを両立させた機能素材
  5. 旧車からネオクラシックまでスタイリッシュにコーディネイト

BATES Street Avenger SA-N2157 Nylon Jackets ウィンタージャケット

ひと昔前のライディングジャケットと言えば、派手なカラーリングでバイクに乗る時にしか着られないようなデザインの物が圧倒的大多数を占めましたが、今ではシックなウェアも増えてきました。

しかし、デザインはシックでも、ひとたびバイクを降りてライディングポジションを取らなくなると、途端に着心地が悪かったり、プロテクターが邪魔をして動きにくかったりすることも少なくありません。

もちろん、高速道路を使ったロングツーリングの際は、そういった本格的なスペック重視のライディングジャケットが一番でしょう。しかし、誰もが常に「バイク=ロングツーリング」ではないわけで、ちょっと近所にコーヒーを飲みに行くときや、日常の買い物、レジャーにバイクを利用することだってあるはずです。

そういった時に気軽に着られるライディングジャケットというものがなかなか無いものなのです。

普段のカジュアルウェアとして着回せるライディングジャケット

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

レザージャケットでお馴染みBATESの「Street Avenger」は、日常でも着られるライディングジャケットをコンセプトとしたブランドライン。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

ひと目見てライディングジャケットとはわからないほどカジュアルテイストなので、バイクに乗らない休日にもシーンを選ばず気兼ねなく着ることができます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

そのデザインは、フライトジャケットのテイストが色濃く、映画「トップガン」の洗礼を受け、90年代ミリタリージャケットブームの中で青春を過ごした私などの40代半ばの世代にとってはハートを鷲掴みされるデザインです。

また、最近では若者を中心にMA-1のリバイバルブームが起こっていることからも、幅広い年代に親和性の高いデザインとなっています。

カラーバリエーションは4色

カラーバリエーションは今回メインで紹介するMOSS GREENを加えて全4色展開となります。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=CARROT ORANGE、『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=GOOSE GRAY、『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=BLACK、『Moto Megane』より引用)

使い勝手の良さが見えるディティール

ジャケット前面に4つのポケットがあり、デザインアクセントにもなっています。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

左右のポケットは大型ファスナータブでグローブをした手でも楽に開閉できます。中は起毛素材で冷たい手を保温するのにも最適。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

胸ポケットは左右に2つ。ファスナー式となっています。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

胸ポケットは1箇所。貴重品の収納に最適です。

着脱式のネックウォーマーとフードを装備!

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

走行時に首元からの冷気の侵入を防ぐネックウオーマーを装備。(バイクに乗る時にMA-1を着用すると首周りが寒いんですすよね……)気温に合わせて簡単に着脱することができます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

ネックウォーマーを外すとまたひと味違ったデザインを楽しめます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

バイクを降りた時や雨天時に便利なフードも簡単に取り外すことができます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

フードを外すとより首周りの軽快感が増してスッキリとした印象に。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

ちなみにネックウォーマーを装着してフードを外すと写真のようなスタイルになります。

バイク用ライディングジャケットとしての安全性を確保!

カジュアルなデザインばかりに目が行きがちですが「SA-N2157」はプロテクターを標準装備し、ライディングジャケットとしての安全性もしっかり確保されています。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

背中、肩、肘にソフトパッドを標準装備しています。さらに肩、肘はオプションのCEパッド「BOP-CE9(tax in ¥5,280)」と交換することでさらなる護りを固めることができます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

胸部パッドを収納するポケットが設けられており、オプションの「breast pads BOP-CE10(tax in ¥3,080)」を購入することで胸部の護りも強化できます。

カジュアルウェアのような着心地としっかりしたあたたかさ

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=身長180cm、80kgでLサイズを着用しています。、『Moto Megane』より引用)

プロテクターパッドが入っているため着ればその存在感を感じますが、標準ソフトパッドならば軽量かつ柔らかなので着心地はソフトで非常に良好。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=プロテクターが入っていますが手の上げ下げなどの動作に困ることはありません。、『Moto Megane』より引用)

椅子に座ったり、歩いたり、手を上げたりなど、自然に動くことができます。袖が長めなのでライディングフォームを取っても袖が足りないといったこともありませんでした。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=前傾ライディングフォームを強いられることもありません。、『Moto Megane』より引用)

ネックウォーマー無しのスタイル

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

フード&ネックウォーマー無しのスタイル

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

特にバイクに乗らない場面ではパッドをすべて外してしまえば、本当に普通のカジュアルとして全く違和感なく着用することができます。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)
普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

軽く柔らかな着心地と暖かさを両立させた機能素材

「SA-N2157」に使われている中綿はダウン同等の保温性を実現する「ダウンクオリティー」と呼ばれる素材が使われています。

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

ダウンに比べてコストや手入れの簡易さに優れており、着用すればしっかり保温されているのが体感できました。

旧車からネオクラシックまでスタイリッシュにコーディネイト

普段使いもできてしまう!最強着回し冬用ライディングジャケット
(画像=『Moto Megane』より引用)

バイク好きの我々は街でクラシックバイクに目を惹かれることが良くありますが、ライダーがバイクのテイストに似つかわしくないモダンなライディングジャケットを着ていると興醒めしてしまうことがあります。

また、近年流行のネオクラモデルもバイクと合わせてファッションもこだわりたいものです。

愛車を駆って食事に行ったり、映画やコンサートにも行ける。そんな使い方ができてライディングウェアとしての機能も決して犠牲にしない。

特にクラシックバイクや国産の旧車、ネオクラシックモデルを愛車にするライダーには注目すべきウィンタージャケットと言えるでしょう。

BBATES Street Avenger SA-N2157 Nylon Jackets

価格¥26,180(税込)
カラーバリエーションMOSS GREEN・GOOSE GRAY・CARROT ORANGE・BLACK
サイズM,L,XL,XXL
素材Out :NYLON/PU×POLYESTER
In :POLYESTER(Satin)
Wadding:POLYESTER

提供元・Moto Megane

【関連記事】
新旧X-ADVどちらも所有したオーナーだからわかる違いとは?
スクーター乗りの私が選ぶライディングシューズ3足
バイクで行くデイキャンプ。普段のツーリングにこれだけギアを追加すれば、簡単に楽しめる。おすすめ装備と荷物の積載方法を解説!はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第1回
遊び道具!? 仕事道具!? 一台あれば生活が激変し、QOLが急上昇する。道具(ギア)としての原付2種(125CCクラス)8台。
Kawasaki「Z900RS」の魅力をブラッシュアップするパーツ群“ARCHI(アーキ)”の魅力