不気味すぎるウェブカメラ「Eyecam」が発表されました。

ドイツ・ザールラント大学のヒューマン・コンピューター・インタラクション・ラボにより開発されたEyecamは、人の目の動きを忠実に模倣したウェブカメラ。

まばたきだけでなく、皮膚や眉毛の一本一本までリアルに再現されています。

しかし、何を目的に作ったのでしょうか?

目次
在宅勤務でのアイコンタクト用に

在宅勤務でのアイコンタクト用に

ウェブカメラは現在、世の中のいたるところに存在します。

スマホやノートパソコンの上部に埋め込まれているものから、監視カメラ用に周囲に溶け込むようにデザインされているものまで様々です。

知らない内に撮られているような気がして、カメラ部分をテープで隠している人も多いかもしれませんね。

研究主任のマーク・テシエ氏は「この20年でウェブカメラはどんどん小型化し、もはや私たちがその存在に気づかないほどになりました。

しかし、私たちはその逆をいくデザインとしてEyecamを仕上げています。

目は人同士のコミュニケーションに欠かせないものです。在宅勤務が増える今、Eyecamはアイコンタクトを保つのに役立つでしょう」と説明します。

トラウマになりそう… 人の目を完全再現したウェブカメラ「Eyecam」が登場
(画像=『ナゾロジー』より引用)

Eyecamは顔の生理機能をモデルにしており、顔の筋骨格系・眼球・皮膚の3つのパートから構成されます。

筋骨格の動きはアニマトロニクスの技術を応用し、眼球に仕込んだカメラはRaspberry Pi Zero(シングルボードコンピューター)に接続され、リアルタイムのカメラ検出を可能にします。

皮膚はシリコンを使って本物に近い手触りを再現し、まつ毛や眉毛も一本一本植え込んでいます。

トラウマになりそう… 人の目を完全再現したウェブカメラ「Eyecam」が登場
(画像=目やまぶたを動かすロボット / Credit: Marc Teyssier、『ナゾロジー』より引用)
トラウマになりそう… 人の目を完全再現したウェブカメラ「Eyecam」が登場
(画像=カメラを収納する眼球 / Credit: Marc Teyssier、『ナゾロジー』より引用)
トラウマになりそう… 人の目を完全再現したウェブカメラ「Eyecam」が登場
(画像=毛の一本一本まで再現 / Credit: Marc Teyssier、『ナゾロジー』より引用)

Eyecamはモニターの上部に取り付けられ、ビデオ通話者の顔をトラッキング。

本物の瞳の動きを忠実に再現しているため、常にまばたきをしたり、眼球を左右上下に動かして見る方向を変えます。

まぶたは眼球の動きに細かく対応し、Eyecamが上を向くと、上のまぶたは大きく開き、下のまぶたは完全に閉じるようにできています。

トラウマになりそう… 人の目を完全再現したウェブカメラ「Eyecam」が登場
(画像=仕事中もジーッ / Credit: Marc Teyssier、『ナゾロジー』より引用)

また、Eyecamは目の前を通る対象物を自動的に検出し追跡できるので、誰かが通るたびにキョロキョロと目で追いかけます。

テシエ氏は「Eyecamとのアイコンタクトで、ユーザーのビデオ会議への苦手意識をなくしていきたい」と話しますが、その前に仕事に集中できなくなりそう…

Eyecamは、5月にオンライン上で開催される「CHI Conference 2021(人と情報システムの相互作用に関する国際会議)」出展する予定です。

もし商品化されたら、皆さんは買いますか?


参考文献

Creepy Eye-Shaped Webcam Will Make Video Calls Uncomfortable

Creepy ‘Eyecam’ is shaped just like a human EYE and can see, blink, look around and observe you during video calls

元論文

Eyecam: Revealing Relations between Humans and Sensing Devices through an Anthropomorphic Webcam


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功