MileagePlusセゾンプラチナカードはショッピングでユナイテッド航空のマイルが貯まるだけでなく、同社のフライト優待やVISAブランドのプラチナサービスも利用できる、ハイステータスなクレジットカード。このクレジットカードの特徴や「どんな人に向いているか?」などについて、徹底解説していこう。

目次
1,MileagePlusセゾンプラチナカードの基本スペックと入会条件
2,MileagePlusセゾンプラチナカードのマイレージサービス、還元率
3,マイル還元率をアップさせる5つの方法
4,MileagePlusセゾンプラチナカードの5つのメリット
5,MileagePlusセゾンプラチナカードはどんな人におすすめ?
6,マイルを貯めたい人は特にアメックスに注目

1,MileagePlusセゾンプラチナカードの基本スペックと入会条件

ユナイテッド航空のマイルが貯まるMileagePlusセゾンプラチナカードは、ショッピングマイル1.5%還元で毎年5,000マイルがプレゼントされる。海外旅行に行きづらい今だからこそ、将来の旅行に向けてマイルをまとめて貯めているという人は、チェックしておきたいクレジットカードの一つと言えるだろう。

このカードの還元率やメリットを見ていく前に、まずは基本スペックを確認していこう。

MileagePlusセゾンプラチナカードの基本スペック

国際ブランド アメリカン・エキスプレス(アメックス)
VISA
年会費 5万5,000円(税込)
家族会員9,900円(税込)
ポイントサービス UNITEDマイレージプラス・マイル
通常ポイント還元率 1.5%
ポイント交換対象 特典航空券
ホテル宿泊特典
楽天スーパーポイント など
空港ラウンジサービス 国内32空港+ハワイ・ホノルル
空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」
の利用パス(毎年2枚贈呈)
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
国内旅行傷害保険(利用付帯)
ショッピング安心保険
追加カード 家族カード
ETCカード
電子マネー 家族カード
ETCカード

MileagePlusセゾンプラチナカードの入会条件

入会条件として「安定した収入のある方」「電話連絡可能な方」「マイレージプラスに登録している方」とあるので、学生や専業主婦は作ることができないと考えられる。

これらの条件を満たしていても、過去にクレジットカードやカードローンの支払い、携帯電話端末の分割払いなどで延滞したことがあると、審査は厳しくなる。

### MileagePlusセゾンプラチナカードのステータス性 このカードはMileagePlusセゾンカードシリーズの最上位カードなので、ユナイテッド航空を利用する際は一目置かれることになるだろう。 参考までに、1つ下のランクにあたる「MileagePlusセゾンゴールドカード」と比較してみよう。
MileagePlus
セゾンプラチナカード
MileagePlus
セゾンゴールドカード
年会費 5万5,000円(税込) 2万2,000円(税込)
入会条件 安定した収入のある方
電話連絡可能な方
18歳以上の電話連絡可能な方
(高校生除く)
通常マイル還元率 1.5% 1.5%
サンクスマイル
(更新時マイル贈呈)
5,000マイル 1,500マイル
(アメリカン・エキスプレスブランドのみ)
空港ラウンジサービス 国内32空港+ハワイ・ホノルル
空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」
の利用パス(毎年2枚贈呈)
国内32空港+ハワイ・ホノルル
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円
ショッピング安心保険 1事故500万円限度 年間100万円限度
ゴールドからプラチナに切り替えると、空港ラウンジサービスの内容や更新時にプレゼントされるマイル数、付帯保険の補償金額などが大きくグレードアップすることがわかる。

2,MileagePlusセゾンプラチナカードのマイレージサービス、還元率

このクレジットカードの申し込みを検討している人の多くは、「マイルがどのくらい貯まるか」に注目しているだろう。

セゾンカードでは通常のクレジット利用で「永久不滅ポイント」というポイントが貯まるが、MileagePlusセゾンプラチナカードではマイル(ショッピングマイル)が直接貯まる。

貯まるマイルと還元率……「UNITEDマイレージ・プラス」が還元率1.5%で貯まる

貯まるマイルはユナイテッド航空の「UNITEDマイレージプラス・マイル」で、クレジット支払い1,000円につき15マイルが付与される(マイル還元率1.5%)。一般的に1マイルは2円相当の価値があるとされることから、ポイントを現金に換算すると3%という超高還元率になる。なお、年間獲得マイルに上限はなく、マイルの有効期限もない。

ただし、カード年会費やキャッシングの支払いのほか、楽天Edy、nanaco、ココカラクラブカード、おさいふPonta、PARCOプリカ、ピコカ、アゼリアカードへのチャージの利用分はマイル加算の対象外だ。

MileagePlusセゾンプラチナカードはマイレージカードとしての機能も備えているので、クレジット支払いのほか、ユナイテッド航空のフライトでもマイルが貯まる。さらに、ANAなどスターアライアンス加盟26社の利用分も獲得マイルとして加算される。

スターアライアンス加盟航空会社は、以下のとおり。

スターアライアンス加盟航空会社

エーゲ航空 エア・カナダ エアチャイナ エア インディア
ニュージーランド航空 ANA アシアナ航空 オーストリア航空
アビアンカ航空 ブリュッセル航空 コパ航空 クロアチア航空
エジプト航空 エチオピア航空 エバー航空 LOT ポーランド航空
ルフトハンザ
ドイツ航空
スカンジナビア航空 深セン航空 シンガポール航空
南アフリカ航空 スイス・
インターナショナル・
エアラインズ
TAP
ポルトガル航空
タイ国際航空
トルコ航空 ユナイテッド航空

マイルの交換対象……特典航空券への交換がお得

マイルは特典航空券やフライトクラスのアップグレードに利用できるほか、ホテル宿泊特典、レンタカー特典、ブロードウェイのショーチケット、楽天スーパーポイントなどにも交換できる。

ホテル宿泊特典・レンタカー特典・ブロードウェイのショーチケットは基本的に英語圏向けのサービスなので、日本国内では主に特典航空券、アップグレード、楽天スーパーポイントに交換することになるだろう。

特典航空券への交換とアップグレード、楽天スーパーポイントへの交換についての詳細は以下のとおりだ。

・3都市以上の周遊で1フライト分が無料に
特典航空券については、区間ごとの必要マイル数が随時変化する。フライトは片道単位で予約することになるため、往路と復路で異なるクラスを選ぶこともできる。マイルが足りず特典航空券に交換できない場合、必要マイルの半分までは購入したマイルを充当することができる。通常は1,000マイルにつき35米ドルかかるが、このカードでは10%オフで購入できる。

また3都市以上を巡る周遊フライトにおいて、1フライト分が「マイル消費なし」になる「エクスカーショニスト・パーク」という仕組みもある。海外旅行好きにはうれしいシステムだ。

・国内便の特典航空券への交換は2015年からお得に
このカードで貯まるマイルはANAなどの国内便(スターアライアンス加盟航空会社便)の特典航空券への交換もできる。必要なマイル数は、2015年に大幅に減って利用しやすくなった。エコノミークラス片道に必要なマイル数は、以下のとおりだ(2020年5月現在)。

路線 必要マイル
東京/羽田 - 大阪 5,000マイル
東京/羽田 - 札幌 5,000マイル
東京/羽田 - 沖縄 8,000マイル
東京/羽田 - 石垣島 8,000マイル

MileagePlusセゾンプラチナカードで約53万円を利用すると、その獲得マイルで東京-沖縄間の片道航空券を得られることになる。このカードをメインカードとして利用するなら、簡単に達成できるだろう。

・アップグレードはハワイなら追加で2~3万マイルが目安
ユナイテッド航空便の日本-ハワイ便のアップグレード(エコノミーからファーストクラス/ビジネスクラスへ)には2万~3万マイルが必要になる。場合によっては、マイルに加えて350~600米ドルの支払いが必要だ。

・楽天スーパーポイントへの交換は1,000マイルで400ポイント
1,000マイル→400ポイント(400円相当)のレートで、楽天スーパーポイントに交換できる(1年間に10万マイルまで)。特典航空券との交換レートを考えると、特別な事情がない限り「楽天スーパーポイント」に交換する機会はあまりないだろう。

3,マイル還元率がアップする5つの方法 カード継続入会で5,000マイルプレゼント!

通常の獲得マイルのほか、以下のようなボーナスマイルなどの仕組みがある。

方法1,カード契約継続でサンクスマイルを獲得できる

入会2年目から毎年、年会費請求の2ヵ月後に「サンクスマイル」として5,000マイルがプレゼントされる。通常のショッピングで5,000マイルを貯めるためには、約34万円の利用が必要。カード年会費が5万5,000円であることを考えると、カード契約を継続するだけで年会費分をペイできることになる。

方法2コスモ石油の利用でボーナスマイル獲得!還元率が2%に!

コスモ石油の利用分には、1,000円につき5マイルがボーナスマイルとして加算される。合計で1,000円につき20マイルが付与されることになる(マイル還元率2%)。

車を日常的に使用している人は、コスモ石油を利用するだけで効率良くマイルが貯まるようになるはずだ。

方法3,提携ホテルの利用でボーナスマイルが付与される

世界各地の1万5,000軒以上のホテルを利用すると、通常のショッピングマイルとは別にマイルが付与される。提携ホテルには「グランドハイアット」を含むハイアット系列や、「ザ・リッツ・カールトン」をはじめとしたマリオット・ヴォンボイ系列などがある。

ホテルによって獲得できるボーナスポイント数は異なるが、渡航先に該当ホテルがある場合は優先的に利用することで、よりお得に旅を楽しめるはずだ。

方法4,提携レンタカーの利用でボーナスマイル獲得

ハーツレンタカーやダラーレンタカーなどを利用すると、通常のショッピングマイルとは別にマイルが付与される。

方法5,「マイレージプラス ショッピング ジャパン」を経由して還元率アップ

オンラインショッピングサイト「マイレージプラス ショッピング ジャパン」を経由すると、楽天市場やYahoo!ショッピング、じゃらんなど、数々のサービスでボーナスポイントが付与される。日常的に使えるネットショップが揃っているので、ネットショッピングの際はまず「マイレージ ショッピング ジャパン」を意識するだけでも、平均マイル還元率を上げることができるだろう。

4,MileagePlusセゾンプラチナカードの5つのメリット 還元率以外にはどんな利点がある?

MileagePlusセゾンプラチナカードにはマイル還元率以外にも、さまざまな優待や特典が用意されている。

メリット1,ハイグレードな空港ラウンジなどユナイテッド航空の優待を受けられる

MileagePlusセゾンプラチナカードでは、ユナイテッド航空で以下の優待を受けられる。

・優待1,空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」利用パス進呈
空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パスが、毎年2枚(118米ドル相当)進呈される。「ユナイテッドクラブ」は米国を中心に世界各地に45ヵ所にあり、米国以外ではイギリス、メキシコ、香港、日本の成田空港に設置されている。

一般的に航空会社のラウンジは、クレジットカード会社の特典で利用できるラウンジよりもグレードが高い。

・優待2,ユナイテッド航空便への優先搭乗
ユナイテッド航空便の搭乗時に、優先的に機内へ案内される(優先搭乗)。同乗者の航空券を同じ予約番号で予約した場合は、同乗者も優先搭乗ができる。

航空会社提携のクレジットカードだけあって、空の旅を快適で豪華なものにしてくれる。

メリット2,国内主要空港とハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用できる

セゾンカードが提供する空港ラウンジサービスとして、国内主要32空港とハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用できる。対象ラウンジのある空港は、以下のとおりだ。

新千歳空港 函館空港 旭川空港
秋田空港 仙台国際空港 新潟空港
小松空港 成田空港 羽田空港
中部国際空港 関西国際空港 神戸空港
岡山空港 米子鬼太郎空港 広島空港
山口宇部空港 高松空港 徳島阿波おどり空港
北九州空港 福岡空港 大分空港
熊本空港 宮崎ブーゲンビリア空港 鹿児島空港
ダニエル・K・
イノウエ国際空港(ハワイ)
青森空港 富山空港
富士山静岡空港 大阪国際空港(伊丹) 出雲縁結び空港
松山空港 長崎空港 那覇空港

メリット3,コンシェルジュサービスも用意

コンシェルジュサービスは、空港からの送迎やホテル・現地人気レストランの紹介、空席確認・予約手配、ゴルフ場予約手配、フラワーギフトの手配など、カード会員の要望に対して臨機応変に応えてくれる。また、誕生日や結婚記念日といった特別な日の演出もサポートしてくれる。

メリット4,セゾンカードとアメックスやVISA、両方の優待が利用できる

このクレジットカードでは、ユナイテッド航空だけでなく、セゾンカードに加えてアメリカン・エキスプレスやVISA、合わせて3つの優待・サービスを利用できる。セゾンカードとアメリカン・エキスプレスVISAで用意されているものを抜粋して紹介しよう。

優待名 内容
『express』の無料購読 通常年間定期購読料として2,810円
(税別・送料込)がかかる
セゾンカードの会員誌『express』
(年11回発行)を無料で購読できる
プレミアムホテル
プリビレッジ
(アメリカン・
エキスプレス限定)
全国の高級ホテルを優待料金でお得に利用できる。
カード所有者にだけ提供される
ホテルごとの特典も用意。
オントレ
(アメリカン・
エキスプレス限定)
国内有名ホテル、ダイニング、スパ、
ショッピングの優待・特典が提供される。
コンシェルジュサービス
(アメリカン・
エキスプレス、VISA共通)
人気レストランやプレゼントの用意など、
コンシェルジュが代行してくれる。

特にアメリカン・エキスプレスブランドで提供される「プレミアムホテルプリビレッジ」はコンラッド東京やザ・リッツ・カールトン東京、パーク ハイアット 東京など名だたる高級ホテルがラインアップ。優雅なホテルステイを、お得に楽しめるはず。

メリット5,プラチナグレードらしい充実の付帯保険

MileagePlusセゾンプラチナカードには充実した補償額の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯する。プラチナグレードらしい特典と言えるだろう。

・旅行傷害保険は最高1億円で、海外は自動付帯
海外・国内とも最高1億円の旅行傷害保険が付帯する。海外旅行傷害保険は、旅行代金のカード支払いの有無にかかわらず付帯する「自動付帯」だ。国内は旅行代金をカードで支払った場合のみ付帯する「利用付帯」である。

どちらも、家族にも保険が適用される家族特約が付いている。それぞれの補償内容は、以下のとおりだ。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

保険項目 補償金額
(本会員)
補償金額
(家族特約対象者)
傷害死亡・後遺障害 1億円 1,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 200万円
賠償責任 3,000万円 2,000万円
携行品損害 50万円 20万円
救援者費用 300万円 200万円

国内旅行傷害保険(利用付帯)

保険項目 補償金額
(本会員)
補償金額
(家族特約対象者)
傷害死亡・後遺障害 1億円 1,000万円
入院日額 5,000万円 2,000円
通院日額 2,000円 1,000円

・上限500万円のショッピング安心保険
カードで購入した商品が購入日から90日以内に、火災・破裂・爆発・破損・盗難など偶然の事故により損害をこうむった場合、1事故500万円を上限に補償される(自己負担額5,000円)。

5,MileagePlusセゾンプラチナカードはどんな人におすすめ?

ユナイテッド航空をよく利用する人なら、MileagePlusセゾンプラチナカードはメリットの多いカードと言えるだろう。最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯となるのも、旅では心強い。

特に米国でレンタカーやホテルを利用する機会が多い人なら、通常のショッピングマイルに加えて特典マイルも獲得できるので、効率良くマイルを貯められるだろう。渡航先がハワイを含めたアメリカが多い人は、ぜひ検討してほしい1枚だ。

6,マイルを貯めたい人は特にアメックスに注目!

このカードは年会費が確かに高額だが、初年度分は十分ペイできる。その理由がアメリカン・エキスプレス限定のデビューキャンペーン。これはこのカードを2020年11月30日(月)までに申し込むと、2021年1月31日(日)まで通常クレジット利用分1,000円→15マイルのところ、1,000円→30マイル貯まるというもの。60万円利用で1万8,000マイルを獲得することができる。

キャンペーンは条件変更などもあるので、入会時に注意事項を必ず確認する必要はあるが、マイラーは一度チェックして損はないはずだ。

 

モリソウイチロウ
執筆・モリソウイチロウ
「ZUU online」をはじめ、さまざまな金融・経済専門サイトに寄稿。特にクレジットカードに詳しく、専門サイトでの執筆も行っている。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、企業広報サイトなどに編集・ライターとして関わってきた経験を持つ。
「ZUU online」をはじめ、さまざまな金融・経済専門サイトに寄稿。特にクレジットカードに詳しく、専門サイトでの執筆も行っている。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、企業広報サイトなどに編集・ライターとして関わってきた経験を持つ。

この筆者の記事を見る

 

【関連記事 PR】
人気のプラチナカード10枚を比較 代表的クレジットカードを紹介
プラチナカードのインビテーションをもらうには?
「楽天ブラックカード」の魅力 インビテーションや年収条件も紹介
最上位ブラックカード「JCB ザ・クラス」のメリット・特徴は?
アメックスのブラックカード「センチュリオン」のメリット・特徴は?