日本では、アメリカ英語を教える学校が多いため、アメリカ英語にはなじみがあっても、イギリス英語には自信がないという人がたくさんいます。アメリカ英語とイギリス英語では、同じ単語を使うことが多いのですが、違う単語を使って表現することもあります。それぞれの単語を覚えておくと、いざというときに便利です。

そこで、今回は、英米で異なる英語表現を紹介します。

英米で異なる英語表現

1. ズボン

ズボンは、イギリス英語では trousers 、アメリカ英語では pants です。イギリスでパンツと言えば、男性の下着(underpants)のことを指します。女性のパンツはknickersと言います。

【英】I want new trousers for my first date!
(初めてのデートだから新しいズボンがほしい)
【米】Pink-coloured pants are a craze this summer.
(ピンク色のズボンは今夏の流行だ)

  1. ごみ

ごみは、イギリス英語では rubbish 、 アメリカ英語では garbage です。このほかに、rubbishは、物事の状態がひどかったり、気に入らなかったりする場合にも使うことができます。

My paitning is rubbish. (私の絵はごみ同然だ)

  1. アパート

アパートは、イギリス英語では flat 、 アメリカ英語では apartment です。和製英語のアパ―トは、アメリカ英語を短縮したものです。

4. エレベーター

和製英語のエレベーターは、アメリカ英語です。イギリスでは、 lift と言います。

【英】I don’t want to be late. Let’s use a lift!
(遅刻したくない。エレベーターを使おう!)

  1. 地下鉄

地下鉄は、イギリス英語では underground または tube を使います。アメリカ英語は subway です。

【英】Tube tickets’ price went up again.
(地下鉄の切符がまた値上りしたよ)
【米】The subway runs on time. Unbelievable!
(地下鉄は定刻通りだ。信じられない!)

  1. 舗道

舗道は、イギリス英語では pavement 、アメリカ英語では sidewalk です。

【英】Walk on the pavement!
(舗道を歩いてください!)
【米】A motorcyclist should not drive on any sidewalks.
(バイクで舗道を走行すべきではない)

  1. ナス

イギリスのナスは、日本のナスよりも大きくて、皮が固いことが特徴です。ナスは、イギリス英語では aubergine 、アメリカ英語では eggplant です。eggは卵を意味する単語ですから、eggplantと聞いて、卵製品を想像してしまうイギリス人も多いそうです。

8. 不動産仲介業者

不動産仲介業者は、イギリス英語では estate agency 、アメリカ英語では realtor です。ちなみに、不動産をイギリス英語で表現すると property 、 アメリカ英語では real estate となります。

9. 前髪

海外で散髪したいという時に覚えておくと便利です。前髪は、イギリス英語では fringe 、アメリカ英語では bangs です。

【英】My sister has a fringe.
(私の姉は前髪があります)
【米】I have bangs.
(私は前髪があります)

  1. ポテトチップス

ポテトチップスは、どの国でも人気のあるスナックですね。イギリス英語では crisps 、アメリカ英語では chips です。イギリスで「chipsを下さい」と注文すると、フライドポテトが運ばれてきます。チップスのファンなら、ぜひ、覚えておきましょう。

 

11. 高校や大学の1年生

(写真=English Hubより引用)

高校や大学の1年生は、イギリス英語では fresher 、アメリカ英語では、 freshman です。2年生は、イギリス英語では second year student 、アメリカ英語では sophomore となります。

12. 車のウィンカー

車のウィンカーは、イギリス英語では indicators 、アメリカ英語では blinkers です。indicatorsは「示す」を意味するindicateから派生したものです。blinkは「瞬きをする」という意味です。イギリスでは、ひと昔前には、日本と同様にウインカーと呼んでいました。

13. 水道の蛇口

水道の蛇口は、イギリス英語では tap 、 アメリカ英語では faucet です。

【英】The tap was broken. I can’t turn it on. 
(蛇口が壊れた。捻ることができない。)
【米】Could you turn off the faucet, please?
(蛇口を絞めてくれますか?)

  1. 仕切りトイレ

学校や会社、デパート等でよく見られる一つ一つ仕切られたトイレを表現する場合、イギリス英語では cubicles 、アメリカ英語では stalls です。トイレの一室を表現するには、 a cubicle または a stall です。

【英】That toilet cubicle is empty.
(あのトイレは空いています)
【米】I have found a funny graffiti is on the wall of the stall.
(トイレの壁におかしないたずら書きがあったよ)

  1. ばんそうこう

ばんそうこうは、イギリス英語では plaster 、アメリカ英語では一般的に band-aid です。band-aidは商品名ですが、一般名詞のように使われています。

【英】I put a plaster on the cut.
(傷にばんそうこうを貼ったよ)
【米】I need a band-aid to stop bleeding.
(血を止めるためにバンドエイドが必要だ)

最後に

今回紹介した単語の他にも、たくさんの違う表現があります。辞書で調べてみるとおもしろいかもしれません。ぜひ、試してみて下さいね。

<この記事を書いた人>
ラッド 順子
英国在中のライター。日本と英国の大学院を修了。各種教員免許及び英語教授法資格(TESOL)を有する。公立・私立小中高等学校及び大手語学学校での英語指導経験が豊富。英国では、執筆の他、翻訳・通訳、日本語 指導に従事。ライターとして、イギリスの最新情報やおもしろ文化を発信中。サッカーと海外番組の「The X Files」が大好き。

提供元・English Hub

【関連記事】
時短で英語学習!「1.5倍速リスニング」の3つのメリットとは?
何問正解できる?間違えやすい「英語の句動詞」5選!
“merit-demerit”はNG!【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】
外国語を賢く脳に叩き込むための3つのポイント
“I have a plan”はNG!【通訳者は聞いた!現場で飛び交うNG英語】