マツダ 軽自動車「フレア」を商品改良

2020.2.9
SENSE
フレア ハイブリッド XG(画像=AUTO PROVEより引用)
フレア ハイブリッド XG(画像=AUTO PROVEより引用)
マツダは2020年1月23日、軽自動車「フレア」に商品改良を行ない、軽快な走りと燃費性能を両立させた新開発エンジンを搭載するとともに安全装備を充実させ発売した。なお「フレア」はスズキ ワゴンRのOEMモデル。

安全装備では、全車に「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能(後退時)」、「リヤパーキングセンサー」を追加し、後方を中心とした運転時の安全性が向上。その結果、全モデルが経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当した。
 
AUTO PROVE
フレア ハイブリッド XS(画像=AUTO PROVEより引用)
新開発のエンジンは、デュアルインジェクションやクールドEGRなどの新技術を採用。また、効率を高めた新開発のCVTの採用に加え、マイルドハイブリッド・システムのさらなる効率化により、実際の走行における優れた燃費性能と軽快な走りを両立させ、全車がエコカー減税の対象となっている。

■価格

AUTO PROVE
(画像=AUTO PROVEより引用)
提供元・AUTO PROVE

【関連記事】
メルセデス・ベンツ GLE400d 4MATIC スポーツ 【試乗記】(9速AT/4WD)
【待望】ジープ 「ラングラー・ルビコン」2ドア・ショートホイールベースの限定車
レクサスLS 2019年次改良モデル より高みを目指して【試乗記】
日産 GT-R 2020年モデル 変更ポイント詳細解説
そそられるBMW「駆けぬける歓び」を深掘り
PREV ニューバランスが提案する“働く大人のデイリーウエア”「THE CITYコレクション」発売
NEXT adidas/ULTRABOOST(アディダス/ウルトラブースト)2015|ランニングシューズの礎を築いた“名作”たち

READ MORE...