トヨタ 新型「ヤリス」の燃費&価格を発表 2020年2月10日発売

2020.1.19
SENSE
ヤリス ハイブリッド G(画像=AUTO PROVE)
ヤリス ハイブリッド G(画像=AUTO PROVE)
トヨタは2019年12月20日、新型「ヤリス」を2020年2月10日から発売すると発表した。合わせて、燃費、価格も正式に公表した。注目のハイブリッド・モデルの燃費は36.0km/Lだ。

グレード展開と装備

まず、注目の価格は139万5000円~249万3000円(下記の価格表を参照)。1.5L・3気筒エンジンと組み合わせたハイブリッド・モデルはFF/E-Four(4WD)がラインアップされ、グレードは「Z」、「G」、「X」。自然吸気1.5Lダイナミックフォース・3気筒エンジン・モデルもFF/4WDが設定され、トランスミッションはCVTの他に、FFには6速MTも設定されている。グレードは「Z」、「G」、「X」の3種類。
 
AUTO PROVE
(画像=AUTO PROVE)
自然吸気1.0L・3気筒エンジン・モデルはFFのみの設定で、グレードは「G」、「X」の2グレード(「X」にBパッケージを設定)。1.0LモデルのトランスミッションはCVTのみとなっている。

装備では、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[アドバンスド・パーク(パノラミックビューモニター機能付)]」(ハイブリッド車にオプション設定)や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした、最新の「トヨタ・セーフティ・センス」(Bパッケージを除く全車に標準)、楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」(オプション設定)など、多彩な先進・便利機能を採用。スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」、車載通信機も全車に標準装備となっている。そのためスマートフォンと連携し、スマートフォンのナビアプリ、音楽アプリ、SNSなどが利用できる。
 
AUTO PROVE
ヤリス 1.5L G 4WDのインテリア(画像=AUTO PROVE)

パワートレーンと燃費

パワートレーンは3種類。3代目ヴィッツに搭載していた1.0Lエンジンを大幅改良した「1KR-FE」型が69ps/6000rpm、最大トルク92Nm/4400rpm。新開発のダイナミックフォース「M15A-FKS」型の1.5L・3気筒エンジンは120ps/6600rpm、最大トルク145Nm/4800-5200rpmを発生する。

同じダイナミックフォース1.5L・3気筒を採用しハイブリッド用にアトキンソン・サイクル式にした「M15A-FXE」型は91ps/5500rpm、最大トルク120Nmの出力で、駆動用モーターは80ps/141Nmを発生。またハイブリッドと組み合わされるE-Fourのリヤ・モーターは5.3ps/52Nmの出力だ。なおハイブリッド・モデルの駆動用バッテリーはプライムアースEVエナジー社製のリチウムイオン・バッテリーを新採用している。
 
AUTO PROVE
プライムアースEVエナジー社製のリチウムイオン・バッテリー(画像=AUTO PROVE)
WLTCモード燃費は、ハイブリッド・モデルが36.0km/L~35.4km/L、E-Fourモデルは30.2km/L。1.5Lガソリン・モデルは21.6km/L~21.4km/L。1.5Lエンジンの6速MTモデルは19.6km/L。4WDモデルは19.2km/L。1.0Lエンジン・モデルは20.2km/Lとなっている。
 
AUTO PROVE
(画像=AUTO PROVE)
なお車両重量はFFのハイブリッド・モデルが1090kg、1.0Lモデルの940kgで、1.5Lモデルは1000kgと軽量化を実現している。

【価格】

ヤリス

AUTO PROVE
(画像=AUTO PROVE)

ヤリス ウエルキャブ

AUTO PROVE
(画像=AUTO PROVE)

提供元・AUTO PROVE

【関連記事】
メルセデス・ベンツ GLE400d 4MATIC スポーツ 【試乗記】(9速AT/4WD)
【待望】ジープ 「ラングラー・ルビコン」2ドア・ショートホイールベースの限定車
レクサスLS 2019年次改良モデル より高みを目指して【試乗記】
日産 GT-R 2020年モデル 変更ポイント詳細解説
そそられるBMW「駆けぬける歓び」を深掘り
PREV この冬おすすめの軽量ダウンウエア
NEXT アシックスが、東京マラソン2020開催記念ランニングシューズを限定販売!

READ MORE...