「超富裕層」が愛する世界のレストラン14選 日本からも2店

2018.9.13
SENSE
(写真=August_0802/Shutterstock.com)
(写真=August_0802/Shutterstock.com)
世界の超富裕層はどんな場所でどんな料理を楽しんでいるのだろう—。富裕層向け高級ホリデーアパートメントの仲介サービスLVH Globalのアミール・ベネシュCEOが、純資産3000万~40億ドル(約32.7億~4367億円)、平均年収500万ドル(約5.4億円)の顧客からの予約リクエストが多いレストランをまとめた。

東京からは「すきやばし 次郎」と「Quintessence」が選ばれた。味・質・雰囲気・エンターテイメント性を満喫できる「超富裕層が愛する世界のレストラン」14軒をご紹介しよう。

ベネシュ氏によると、超富裕層はレストランを選ぶ際、食事の良質さだけではなく、話題性も重視する。「予約をとるのが難しいレストランで食事をする」ことで、エクゼクティブな気分を堪能するのだという。

Catch L.A.—ロサンゼルス(米国)

ロサンゼルスとハリウッドヒルズが見渡せる、全340席の大規模なシーフードレストランCatch L.A.。寿司などアジア料理からインスピレーションを受けたメニューが個性的だ。ロブスターや蟹の盛り合わせが スモールサイズで99ドル(約1万円*2018年5月8日為替レート、1ドル=109円で換算)、寿司はベジタリアン巻きで17ドル(約1852円)から。

Chef's Table at Brooklyn Fare−ニューヨーク(米国)

ニューヨークで最も予約が取りにくいという大人気のミシュラン3つ星レストラン、Chef's Table at Brooklyn Fare。日本料理とフランス料理のテイストを取り入れたメニュー が自慢。テイスティングメニューは一人前394.36ドル(約4.3万円)から。

Alinea−シカゴ(米国)

米富裕層雑誌「エリート・トラベラー」やビジネス情報サイト「ビジネス・インサイダー」などが「世界1のレストラン」 に選んだAlinea。料理と科学が融合した独創的なメニューは、最早アートの域だ。10~12品コース一人前で175~225ドル(約1.9万~2.5万円)。

Lio−イビザ(スペイン)

食事をしながら華麗なショーが楽しめるLio。レストランとクラブ、キャバレーが融合した建物内には、高級マリーナという場所柄、富裕層が集う。飲み物だけの利用もOKだが、飲み物にもショー代が含まれているため、値段は少々高め

すきやばし次郎−東京(日本)

人間国宝の寿司職人、小野二郎氏が店主のすきやばし次郎。2014年にオバマ大統領が来日した際、安倍首相と非公式な会食の場にも選ばれたミシュランの3つ星だ。客室が約10席のため、予約がとるのが非常に困難だそうだ。

Club Les Palmiers—サントロペ(フランス)

高級リゾート地サントロペで、海を眺めながら地中海料理に舌鼓を打てるClub Les Palmiers

The Fat Duck—ロンドン(英国)

英国のカリスマシェフ、ヘストン・ブルーメンソール氏が、視覚を強く刺激する幻想的な創作料理で客を驚かすThe Fat Duck。均一価格のコース料理は一人前462ドル(約5万円)。

Nobu Malibu—マリブ(米国)

ビバリーヒルズのカリスマ日本食レストラン「Matsuhisa」の経営者、松久信幸氏が、俳優のロバート・デニーロ氏と共同オープンした「NOBU」。マリブ以外にも、ニューヨークやミラノ、ロンドンなどに本店・支店がある。Nobu Malibu

Noma—コペンハーゲン(デンマーク)

英料理関係専門誌「Restaurant magazine」が過去2回、「世界一のレストラン」に選んだNoma。カリスマシェフ、レネ・レゼピ氏が経営しているノルウェー料理店で、地元の森や海岸でとれる材料にこだわっている。

Quintessence—東京(日本)

10年連続で3つ星レストランの座を維持している、フレンチ・レストランの最高峰Quintessence。フランス・パリの三つ星レストラン「アストランス」で修業を積んだ岸田周三氏がオーナーシェフ。

Yam'Tcha—パリ(フランス)

パリでお洒落な飲茶が味わえるYam'Tcha。メニューが日替わりという点も頻繁に足を運びたくなる。ランチメニューは86ドル(約9349円)、テイスティングメニューは185ドル(約2万円)から。

Carbone—ニューヨーク(米国)

内装や演出の派手さではなく、純粋に味と質で勝負しているCarbone。イタリア料理と米国料理をベースにした、シーフードサラダやボンゴレなどクラッシックなメニューが中心。サイトのメニューには値段が掲載されていないが、口コミでは「料理と値段が釣り合っていない」との辛口レビューもある。

Le Coucou—ニューヨーク(米国)

パリの人気レストラン「Spring and La Bourse et La Vie」や「Spring」のシェフ、ダニエル・ローズ氏が2016年にニューヨークで開店したLe Coucou。クラッシックなフランス料理をニューヨーク風にアレンジしている。ランチ は2コースで54ドル(約5900円)と、高級レストランにしては手頃な価格だ。2017年は「ジェームス・ビアード・アワード」 で「ベスト・ニュー・レストラン賞」を受賞した。

Minibar by Jose Andres—ワシントン(米国)

ミシュラン2つ星レストランMinibar by Jose Andresは、AlineaやThe Fat Duck同様、奇抜な発想を料理に取り入れたエンターテイメント性の高いメニューで人気。Time誌の「最も影響力のある人物100人」に、過去6年で2回も選ばれたホセ・アンドレ氏 が、オーナーシェフを務める。

文・アレン・琴子(英国在住フリーランスライター)/ZUU online

【関連記事】
ネット証券は情報の宝庫?日経新聞から四季報まですべて閲覧可!?(PR)
ロレックス以外に「オシャレ」「投資対効果」を満たす腕時計はない
シュプリームが支持され続けるワケ 6万円のTシャツがオークションで16万円に?
「なぜ富裕層は「英国靴」を愛用?庶民は知らない「エドワードグリーン」と「ジョンロブ」
「山崎50年」が約3,000万円に!日本産ウイスキーの価格はなぜ高騰している?

PREV 「お金持ちかどうかは顔で分かる」のはなぜ?富裕層の人相「富裕相」が存在
NEXT 1億円を築いたお金持ちの7割が習慣的に読む「本のジャンル」とは?

READ MORE...