『SEVENTIE TWO』より

「プーマ」がインターネットカルチャーから着想を得たスニーカーを発売

2020.6.29
ライフ
(画像=SEVENTIE TWOより引用)
(画像=SEVENTIE TWOより引用)
「プーマ(PUMA)」は6月13日、画期的なクッションテクノロジー「RS(RUNNING SYSTEM)」を搭載した「RS」シリーズから新たに「RS-2K INTERNET EXPLORING(インターネットエクスプローリング)」を発売した。「RS-2K INTERNET EXPLORING」は、2000年代初期から現代にかけてのインターネットカルチャーの発展から着想を得たデザインのスニーカーで、2000年問題(西暦2000年になるとコンピュータが誤作動する可能性があるとされた問題)や、インターネットが普及し始めた当時の時代背景をデザインに反映し、ベースは1980年代に登場した画期的で高品質なクッションテクノロジーを持つ「RS」シリーズをモデルとしている。スエード、レザー、合成皮革のオーバーレイやクリアパーツを贅沢に重ね合わせたメッシュ地のアッパーと、ボリューム感満載のシルエットが特徴的だ。ビビッドなカラーリングとも相まって、レトロなシルエットに未来的な要素をプラスした、遊び心あふれる一足に仕上げた。

文・関根美紅/提供元・SEVENTIE TWO

【関連記事】
紳士服チェーン3社の厳しい中間&本決算から見えてくること
セイコーウオッチが欧州初「グランドセイコーブティック」をヴァンドーム広場に出店
「ナイキ」がヴァージル・アブローの「オフ-ホワイト」と「ナイキプロ」でコラボ
LVMHグループのファンドが27億円を出資した台湾のドクターズコスメ「ドクター・ウー」が日本上陸
ルックHDがイタリア革製品ブランド「イル ビゾンテ」を109億円で買収
PREV ユニクロのマスク、夏用ではない 通気性は「アベノマスクと比べると…」
NEXT まさかの「かき氷冷やし味噌ラーメン」爆誕 「東京豚骨拉麺ばんから」夏の新メニューを食べてきた!これは……アリ!

READ MORE...