『CARSMEET WEB』より

【スクープ】スバルとトヨタが共同開発するピュアEVの新SUV、車名は「エヴォルティス」か?

2020.5.24
ライフ
(画像=CARSMEET WEBより引用)
(画像=CARSMEET WEBより引用)

航続距離は500㎞が目標、ワールドプレミアは2021年10月?

スバルとトヨタが共同で開発を進めている新型クロスオーバーSUVに関する情報を入手。今回は、そのスバル版となる予想CGを制作した。

すでにスバルは2019年6月、トヨタと中・大型乗用車向けEV専用プラットフォーム、およびCセグメントSUVモデルのEVを共同開発することを発表している。また、2020年1月に開催された「SUBARU技術ミーティング」にて、「EVデザインスタディ」を世界初公開。これが、トヨタと共同開発するEVクロスオーバーSUVのスバル版コンセプトと思われる。
 
CARSMEET WEB
(画像=CARSMEET WEBより引用)
その市販型だが、エクステリアはコンセプトカーをよりアグレッシブにしたデザインが予想される。フロントはグリルを大型化し太いグリルバーを装着、ライトには上下につながるLED、そのデザインに合わせたシャープなデフューザーなどでSUVらしい迫力を演出しているはず。一方、ボディサイドはコンセプトカーのデザインを継承しつつリヤ、センターなどにキャラクターラインを入れ躍動感あふれるデザインに仕上げられるようだ。
 
CARSMEET WEB
(画像=CARSMEET WEBより引用)
市販型では新開発の次世代EVパワートレインの搭載が予想され、最高出力は290ps以上、駆動方式は4WDが標準となる模様。また、大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は500kmをめどに開発が進んでいるようだ。安全装備では、AI採用の「新世代アイサイト」を搭載。「レーン変更支援」、「カーブ予測自動減速」、「渋滞ハンズオフ」、「ステアリング操作アシスト」、「360度センシング」など高度な機能の採用が見込まれる。

気になる車名だが、スバルは2018年に米国にて「エヴォルティス(EVOLTIS)」のネーミングが商標登録していることから、この車名が有力候補の1つと考えられる。そのワールドプレミアは、2021年10月という説が有力だ。
 
文・CARSMEET web編集部/提供元・CARSMEET WEB

【関連記事】
イタリアンテイストの新型BMWが登場!ただしエンジンはありません。
【スクープ】トヨタの次期「ノア」シリーズはTNGAを採用。エクステリアもスポーティに進化する?
デビューは最速で年末? 次期「メルセデス・ベンツCクラス」の開発が終盤に!
最大のライバルは従来モデル!?「BMW 1シリーズ」【JAIA輸入車試乗会】
欧州のベストセラーSUV、「フォード・クーガ」が全面改良で環境性能を強化!
  
NEXT 「新型モデル試乗」M235iグランクーペに見るBMWの華麗なる戦略

READ MORE...