今年はどこの山に行こう。アウトドア計画ファイル

2020.2.22
RELATIONSHIP
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
INDEX 新しい年を迎えるにあたって、新たに挑戦してみたい外遊びはなんですか? え? アイデアが思い浮かばない? それならば、アウトドアの達人たちが頭のなかで密かに計画中のプランをご紹介。今回は、職種も得意とするアクティビティもさまざまな15名の男女に登場してもらった。全体的に自転車や釣りへの興味が高いようだが、他のアクティビティと組み合わせたり、使うギアや目的が異なるのがおもしろい。このファイルが、みなさんの今年のフィールドライフに役立ちますように!

1 パラグライダーと足を使って日本アルプス横断

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
日本アルプスの起伏を利用して、歩いて山へ上がりそこから飛んで、移動してまた登り飛んで……を続けられたら横断ができるのか!?
 
  • 時期:4~6月
  • 日数:7日間
  • 実現度:50%
ぼくが最近よく遊んでいるのはパラグライダー。ヨーロッパの山岳エリアでは結構愛好家が多いスポーツです。じつは日本にもヨーロッパやヒマラヤのように山脈が連なる地形があります。とくに、日本アルプスと呼ばれる三大山脈は、その地形を利用して楽しめるのではと期待してます。国内のパラグライダーで遊べる場所はぼくもまだ開拓中。新しい空の世界でなにか形になったらいいなと思ってます。

国際山岳ガイド 江本悠滋

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
国内外で登山、クライミング、スキーのガイディングを行ないながら、名古屋市内にクライミングジム「ズットン」を経営。最近はパラグライダーにハマっている。

www.emoto-yuji.com

2 峰の原高原の新設人工氷瀑でアイスクライミング三昧

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
2018年1月オープンに向けて設営中の人工氷瀑。インスタ映えする体験クライミングやガイドによる講習会も週末に開催予定。
 
  • 時期:1~3月
  • 日数:1日
  • 実現度:100%
さまざまやアウトドアアクティビティを楽しんでいますが、来年とくに取り組んでいきたいと思っているのがアイスクライミングです。岩根山荘などにも毎年2月にイベントを実施するなどして足を運んでいますが、いま注目しているのは来年1月からオープン予定の峰の原スキー場横の人工氷瀑。スキー場横にあって、スキーやスノーシューなど他のアクティビティと組み合わせられるのも魅力です。

マウンテンワークス山岳部部長 三苫 育

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
長野県上田市を拠点に山岳調査や撮影、クライミングイベントの企画、運営などを事業として行なう。山岳ガイドとしての経験を活かし山に貢献できる仕事を模索中。

www.mountain-works.net

3 尾瀬周辺でトレイルランニング

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
稜線以外にもブナの原生林や新緑、 ふかふかのトレイルなど魅力満載。 レースのエイドでは檜枝岐の郷土 料理・裁ち蕎麦がふるまわれる。
 
  • 時期:6月
  • 日数:1日
  • 実現度:80%
檜枝岐村は、尾瀬、会津駒ヶ岳、燧ヶ岳など遊べるフィールドが豊富にあります。来年やりたいことは、檜枝岐村でのトレイルランニングコースの開拓。2017年6月に初開催した「サラマンダートレイル」では、尾瀬国立公園内の一部を走るコースを提案しました。大津岐峠~御池までの稜線が見どころのコースです。来年もお客様が檜枝岐でアウトドアを楽しんでもらえることを考えていきたいです。

「楽」所属ガイド/そば打ち 平野崇之

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
福島県の檜枝岐村でガイド・民宿・そば処を営む。おもなフィールドは尾瀬、会津駒ヶ岳、燧ヶ岳など。夏は登山、冬はスノーボードで顧客を山へ誘っている。

http://raku-hinoemata.com

4 椎葉村に泊まって九州脊梁山脈をMTBツーリング

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
宮崎市内から車で約3時間かけてたどり着く秘境の村。「九州のマチュピチュ」として話題になった「仙人の棚田」などのスポットも。
 
  • 時期:6月~10月
  • 日数:5日
  • 実現度:85%
MTBとともに、日本三大秘境のひとつである宮崎県の椎葉村で自然を感じ土地の人に触れ合う旅をしたいです。村に到着したらMTBで登り、標高約1,000mのところにある民宿「焼畑」へ。ここにいらっしゃる、日本で唯一伝統的な焼畑農法を続けている椎葉クニ子さんに会いたい! 宿を楽しんだら、国見岳を含む九州脊梁山脈をMTBで駆け抜けたいです。山の上でのキャンプも最高だろうな……。

マウンテンバイクライダー 布袋田沙織

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
ピラティスインストラクターとしても活動しながら、2013年からはじめたMTBで全国の山々を駆け回っている。趣味で登山やスノーボードも楽しむアクティブ派。

www.amitymtc.com

5 ほったらかしキャンプ場でお花見キャンプ

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
2016年より山梨県の日帰り温泉「ほったらかし温泉」の隣にオープンした「ほったらかしキャンプ場」。温泉もあり眺めも抜群だ。
 
  • 時期:4月
  • 日数:2日
  • 実現度:90%
なかなか本格的なキャンプデビューができていないので、来年こそは! 山を愛でながらのんびりしたキャンプを楽しみたいので、山の上のキャンプ場をセレクトしました。そこに大好きな桜があれば言うことなし! ずっと続けている山登りでは、来年はまだ行ったことのない山域を歩いてみたいです。裏銀座や後立山連峰、そしてチャンスがあればアメリカのMt.Shastaへ、もう一度行きたい!

シンガーソングハイカー 加賀谷はつみ

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
『本日のスープ』でメジャーデビュー。登って歌えるシンガーソングハイカーとして注目され、NHKBS『実践!にっぽん百名山』に出演するなど多方面で活躍中。

https://kagayahatsumi.amebaownd.com/

6 小豆島でのクライミング&岩壁から飛んで空中散歩

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
瀬戸内海に浮かぶ小豆島のクライミングスポット・拇指岳。遊びを組み合わせればより楽しくなる。
 
  • 時期:6月~10月
  • 日数:1日
  • 実現度:20%
クライミングやバックカントリースキーで遊ぶなかで「ほかになにか楽しいことはないか?」と考えたときに、「空」というフィールドとの融合を思いつきました。海外の大きな山でスキー×パラグライダーを使って遊ぶ人たちを見て興味をもつも、日本で手軽に挑戦できる場所はありません。クライミングでは下山時に楽しみはないので、飛んで下りられれば……。整備さえすれば実現できるはず!?

アドスポーツ店員/登山ガイド 小林尚平

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
兵庫県姫路市のアウトドアショップでスタッフとして働きながら、店舗イベントでは登山ガイドとしても活躍。クライミング、沢登り、スキーなど幅広く外遊びを満喫。

https://addsports.official.ec/

7 マキノ町をベースにMTB&テンカラ釣り&カヤック三昧

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
MTBで渓流へアクセスし、テンカラで魚釣り。このエリアならではのカヤックも組み合わせた盛りだくさんプランを実現させる予定。
 
  • 時期:6月~10月
  • 日数:2日
  • 実現度:100%
滋賀県高浜市マキノ町海津にある友人のショップ(グランストリーム)をベースに、MTBで山に入り渓流でテンカラ釣り。ついでに琵琶湖や若狭湾でカヤックも楽しむというプランです。以前マキノ町を訪れたとき、友人に誘われて近所の川で釣りをしたら釣れたので「今度はMTBで釣竿持って山に行きますか!」となり、考え始めました。来年もいつもと変わらずアウトドアを楽しみたいです。

アウトドアコーディネーター 小雀陣二

FUNQ
カフェ「雀家」店主(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)

8 しまなみ海道を自転車で渡りながら釣り&キャンプ

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ「しまなみ海道」。自転車で渡りながら、瀬戸内海の島々でキャンプをしつつ、釣り歩く計画だ。
 
  • 時期:6月~10月
  • 日数:3日
  • 実現度:50%
日本の川、湖、海には約3000種類の魚がいるそうですが、そのうちできるだけ多くの種類の魚と出合いたいというのが人生の目標。2017年末時点で約250種類を達成し、2018年は300種類を目指すため、釣竿をもって旅に出たいです。いいポイントを見つけたら気軽に足を止めて竿を振ることができるのが自転車旅の魅力。「亀老山展望公園」から夕陽の撮影をすることも楽しみですね。

アウトドアライター/大漁旗クリエイター 三浦晋哉

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
「赤ワイン」のニックネームでアウトドア雑誌の編集・ ライター・カメラマンを担当。釣り人のためのオリジナル大漁旗もプロデュース。釣りやキャンプが得意分野。

www.akawine.com
Facebook @akawineoutdoor

9 アラスカをセスナで飛び回りながらBCスキー

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
時期は現地のパウダーシーズンを予定。春のアラスカでオーロラを見ながらという垂涎ものの計画だ。
 
  • 時期:3月~4月
  • 日数:15日
  • 実現度:90%
アラスカに通い続けて21年目ですが、これはまだやったことがないプラン。友人の操縦するセスナで飛び回ってバックカントリースキーを満喫し、宿に帰ったら彼らが経営する会社のアラスカンビールを飲む。そんな毎日を送りたい。20年来の友人である女性パイロットに誘われて話をしているうちにそんな夢を描き始めました。ありったけのビールを持ち込み、旅をしようと盛り上がっています。

アウトドアライター 村石太郎

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
アラスカのウィルダネスを旅することをライフワークにしながら、登山、カヤック、スキー&スノーボードとアウトドアを楽しむ。来年も今年以上に遊ぶ予定。

10 犬といっしょにSUPでユーコン川を下る

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
ユーコン川をカヤックやカヌーで下っている人は大勢いるけど、SUPで下っている人はまだ少ない。やる気次第で実現できるはず。
 
  • 時期:7月~9月
  • 日数:2~3週間
  • 実現度:99%
釧路川、天塩川、千曲川、古座川、仁淀川、錦川などこれまで日本の川をSUPで下ってきましたが、近々海外の川も下りに行きたいです。日本の川は、長くてせいぜい3、4日で終わります。何週間も水の上を旅する感覚とはどういうものなのか?単純にそれを知りたい。海外のビッグツーリングリバーといえば、やっぱりユーコン川。ビールをたんまり載せたいので、SUPはビッグサイズがマストです。

アウトドアライター 森山伸也

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)

越後の豪雪地に暮らす39歳。SUP、渓流釣り、山スキー、山菜採りなどを通して自然を生活に取り入れ、楽しむ。著書『北緯66.6°ラップランド歩き旅』(本の雑誌社)。

11 アメリカに遠征してアイコンズピナクル登攀

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
アメリカ合衆国カリフォルニア州の東部にあるハイシエラ。そのカテドラルピークからは、アイコンンズピナクルを眺められる。
 
  • 時期:6月~10月
  • 日数:3日
  • 実現度:60%
2017年の夏、「ハイシエラ」と呼ばれるアメリカのシエラネバダ山脈のカテドラルピークへ登攀したときのことです。大空へ向かい鋭く突き刺さるように飛び出した岩峰、アイコンズピナクルを見て、「あのトンがった先端に立ってみたい!」と一目惚れしてしまいました。来年この目標を実現するためにも、酒を控えること、減量、登攀の猛練習に励みたいと思います。あとはアウトドアを満喫します。

テレマークスキーヤー/クライマー 成澤泰成

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
長野県佐久市出身。音響制作やラジオDJなどの仕事を本業としながら、スキーやクライミングにおけるプロのプレイヤーとしても活動。

12 北海道の山々を車中泊しながら連続登山

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
新緑の時期に、夕張岳、ニペソツ山、ペテガリ岳、カムイエクウチカウシ山といった、いわゆる200名山を中心に登るという計画だ。
 
  • 時期:6月
  • 日数:10日
  • 実現度:50%
毎年長期で行っている北海道アウトドア旅で、次にやりたいことがコレ。ぼくが以前から登りたいと思っている山にまとめて行くには、車中泊で少しずつ移動していくのがベストで、自宅からマイカーに乗り、フェリーで北海道に上陸すれば山道具や着替えをたっぷり持っていけて好都合だ。パソコンも持っていけば原稿書きもでき、仕事を途切れさせることなく、たくさんの山に登れるはず。

山岳・アウトドアライター 高橋庄太郎

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)

日本中の山、海、川へ行き、山岳やアウトドア専門誌などで原稿を執筆。毎年、一年の半分以上は野外に出ている。『トレッキング実践学』(小社刊)はじめ著書多数。

http://yiz00776.cocolog-nifty.com

13 河口湖で富士山を見ながらワカサギ釣り&キャンプ

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
ワカサギ越しの河口湖&富士山。無事にワカサギを釣ることができれば、キャンプでワカサギを食べるという最高のプランが実現する。
 
  • 時期:10~3月
  • 日数:2日
  • 実現度:90%
最近SUPフィッシングをし始めたきっかけで、釣りにはまっています。その影響で、大好きな富士山の下でできる釣り=ワカサギ釣りに興味津々です。アウトドア料理も好きなので、釣ったワカサギを調理しながらみんなでワイワイキャンプがしたいですね。SUPフィッシングという新しいフィールドに足を踏み入れてしまったので、来年はもっともっと精力的にチャレンジしていきたいです!

フォトグラファー 植田めぐみ(mush)

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
夏は富士山山頂で働きながら、富士山からの写真を撮り続けている。スノーボード、SUPなどを楽しむ。この冬は木島平スキー場にて活動。

https://ameblo.jp/photographer-mush

14 奥秩父と奥多摩をMTBで走りつなぐバイクパッキング

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
6月に三重県いなべ市で自転車と旅のフェス「BIKE&CAMP」を主催予定。このスタイルの普及にも精力的。
 
  • 時期:6~10月
  • 日数:3日
  • 実現度:75%
バイクパッキングの旅をしたくて、2017年にウルトラライトのテント、スリーピングバッグ、マットを揃えました。2018年は、それらを使ってバイクパッキングやファストハイクで山を旅したいという気持ちがあります。バイクパッキングなら、できるだけ自転車を電車に載せて行く輪行スタイルで。キャンプ道具をすべて自転車に付けて山々を走ります。車がなくてもできることを証明したいです。

モデル/トラベルライター 山下晃和

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
モデルとして活躍しながら、キャンプ、登山、カヤック、トレイルラン、スノーボード、MTB、パックラフト、オフロードバイクなど幅広いアウトドアに精通する。

http://akikazoo.net

15 車を買って、ふらっと近場でオートキャンプ

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
オートキャンプの車中泊で楽しむなら、道志エリアのキャンプ場など、東京からアクセスが良く森に囲まれた気持ち良い場所が理想。
 
  • 時期:6~10月
  • 日数:2日
  • 実現度:60%
私がふだん楽しんでいるアウトドアは登山やキャンプなのですが、キャンプはここ数年、山のキャンプばかりになっていました。なので、車をゲットしてオートキャンプに復帰したい! 2018年は新しい本の執筆が控えているので、休日にふらっとキャンプへ行けるような環境を整えたいです。車中泊ができるようにDIYもしたいな。「一歩も歩かず自然のなかへ……」ということに魅力を感じます。

アウトドアスタイル・クリエイター 四角友里

FUNQ
(画像=FUNQ/フィールドライフより引用)
アウトドア関連の執筆やトークイベント、またアウトドアウエアのプロデュースを手掛ける。着物着付け師としての顔も。著書『一歩ずつの山歩き入門』(小社刊)。

www.respect-nature.com

出典
フィールドライフ No.58 2017 冬号

フィールドライフ 編集部
2003年創刊のアウトドアフリーマガジン。アウトドアアクティビティを始めたいと思っている初心者層から、その魅力を知り尽くしたコア層まで、 あらゆるフィールドでの遊び方を紹介。

CREDIT :
文◎松元麻希 Text by Maki Matsumoto

提供元・FUNQ/フィールドライフ

【関連記事】
ブリヂストンのトラックバイク超高額530万円で発売!
【永久保存版!】カレー好きなら覚えておきたいスパイスの基本方程式!
レッド・ウィングRED WINGの定番「ポストマン」ってどんなシューズ?
新しいMacのOSは、ちょっと影響がデカイので注意【macOS 10.15 Catalina】
雪山トレッキング日帰りおすすめルート9選
PREV 業務スーパーの1kgめし『チャーハン』はパラッと食感の安定クオリティ
NEXT 47都道府県 ニッポン健康大調査 第9弾!日本の2人に1人は ”花粉症” !? ドクターが教える簡単にできる 「花粉症対策」 ...

READ MORE...