大阪の高級回転寿司の店5選……回転寿司がんこ、函太郎、大起水産回転寿司etc.

2019.10.1
RELATIONSHIP
(写真=大起水産回転寿司)
(写真=大起水産回転寿司)
子連れだと安さを売りにした回転寿司に行く機会が多いかもしれないが、たまには高級ネタを食べられる回転寿司で大人も満足したいもの。今回は大阪エリアで訪れやすい駅近や、わざわざ訪れる価値のある高級回転寿司屋を5つ紹介する。(※価格は基本、税抜き表示)

回転寿司がんこ エキマルシェ新大阪店――新大阪駅の構内で漁港直送の高級ネタを堪能

(写真=回転寿司がんこ)

「がんこフードサービス」は関西エリアを中心に、和食やとんかつ、丼専門店など多種多様な飲食店を展開するレストランチェーンだ。もともと寿司業態から始まっただけに、同社の運営する「回転寿司がんこ」では産地にこだわった旬の高級寿司を味わえる。

愛媛県宇和島で育てた「がんこ鯛」、三重県と和歌山県にまたがる熊野灘で水揚げされた極上の「がんこ熊野産生本まぐろ」など、全国の契約漁港から直送されるネタは鮮度も抜群だ。

「回転寿司がんこ エキマルシェ新大阪店」は、大阪駅の構内という好立地に店を構える。先述した産地直送のネタのほか、釜揚げしらすやいくらの「こぼれ軍艦」、「穴子の一匹にぎり」など、本格的な高級寿司を改札から外へ出ずに気軽に楽しめる。家族でお出かけしたついでや出張の合間をぬって、気軽に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

回転寿司がんこ エキマルシェ新大阪店

函館グルメ回転ずし 函太郎 グランフロント大阪店――その日仕入れたネタが味わえる北海道発の高級回転寿司

(写真=函館グルメ回転ずし 函太郎)

「函太郎」は北海道を中心に展開している回転寿司チェーン店。「函館グルメ回転ずし 函太郎 グランフロント大阪店」は梅田駅近くにある複合施設「グランフロント大阪」の7階にあり、関西唯一、函館・北海道より直送される函太郎の高級寿司が味わえる店だ。

「グルメ回転ずし」と銘を打つだけあり、ネタへのこだわりはひとしおだ。「自家製〆さば」は脂質20%以上の脂が乗ったものだけを厳選し、そのときによって塩加減や締め方を変えている。また、北海道から毎朝活貝を仕入れ、店内で剥きたてで提供される帆立など、北海道で食べる鮮魚がそのまま関西で味わえるといっても過言ではない。

寿司のシャリは、北海道産の米に昆布の出汁とオリジナルの合わせ酢を組み合わせたもので、鮮度のよい寿司ネタとの相性も抜群。店舗がある「グランフロント大阪」内には、子供が楽しめるスポットも多数用意されているので、食事の前後に遊びに行くのもいい。

函館グルメ回転ずし 函太郎 グランフロント大阪店

大起水産回転寿司 なんばCITY店――鳥取県境港から直送された新鮮な鮮魚を店内で調理

(写真=大起水産回転寿司)

「大起水産回転寿司」は大阪市内だけでも16店舗を展開する回転寿司の大手チェーン。1975年に魚介の卸売業からスタートし、日本でも指折りの漁獲量で知られている鳥取県境港から新鮮な鮮魚を直送し店内で調理している。

「大起水産回転寿司 なんばCITY店」は、難波駅から歩いてすぐの「なんばCITY南館」1階に店を構える。「本まぐろカマトロ」や「特大赤えび」などの高級ネタ(1皿500円)のほか、本まぐろ・トロ・サーモンなどが入った「大起盛」や「まぐろづくし」(いずれも950円)などセットメニューも豊富。子供が喜びそうな「若鶏の唐揚げ」や「オニオンリング」、「肉うどん」などの一品メニューも多数用意されているのもいい。

ランチやディナータイムは混雑するが、公式サイトから待ち人数の把握や順番待ちの予約ができるので安心。寿司のお持ち帰りにも対応しているので、急に家族で高級寿司が食べたくなったときにも便利だ。

大起水産回転寿司 なんばCITY店

活魚廻転寿司 にぎり長次郎 北巽店――寿司から一品料理までこだわった高級回転寿司

(写真=活魚廻転寿司 にぎり長次郎)

「にぎり長次郎」は大阪府内に22店舗もの店舗数を誇る高級回転寿司チェーン。大阪市生野区・北巽駅にほど近い北巽店は、カウンター席や離れテーブル席など全68席を備え、小さい子供がいてもゆっくりと食事ができる店舗だ。

「にぎり長次郎」のウリは、回転寿司にもかかわらず板前が寿司を握っている点である。職人が寿司ネタだけでなくシャリや醤油、出汁まで徹底的にこだわり、極上の高級寿司を提供している。うに・いくら・ ぼたん海老がセットになった「北海三昧(1皿650円)」、中とろ・大とろ・赤身が楽しめる「本まぐろ三味(810円)」や注文後にイケスから取り出して調理する「泳がし鯵一匹にぎり(920円)」はぜひ食べてみてほしい。

寿司だけでなく、鮮魚のお造りやサラダ、はまぐり赤だし、温泉卵の赤だしといった変わり種もある。子供と一緒であれば、わさび抜きの寿司にジュースとおもちゃが付いた「チャイルドセット」も用意されている。家族で訪れても満足できそうだ。

活魚廻転寿司 にぎり長次郎 北巽店

回転寿司くろしお――郊外でも訪れる価値あり!希少な地酒も均一価格で味わえる高級回転寿司

(写真=回転寿司くろしお)

「回転寿司くろしお」は堺市のお隣、松原市(近鉄南大阪線「布忍」駅より徒歩15分)にある。大阪の中心地からやや離れた場所にある人気店だ。人気の理由として挙げられるのが寿司ネタの多さである。子供から年配まで幅広く楽しめるよう、100円から500円までの7種類の価格帯を用意。肉厚ほたて、生サーモン、大エビをガーリックバターで炙った「海賊王ガーリック」といった創作寿司などバラエティに富んだメニューを提供しているのも特徴だ。

炭火焼鳥やポテトフライなどのおつまみメニューも豊富。それもそのはず、「回転寿司くろしお」では地酒にも力を入れているのだ。黒龍や獺祭、久保田といった銘酒を含む40種類以上のドリンクが、驚きの290円均一価格で提供されている点は同店の最大の特徴ともいえるだろう。高級寿司と地酒を存分に堪能できるお店なのだ。

再来することでお得な特典を受けられるポイントカードや公式ホームページにクーポン情報などもあるので、訪れる前にぜひ確認してみよう。

回転寿司くろしお

文・武田真那実(旅&グルメライター)
 

【関連記事】
東京都内の名店の食パン10選 行列ができる老舗から専門店の逸品も
生ならもっちもち、焼けばサックサク!名古屋の食パンの名店
大阪の食パンの名店 しっとりモチモチ「生食パン」も!
横浜の食パン専門店5選 1日2万本売れる生食パンも
行列ができる限定食パンも!京都の食パンの名店

PREV 【地方創生の最先端】人口の15%が移住者!分散型古民家ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」
NEXT 都会より不便。でも、ここにしかない暮らしがある。奄美大島での生活

READ MORE...