『るるぶkids』より

ネットの森や野外の体感アートにキッズも大興奮!箱根「彫刻の森美術館」を楽しもう

2020.11.21
家族・子育て
(写真=るるぶkidsより引用)
(写真=るるぶkidsより引用)
東京近郊からもアクセスのよい箱根にある「彫刻の森美術館」。ビジュツカン・・・? と堅苦しく考える必要はまったくなし! 国内初のオープンエアミュージアム(野外美術館)としてオープンした美術館には、カラフルな「ネットの森」やステンドグラスきらめく「幸せをよぶシンフォニー」、「目玉焼きのオブジェ」などと、親子でおもしろみあるアートを体感できます!

目次
箱根の自然の中で感じる野外彫刻の大迫力
カラフルなネットの森は1日いても飽きない子どもの秘密基地
足跡に導かれてたどり着くステンドグラスの圧倒的な美しさ
フォトジェニックな目玉焼きのオブジェ&シールラリーで魔女をやっつけろ!

箱根の自然の中で感じる野外彫刻の大迫力

るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
エントランスの役割をもったこの真っ暗なトンネルを抜けると、パッと目の前が開け、箱根の山々に抱かれた目にもまぶしい青々とした芝生が広がります。子どもは美術館ということを忘れ、思わず走り出してしまうほどの開放感と爽快感!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
約7万平方メートルという起伏のある庭園には、約120点もの野外彫刻が景色と一体化するように点在。野外彫刻ならではの大きさや高さ、重量感など、自然の中で間近に見る作品の迫力は、大人でもビックリするほどの新鮮な感覚。頬を渡る風も心地好いッ!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
今回のお目当ては、1日中遊んでも飽きないという「ネットの森」。その途中にもつい足を止めてしまったり見入ってしまう、フォトジェニックな作品がたくさん!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
泉に横たわり哀愁を帯びた表情を浮かべる巨大な「嘆きの天使」があるかと思えば、
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
黒い箱から地下に入って、手前の透明な箱に出て来る、地下にもぐる彫刻「天をのぞく穴」に遭遇したり、
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
天にそびえる「大きな手」とジャンケンしたり、
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
「星の迷路」で迷宮世界を彷徨ったりと、「ネットの森」に辿り着くまでに数々のアート体験が!(「星の迷路」は現在調整中で、見ることはできますが迷路内に入ることはできません)

カラフルなネットの森は1日いても飽きない子どもの秘密基地

るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
空や光、風、緑の匂いなど、自然の中で感じるアート体験は、屋内での美術鑑賞とは、ひと味もふた味も違う心地好い感覚! そんなアートな誘惑に誘われて辿り着いたのが「ネットの森」。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
集成材を積み上げた木造ドームの中に入ってみると、外観とは裏腹なカラフルな組紐で彩られたネットが幾重にも重なる、高さ約6mの大空間が広がっています。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
赤・青・黄・緑・・・ 子どもは一目散にネットの中に飛び込んでいきます。天井からの光と相まって色彩が際立ちなんとも美しいこと!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
ぶら下がったボールに乗ったり、ネットに開いている穴を冒険したり、飛んだり跳ねたり転がったり・・・
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
残念ながら、パパやママはボールに乗ったり、ネットの中に入ったりすることはできないので注意。体験できるのは12歳まで。カラフルなネットの森には、子どもだけの世界が広がっているんです!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
ネットの中は迷路のようなつくり。簡単には上に登っていけないのですが、その最上部まで行くと、大きな花が咲き乱れ、カラフルな花の絨毯がどこまでも広がる美しい光景が広がっています! こんな景色も子どもだけが見ることのできる世界なんですよ。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
忘れていませんか? この「ネットの森」も遊具ではなく、アート作品のひとつなんです。手染めのナイロン組紐を手編みでつなぎ合わせ作られたのだとか。子どもと一体になることで作品が完成するというから、奥が深くおもしろいですね。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)

足跡に導かれてたどり着くステンドグラスの圧倒的な美しさ

るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
「ネットの森」で疲れたときには、二ノ平温泉の湯を使った足湯でひと休み。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
その前の遊歩道には、何やら怪しげな足跡が・・・
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
どうやら「幸せをよぶシンフォニー」という塔に続いているようなので、その足跡をたどっていくと、入口で色が変わりました!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
上を見上げれば、まばゆいばかりのステングラスで彩られています!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
光を受けて輝く色鮮やかなステンドグラスの光が降り注ぎ、言葉にならないほどの美しさ! 高さ約18m、内径8mの空間に、厚さ2~3㎝のステンドグラスが全面にはめ込まれ、異空間の神秘に包まれているかのよう。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
足跡に誘われるように螺旋階段で上を目指します。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
それにしても美しすぎる!!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
ステンドグラスにフクロウを発見! 上階から見下ろすと、下から見上げるのとは異なった美しさを楽しめ、屋上からは美術館全体を一望することができます。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
下り階段にも続くこの足跡・・・ 実はこれも“作品”なんです! そのタイトルも「足跡」というから驚きです。

フォトジェニックな目玉焼きのオブジェ&シールラリーで魔女をやっつけろ!

るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
「ミス・ブラック・パワー」など、自然の息吹と呼応するような景観を楽しみながら、のんびりとアート体験できるのもいいところ。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
最後に訪れたのは「目玉焼きのオブジェ」。実はこれも作品といいたいところですが、こちらは目玉焼きを模したただのベンチで、作品ではないとのこと。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
なぜか少し残念な気分ではありますが、フォトジェニックな1枚には打ってつけ!
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
9月からは、彫刻の森シールラリー「魔女ユーリーの森」300円を開催中。魔女ユーリーを倒すことができる庭園に隠れた7人の勇者(彫刻)を探し、そのシールをマップに貼っていくというもの。最後のクイズに正解できれば記念缶バッチを手に入れることができます。
 
るるぶkids
(写真=るるぶkidsより引用)
こんなシールラリーをしながら親子でアート体験するのもおもしろいですよね。野外彫刻のほかにも300点を超えるピカソ作品を順次公開するピカソ館、本館ギャラリー、カフェなどが併設されているので、思い思いのスタイルで箱根の親子アート体験を楽しんでください。

彫刻の森美術館

問合先 0460-82-1161
住所 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
料金 大人1600円 大学生・高校生1200円 中学生・小学生800円(毎週土曜はファミリー優待日で保護者1名につき小・中学生5名まで無料)
アクセス 電車/箱根登山鉄道「彫刻の森駅」より徒歩2分 車/小田原厚木道路「箱根口IC」より国道1号を経由して約28分
駐車場 40台
URL https://www.hakone-oam.or.jp/
【Photos:©tawawa】

提供元・タイジン

【関連記事】
よみうりランド2020「ジュエルミネーション」アトラクション中心の子連れの楽しみ方は?
子育て中の移住ってどう?体験者が移住前に考えていた不安と期待|富山移住1
自由な「公園遊び」が子どもの運動神経を鍛えるのに最適!おすすめ公園もチェック
巨大アスレチック「万博BEAST(ビースト)」がおすすめ!万博記念公園の子連れの楽しみ方
子どもの未来を守るSDGsとは?簡単な遊びからサステナブルな取り組みを始めよう
  

READ MORE...