『るるぶkids』より

新型コロナ後にしたいのは「旅行」と「帰省」【子どもとおでかけ100人アンケート】

2020.9.15
家族・子育て
(画像=るるぶkidsより引用)
(画像=るるぶkidsより引用)

新型コロナウイルスの感染が広がるなか、「コロナが終わったら旅行やおでかけがしたい」などと考えている親子も多いのではないでしょうか。今回は、新型コロナウイルスの終息後にしたいことについてのアンケートを、100人の子育て中ママに実施。withコロナで生活する現状と未来について、ママがどう感じているのか聞いてみました。
今年の夏休みについてどのように過ごせばいいのか、考えてみるひとつの機会になればと思います。

Q1:新型コロナウイルスが終息したら、子どもとどんなことがしたいですか?

(画像=るるぶkidsより引用)

第1位:観光地に行く

新型コロナウイルスが終息したら、どんなことがしたいですかという問いに対して、第1位は「観光地へ行く」という答えが多く集まりました。どこかで家族でのんびりと羽を伸ばしたいと考える方が多いよう。そのなかでも、子どもを思いっきり遊ばせてあげたいという願いから、大きな公園や子どもが楽しめるスポットがあるところをメインとして考えている方も多いようです。

第2位:親戚に会いたい

「観光地に行く」に次ぐやりたいこととして挙がったのが「親戚に会いたい」でした。実家の家族だけでなく、子どものいとこに会わせてあげられないもどかしさもあるのか多くの票が集まりました。自粛期間中、長らく実家のある地元へ帰れていない状況の方も多く、電話やビデオ通話などで子どもと祖父母のコミュニケーションを取っている方も多いようです。

第3位:外食

3位として挙がったのが「外食」でした。外出自粛が続き何かとストレスが溜まるなか、美味しいものが食べたい!と思っている方も多いでしょう。毎日の食事の準備が大変だということは前回の記事からも窺えます。ずっと外出を我慢していた子どもにとっても外食はきっと大喜びのはず。親子で気分転換にもなりお腹も心も満足できる、もっとも身近でお手軽な方法かもしれませんね。

それ以外の回答について

これら以外にも、「ショッピング」や「BBQ」「キャンプ」「ピクニック」などの回答が多く挙がりました。子どもにとってもママにとっても、実家の家族や親戚に会ったり、またBBQやキャンプなど自然のなかで過ごしたりと、リラックスしてエネルギーチャージできるような環境を自ずと望んでいるのかもしれません。
また、「ホテルや旅館でくつろぐ」と回答した方も多く、長く続いた自粛と緊張感をどこかで解きほぐして、家族団欒したいという希望が表れているようにも窺えます。

Q2:新型コロナウイルスが終息したら、子どもとどこに行きたいですか?

(画像=るるぶkidsより引用)

第1位:実家【帰省】

お出かけ先として、もっとも多く集まった回答が「実家への帰省」でした。Q1でも「親戚に会いたい」が第2位に挙がっていて、親たちの強い願いが感じられます。
自身の実家に行って、孫の顔を見せたいというほか、ご両親の様子を見に行きたいと思っていらっしゃる方、自分の実家で自粛期間の疲れを癒したいという方が多いようです。

第2位:テーマパーク(遊園地)

遊園地をはじめとする「テーマパーク」は第2位に挙がりました。コロナウイルスの自粛でずっと家の中で過ごすという我慢が続いていることから、思いっきりはしゃいで親子で満喫したいと考える方も多そうです。

第3位:観光地(国内)

第3位は「国内の観光地」という回答でした。海外となるとやはり、まだまだ心配があるのか気軽に行ける国内に多くの票が集まりました。日本中にも観光地はたくさんありますが、子どもが楽しめるスポットやイベントがあるところに行きたいと思っている方が多いのではないでしょうか。
また、昼は子どもが思いっきり楽しめて、夜は大人もゆっくりと過ごせるホテル・旅館での宿泊プランや、全国の美味しいものが食べられるツアーなども今後、より一層注目されそうです。

それ以外の回答について

それ以外の回答については、「大きな公園」や「動物園」「水族館」「博物館」など、身近な施設や近場で楽しみたいという答えも多く集まりました。

WITHコロナで過ごす今年の夏は?

2020年8月3日現在で、まだ終息がみえない新型コロナウイルス。政府による観光需要政策「Go To キャンペーン」が7月22日から開始されましたが、今年の夏は旅行やお出かけ、帰省についてどのように考えればいいのか悩んでいる方も多いと思います。
新しい生活様式を守りながら旅行先にどのような場所を選べばいいのか、どんなことに気をつければいいかなど、下記の記事で小児科医の先生に話を伺いましたので、参考にしてみてください。

終息したら遊びに行きたいという回答のあった多くの場所は、すでに再オープンしています。利用できるアトラクションや一部機能を制限しているところがほとんど。すべての施設で、制限なく思いっきり遊べるようになる日が待ち遠しいのはもちろんですが、このような環境下でも最大限楽しめるよう、家族で独自の計画を立てながらこの夏休みを過ごしましょう。

100人アンケート回答者について

[調査対象]株式会社マミーゴー ITマミー部に所属する主婦・ママ会員
[調査期間]2020年5月
[回答者の年齢]

(画像=るるぶkidsより引用)


回答者の年齢は20歳代~30歳代が中心。

[子どもの年齢]

(画像=るるぶkidsより引用)


子どもの年齢は、3歳以上の子どもを持つママに回答してもらいました。0歳~2歳は第2子以降です。

回答の算出方法について

回答者は設問の回答を第1位から3位まで3つ選択。1位を5ポイント、2位を3ポイント、3位を1ポイントと点数付けし、合計点からランキングを作成しました。

提供元・るるぶkids


【関連記事】
無人島で恐竜を撃退?! 九州の恐竜博物館・公園・テーマパーク10選
ココリコ田中直樹さんに聞く(1) 水族館がもっと楽しくなる回り方
北海道の鉄道博物館・電車スポット9選!昔なつかし馬車鉄道やトロッコ運転体験も
沖縄のおすすめ水族館!沖縄美ら海水族館や那覇近くの新水族館など
ママ鉄・鈴川絢子さんイチオシ!東京電車さんぽおすすめコース

PREV 2020年のロングステイは【東京・八丈島】で決まり!島民からも愛されるおすすめ店3選
NEXT 開いて、セットして即バーベキュー!アタッシュケースがグリルに変身、LOGOSの「グリルアタッシュ」で始めるポータブ...

READ MORE...