上場している不動産会社5社を比較 初心者に向いている会社の特徴や実績は?

2019.12.21
INVESTMENT
(写真=Jirapong Manustrong/Shutterstock.com)
(写真=Jirapong Manustrong/Shutterstock.com)
不動産投資が得意な会社はたくさんあるが、どこも発信するメッセージは似通っている。それだけに選ぶのは難しいが、多額の投資であることや長期投資が前提であることを考えれば、パートナーは慎重に選びたい。ここでは、初心者が相談しやすい上場不動産会社5社を紹介する。

初心者が不動産会社を選ぶ際の5つのポイント

始めに、不動産会社を選ぶ際のポイントを見ていこう。重要なのは以下の5つだ。
  1. 上場企業である
  2. 会社の規模が大きい
  3. 売上が安定している
  4. 入居者管理のサポートが充実している
  5. 客観的な賞や調査で評価が高い
上場していて規模が大きければ絶対に安心できる(倒産しない、不祥事がないなど)というわけではないが、たとえば建物に不備があったときのフォロー力は資金力のある上場会社のほうが高いだろう。

また、不動産投資では収益物件の入居者管理が欠かせない。そのため入居者管理のサポートをしている不動産会社を選ぶのが理想だが、上場会社であれば多くの場合この部分もクリアしている。

ポイント5の「客観的な賞や調査で評価が高い」を挙げる理由は、当然ながらどの会社の営業マンも自社の実績や信頼性を強調するからだ。それだけに第三者評価も確認しておきたい。この5つのポイントを踏まえて、チェックしておきたい不動産投資会社は以下の5社だ。
  1. FJネクスト
  2. プロパティエージェント
  3. グローバル・リンク・マネジメント
  4. シノケンハーモニー
  5. GAテクノロジーズ
ここから先は、首都圏のマンション投資を得意とする5社の特徴などを紹介していく。

1.FJネクスト 「SUUMO AWARD2018」品質と価格のバランス部門で最優秀賞

FJネクストは、東京の都心の投資用・新築マンション(ワンルーム・ファミリー用)を得意としており、自社ブランド「ガーラマンションシリーズ」を展開している。

FJネクストの特徴とパートナーに適している人は?

FJネクストは、「供給実績」「マンションの質」「社会貢献」の3拍子が揃った不動産会社だ。

「供給実績」では、首都圏投資用マンションランキングで常に上位をキープしている(2016年1位、2017年2位、2018年4位)。「マンションの質」では、「購入者が選ぶ SUUMO AWARD2018」の首都圏 品質と価格のバランス部門で最優秀賞を獲得している。「社会貢献」については近年注力しており、主なものだけでも、
  • マンションの屋上緑地化
  • 生産段階のCO2排出量の少ないハイブリッド壁紙を採用
  • 持続可能な木材を使った合板を採用
などがある。投資先やサービスの選択において企業の社会貢献が重視される時代では、FJネクストの企業姿勢に対する評価が高まっていると言えるだろう。これらのことから、
  • 東京都心の好立地新築マンションを選びたい
  • 収益物件のコスパを重視する
  • 投資を通して社会貢献をしたい
という人にはぴったりだろう。

FJネクストの基本情報

社名 株式会社エフ・ジェー・ネクスト
得意分野 投資用新築マンション・東京都心8区
上場市場 東証1部(証券コード8935)
本社所在地 東京都新宿区新宿
設立 1980年7月
売上高(連結) 815億円
資本金 27億7,440万円(2019年3月期)
従業員数(グループ総計) 490名

2.プロパティエージェント 30社を対象に行われた「オーナー満足度調査」で3年連続1位を獲得

プロパティエージェントは、首都圏の投資用・新築コンパクトマンション(専有面積30平方メートル以上50平方メートル未満)を得意とする不動産会社だ。自社ブランド「ヴァースクレイシアシリーズ」を展開している。

プロパティエージェントの特徴とパートナーに適している人は?

プロパティエージェントは、2018年度の「投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査」の総合部門で1位に輝いた。この調査は、首都圏の投資向けワンルームマンションを分譲している30社を対象に、無作為で抽出された3,000名に対して行われたものだ(回答数188名)。

個別の項目では「購入後のバックアップサポート体制」(30社中1位)、「購入後の満足度」(同3位)、「立地の満足度」(同2位)などで上位にランクインしている。また、同社はこの調査において3年連続で総合1位を獲得している。これらの結果は、同社のサポート力や物件の魅力を量る目安になるだろう。
  • 首都圏の好立地新築マンションを買いたい
  • 営業マンのホスピタリティを重視する
  • アフターフォロー(入居者管理)が充実している会社を選びたい
上記のような人に適しているだろう。

プロパティエージェントの企業データ

社名 プロパティエージェント株式会社
得意分野 投資用新築コンパクトマンション・首都圏
上場市場 東証1部(証券コード3464)
本社所在地 東京都新宿区西新宿
設立 2004年2月
売上高 約215億円(2019年3月期)
資本金 5憶7,891万円
従業員数 111名

3.グローバル・リンク・マネジメント 最寄り駅、ターミナル駅とのアクセスを重視した立地

グローバル・リンク・マネジメントは、東京23区の投資用・新築マンションを得意とする不動産会社だ。自社の投資用マンションブランド「アルテシモシリーズ」では、コンパクトタイプに特化。最寄り駅から徒歩10分圏内の立地を原則とし、主要駅(ターミナル駅)まで約30分という利便性を追求している。これにより、安定経営がしやすい環境を物件オーナーに提供している。

グローバル・リンク・マネジメントの特徴は?

グローバル・リンク・マネジメントのメリットは、提携金融機関の多さだ。「ToBe Magazine誌」の社長インタビューによると、19社もの金融機関との提携・取引実績があるという。

空室リスクを回避するための「サブリース」が充実していることにも注目したい。35年という契約期間に加え、定期的な家賃見直し期間も長めに設定されている。一般的には2年ごとの見直しが多いが、グローバル・リンク・マネジメントでは7年ごとになっている。
  • 東京23区の好立地エリアの単身者向けマンションを選びたい
  • ローン審査におけるコンサルティング力を重視する
  • サブリースの家賃見直し回数を少なくしたい
といった人は検討してみるといいだろう。

グローバル・リンク・マネジメントの企業データ

社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
得意分野 投資用新築コンパクトマンション・東京23区
上場市場 東証1部(証券コード3486)
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂
設立 2005年3月
売上高(連結) 226億円
資本金 4億9,900万円(2019年6月期末現在)
従業員数 93人(2018年12月末時点)

4.シノケンハーモニー:不動産投資の知識を初心者向けにわかりやすく提供

シノケンハーモニーは、JASDAQ上場のシノケングループに属する会社だ。同グループはもともとアパート販売が主力事業だったが、最近ではそれ以外の売上が約3分の2を占めるようになった。その柱がマンション開発・販売や管理事業だ。

シノケンハーモニーの特徴は?

シノケンハーモニーが得意とするのは、東京都心の単身者向けデザイナーズマンション。同社ならではの強みは、マンション投資を検討している会社員などに対して、わかりやすい情報を提供していることだ。マンガ・映像・小冊子などの初心者向けツールが充実しているほか、「失敗しないための不動産投資セミナー」も積極的に開催している。
  • 東京都心の投資用マンションを購入したい
  • 初心者なので不動産投資の基本やリスクを教えてほしい
  • アパート投資とどちらにしようか迷っている
といった人や、不動産投資初心者はぜひ検討してほしい。

シノケンハーモニーの企業データ

社名 株式会社シノケンハーモニー
(シノケングループ)
得意分野 投資用新築マンション・東京都心
上場市場 東証JASDAQ(証券コード8909)
100%出資
本社所在地 東京都港区浜松町
設立 2007年5月
売上高(グループ計) 約1,114億円(2018年12月末)
資本金 10億9,483万円
従業員数(グループ計) 950人(2018年12月末)

5.GAテクノロジーズ 不動産テックの世界をリードする注目企業

GAテクノロジーズは、投資用・中古マンションを得意とする不動産会社だ。「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を企業理念として掲げ、国内の不動産テックをリードしている。2013年3月の設立から約5年半でマザーズ上場を果たし(2018年7月)、売上高も約393億円(2019年10月期)まで急伸している。

GAテクノロジーズの特徴 

GAテクノロジーズの特徴は、自社ブランド「RENOSY(リノシー)」にある。収益物件の情報を提供するポータルサイトは数多くあるが、RENOSYの強みは検索機能に加えてローン審査・契約、さらには入居者管理までをワンストップで委託できることだ。これらによって、不動産投資を始めるまでの面倒なプロセスを効率化するのがRENOSYのテーマである。

GAテクノロジーズはこれまでの成功に甘んじることなく、M&Aや経営陣の強化、新サービスのリリースなどによって果敢に業務領域を拡大し続けている。
  • 中古マンションに投資したい
  • 効率的に時間を使って不動産投資をしたい
  • 最新の不動産テックを体験したい
と考えている人は検討すべき不動産会社と言えるだろう。

GAテクノロジーズの基本データ

社名 株式会社 GA Technologies
得意分野 中古マンション
上場市場 東証マザーズ(証券コード3491)
本社所在地 東京都港区六本木
設立 2013年3月
売上高(連結) 約393億円
資本金 11億5,680万9,470円(2019年10月末)
従業員数(グループ計) 339名(2019年7月末)

パートナー選びは厳しい目で

初心者の不動産投資に向いている不動産会社5社を紹介した。マンション投資で成功するためには、物件そのものも大切だが、有利な条件でローンを組んだり、万全の体制で入居者管理を行ったりすることも重要だ。数十年という長い期間、しっかり支えてくれるパートナーを厳しい目で選んでほしい。

文・本間貴志(不動産ライター)
 

【関連記事 PR】
不動産投資の経費で「タクシー代」「車」「パソコン」は計上できるのか?
不動産投資初心者がチェックすべき物件選び5つのポイント 利回り以外に何を見ればいいのか?
「知識不足」で失敗する不動産投資 成功への道とは?
不動産投資の初心者が読みたい本5選 リスク、税金、管理などの入門書を紹介
不動産投資セミナー参加前におさえておきたい注意点 賃貸経営を始めるなら

PREV 投資信託の平均利回りの計算方法は?トータルリターンとの違いや利回りに影響する要素などを解説
NEXT iDeCo(イデコ)のセミナーへの参加は有用なのか?SBI、楽天、マネックス証券のセミナーを紹介

READ MORE...