「LIGHT FX」のメリット・デメリットや口コミ評判は?スプレッドやスワップなど特徴や評判を紹介

2020.11.18
投資
(写真=LIGHT FX公式サイト)
(写真=LIGHT FX公式サイト)

「みんなのFX」を運営するトレイダーズ証券が運営するもう一つのFX口座が「LIGHT FX」である。低コスト・高スワップポイントで定評のあるみんなのFXとの違いや、LIGHT FXのスペックやメリット、デメリットなど、FX初心者にもわかりやすく紹介しよう。

目次
1,「LIGHT FX」の4つの特徴
2,「LIGHT FX」のスプレッドやスワップを確認
3,初心者が「LIGHT FX」で口座開設する3つのメリット
4,「LIGHT FX」の2つのデメリット
5,「LIGHT FX」の口コミや評判
6,「LIGHT FX」はどんな人におすすめ?

1,「LIGHT FX」の4つの特徴――裁定取引単位1,000通貨や好条件のキャンペーンなど

最初に、FX口座であるLIGHT FXの簡単な特徴と運営会社の基本情報、LIGHT FXのFX口座としてのスペックを確認しておこう。以下はすべて、2020年8月3日現在のLIGHT FXホームページを参照した。

特徴1,全国の金融機関340行からの入金が無料

【基本情報】

会社名 トレイダーズ証券
FXサービス名 LIGHT FX
資本金 23億2,428万5,000円
自己資本規制比率 401.2%(2020年6月末現在)
口座開設数※ 40万2,867口座(2020年6月末現在)
預かり資産※ 553憶6,006万9,000円(2020年6月末現在)
※口座開設数と預かり資産は、「みんなのFX」と「LIGHT FX」を合算した数値

【口座、入出金情報】

口座開設手数料 無料
口座維持費 無料
振込入金手数料 利用者負担
ダイレクト入金手数料
(即時入金)
無料(5,000円以上)
約340行に対応
振替 入出金口座とFX口座との振替が必要
出金手数料 無料(2,000円以上)
入出金 円貨のみ

入金手数料が無料(会社負担)になるダイレクト入金は、全国の金融機関340行が対応している。コスト低減のためにも、利用することをおすすめする。

入金された資金は入出金口座に反映されるので、マイページ上で手続きをし、「入出金口座→FX口座」に振り替える。出金する際は、同じくマイページ上で「FX口座→入出金口座」に振り替えてから出金する。

特徴2,各種ツールは初心者向けと中・上級者向けを用意

【ツール】

PC用取引ツール アドバンスドトレーダー
シンプルトレーダー
スマートフォン用
取引アプリ
LIGHT FXアプリ

PC用取引ツールは、中上級者向けの高機能取引ツールの「アドアンスドトレーダー」と、使いやすさを追求した初心者向けの「シンプルトレーダー」の2種類が用意されている。

特徴3,ロスカット発動は証拠金維持率100%以下

【取引ルール】

通貨ペアの種類 27通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位(0.1Lot)
注文1回当たりの取引上限 100Lot(100万通貨)
レバレッジ倍率 個人口座:25倍固定
法人口座:毎週見直し
取引手数料 無料
カバー取引先 11社
注文方法の種類 成行、ストリーミング、指値、逆指値
IFD、OCO、IFO、時間成行、一括決済
スリッページの設定 あり
通知メール ロスカット通知、証拠金不足通知、アラート通知
注文失効通知、約定通知、入金確認、出金確認
ロスカット発動水準 証拠金維持率が100%を下回った時
ロスカット手数料 無料

最低取引単位は1,000通貨単位なので、初心者でも取り組みやすい。注目したいのはロスカット発動水準が証拠金維持率100%を下回った時であること。事前に証拠金不足通知を受信したら早期に証拠金を追加入金する、もしくは日頃から証拠金を多めに預け入れておくようにしないと、すぐにロスカットが発動してしまうので注意しよう。

特徴4,FX会社の好条件のキャンペーンを実施中

FXによる利益と課税  「雑所得」として申告分離課税(20.315%)
キャンペーン 新規FX口座開設と申込月の翌々月末までに
条件となる取引高を満たした場合、
最大5万円キャッシュバック
※事前の申込みが必要

「最大5万円キャッシュバック」という、かなり好条件のキャンペーンを展開している。事前に申込んだ上で翌々月末までに取引を行う必要はあるが、口座を開設したらぜひとも参加したい。

2,「LIGHT FX」のスプレッドやスワップを確認――低スプレッド、高スワップ

FX取引のコストであるスプレッドと、通貨ペアの金利差調整額であるスワップポイントを、通貨ペアごとに見てみよう。

取扱通貨ペア別のスプレッド 大半のスプレッドは業界最狭

LIGHT FXでは、午前8時から翌朝5時までの時間帯は、取扱通貨に原則固定スプレッドを適用している(例外あり)。2020年8月3日現在、ホームページで提示されている主な通貨ペアの原則固定スプレッドは以下のとおり。

主な通貨ペアのスプレッド一覧表

通貨ペア スプレッド 提示率
米ドル/円 0.2銭 99.84%
ユーロ/円 0.4銭 99.21%
英ポンド/円 0.9銭 99.08%
豪ドル/円 0.6銭 99.75%
NZドル/円 1.0銭 99.91%
ユーロ/米ドル 0.3pips 99.03%
南アフリカランド/円※ 0.9銭 99.85%
メキシコペソ/円※ 0.3銭 99.85%
中国元/円 0.9銭 99.86%
スイスフラン/円 1.7銭 99.89%
カナダドル/円 1.6銭 99.91%
英ポンド/米ドル 0.8pips 99.84%
※2020年8月3日現在、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は原則固定スプレッドを停止している

流通量が最も多い米ドル/円の原則固定スプレッドは、業界最狭の0.2銭。これは、他の主要FX会社も同様だ。米ドル/円以外の大半の通貨ペアのスプレッドも、業界最狭だ。原則固定スプレッドの対象時間は午前8時から翌朝5時までとされており、その時間帯の提示率もおおむね高い。

なお、値動きが不安定なトルコリラ/円や、日本では流通量が少ないノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円といった通貨ペアも取り扱っているが、原則固定スプレッドは提示されていない。

取扱通貨ペア別のスワップポイント 支払いスワップが低い

2020年7月31日の、主な通貨ペアのスワップポイント付与実績(1日分)も確認しておこう。

主な通貨ペア別スワップポイント一覧表

通貨ペア 買い 売り
米ドル/円 1 -1
ユーロ/円 -8 8
英ポンド/円 15 -15
豪ドル/円 - -
NZドル/円 4 -4
ユーロ/米ドル -15 14
南アフリカランド/円 6.1 -6.1
メキシコペソ/円 7.1 -7.1
トルコリラ/円 15 -15
人民元/円 8 -8
米ドル/スイスフラン 25 -26
ユーロ/スイスフラン 10 -11
英ポンド/スイスフラン 16 -17
英ポンド/米ドル -6 5
ユーロ/英ポンド -6 5
※すべて1万通貨あたりのスワップポイント

LIGHT FXのスワップポイントの特徴は、LIGHT FX側の受取り分が少ないため、支払いスワップが抑えられていることだ。これによって、ポジションを保有している間に万が一受取りから支払いに転じても、支払額が受取額を大きく上回るリスクを低減できる。

3,初心者が「LIGHT FX」で口座を開設する3つのメリット 低コスト、高スワップ、高約定率

上記のような特徴があるLIGHT FXだが、初心者が口座を開設するメリットは何だろうか。

メリット1,業界最狭水準のスプレッドによって低コストで取引できる

前述のとおり、LIGHT FXの取扱通貨ペアのうち、原則固定の対象になっている通貨ペアのスプレッドは、業界最狭または業界最狭水準である。午前8時から翌朝5時までの提示率も高いので、対象時間帯であれば希望に近い条件で約定すると考えていいだろう。

「米ドル/円」は国内のFX取引のおよそ5割を占めるダントツでNo.1の通貨ペアだが、この原則固定スプレッドは0.2銭で業界最狭だ。世界で最も取引量が多い「ユーロ/米ドル」の原則固定スプレッドは0.3銭であり、これも業界最狭。どちらも流通量が多い上にスプレッドも狭いため、初心者には最適だろう。

国内で米ドル/円に次いで取引の多い英ポンド/円のスプレッドは0.9銭、3番目に取引量が多い豪ドル/円は0.6銭。米ドル/円やユーロ/米ドルのスプレッドに比べればスプレッド幅は広いが、それでもFX業界では最狭水準だ。

国内の人気通貨ペアを取引するなら、スプレッドが狭いLIGHT FXは断然お得だ。

メリット2,スワップポイントが高いため、長期保有で資産形成ができる

スワップポイントが大きくなりやすい高金利通貨ペアでは、南アフリカランド/円の受取りスワップが6.1円、メキシコペソ/円が7.1円、トルコリラ/円が15円(いずれも1万通貨あたり、2020年7月31日付与実績)と高水準だ。

政策金利が-1.25%であるスイスフランを決済通貨とする通貨ペア(スイスフランを売って、基軸通貨を買う)のスワップポイントも、LIGHT FXの水準はかなり高い。

米ドル/スイスフランの受取りスワップは25円、ユーロ/スイスフランも受取りスワップが10円、英ポンド/スイスフランは16円もの受取りスワップが付与される。スイスフランは安全通貨ということもあり、長期投資向きの通貨ペアの代表格だ。

加えて、保有中に支払いに転じた場合のリスクを考えると、受取りスワップと支払いスワップの額に差がない、あるいは差が小さいこともLIGHT FXを選ぶ理由になるだろう。

通貨発行国の政情不安による値動きの激しさや、各国の政策金利の引き下げ情報に注意すれば、LIGHT FXを利用してスワップポイントを貯める投資手法は、資産形成に大いに役立つだろう。

メリット3,約定率が極めて高いので、安心して注文を出せる

LIGHT FXが2020年5月1日から5月29日までの期間に社内で実施した成行注文対象(スリッページが設定された注文を除く)の約定率調査では、99.9%という非常に高い約定率を実現している。成行注文であれば約定率がほぼ100%に近いので、注文を出せばまず約定すると考えていいだろう。

とにかく約定させたい時に確実に約定できることをFX会社に求めるなら、LIGHT FXは最適だ。

4,「LIGHT FX」の2つのデメリット

メリットだけでなく、事前にデメリットを確認しておくこともFX会社選びでは大切だ。

初心者が不便を感じることが少ないFX会社ではあるが、あえてデメリットを挙げるなら以下の2つになるだろう。

デメリット1,「みんなのFX」との区別がつかない

同じトレイダーズ証券には、知名度のあるFX口座「みんなのFX」がある。

「LIGHT FX」と「みんなのFX」は、取引単位は1,000通貨、取扱通貨ペアは27種類、スプレッドは業界最狭レベル、スワップポイントも業界最高水準とスペックに違いがない。

「LIGHT FX」と「みんなのFX」の違い

  サービス内容
LIGHT FX FX取引のみ
【取引ツール】
・アドバンスドトレーダー
・シンプルトレーダー
・スマホ用LIGHT FXアプリ
みんなのFX 1    「みんなのFX」――FX取引
【FX取引ツール】
・FXトレーダー
・Webトレーダー
・FXトレーダーアプリ版
2    「みんなのシストレ」――システムトレード
【取引ツール】
・システムトレーダー
・システムトレーダーアプリ版
3    「みんなのオプション」――バイナリーオプション
【取引ツール】
・オプショントレーダー
・オプショントレーダーアプリ版

「LIGHT FX」は、FX取引専用口座であることがわかる。それに対して「みんなのFX」は、FXだけでなくシステムトレードやバイナリーオプションもできる口座だ。

みんなのFXのFX取引用ツールと、LIGHT FXの取引ツールは仕様がほとんど同じだが、みんなのFXの取引ツールは、タブを切り替えることでFX用、システムトレード用、バイナリーオプション用ツールを使い分けることができる。

「LIGHT FX」と「みんなのFX」はFX取引に関してはほとんど差がないので、FX取引だけをしたい人は「LIGHT FX」を、システムトレードやバイナリ―オプションにも興味がある人は「みんなのFX」を選ぶといいだろう。

デメリット2,デモトレードができない

多くのFX会社にはデモトレードが用意されているが、LIGHT FX口座にはない。そのため。これからFX取引を始める人は、LIGHT FXでの口座開設を躊躇してしまうかもしれない。

一方LIGHT FXの取引単位は1,000通貨なので、少額投資ができ損失を最小限に抑えられる。デメリット1で触れたように、LIGHT FXとみんなのトレードは取引ツールの仕様がほとんど同じなので、みんなのトレードの無料デモトレード(登録不要)を利用できる。

LIGHT FXで口座を開設した初心者が、デモトレードがなくて不安を感じるなら、みんなのFXの無料デモトレードでトレーニングするといいだろう。

5,「LIGHT FX」の口コミや評判

実際に「LIGHT FX」でFX取引を行っている人はどう思っているのか、口コミを見ていこう。

「LIGHT FX」の良い評判・口コミ

口コミを見ていると業界最狭水準のスプレッドや取引コストについて高評価をしている利用者が多かった。人気通貨で取引したい人にはかなり魅力的なメリットになるだろう。

I.Kさん|40代男性
海事代理士

「LIGHT FX」の一番の魅力は高金利通貨のスワップポイントの高さです。他社のFX会社よりもこのスワップポイントの高さは群を抜いていると言ってもよいのではないかと思います。特にトルコリラのスワップポイント高水準です。

M.Kさん|20代女性
総務・経理事務のアルバイト

「LIGHT FX」メリットは、まず業界最狭水準のスプレッドで取引コストが安いのでコストを抑えてトレードすることができます。次に1,000通貨単位という少額取引が可能なので、初心者でも安心して始められます。最後に公式サイトで99.9%と公開されているように、約定率が非常に高いことです。

H.Mさん|30代男性
サービス業のアルバイト

「LIGHT FX」は少額から取引を始められる点がよいと思います。取引ツールがアドバンスドトレーダーやシンプルトレーダーやスマホアプリの「LIGHT FXアプリ」があり自分にあった取引ツールを選ぶことができます。個人的には初心者ならシンプルトレーダーが簡単に取引できるのでおすすめです。

Y.Mさん|30代男性
営業職の会社員

私が「LIGHT FX」を選んだ理由は、「新規口座開設で最大で5万円のキャッシュバックキャンペーン」(2020年10~12月)でした。他のFX会社と比較してもかなり優遇されていると思いました。またそのほかにもキャンペーンだけでなく、業界最狭水準のスプレッドもひかれたポイントです。米ドル/円が0.2銭の原則固定のスプレッドなので、コストが抑えられます。

「LIGHT FX」の悪い評判・改善点

多くの口コミではデモトレードがないことや情報量が少ないということがデメリットで挙げられた。

H.Mさん|30代男性
サービス業のアルバイト

デメリットはデモトレード機能がないことです。試しに取引できないので、最初から本番取引がちょっと怖いなと感じる人には向いていないかもしれません。また、FX会社がよく提供している相場や世界経済のニュースがないイメージです。自分で情報が載っているサイトを探すので手間がかかります。

I.Kさん|40代男性
海事代理士

デメリットは、デモトレードができないことです。いきなりリアルマネーでの実践しか選択肢がなく、初心者が利用するにはハードルが高いです。また、相場や世界経済に関するニュースの情報量が他社と比べると少ないこともデメリットだと思います。

M.Kさん|20代女性
総務・経理事務のアルバイト

マイナーな通貨ペアを取り扱っていないので、FX経験が長い人には物足りない気がします。そのほかにはデモトレードがなく、練習することができないので、その点は改善してほしいなと思います。

Y.Mさん|30代男性
営業職の会社員

取引ツールは高機能なのですが、ある程度内容を理解していないと進めることが難しいなと感じました。例えば初心者向けに手取り足取りサポートしてくる専属オペレーターなど付いてくださるようなサービスなどがあれば非常に心強いと思いました。

6,「LIGHT FX」はどんな人におすすめ?FX取引に専念したい初心者に

LIGHT FXは低スプレッド、高スワップポイント、取引ツールのわかりやすさなど、FX初心者にふさわしい環境が揃っている。

スペックはみんなのFXと似ているが、FX取引のためだけの口座なので煩わしさが一切ない。その意味でも、LIGHT FXはシンプルにFXだけをやりたい初心者におすすめのFX口座と言えるだろう。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高7年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)
近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
 
この筆者の記事を見る
 

【関連記事】
FXとはどんな投資か?初心者のために失敗談、やり方、税金など基本をやさしく解説
FXの税金は?いくらから確定申告する必要がある?
初心者がFXでしがちな5つの失敗【外国為替証拠金取引】
FXの自動売買は簡単?仕組みや費用は?
仮想通貨取引はFXとどう違う? 類似点と相違点を比較