YJFX!のメリット・デメリットや口コミ評判は?外貨exのスプレッドやスワップなど特徴を紹介

2020.11.24
投資
(写真=YJFX!公式ページより)
(写真=YJFX!公式ページより)

ヤフーグループのFX会社であるYJFX!が提供するFX口座「外貨ex」は、取引のたびにPayPayが付与される、スキャルピング公認など、特徴のあるFX会社だ。これからFX取引を始めたいという人のために、YJFX!のスプレッドやスワップ、メリット・デメリットなどを紹介していこう。

目次
1,YJFX!の特徴は?基本情報を紹介
2,YJFX!のFX口座「外貨ex」のスプレッドやスワップポイントを確認
3,YJFX!でFX口座を開設する4つのメリット
4,YJFX!でFX口座を開設する2つのデメリット
5,YJFX!の口コミ評判は?
6,YJFX!はどんな人におすすめ?

1,YJFX!の特徴は?基本情報を紹介

会社名が印象的なYJFX!であるが、2020年秋に社名とサービス名が「PayPay FX」に変更されることになっている。同社が提供するサービスやFX口座の特徴など、さまざまな角度からYJFX!を詳しく見ていこう。

YJFX!の特徴――取引するとPayPayをもらえるなど、特徴的なサービス

YJFX!を象徴する特徴は、ヤフーグループらしく、取引をするとポイントではなくPayPayをもらえるサービスを前面に打ち出していることだろう。期間・通貨ペア限定で、PayPay増額キャンペーンなども定期的に行っており、PayPayブランドのFX会社という印象が強い。

一方でYJFX!は、FXサービスを提供する会社としての評価も高い。

「投資の教科書」が2020年1月にFXトレーダー1,000人に対して実施したアンケートで、YJFX!は総合満足度No.1に選ばれている。ヤフーグループであることの安心感やスプレッドの狭さ、スマホアプリの使いやすさなど、バランスがとれたFX会社であることが評価されたのだろう。

YJFX!のFX口座、「外貨ex」の基本情報一覧

最初に、YJFX!の会社情報やFX口座の基本情報を押さえておこう。

YJFX!のFX口座基本情報一覧表

会社情報 会社名 ワイジェイFX
(2020年秋に「PayPay FX」に社名変更予定)
FXサービス名 YJFX!
(2020年秋に「PayPay FX」に名称変更予定)
設立 2003年9月1日
資本金 4億9,000万円
自己資本規制比率 1,340.1%
(2020年5月末現在)
口座開設数 38万7,276口座
(2020年6月末現在)
預かり残高 1,092憶1,800万円
(2020年6月末現在)
口座 口座開設手数料 無料
口座管理手数料 無料
入出金・振替 振込入金手数料 円貨
外貨(9通貨)
利用者負担
クイック入金手数料
(即時入金)
円貨のみ、無料
出金方法 円貨、外貨
出金手数料 円貨無料、外貨1,500円/回
ツール、
サービス
PC版取引ツール 外貨exブラウザ版取引画面
Cymo NEXT
Desktop Cymo
PC版チャート
分析ツール
MT4
スマートフォン
版取引アプリ
Cymo(スマートフォン版)
Cymo(タブレット版)
取引 通貨ペアの種類 24通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨単位
注文1回当たりの
取引上限
200Lot
(200万通貨)
レバレッジ倍率 個人口座:1倍、10倍、25倍
法人口座:1倍、10倍、25倍、50倍、100倍
取引手数料 無料
ロスカット手数料 無料
注文方法の種類 リアルタイム注文、ワンタッチ注文
通貨毎全決済注文、ワンタッチ全決済注文
全決済注文、トレール注文
リーブオーダー
(指値、逆指値、IFD、OCO、IFO)
スリッページ あり
ロスカットアラート 証拠金維持率が100%を下回った時
追加証拠金発生水準 日次メンテナンスで、実預託額が
維持率証拠金額を下回っていた時
・追証発生日の24時までに追証を入金、
あるいは追証分の取引証拠金が減るように、
ポジションを決済する
・追証発生日の24時までに追証が
解消されなかった場合には、
すべてのポジションが強制決済される
ロスカット発動水準 証拠金維持率50%下回った時
FXによる利益と課税 「雑所得」として申告分離課税(20.315%)
その他 PayPayプレゼント 取引に応じてPayPayが付与される
カバー提供先 計30件のカバー取引先
(2019年9月2日時点)を確保し、
安定したレート提供と約定を実現
※2020年7月30日現在の、YJFX!ホームページを参照

2, YJFX!のFX口座「外貨ex」のスプレッドやスワップポイントを確認

YJFX!では、FX口座の「外貨ex」、バイナリーオプション取引の「オプトレ」、そして投資信託口座の3種類の口座を用意している。ここでは、2020年7月30日現在ホームページで公表されている「外貨ex」口座のスプレッドとスワップポイントを紹介する。

取引通貨別のスプレッドを紹介

2020年7月30日現在、新規注文を受け付けている通貨ペアは24通貨ペアで、FX業界でも最狭水準の原則固定スプレッド(例外あり)が提示されている。

スプレッドはFXの主なコストであるため、コストを抑えたトレードをするためには、スプレッドが狭い業者を選ぶことが重要だ。さらに、スプレッドが開くリスクを極力抑えるために、原則固定スプレッドの提示率も確認しておくべきだろう。

YJFX!の取扱通貨ペアの原則固定スプレッドと、2020年6月1日~6月30日のスプレッド提示率(各営業日の午前9時から翌午前3時の時間帯で標準スプレッドを配信した割合)は以下のとおりだ。

取扱通貨ペア別スプレッドと提示率

通貨ペア 原則固定スプレッド 提示率
米ドル/円 0.2銭 98.00%
ユーロ/円 0.5銭 96.86%
ユーロ/米ドル 0.4ポイント 99.42%
豪ドル/円 0.7銭 97.30%
NZドル/円 1.2銭 98.86%
英ポンド/円 1.0銭 97.99%
スイスフラン/円 1.8銭 99.81%
カナダドル/円 1.7銭 99.46%
英ポンド/米ドル 1.0ポイント 98.23%
英ポンド/豪ドル 1.5ポイント 96.26%
南アフリカランド/円 1.3銭 99.71%
トルコリラ/円 3銭 99.91%
メキシコペソ/円 0.4銭 99.92%
豪ドル/米ドル 0.9ポイント 98.88%
NZドル/米ドル 1.6ポイント 99.49%
人民元/円 3.0銭 99.94%
香港ドル/円 3.0銭 99.94%
ユーロ/英ポンド 1.0ポイント 99.52%
ユーロ/豪ドル 1.5ポイント 97.99%
米ドル/スイスフラン 1.6ポイント 99.81%
ユーロ/スイスフラン 1.8ポイント 99.15%
英ポンド/スイスフラン 2.8ポイント 99.15%
豪ドル/スイスフラン 3.0ポイント 99.34%
カナダドル/スイスフラン 3.0ポイント 99.78%

上の表からわかるように、提示率の対象時間である午前9時~翌午前3時の提示率はいずれも高い。この時間帯は、NYのクローズ前で為替相場が荒れる時間帯と、クローズ後にマーケット参加者が少なくなってスプレッドが開きやすい時間帯(日本の早朝)を除いた時間帯だ。

対象時間内にYJFX!でトレードをすれば、基本的には提示されている原則固定スプレッドで取引できると考えていいだろう。

取扱通貨ペア別のスワップポイントは?

FXの利益の出し方には、短時間で為替差益を狙う方法と、毎日付与されるスワップポイントを長期間にわたってコツコツ貯める方法がある。

後者では、スワップポイントが利益を左右する。スワップポイントはFX会社ごと、通貨ペアごとに違いがある。スワップポイントを目的にFX取引をするならば、FX会社のスワップポイントと、取引したい通貨ペアのスワップポイントをチェックしなければならない。

ここでは、YJFX!のホームページで公表されているスワップカレンダーの2020年7月30日(1日分)の付与実績を見てみよう。

通貨ペア別スワップポイント

通貨ペア 買い 売り
米ドル/円 6 -21
ユーロ/円 -22 7
ユーロ/米ドル -35 20
豪ドル/円 1 -16
NZドル/円 2 -17
英ポンド/円 0 -15
スイスフラン/円 -23 8
カナダドル/円 0 0
英ポンド/米ドル -15 0
英ポンド/豪ドル -15 0
南アフリカランド/円 6 -21
トルコリラ/円 15 -30
メキシコペソ/円 6 -21
豪ドル/米ドル -15 0
NZドル/米ドル -15 0
人民元/円 5 -20
香港ドル/円 -2 -13
ユーロ/英ポンド -25 10
ユーロ/豪ドル -29 14
米ドル/スイスフラン 15 -30
ユーロ/スイスフラン -13 -2
英ポンド/スイスフラン 15 -30
豪ドル/スイスフラン 6 -21
カナダドル/スイスフラン 0 0

目に付くのは、全体的にスワップポイントのプラス値よりマイナス値が大きいことだ。これは、投資家がスワップポイントを支払うことになった場合、状況によっては利益を上回る支払いが生じるリスクがあることを意味している。

スワップポイントは日々変動しており、各国政策金利の変更や政情不安、為替相場の大幅な騰落があった場合も変動する。

そのため、最初は受け取ることができたスワップポイントが、ある時を境に支払いに転じる可能性もあるのだ。

3,YJFX!でFX口座を開設する4つのメリット

FX口座としてYJFX!を選んだ場合の4大メリットを、具体的に解説しよう。

メリット1,業界トップクラスのカバー取引先件数で、最良のレートで約定する

YJFX!は、FX業界で最多レベルの30件ものカバー取引先と提携しており、顧客からの注文をカバー取引先であるインターバンク市場の金融機関に取り次いでいる。30件のカバー取引先が提示するレートの中から最良のレートをYJFX!が選んで顧客に公開し、約定につなげている。

FX取引は顧客とFX会社との相対取引であり、顧客から注文を受けた後、FX会社はカバー取引先と取引を行っている。

例えば、顧客から米ドル/円の1,000通貨単位の買い注文が入れば、FX会社は1,000通貨単位の米ドル/円を顧客に売る。次に、FX会社は顧客注文の反対売買をカバー取引先と行って、社内でのポジションを決済する。

カバー取引先が多ければ多いほど競争の原理が働き、FX会社に対して好条件が提示される。すると、注文を出したトレーダーの希望に近い条件で約定できる可能性が高くなる。

カバー取引先が30件もあるYJFX!は、自分の投資判断や注文内容にこだわりたい人には外せないFX会社になるはずだ。

メリット2,FX業界で人気のMT4のチャート分析ツールを無料で利用できる

YJFX!で口座を開設すると、FX業界では知る人ぞ知る、最強の金融取引プラットフォーム「MT4」(メタトレーダー4)の高機能チャート分析ツールを無料で利用できる。

「MT4」とは、ロシアのメタクオーツ社(MetaQuotesSoftware)が開発・提供している金融取引プラットフォームの、現在普及しているバージョンだ。

主にFX取引で活用されており、豊富で高度なチャート機能やカスタマイズ性の高さに定評があり、取引をすることもできる。

YJFX!では、MT4のチャート分析機能に絞って「MT4チャート」として提供している。MT4チャート上で動作するYJFX!オリジナルの各種インディケーターもダウンロードできる。MT4チャートとインディケーターを手に入れれば、最強のチャート分析を実現できるかもしれない。

さらに、パソコン版取引画面と高機能取引ツールCymo NEXTに対応した多機能チャートツール「Exチャート」も利用できる。Exチャートでは36種類ものテクニカル指標を使えるので、自分にとって最も使いやすい指標が見つかるはずだ。

「FXの勝敗はチャート分析がカギを握る」と考える人なら、YJFX!のチャート分析ツールを使うためだけでも、口座を開設する価値があるだろう。

メリット4,FX取引を介して、外貨の現物を受け取れる

YJFX!の外貨ex口座を開設していれば、必要な時に外貨を両替(FX取引)して、外貨のまま指定する銀行の外貨普通預金口座で受け取ることができる。

外貨両替対象通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン、カナダドル、香港ドルの9通貨。1,000通貨単位(香港ドルは1万通貨単位)で交換できる。

外貨普通預金口座への出金の際は1回1,500円の手数料が外貨ex口座から引き落とされるので、両替依頼時に手数料分を含めた金額を入金する必要がある。

円高のタイミングを狙って、自分の判断で為替取引ができるので便利だ。海外旅行が多い人には、メリットのあるサービスと言えるだろう。

4,YJFX!でFX口座を開設する2つのデメリット

FX会社の選定にあたっては、FX会社のデメリットも事前に確認しておかなければならない。YJFX!で特に気になる2つのデメリットについて触れておこう。

デメリット1,スワップポイントはそれほど好条件ではない

前述のとおり、YJFX!のスワップポイントはマイナス値の大きさが目立つ。

YJFX!のスワップポイントのうち、米ドル/円と豪ドル/円の2020年7月30日付与実績と、業界最高水準と呼ばれるGMOのFXネオの実績を比較すると、以下のようになる。

YJFX!とGMO FX ネオのスワップポイント比較(2020年7月30日付与実績)

  米ドル/円 豪ドル/円
買い 売り 買い 売り
YJFX! 6 -21 1 -16
GMO FX ネオ 7 -10 2 -5

YJFX!のほうが、受け取りスワップに対して支払いスワップのマイナス幅が大きいことがわかる。今後の支払いリスクを考えると、決して好条件とは言えない。

定期的にスワップポイントの受取・支払状況を確認しながら、通貨発行国の経済情勢や経済指標の発表、政策金利などに注目して、支払超過や追証などに陥らないよう注意を払いたい。支払いが続く場合は、ポジションを決済するほうがいいだろう。

ポジションの保有中にこれだけの管理ができれば、新規注文時のスワップポイントがプラスである限り、大きな問題は起こらないだろう。

スワップポイントをそのまま寝かせて増やしたい人は、YJFX!は避けたほうが無難だろう。

デメリット2,自動売買ができない

2020年3月をもって、「リピートトレール注文」と呼ばれる自動売買機能のある注文方法の取り扱いが終了になったため、現在はYJFX!で自動売買はできない。FX初心者で取引に慣れていないため、自動売買から始めてみたいという人には不向きだろう。

最低限のテクニカル指標の読み方と経済指標カレンダーを頭に入れてから、あるいはYJFX!が提供するデモ口座で練習してから、本番に臨むしかない。ただし、YJFX!にはFX口座の外貨exとは別に、バイナリーオプション口座である「オプトレ!」もある。これは、為替レートが設定された目標レートを上回るか(下回るか)を予測する金融商品である。

FXほどチャート分析を必要とせず、損失も限定できるので、FXに不安があるが興味はある人は、オプトレ!からチャレンジするのもいいだろう。

5,YJFX!の評判・口コミは?

これまでYJFX!の基本情報から外貨exのメリットやデメリットなどを紹介してきた。実際に利用しているユーザーはどんな感想を抱いているのか紹介していこう。

YJFX!のメリット・良い口コミ評判

アプリの操作性が優れていること、取引額に応じてPayPayボーナスライトが付与されるといった点をメリットにあげた人が多かった。ヤフーグループならではの特徴だ。

Y.Kさん|40代男性
サービス業

特にアプリの操作がシンプルで使いやすいです。マニュアルを読まなくても使いながら操作方法を覚えることができるはず。また、取引の最低通貨単位が1,000単位なので初心者の方がローリスクで気軽に始めることができることができます。資金とリスクを相談しながら投資家さんの好みに合わせて柔軟に投資ができると思います。

Iさん|40代男性
士業

FXの取引をすると現金かPayYPayが貰えるという斬新なサービスにメリットを感じています。また、1,000通貨から取引ができるといった少額からFXを初めることができる点も◎。それと、取引ツールがとにかく使いやすいです。特にスマホアプリの取引ツールは直観的に操作ができるようになっているので便利だと感じています。チャート表示も分かりやすいです。

K.Sさん|30代女性
専業主婦

取引用の分析ツールや各種のオンライン無料セミナーなど、取引を後押しするサポートが満載です。通貨の需要が高まるような場面でも、手数料の上乗せが小さく通常時の売買スプレッドも狭い点が気に入っております。スマホアプリも操作性に優れ、アプリ内で売買が完結する点も気に入っています。

YJFX!のデメリット・改善してほしい口コミ評判

一方で

  • 取扱通貨ペア、特に新興国のものが少ない
  • スワップポイントが他社に比べて低い

といった点をデメリットとして指摘する声があった。

Y.Kさん|40代男性
サービス業

アプリは使いやすいと思うのですがPCの方は取引までの操作がやや多くて、何度か売買のタイミングを逃した経験があります。1秒を争うFX売買では少し不利な印象です。また、アプリは売買単位の設定が基本1万通貨単位になっているので、少額の場合はいちいち1,000単位に修正する手間がかかります。何度か急いで1,000単位で購入したかったのに1万単位で購入してしまい焦ってしまいました。細かいですが1秒単位で刻々と変わる中で少し不便を感じます。

K.Sさん|30代女性
専業主婦

取り扱い通貨ペアが15種類のみ。ラインナップが少ない印象です。特に新興国の通貨で取引したいとときは、複数口座をどうしても持つ必要が出てくるため、個人的には増やして欲しいと感じます。

Iさん|40代男性
士業

デメリットは、スプレッドの狭い通貨ペアが意外と少ない点です。取扱っている全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭というわけではないです。またスワップポイントが他社と比べるとそこまで高くはないので、スワップポイント狙いの場合には魅力が減ってしまいます。

6,「YJFX!」がおすすめなのはどんな人?――安心感とユニークなサービスを求める人に最適

親会社は誰もが知るポータルサイト、「Yahoo!JAPAN」の運営会社であるヤフー。安定した経済基盤、対象時間帯のスプレッド提示率の高さ、カバー取引先の多さなど、すべてについて安心感のあるFX会社である。

スキャルピングが公認されていることから、システムの信頼性も高い。ヤフーグループの強みであるPayPayを活用した特典や、MT4チャートの提供、使いやすい取引ツールやアプリなど、YJFX!ならではのサービスも多い。

安心感を第一にFX会社を選びたい人、あるいは自分の志向にピッタリ合ったFX会社を求めている人には最適なFX会社と言えるだろう。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高7年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら
 

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

近藤真理
執筆・近藤真理
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
証券会社の引受業務やビジネス系翻訳携わったのち、個人投資家として活動。現在は総合証券、ネット証券の両方を使いこなし、経済、金融、HR領域で多数の媒体で執筆中。2019年にフィナンシャルプランナーの資格取得。
 
この筆者の記事を見る
 

【関連記事】
FXとはどんな投資か?初心者のために失敗談、やり方、税金など基本をやさしく解説
FXの税金は?いくらから確定申告する必要がある?
初心者がFXでしがちな5つの失敗【外国為替証拠金取引】
FXの自動売買は簡単?仕組みや費用は?
仮想通貨取引はFXとどう違う? 類似点と相違点を比較