わずか「1万円」でディズニーランドの株主になる方法(PR)

2018.9.1
INVESTMENT
(画像=Unsplash)
(画像=Unsplash)
株式投資に興味はあっても、いきなりチャレンジするのは、ちょっとハードルが高いと思ってはいないだろう? どんな銘柄を買っていいかも分からないし、そもそも資金がそれほどない。実は、そんな人にピッタリな株式投資に「ミニ株」というものがある。1万円でディズニーランドを運営するオリエンタルランドなど有名企業の株主になれるため、株主投資を始めるきっかけにピッタリといえるだろう。

株式投資の通常取引に必要な資金は平均10万円

株式は通常、単元株と呼ばれる最低単位100株ごとに購入する。例えば、トヨタ自動車 <720>の売買単位は2018年12月時点で1株6900円前後なので、約6900円×100株=69万円。このように、最低でも約69万円が必要になる。

株式投資の基本は、自分がよく知っている企業で業績が好調なところや、ヒット商品がある企業を買うことだ。

世界第3位のお金持ちといわれる投資家のウォーレン・バフェット氏でさえ、自分で分かる株しか買わないという。コカ・コーラ や世界最大手スーパーのウォルマート・ストアズ など、よく知られた銘柄を長期保有することで世界屈指の富豪投資家になったのだ。

ミニ株は1万円以下から投資が可能 配当も受けられる

ミニ株とは株式ミニ投資の通称で、最低売買単位以下でも買える株式投資の仕組みだ。通常株取引をする際は100株と最低売買単位が決まっており、最低売買単位以下の数の株の取引はできないが、ミニ株を使えば、数株単位で株を買ったり売ったりできる。

配当や分割の権利はミニ株にもある。買い増して最低売買単位に達すれば普通に取引でき、株主優待の権利も発生するのだ。

証券会社が独自に提供しているサービス、すべての証券会社で行えるわけではない。ただ多くのネット証券がミニ株または同等のサービスを提供している。

ミニ株サービスを提供している証券会社にはSBI証券カブドットコム証券などがある(カブドットコム証券は「プチ株」という名称でサービスを展開)。
 

オリエンタルランド <4661>

ディズニーランドの株主になるとは、ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの株を買うということだ。株主優待で保有株に応じて東京ディズニーランド(TDR)の入園券がもらえるため、長期保有する個人投資家も多いようだ。

2018年12月現在、1万1000円程度のため最低売買単位の100株なら110万円程度必要だが、1株のミニ株なら1万1000円で購入できるということだ。残念ながら優待の権利はつきませんが、売買単位に達するまで少しずつ買い増して行くといいだろう。

>>口座開設数日本1位。まずはSBI証券で口座開設ができるか試してみる
 

実際に株式投資を始めてみる

>>SBI証券の口座開設はこちら
口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>>楽天証券の口座開設はこちら
口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>>カブドットコム証券の口座開設はこちら
三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら
IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>>松井証券で投資を始めるにはこちら
少額取引の手数料が0円
>>DMM.com証券の口座開設はこちら
手数料が業界最安値水準な上に取引でポイントがたまる

PREV 2018年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」
NEXT ネット証券は情報の宝庫?日経新聞/日経MJから、四季報/フィスコまで全て閲覧可!?

READ MORE...