自動車保険の比較で重視するポイントは?顧客満足度ランキングから検証

2019.9.22
FINANCE
(写真=Supat Toadithep/Shutterstock.com)
(写真=Supat Toadithep/Shutterstock.com)
オリコンは自動車保険の顧客満足度ランキングを毎年発表している。2019年は実際の利用者1万6,378人に対して7つの評価項目をもとに調査された。ランキングは自動車保険の比較にも役立つため、利用者が重視する項目を中心に結果を紹介したい。

自動車保険の比較で最も重視されるのは保険料

自動車保険の顧客満足度ランキングで評価対象になった7つの項目を紹介する。割合が大きいほど利用者が商品やサービスを比較検討する際に重視する項目だ。

<自動車保険利用者1万6,378人の重視項目>
重視項目 割合
保険料 28.21%
加入・更新手続き 23.17%
商品内容の充実度 16.52%
ロードサービス 13.3%
事故対応 8.31%
受取額・支払いスピード 5.81%
調査・認定結果 4.68%
(『2019年オリコン自動車保険顧客満足度ランキング』から筆者が作成)

最も重視される項目は保険料だった。保険料は毎年支払っていくものであるため、少しでも抑えたいと思うのは当然だろう。商品内容の充実度にはロードサービスや事故対応も含んでいる気もするが、特定のサービスより全体的な充実性を重視する人が多いのかもしれない。

自動車保険の比較で重視される項目において満足度の高い保険会社は?

ランキング結果ではそれぞれの項目ごとに保険会社の順位も発表されている。利用者が重視する項目の上位3つに絞って紹介したい。

自動車保険の満足度ランキング……保険料編

保険料の項目は上位3社がダイレクト型自動車保険だ。代理店型は代理店への手数料や維持コストがかかるため、ダイレクト型と比べて不利になりやすい。その分、対面で直接相談できるのがメリットだが、ダイレクト型のようにコストを抑えるのは難しいのだろう。

<保険料の満足度ランキング>
順位 保険会社
1位 セゾン自動車火災保険
2位 ソニー損害保険
3位 チューリッヒ保険
(『2019年オリコン自動車保険顧客満足度ランキング』から筆者が作成)

自動車保険の満足度ランキング……加入・更新手続き編

加入・更新の手続きでは上位2社がダイレクト型、3位には代理店型が入っている。手続きの簡便さを考えればインターネットで完結するダイレクト型に分がありそうだが、共栄火災海上保険の手続きにはネットにはない親切な対応があるのかもしれない。

<加入・更新手続きの満足度ランキング>
順位 保険会社
1位 ソニー損害保険
2位 アクサダイレクト
3位 共栄火災海上保険
(『2019年オリコン自動車保険顧客満足度ランキング』から筆者が作成)

自動車保険の満足度ランキング……商品内容の充実度編

保険料と同様に上位3社はダイレクト型だ。保険料が安い分ダイレクト型の商品内容に不安を抱く人もいるかもしれないが、実際の利用者からは高く評価されていることがわかる。細かい商品内容は自動車保険ごとに異なるため、自分の希望に近い内容かどうかはよく確認することが大切だ。

<商品内容の充実度の満足度ランキング>
順位 保険会社
1位 ソニー損害保険
2位 セゾン自動車火災保険
3位 チューリッヒ保険
(『2019年オリコン自動車保険顧客満足度ランキング』から筆者が作成)

自動車保険を比較するときは自分が重視する項目をチェック

利用者が重視する上位3つの項目を見ると、1位~3位は共栄火災海上保険を除きすべてダイレクト型自動車保険が占めている。ダイレクト型は保険料が安いイメージを持つ人も多いと思うが、手続きや商品内容の面でも高い満足度を感じる人が多いようだ。

実際に検討するときには、ダイレクト型に限らず個々人のニーズに合った自動車保険を検討することが大切である。何を重視するかによって選ぶ自動車保険は変わるため、ランキングなども参考にしながら比較するのがいいだろう。

文・國村功志(資産形成FP)
 

【関連記事】
40代で「がん保険」は必要か?
保険の代理店が外貨建て保険を勧める本当の理由とは?
がん保険の基礎知識 「特約」や「一時金」とは何か?
医療保険の「掛け捨て」と「積立」、 40代はどっちを選ぶべき?
40代が知っておきたい保険の知識まとめ

PREV 宝くじは「負けるゲーム」 投資時に知っておきたい「期待値」の考え方
NEXT 老後資金を保険で貯める「貯蓄型保険」の5つの種類 向いている人やリスクは?

READ MORE...