「みずほマイレージクラブカード ゴールド」のメリットは?みずほ銀行の優待、空港ラウンジ、付帯保険など特徴を解説

2020.6.28
運用・家計
(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
「みずほマイレージクラブカード ゴールド」は国内主要空港ラウンジ利用無料、充実した付帯保険など一般的なゴールドカードの特典に加えて、ATM利用無料・銀行振込無料優待など銀行が発行するクレジットカードならではの特徴を併せ持ったカードだ。キャッシュカード一体型の、このゴールドカードを徹底解説していこう。

目次
1,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」のポイント
2, 「みずほマイレージクラブカード ゴールド」基本スペックと審査基準
3,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の4つのメリット
4,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」のポイントサービス、還元率
5,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の2つのデメリット
6,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」はどんな人におすすめなのか?

1,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の3つのポイント

みずほ銀行の提携カード「みずほマイレージクラブカード ゴールド」を申し込む前に、まずは以下の3つの特徴については押さえておきたい。
  • 条件クリアでみずほ銀行ATM時間外手数料無料、ネットバンキング振込手数料無料に
  • UCカード、セゾンカードの多彩な優待を提供
  • 空港ラウンジサービス、最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯

2,基本スペックと審査基準――家族カードは1名無料、年収基準も明記

3つのポイントの詳細を説明する前に、まずは「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の基本スペックを紹介していこう。

基本スペック……家族カードが1名無料で作れる

国際ブランド MasterCard
年会費 1万1,000円(税込)
家族会員1名まで年会費無料
2名以上は1名につき1,100円(税込)
ポイント
サービス
永久不滅ポイント
通常ポイント
還元率
約0.5%
ポイント
交換対象
Amazonギフト券
dポイント
JALマイル
ANAマイル等
空港ラウンジ
サービス
国内主要32空港
韓国・仁川
ハワイ・ホノルル
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
海外旅行傷害保険(自動付帯)
ショッピング補償保険(利用付帯)
追加カード 家族カード
ETCカード
電子マネー QUICPay
(Apple Pay、おサイフケータイ経由)
iD
(ドコモのおサイフケータイ経由)

審査基準……年収500万円以上と明言

申し込み資格として「満25歳以上で年収500万円以上かつ、みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象となります」とある。通常、年収についてこのように明言されることは少ない。これはほぼ審査基準そのものと考えていいだろう。

25歳というと4年制大学を卒業後、3年間務めたくらいのタイミング。このことから勤続年数が3年以上あるか否かも審査基準の1つと考えられる。

なお、当然のことだが、クレジットカード、カードローン、携帯電話端末の分割払い等において、支払い・返済の延滞があると審査通過は難しくなる。

ステータス性……ステータス性を求めるカードではない

銀行キャッシュカード一体型のクレジットカードなので、ステータス性よりも利便性を追求したクレジットカードとなる。参考までに、「みずほマイレージ クラブカード」と「みずほマイレージクラブカード ゴールド」を比較しておこう。
 
  みずほマイレージ
クラブカード ゴールド
みずほマイレージ 
クラブカード
年会費(税込) 1万1,000円
家族会員1,100円
無料
家族会員無料
みずほ銀行ATM時間外
手数料無料特典
あり あり
イーネットATM利用手数料
時間外手数料月3回無料特典
あり あり
みずほダイレクト
振込手数料特典
あり あり
空港ラウンジサービス 国内主要32空港
韓国・仁川
ハワイ・ホノルル
なし
付帯保険 海外旅行傷害保険(自動付帯)
海外旅行傷害保険(自動付帯)
ショッピング補償保険(利用付帯)
なし
ゴールドというランクに関しても、一般カードにあたる「みずほマイレージ クラブカード」に足りない「空港ラウンジサービス」や「付帯保険」などのサービスを補うためのものと考えたほうがいいだろう。

3,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の4つのメリット

このゴールドカードのメリットは
  1. みずほ銀行での優待
  2. 空港ラウンジの無料利用
  3. UCカード、セゾンカードの豊富なトラベルサービス
  4. 自動付帯する旅行保険
の4つが主だったものだと言える。

メリット1,みずほ銀行でATM時間外手数料無料、他行振込手数料無料

「みずほマイレージクラブ」は、みずほ銀行などのサービス利用に応じて、ATM時間外手数料等の特典を受けられる仕組みだ。特典適用は月ごと。適用の有無を判断する要素の1つに「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の利用状況があり、その詳細は次のようになる。
 
  Aステージ Sステージ
特典適用条件 毎月のカード利用 年間合計
100万円以上の利用
特典内容 みずほ銀行/イ
オン銀行ATM時間外
手数料・利用手数料
0円 0円
イーネットATM時間外
手数料・利用手数料
月2回まで0円 月3回まで0円
みずほ銀行本支店宛
振込手数料
みずほダイレクト
(ネットバンキング)
利用なら0円
みずほダイレクト
(ネットバンキング)
利用なら0円
他行宛振込手数料 みずほダイレクト
(ネットバンキング)
利用なら月3回まで0円
キャッシュカード
発行手数料
新規発行手数料0円 新規発行手数料0円
普通にカードを使っていれば年間100万円の条件クリアは決して難しくないため、基本的にはSステージが適用されると考えていいだろう。みずほ銀行をメインバンクとして利用している人はお得感が強いはずだ。

メリット2,空港のラウンジを無料で利用可能

空港ラウンジサービスとして、国内主要32空港と韓国・仁川、ハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用できる。利用可能ラウンジのある空港は次の通り。
 
新千歳空港 函館空港 旭川空港 青森空港
秋田空港 仙台国際空港 新潟空港 富山空港
小松空港 成田空港 羽田空港 富士山静岡空港
中部国際空港 関西国際空港 神戸空港 伊丹空港
(大阪国際空港)
岡山空港 米子鬼太郎空港 広島空港 出雲空港
(出雲縁結び空港)
山口宇部空港 高松空港 徳島阿波おどり空港 松山空港
北九州空港 福岡空港 大分空港 長崎空港
熊本空港 宮崎ブーゲンビリア空港 鹿児島空港 那覇空港
仁川国際空港
(韓国)
ダニエル・K・
イノウエ国際空港
(ハワイ)
   
国内主要空港ラウンジの無料利用は一般的なゴールドカードにはよく付帯する特典で、こちらもしっかりと装備している。

メリット3,ツアー8%オフなどUCカードやセゾンカードの優待を利用可能

このカードではUCカードやセゾンカードの優待を利用できる。優待をジャンル別に一覧にしておこう。
 
ジャンル 特典・サービス名 特典・サービス内容
トラベル ゴールドライン東京 海外旅行出発前に渡航先の
情報収集と各種手配を行える
海外アシスタンスデスク 海外主要51都市に設置された
サービス拠点を利用可能
トラベルコンシェルジュ 旅の要望を反映する見積もりを
提案してくれる
ダイナミックパッケージ 航空券と宿泊施設を自由に
組み合わせて予約できる。
JAL利用では「e JALポイント
500ポイント」
がプレゼントされる
tabiデスク 海外・国内パッケージツアー
最大8%オフ
H.I.S.セゾンUCデスク H.I.Sの海外ツアーが
オンライン予約限定で優待2%オフ
オリックスレンタカー 
マルトクプラン
優待価格のプランを提供
ハーツレンタカー 海外レンタカーが5%~20%オフ
海外用Wi-Fiルーター
レンタルサービス優待
レンタル料金20%オフ、
通常500円(税別)の受渡手数料が無料
海外携帯電話
レンタルサービス
通常1日231円(税別)の基本料金が
10日間無料(通話料は有料)
ワールド
お土産サービス
お土産通販サイトで海外の
お土産が10%オフ&ポイント5倍、
国内のお土産がポイント5倍に
手荷物一時預かり
サービス優待
国際線を利用時に手荷物を一時的に
預けられるサービスが15%オフ
ショッピング トク買 カードで利用できる140万件以上の
優待をネットで検索
LUXA(ルクサ)優待 せいたく体験を最大90%で購入できる
「LUXA」で使える500円分の
ギフト券プレゼント
その他 イープラス UC会員
限定チケット
人気公演チケットを先行予約、
優待割引などの会員限定特典付きで提供
引っ越し優待 アート引越センター基本料金最大
20%オフ&資材サービス、
サカイ引越デンター基本料金最大
25%オフ&資材サービス
くらしセゾン優待 ハウスクリーニングや
家事代行を特別料金で利用可能
エスクリの
ウエディング優待
カラードレス1着レンタル無料
一流幹事優待 宴会・懇親会等各種
イベントサポートサービスで
限定プラン利用可。
ペアディナーチケット等のプレゼントも
ファストドクター
(訪問医療)優待
健康保険適用の夜間救急サービス利用時に
交通費から400円オフ
小さなお葬式優待 終活に使える「生前あんしん特典」
をプレゼント。
利用時には「お供え花」のお届けサービス、
メモリアルフォトブックの特典も
特にトラベル関係の優待が充実しており、海外旅行では便利に活用できるだろう。

メリット4,最高5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯

このカードには海外・国内の旅行傷害保険とショッピング保険が付帯する。内容もゴールドカードにふさわしい補償となっている。

旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯

海外・国内とも旅行代金のカード支払いの有無にかかわらず適用され、最高5,000万円の補償となる。そのうち海外の与件では、家族カードを持たない19歳未満の家族にも保険が付帯する。

海外旅行傷害保険(自動付帯)
保険項目 保険金額
本会員・家族会員 家族特約対象者
傷害による死亡・
後遺障害
5,000万円 1,000円
傷害による
治療費用
200万円 200万円
疾病による
治療費用
200万円 200万円
携行品の損害
(1事故自己負担額3,000円)
50万円/1旅行
※年間100万円限度
50万円/1旅行
※年間100万円限度
賠償責任 2,000万円 2,000万円
救援者費用 200万円 200万円
国内旅行傷害保険(自動付帯)
保険項目 保険金額
死亡・後遺障害 5,000万円
入院(1日あたり) 5,000円
通院(1日あたり) 2,000円

ショッピング補償保険は年間300万円限度で付帯

国内外でカード購入した商品が購入日から90日のうちに偶然の事故により損害をこうむった場合に適用される保険。年間300万円を限度に補償される(自己負担額:1個または1組につき1万円)。

4,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」のポイントサービス、還元率

クレジットカード選びの際に特典と同時に気になるのがポイント還元率だ。どんなポイントが貯まるのか、何に交換できるのかなどを含め詳細を見ていこう。

貯まるポイントと還元率……ポイント還元率約0.5%で「永久不滅ポイント」

貯まるポイントはセゾンの「永久不滅ポイント」。その名の通り有効期限のないポイントだ。

クレジット支払い1,000円ごとに1ポイント(約5円相当)が貯まる。ポイント還元率は0.5%ほどと考えていいだろう。

ポイントの交換対象……共通ポイントや航空マイルにも交換可能

ポイントは賞品への交換のほか、各社ギフト券、ポイント、マイルにも交換可能。さらに、ショッピングの支払いにも充当できる。

交換対象によるが、おおよそ1ポイント→4円~5円相当のレートで使える。交換対象の一部を抜粋して次に紹介する。
 
交換対象 交換対象単位 必要ポイント
(永久不滅ポイント)
nanacoポイント 920P 200P
Amazonギフト券 1,000円分 200P
楽天スーパーポイント 1,000P 200P
dポイント
au WALLET ポイント
JALマイル 500マイル 200P
ANAマイル 600マイル 200P
UCギフトカード 5,000円分 1,000P
出光キャッシュプリカ
JTB旅行券 1,200P
tabiデスク旅行代金 900円分 200P
ショッピング
支払いに充当

還元率をアップさせる3つの方法……セブン-イレブンでポイント2重取りが可能

他のクレジットカードと同様に、ポイント還元率・付与数をアップさせる仕組みも揃っている。方法は主に3つあるので、積極的に活用したいところだ。

・方法1,パートナー企業での利用でポイントアップ

「パートナーズサービス」として、パートナー企業でのカード利用によりポイントが通常の2倍貯まる(日比谷花壇のみ6倍)。パートナー企業のリストは以下の通り。
 
倍率 パートナー企業
2倍 ANA ビックカメラ
ビックカメラ.com
東武百貨店 プリンスホテル
セシール
カタログ通販
富士通
直販サイト
WEB MART
日本通運 白洋舎
サンリオ 韓国ロッテグループ    
6倍 日比谷花壇

・方法2,セブン-イレブンでポイント2重取り可能

事前登録の上、セブン-イレブンでカード利用すると永久不滅ポイントと同時に、「nanacoカード」にも自動的にnanacoポイントが100円(税込)の利用につき1ポイントが貯まる。

・方法3,ネットショッピング時に「セゾンポイントモール」利用で最大30倍!

ネットショッピング時にはポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由することで、永久不滅ポイントが最大30倍貯まる。登録サイトは楽天市場やAmazonのほか、Yahoo!ショッピング、ベルメゾン、Apple公式サイト、イオンショップ、伊勢丹オンラインストア、じゃらん、JTBなど多数。

5,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」の2つのデメリット

これまで解説してきたような特徴やメリットがる「みずほマイレージクラブカード ゴールド」だが、申し込みを検討しているのであれば、デメリットもしっかりと把握しておきたいところだ。

デメリット1,みずほ銀行の特典を受けるだけなら一般カードでもよい

「みずほマイレージクラブ」で特典を受ける条件は、このカードも一般カードにあたる年会費無料の「みずほマイレージクラブカード」も同じ。その特典を最重視するなら、わざわざ年会費の高いゴールドグレードを選ぶ理由は乏しい。

みずほ銀行関連特典が一般カードとゴールドカードで同じというのは、ややお得感に欠ける印象がある。

デメリット2,通常のポイント還元率が高くない

通常のポイント還元率は約0.5%と高くない。年会費が「みずほマイレージクラブカード ゴールド」よりも高い「ANA VISA ワイドゴールドカード」などの還元率が1%ということを考えても、このカードはポイントを貯めるのにあまり向いていないと言えそうだ。

ポイント還元率・付与数アップのサービスも、他のクレジットカードに比べるとやや少ない。

6,「みずほマイレージクラブカード ゴールド」はどんな人におすすめなのか? 

「みずほマイレージクラブカード ゴールド」には、空港ラウンジサービスのほか、トラベル関係のサービスを中心に優待が充実している。年会費1万円のゴールドカードとしては必要十分なスペックを持つカードといっていいだろう。

確かにデメリットの項目で触れたように、「みずほマイレージクラブ」の特典に関しては一般カードと差はない。しかし、それについては逆に、ゴールドカードのサービスに基本的な「みずほマイレージクラブ」の特典と銀行キャッシュカード機能がプラスされたものという捉え方もできる。

みずほ銀行をよく利用している人で、旅行特典や空港ラウンジ、付帯保険などを目的としてゴールドカードを作りたいという人には大きなメリットを感じさせてくれるカードといえるだろう。
 
執筆・

「ZUU online」をはじめ、さまざまな金融・経済専門サイトに寄稿。特にクレジットカード分野では専門サイトでの執筆経験もあり。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、企業広報サイトなどに編集・ライターとして関わってきた経験を持つ。
 

【関連記事】
プラチナカード比較 代表的クレジットカードを紹介
ポイントがよく貯まるクレジットカード5選 効率的な貯め方も紹介
旅好きがチェックしたい「SPGアメックスカード」の特徴
ANAゴールドカード5種を比較
アメックス・ゴールドカードの特典や年会費などを紹介

PREV iPhoneに追加したSuica(Apple Pay)を使って自販機でドリンクを買う方法
NEXT Orico Card THE WORLDは海外・ネットショッピングで超高還元率!空港ラウンジも無料で利用できるお得なクレ...

READ MORE...