『フードリンクニュース』より

2020年倒産件数、過去最多。「酒場・ビヤホール」、実は05年以来ずっとトップ。

2021.1.13
ビジネス・キャリア
(写真=フードリンクニュースより引用)
(写真=フードリンクニュースより引用)
 2020 年(1月~12月)の飲食店倒産は 780件で過去最多となった。業態別では「酒場・ビヤホール」が最多。帝国データバンクが発表した。飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、法的整理かつ負債 1000 万円以上を対象としている。

 業態別で見ると、「酒場・ビヤホール」が 189 件(構成比 24.2%)で最多。次いで、「中華・東洋料理店」(105 件、構成比 13.5%)、「西洋料理店」(100 件、同 12.8%)、「日本料理店」(79 件、同10.1%)が続く。

 負債規模別で見ると、「5000 万円未満」が 620 件(構成比 79.5%)で最多。一方、負債 50 億円以上の倒産は 2013 年以降 8 年連続で発生していない。

 「酒場・ビヤホール」が業態別トップだが、実は2005年から継続してトップだった。コロナ禍が原因だけではない。
 
フードリンクニュース
(写真=フードリンクニュースより引用)
フードリンクニュース
(写真=フードリンクニュースより引用)
提供元・フードリンクニュース

【関連記事】
餃子の王将、ファッションブランドとコラボ。女性に中国ブームじわじわ
スシロー、合弁で台湾茶カフェ「シェアティー」1号店をオープン。先行する「ゴンチャ」を追う。
モスバーガー、テイクアウト専門店を実験オープン。都心狭小立地向けモデル。
アークランド「東京たらこスパゲティ」が2号店。「五右衛門」が独占する和風スパゲティ市場に挑戦。
金沢チャンピオンカレー、コロナ禍の米国に海外初出店。テイクアウトノウハウで勝負。
  
NEXT 桃屋 8期連続増収増益へ 21年度もレシピ訴求強化

READ MORE...