『U-NOTE』より

Web会議で社内評価を上げるテクニックとは?接客トレーナーによるオンライン講座の配信がスタート

2021.1.13
ビジネス・キャリア
(写真=AdobeStock、U-NOTEより引用)
(写真=AdobeStock、U-NOTEより引用)

目次
+Web会議で社内評価を上げるテクニックを解説
+「ShareWis」にて配信

新型コロナウイルスの影響で、在宅ワークをすることが多くなり、それに伴い、自宅でWeb会議に出席する機会が増えた人も多いのではないだろうか。対面での会議とは少し様相が異なるため、いまだに慣れないという悩みもあるかもしれない。

オンライン学習プラットフォーム「ShareWis」を運営する株式会社シェアウィズは1月6日(水)、株式会社シャベリーズの丸山 久美子氏によるオンライン講座『自宅からのWeb会議で社内評価を上げる「見せ方」「聞き方」テクニック』をスタートした。

Web会議で社内評価を上げるテクニックを解説

同講座の講師である丸山氏は、著書『上手にあがりを隠して人前で堂々と話す法』でも知られる接客トレーナー。

講座では、カメラの位置・マイクの使い方・アイコンタクトのタイミング・リアクションの方法など、Web会議に役立つ実践的なテクニックをわかりやすく解説。

コロナ禍を受けて、今後もリモートでのミーティング参加や商談実施が増えそうな社会情勢の中、「見せ方」や「聞き方」に不安をもっている人に向け、誰にでもできる簡単なテクニックを学ぶことで、実際のWeb会議で実践できるようにすることが目的だ。

「ShareWis」にて配信

同講座は、オンライン学習プラットフォーム「ShareWis」にて配信中。

現在、通常受講料4980円(税込)のところ、年始特別価格として1月30日(土)まで2980円(税込)にて提供するとのこと。

詳細については、同社プレスリリースを参照。

文・鈴木京/提供元・U-NOTE


提供元・U-NOTE

【関連記事】
【例文】初めての相手・取引先に好印象!ビジネスメールの挨拶文の書き方
誠意が伝わる「謝罪文・お詫びメール」の書き方と例文8選|件名・締め、社内・お客様など事例別
【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました
引用・参考文献・参考URLの正しい書き方:プレゼン資料の「参考文献リスト」作成時の注意点とは?
【例文】添付ファイル・資料送付メールの書き方マナーと5つの注意点
  
NEXT 全国企業「休廃業・解散」動向調査(2020年1-11月)

READ MORE...